FANDOM


[286] 研究3。secc,13 1,963年の初版のこの本に明記されていました。「では、これは、エホバが『そのすべての業を休んでおられる』その『日』が1,963年までに5,988年前進 [:progressred:現行公式訳:経過] したことを意味しますか。(創世記2:3)いいえ。というのは、アダムが創造された時はエホバの休みの日の始めに一致するわけではないからです。アダムの創造に続いて、なお創造の第六日のうちにまだ一緒のもの、エホバは動物や鳥などをなお一層創造され形造られ現われるようにされました。それでまた、エホバはアダムに動物の名を付けましたが、それには或る時間を持たれました。彼 [:神] は続けて、エバを創造されました。(創世記2:18-22。また、<c創世記2c>:19に関する新世界訳、1,953年版[英文:原文]の脚注もご覧ください)アダムの創造から間(あいだ)の六日目の終わり迄(まで)にある程度幾らか時間が経過したにしても、アダムの創造から『六日目』の終わりまでに5,988年までの時間を、指定してもらったあいだの活動した長さの時間を『六日目』の終わりからの『第七日』の始まりまでを[1,963:原文]年までの時間 [:アダムの創造の瞬間とされる年齢の時間からの、時間の長さの] 5,988年から、引か [ 減じ…:subtracted:私訳は英語直訳:'sixth-day'-must-be-subtracted-from-the-5988-years~~:現行公式訳:差し引か……(個人注:~from、((まれ))-out-of-(<->add)ジーニアス英和辞典第四版)]なければなりません。時の流れの中でなお将来の[:事柄に属する種々の年代の]'日付について思索[:speclating:推測]するのに聖書の年代計算[:年代記述学?!chronoとは時間、時。logyとは学問、論、文章学もある]を用いるのは良いことではありません。[:良いことではないでしょう。英語直訳:(It-does-no-good-to-use-Bible-chronology-for-speculating--on-dates-that-are-still-future-in-the-stream-of-time.)公式日本語本文:……聖書の年代記述を用いるのは無駄なことです。]ーマタイ、24:36」


[340] 研究10。secc,13~~「聖書は古代言語が広がって行ったある焦点のポイント[:バベルの混乱(バーラル??!(בָּלַלヘブライ語で混乱を意味する))事件??!] を説明していますが、古代言語学者のヘンリー・ローリンソン卿はそれについて言っています、『わたしたちは聖書の説明から離れ、純粋に言語学上のあゆみから言っても、全世界古代諸言語の分散地点はシナルの一平野の一点に絞られるだろう』」--創世記11:1-9。






 注意書き[:個人注:原文の英語本文が1,963年前の原文から、私訳にした。著作権に問われないように?!時に文中で分からなくなることもあるが、私訳にした。それ位、その位!一応看た辞書はジーニアスの所もあれば、グランドコンサイスの所もある。


 角括弧にコンマ [:~~] 内はすべて理解のための補側の注解の書き込みで!!それ位、その位。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。