FANDOM


[36]

日本におけるローマンキャソリク教派は法律上容認されたる東京市のワツチタワー支部にキャソリク運動の手を進めた,千九百卅三年五月十四日東京支部を検挙して五名を投獄す。而して支部は忠実なるクリスチャン婦人達の手によりて活動が続けられた。支部長は恐るべきユダヤ人秘密結社の代理人と誤信されて家宅捜索を受けた。のみならず全日本の支部及び朝鮮,京城支部の全書籍を没収焼却してエホバの証者の活動に大暴害を与えた。当時日本の大新聞は第一面を潰して大々的に報道したのである。