FANDOM


[27]

十字架を負いて 編集

Jesus, I my cross have taken,

エスよ十字架を[1] われもにないて
この世ののぞみも むなしきさちも
なべてをうちすて ただ主にならい
めぐみのみちをば あゆむうれしさ

あがないぬしをば すてにし世より
われもなごりなく 離れいで去らん
わが母わが友 よびもとむとも
かみのほほえみぞ わがすべてなれ

なやみと迫害もて[2] むちうたば打て
かみのみもとにぞ いよよ近づかん
ほのおのこころみ われつつむとも
かみの愛により やすく守られん

去れよ世のさかえ くるしみよ来よ
せめと貧しきは かみのめぐみぞ
アバ父よわれは みむねにすがり
よきみちびきをば 仰ぎまつらなん

よわきをまといて くるしむわれも
さかえをのぞみて よろこびに充つ[3]
わがため死にたる わが主のあいと
みかみのあわれみ つねにぞ憶わん[4]

(万国聖書研究会賛歌第一三九番)


  1. 編集者注:「エス」。イエスの日本での古い呼び方。
  2. 編集者注:「迫害」。「せめ」とルビ。
  3. 編集者注:「充」。「み」とルビ。
  4. 編集者注:「憶」。「おも」とルビ。