FANDOM


あなたの奉仕の特権を拡大する編集

                                               [665]

 1 主にささげる私たちの奉仕は産出の多いものでなければなりません。イエスはその必要を、たとえ話の中ではっきり示しました。彼は身分の高い

________

1 (イ)ミナのたとえ話の中で、イエスは何を強く示しましたか。そして、どのように?(ロ)王権をいただいた者はだれですか。彼はご自分の僕たちに何をゆだねましたか。

ひとりの人について語りました。この人は王の力を得るために外国へ旅行するに際し、僕たちを呼んで、めいめいに一ミナを与えてから、それで商売をするようにと命じました。「さて、彼が王位を受けて帰ってきたとき、だれがどんなもうけをしたかを知ろうとして、金を渡しておいた僕たちを呼んでこさせた。最初の者が進み出て言った、『ご主人様、あなたの一ミナで、十ミナをもうけました』。主人は言った、『よい僕よ、うまくやった、あなたは小さい事に忠実であったから十の都市を支配させる』。次の者がきて言った、『ご主人様、あなたの一ミナで五ミナを作りました』。そこでこの者にも、『ではあなたも五つの町のかしらとなれ』と言った」。別の僕は彼のミナをなくしたの

ではありませんが、すこしもふやしませんでした。彼は不忠実な者とさばかれ、彼の持っていたものは、彼から取られました。(ルカ、一九ノ一二ー二六、新口)エホバはキリスト・イエスに王権を与えました。キリストは、御国の証者として奉仕に参加する特権をご自分の追随者全部に与えました。彼は次のように言われたのです、「それゆえに、あなたがたは行って、すべての国民を弟子として、父と子と聖霊との名によって、彼らにバプテスマを施し、あなたがたに命じておいたいっさいのことを守るように教えよ」--マタイ、ニ八ノ一九ー二〇、新口。

 2 このたとえ話により彼は次のことを示しています。すなわち私たちにゆだねられているものを保持するだけでは是認は得られず、むしろ増加を示せるように、働くことによって是認は得られるのです。なぜそうですか。なぜなら、これは正しい、良い心の状態を示すからです。イエスは種まき人についてのたとえ話の中で次のように説明しました、「良い地にまかれたものとは、御言を聞いて悟る人のことであって、そう言う人が実を結び、百倍、あるいは六十倍、あるいは三十倍にもならせるのである」。(マタイ、一三ノ二三、新口)その心が良い地のようであると証明する者は、神の御言葉を受けいれて、神の制度の指示に答え応じます。その結果、神は彼の手のわざを祝福して、増加を与えられます。

_______

2 各人が増加を示すことは、なぜ大切ですか。

[656] 3 増加を示すために、私たちは努力しなければなりません。そしてさらに多くの知識と技術を増すように努力します。私たちは進歩して、神の奉仕における責任を喜んで引きうけねばなりません。角人は聖書の知識を増しつづけ、生活の中でクリスチャンの性質の実を結び、、そして信仰を公に宣べ伝えることにより良いたよりをひろめることが必要です。(テモテ前、二ノ三、四。ヨハネ、一五ノ八。ロマ、一〇ノ一〇、新口)どんなことがあっても、満足し切ってしまい、必要なことはみなしてしまったというような態度を取ってはなりません。むしろ私たちは努力する必要があります。「目をさましていなさい。信仰に立ちなさい。男らしく、強くあってほしい、いっさいのことを愛をもって行いなさい」。「狭い戸口からはいるように努めなさい。事実、はいろうとしても、はいれない人が多いのだから」。--コリント前、一六ノ一三、一四。ルカ、一三ノニ四、新口。

……………

________

3 私たちが増加を示すためには、何が必要ですか。

……………

[659]  12 ……………パウロは、幻の中でひとりのマケドニヤ人を見ましたが、この人はパウロに懇願して、次のように言いました、「マケドニヤに渡ってきて、わたしたちを助けて下さい」。記録は次のように言葉をつづけています、「パウロがこの幻を見た時、これは彼らに福音を伝えるために、神がわたしたちをお招きになったのだと確信して、わたしたちは、ただちにマケドニヤに渡って行くことにした」。(使行、一六ノ九、一〇、新口)それで、今日その召しの答え応じた人々は、彼らを召したのは神であると感じます。神は彼らに奉仕の戸を開きました。彼らはイザヤのごとく、「ここにわたしがおります、わたしをおつかわしください」と答え応じます。(イザヤ、六ノ八)彼らは正義に飢えかわく人々を

援助して、共々に真の神への奉仕をするとき、彼らの信仰は豊かに報われます。

 13 エホバの制度内のどこで奉仕しようとも、私たちにはイエスのたとえ話に述べられている忠実な奴隷が行なったと同じことをする機会があり、私たちにゆだねられている御国奉仕というミナを[ふ:い:誤植??] やす機会があります。神への強い信仰、および、創造者に善意をを示す者に対しての愛、この悪い世に対するエホバのさし迫った滅びを「しっかり心にとめ」ること、そして新しい世の祝福を熱心に待ち望むことは、私たちを奮い立たせてそのような忠実な行いをさせます。(ペテロ後、三ノ一一ー一三)私たちは主の奉仕から解雇される時を待ち望んでいません。ハルマゲドンで神に対する私たちの奉仕が終わることを予測しません。割当が忠実に行なわれるとき、神はその者を奉仕から彼を解雇するようなことをせず、また活動的な奉仕から彼を引退させません。活発にエホバに奉仕することは私たちのよろこびです。いま忠実を証明する人々には、新しい世で創造主に仕える機会が拡大されて彼らは祝福をうけるでしょう。タラントの譬[:たとえ] 話の中でイエスが示したように、その信用に忠実であると証明する者に対し、主はこう言われます、「良い忠実な僕よ、よくやった。あなたはわずかなものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ」。

ーーマタイ、二五の二三、新口。

[660] ………………

 16 王の油そそがれた兄弟たちと共々にいま奉仕

________

16・17 御国の地的な領域における生命の祝福をうける者たちには、どんな奉仕の特権がありますか。

している大いなる群衆の他の者たちがいます。神の祝福の御霊は、彼らの上にものぞんでいます。キリストは、彼らにこう言われます、「わたしの父に祝福された人たちよ、さあ、世の初めからあなたがたのために用意されている御国を受け継ぎなさい」(マタイ、二五ノ三四、新口)彼らは御国の地的領域における奉仕を待ちのぞんでおります。彼らはなんとすばらしい見込みを持っているのでしょう!

 17 いま新しい世の社会内で忠実な監督であることを証明する者たちが、ハルマゲドンの後でも、君としての奉仕にの地位を楽しみつづけることは疑いありません。たくさんの仕事があるでしょう。仕事は秩序正しい仕方で行われます。(イザヤ、三二ノ一、二。コリント前、一四ノ三三)…………その奉仕に参加したいとのぞむ人々は、心をこめ、すべての力をこめて神を愛する人たちです。彼らはいま自分の割当に忠実なことを証明する者たちです。そのときにはさらに多くの仕事をするという祝福をうけるでしょ

う。ハルマゲドン生存者に子供が生まれ、神の記憶にある人々が死人の中からよみがえらされる時、大規模な教育が行われるでしょう。(黙示、二〇ノ一二)いま得た教える能力は、そのときでも良く使用されます。そして、新しくそこで生活する人々を援助して、神の御心の正確な知識を得させ、深い認識を得させます。天の御国の管理のもとに、この地球は楽園の美を回復し、従順な人類は完全になります。そのような住民は、みな真心を込めてエホバを崇拝するでしょう。

 18 これは神の御こころです。そして、すべてのクリスチャンは、神の御こころの行なわれることを祈ります、「御国がきますように、みこころが天に行なわれるとおり、地にも行われますように」。(マタイ、六ノ九、一〇、新口)彼らはその時を誠実な気持ちで待ちのぞみながら、いま神に仕えます。彼らは心をみたす奉仕の役割に参加する祝福を受けるでしょう。エホバはそのときおよび永遠にわたって彼らに奉仕の役割を与えます。彼らにとって、神の奉仕は厄介な重荷ではありません。彼らはさらに大きな責任をもつことを不快な将来とはみなしません。彼らは神の御心を行なうことを最大のよろこび、および最大の満足と見なします。そして、熱心な期待をもってさらに参加しようとつとめます。

_________

18 神から私たちに与えられる現在の奉仕および将来の奉仕に対して、私たちはどんな正しい見解を持つべきですか。


[661]

箴言の背後にあるもの編集

 聖書の箴言とモーセの律法を比較してみるのはおもしろいことです。モーセは、神がご自分の民を安全と生命の道に導くために与えられた直接的な命令を記録しました。ソロモンや他の聖書の箴言の筆者たちは、神の命令に直接強調を置いてはいませんが、観察によって得た知識を通して、それらの律法が、私たちの最大の益のためであることを示しています。私たちが、善と悪、知恵と愚をわきまえるのを助けるために地方的事象が、しばしば人間の行動に例えられています。箴言の背後にある思想[を]知っておれば、与えられている教訓を理解するのに助けになります。

       箴言十六章三十一節(新口)

​「しらがは栄えの冠である、正しく生きることによってそれが得られる」。

​ 

  昔のある人々の間では、いくさに出られず量もできない老人は、足手まといと考えられていました。無惨にも老人を殺す部族もありました!これとエホバ神の親切とを対照させてみて下さい。エホバはこう命令されました、「あなたは白髪の人の前では、起立しなければならない。また老人に思いやりを示し、あなたの神を恐れなければならない。わたしはエホバである」。(レビ、一九ノ三二、新世)エホバへの全き恐れのうちに過ごされた生涯は神の目に美しいものであり従うべき正しい模範としてすべての人が尊敬すべきであることに、この箴言は注意を引いています。しかし年が寄っても悪の道にいるなら、その人の行為は、若者のそれより、年寄であるがゆえにもっといやなものです。

     箴言十六章三十三節

人はくじをひく、されど事を定むるは全くヱホバにあり」。

 古代のいくつかの国々では、疑わしい問題をくじによって決定していました。多くの石とか、字をほりつけたこまを器に入れて振り、それから引き出したり振り落としたりしました。エホバは、ご自分の選民の歴史の初期において、御旨を知らせる一つの手段としてくじを用いることを好まれました。くじは、上着のひだの中に放り込まれ、それから引き出されたようです。しかしそのまえに、問題を決定して下さるようにという願いがエホバにささげられました。イエスの使徒たちでさえ、イスカリオテのユダに代わる者を選ぶのにくじを利用しました。しかし、イエスがサウロを選んだので、彼らの選択は取り消されました。ペンテコスト以後は、聖霊がクリスチャンたちを導いていますが、キリスト以前の時代には神は、くじを用いることを認めておられました。

    箴言十七章十四節

 「争いの初めは水がもれるのに似ている、それゆえ、けんかの起こらないうちにそれをやめよ」。

 東洋の町々は、多くの場合水の供給を貯水池に依存していました。大量の水を擁するつつみとかダムにあいた小さな穴は、たいへんな結果を引き起こします。もしその小さなしたたりをそのままにしておくなら、水の力はますます強くなって、ついにはすべての物を押し流すに至るでしょう。小さなしたたりが始まりで、それが物すごい洪水となるわけです。争いも同じことです。もし怒りを少しでも表わすなら、それは怒りに満ちた言葉や行為の大洪水と化して、ついにはある人を死に至らせるはめにならぬとも限りません。どんな議論にせよ、そういうことにならないまえに話題を変えるか相手から離れるかして、平和のきずなを強めるべきです。

    箴言二十章四節(新口)

 「なまけ者は寒いときに耕さない、それゆえ刈入れのときになって、求めても何もない」。


 パレスチナでは、はじめの雨で地がやわらかくなると同時にーー十月の終りから十二月の初めまでーー冬の作物の種がまかれました。冬から耕作期間中は冷たい北風が吹きすさびます。酷寒という季節はあまりありませんが、風や雨やみぞれを伴った非常に寒い日が時々あります。男らしい人はそれに妨げられることはありませんが、なまけ者の農夫なら、畑を耕すのを怠り、それを天候のせいにするでしょう。冬耕したりまいたりしないなら、収穫のあるはずがありません。働き者の隣人がそのなまけ者に同情することなど考えられないことです。思わしくない状況を口実に、機会をのがしたり仕事を怠ったりする人についても同じことが言えます。そういう人々は、まいたものだけを刈り取ることになり、救済のない怠惰の結末を耐え忍ばねばなりません。

    箴言二十章二十六節

 「知恵ある王は……悪人を散らし、事をもって脱穀するように、これを罰する」。

 古代の脱穀場では、雄牛に束の間を歩かせたり、すべり止めのついた輪を束の上に転がしたりして脱穀作業が行なわれました。輪が束を押しつぶして穀物を押し出すように、公正な処罰は、悪人をおさえて正しい人々から分離します。賢明な王は、悪い分子をおさえるために、穀物の束を押しつぶす輪のような厳しさをもって、処置を取ります。

    箴言二十七章十五節

 「雨の降る日に雨漏りの絶えないのと、争い好きな女とは同じだ」。

 金持ちの石でできた家を除けば東洋のほとんどの家の屋根は、木の枝、トウ、しゅろの葉でつくられていて、その上に厚い土がかぶせてあります。この平らな土の屋根は、ひびわれやすくもれ易いものです。天が降りつづく時の気分をいらいらさせるたえまない雨もりの音を想像してごらんなさい。その家に住む者はすわることも、立つことも、愉快に仕事をしたり、眠ることもできません。争いの好きな妻と同じ屋根の下に住まねばならない男の苦境もそれと同じです。アラブのことわざはそれをよく表現しています。「三つのものが家に住みにくくする。タク(雨もり)ナク(女の小言)バク(虫)である」。

神の目的とエホバの証者編集

………………

[663]

………

    拡大された奉仕が始まる

…………

 パストー・ラッセルが宣教を始めたときから、次のことは知られており、教えられていました。すなわちキリストの共働相続者として天的な生命を受け継ぐ者の他に、一般人類は地上で完全な生命に回復されるということです。しかし、かなり長い期間、「ものみの塔」は次のような見解を発表していました。つまり、別の群れはいつかは神の恵みをうけて天における霊者の生命という祝福をうけるでしょう。しかし、彼らはキリストの共働相続者のうける祝福にくらべて、二次的な祝福をうけるというのです[:個人注:「ふれ告げる人」、p,161頁、secc,第2節「キリスト教世界の見解の名残であったと言えます。」…記念式は最初からパンと葡萄酒は受けなかったと思われる??!地・上・で・の・生命の人類の「(比喩的)初物、初穂(はつもの、はつほ)」だと考えられる??!本当の本物の「(実体の)初穂」の14万4千人には劣るけれども?!大群衆はも?!「(比喩的?!)初物(穂)」は神に献納された物??!律法ではも?!千年期最後の苦しみ、非難から、特に特定されて(この悪・い・世・の・経・験・が・あって?!切り抜けて来た、邪悪な事には憎み、憎悪し、能(よ)く避け、耐え得る、経・験・の保・証・がある?!)、無事に通過される特・に・だとも??!神・に憶・え・られている、暗・黒・の・世の中にあってエホバの証人を選・ん・だ・という、功・績・もあってとか?!千・代・(せんだい)に至るまでも??!] 。また、これらの者たちは黙示録七章九節で述べられている「大いなる群衆」を形成すると考えられました。しかし、1,935年にワシントンD・C・で開かれた大会には、ものみの塔の発表を通して、「ヨナダブ級」が特に招待されました。そして、黙示録七章九節の大いなる群衆は、ヨナダブ級つまりマタイ伝二五ノ三一ー四六節に出ている羊級と全く同じであると聖書的な証明が提出されました。はるか昔の1,923年には、この羊は世の終りの時に現われる地的な群れであると認められていました。また、1,923年には、この羊級はエヒウとヨナダブの預言劇によって予表されたともわかりました。この劇の中でエヒウ王はキリスト・イエスと彼の霊的な兄弟の残れる者を表わしました。一方、ヨナダブは背教した宗教を滅ぼすキリストと交わる者たち、ハルマゲドン後の地上に生活する善意者の級を表わしました。次のことがはっきり分かってきました。つまり黙示録七章九節の大いなる群衆は二次的の霊的の級ではなく、むしろこの終りの時における「他の羊」であるということです。(レ)言うまでもありませんが、この解明は出

______

(レ)1,939年の「ものみの塔」(英文)227-236頁。「ビンヂケーション」(英文)第三巻(1,932年)777-80頁。1,942年の「ものみの塔」(英文)(英文)374頁。

席していた幾千人という人を大いによろこばし、聖書の教理と教えを明確なものにしました。

 千九百年の間、クリスチャン会衆はその天的な希望に専念してきました。たしかに、講演会や、創造の写真ー劇は、地上の人間に平和な状態を再びもたらすという神の目的に多くの人の興味を引きました。また、1,918年から1,921年までの「現存する万民は決して死することあらじ」の運動は、将来の地上に、みちるこの級の人々に音信を伝えることでした。しかし、彼らを集めることは、強調されていなかったのです[:まだキリスト教世界内の教会に居たものと思われる??!地上人類の中からの特に「(比喩的)初穂?!」として、14万4千人の人々と交わりを持てたことなど??!地上的な状態に於いて??!ヨシュアと交わった忠実を保った、奇跡を知って居る、「長老たち(古い人たち?!Older-Elder)」の意味にも当てはまるかもしれない、新しく立ち上がった世代ではなく、常にヱホバに仕え続けたという?!ヨシュア24:31??!裁き人2:7,10?!]。その理由の故に、「ものみの塔」は、特に残れる者のために霊的な食物を供給しつづけました。しかし、1,935年以降は、変化が生じました。神の民のための霊的な食物は、御霊で生み出されるものに向けられるだけでなく、聖書的な希望で地的な者たちを強めるために適当な滋養物を供給しなければなりません。残れる者が野外に出かけるとき、エホバの油そそがれた者の散らされた羊を探すだけはすまなくなりました。これらの奉仕者は、「他の羊」を探しはじめねばなりません。彼らはキリストの群れの中に多数の「他の羊」を集める準備をしなければならないのです。それらの者たちも、神の御こころを熱心に求め、彼等に命ぜられた仕事をよろこんでします。

 油そそがれた残れる者と称したある者たちにとって、これは真実の試練となりました。彼らは神の目的の実現よりも、自分自身および自分の救いに多くの興味を持っていたので、彼らに課せられたこの新しい責任に反抗し、ある「選出された長老」たちのごとく、脱落して行きました。しかし、残れる者の中の大多数の者は、エホバ神と地的な「隣人」に対する愛を表わすこの機会を熱心にうけいれました。そして、幾世紀ものあいだ神の僕たちに見られる熱心をいだいて、この拡大された伝道の任務を果たしました。この啓示には、ほんとうにびっくりさせられました。しかし、この新しい運動が良く進歩するまで約十年かかりました。