FANDOM


[340]

…………

気おちした者へのなぐさめ編集

 「全く憂うつだ。どうしてこんなことがあるのだろう。わたしはいったい何をしたんだろう。他人を慰めながら自分が慰められないのはどうしたことだろう。許しがたい罪でも犯したのだろうか。私は神に捨てられたのだ!」以外にも意気消沈した自分を発見したクリスチャンの口から、あなたはこういう訴えを聞くことがあるかも知れません。

 意気消沈した時の気持ちはみじめです。しかし珍しいものではありません。たとえば、一定の激しい勉強の期間が終わりに近づいた時、円熟した監督が、突然憂うつな気分に捕らわれます。自分の責任を果たすために一生懸命働く中年の婦人が、悲しそうな顔をして落胆しています。会衆の熱心な監督が、多くの生きたすいせん状をもちな

[341]

がら、憂うつな気分になります。六つの聖書研究を司会している感心な若い母親が、すっかり意気消沈して、希望していたほど神を身近に感じられないとこぼします。

 「エホバのこらしめと、権威ある助言とに従って」育てられた若い全時間奉仕者が、気のめいる懐疑心で急に心をくじかれます。長年の間全時間奉仕をしてきた年配のクリスチャンが、天における命の冠を得るための競争に負けたような気持ちをひそかに持ちます。

     共通の経験

 これら実際の経験は、聖書研究生にとって、新しいことではありません。西暦五〇年に、使徒パウロは、「気落ちせし者をはげまし」なさいと、テサロニケのクリスチャンにすすめています。(テサロニケ前、五ノ一四)キリストを三度否定した後ペテロは、「外へ出て、激しく泣」きました。自分の失敗にひどくみじめな気持ちになったことは疑いありません。クレオパともう一人の弟子は、エマオに行く途中、「悲しそうな顔をして立ちどまっ」て、イエスの死に落胆したことを表しました。彼らはイスラエルを救うのはこの人だろうとイエスに望みをかけていたのです。(ルカ、二二ノ六二。二四ノ一三ー二一)パウロは、コリントのクリスチャンたちにあてた二番目の手紙にこう書いています。「わたしたちは、四方から患難を受けても窮しない。途方にくれても行き詰まらない、迫害に会っても見捨てられない、倒されても滅びない」「さて、マケドニヤに着いたとき、私たちの身に少しの休みもなく、さまざまの患難に会い、外には戦い、内には恐れがあった。しかるに、うちしおれている者を慰める神は、テトスの到来によって、わたしたちを慰めて下さった」。-コリント後、四ノ八、九。七ノ五、六。新口。

 キリスト教時代になるずっと以前でも、エホバの忠実な僕たちは落胆したみじめな気分を経験しました。忠実なヨブは、あまりにも多くの苦しみを受けたので、あたかも神がもはや彼と共においでにならないかのような口調で言いました、「神がわたしを守ってくださった日のようであったらよいのだが。…あの時には、神の親しみがわたしの天幕の上にあった。あの時には、全能者がなおわたしと共にいまし…」。(ヨブ、二九ノ二、四、五、新口)イスラエル人は、エジプトで非常に苦しいどれいの仕事をしていたので、エホバが、モーセを通して、希望のおとずれを送られた時でさえ、この落胆した人たちはそれを信じませんでした。(出エジプト、六ノ六ー九)エルカナの愛妻ハンナは、自分に子供ができないことにひどく失望し、また彼女を憎んだもう一人の妻に悩まされたので、「泣いて食べることもしなかった」。(サムエル前、一ノ五ー七、新口)悲しみと捨てられたという気持ちに悩んだ詩篇作者はこう書きました、「わたしはわが岩なる神に言う、『何ゆえわたしをお忘れになりましたか。何ゆえわたしは敵のしえたげによって悲しみ歩くのですか』」。(詩、四ニノ九、新口)人の明るさをうばい、快くほほえむことをさせないこうした落胆した気持ちは、昔から今日に至るまでの神の僕たちが味わった共通の経験です。そして、その根本的な原因はいまでも同じです。

     原   因

 気おちするとは、楽観、勇気、希望の一時的喪失で、しばしば「意気消沈する」とも言われます。すでに検討したように、それは個人的な試み、失敗感、激しい失望、神の御目的に関する明確な理解の不足および圧迫、などから生ずることがあります。しかしながら、いろいろこみいった事情が関係してくるので、容易に原因をつきとめることができない場合もしばしばあります。ある少女は、家庭から離れていて、仕事もなく、ひとりぼっちでホームシックかも知れません。肉体的疲労と精神的疲労が一緒になって人を落胆させることもあります。時には、ただからだが健康でないこと、あるいは心配だけでそうなります。定期的に来る肉体の科学的調節とふさいだ気分が一緒になって落胆した気分になることもあります。婦人は月経閉止期にしばしば憂うつな気分になります。年配の人なら、体力が減退してゆくために、あるいは、自分はもう人から求められていないのではないかという疑惑で元気をなくします。また、むずかしい仕事で疲労したり、激しい勉強や不適当な休息で頭が疲れているなら、人生を悲観的に、消極的に

[342]

見はじめます。これらは、落胆というみじめな状態をひき起こすいくつかの原因です。落胆すると、霊的病気の方により傾いて、信仰が弱くなり、聖書から慰めを受ける力がなくなります。霊的に病気の人は神が何かの理由で自分に背を向けられたのではないかと想像したり、神から与えられた希望やあわれみに関する約束を疑います。

 原因がどんなものであっても、落胆した気持ちはよいものではありません。

      解 決 策

 落胆の原因が一つの要素、または種々の要素の結合にあるのと同様に、その解決にも一つまたはそれ以上の処置が必要です。落胆している人は、事実を正しく考えていないことが度々(たびたび)ありますから、心をそう快にしなければなりません。そうすると問題を、より明るい光の中で見ることができます。まず、からだをよく休めて、できうる限り、必要な他のものをからだに供給します。もし、体力に不相応な負担をかけていたなら、あなたの予定表に調整を加えて下さい。夜おそくまでテレビを見ることが、睡眠不足の原因になってはいないか考えてみて下さい。落胆した気分は、ちょっとした処置でなくなることがよくあります。健康で、休息を十分に取る人は、楽観的な気分で問題にぶつかることができるからです。そういう人は、失望の原因や、希望を失わせる原因をよく検討することができ、それによって自分の考えを制御することができます。

 何に落胆している場合でも、また原因が容易に取り除けない場合に、クリスチャンは誠実な気持ちで、イエスの名を通しエホバにお願いすることができます。霊感を受けた詩篇記者は、わたしたちにすすめました、「なんぢの荷をエホバにゆだねるよさらば汝をささへたまはん、正しき人の動かさるることを常にゆるしたまふまじ」。「ヱホバはすべて倒れんとするものをささへ、かがむものを直く立たしめたまふ」。(詩、五五ノ二二、一四五ノ一四)預言者イザヤは、私たちが落胆している時、神がふかいみこころをかけて下さるということを証明しています。「いと高くいと上なる者、とこしへに住む者、その名を聖ととなえられるものがこう言われる、『わたしは高く、聖なる所に住み、また心砕けて、へりくだるものと共に住み、へりくだるものと共に住み、へりくだる者の霊をいかし、砕けたる者の心をいかす』」。-イザヤ、五七ノ一五、新口。

 あなたの重荷をエホバにゆだねたあとは、できるだけ多くの時間を聖書を読むことにあてて神に近づくように、しなければなりません。箴言はこう述べられています。「心に憂いがあればその人をかがませる、しかし親切な言葉はその人を喜ばせる」。(箴言、一二ノ二五、新口)神のよい御言葉が、心に再び喜びをもたらし、悲しむ目に光を与え得ることは詩篇十九編七、八節が証明しています、「ヱホバの法はまたくしてたましひを生きかへらしめヱホバの証詞(あかし)はかたくして愚かなるものをさとからしむヱホバの訓諭(さとし)はなほくして心をよろこばしめヱホバのいましめはきよくして眼(まなこ)をあきらかならしむ」。

 あなた自身か、または他の人にひどく失望したために、あるいは苦難が原因で悲しみの状態にいるなら、試練をたえることによってその試練から大きな益を受けるということをおぼえていて下さい。ペテロは明言しました、「肉において苦しんだ人は、それによって罪から逃れたのである。それは、肉における残りの生涯を、もはや人間の欲情によらず、神の御旨(みむね)によって過ごすためである」。(ペテロ前、四ノ一、二、新口)苦難は、神の御旨(みむね)を行なうことに私たちのたしかな希望があることを悟らせてくれます。試練を通ってくると、そのことをもっと強く認識するようになります。クリスチャンは、こらしめのほかに、信仰の様々な試みを期待します。「今しばらくのあいだは、さまざまな試練で悩まねばならないかも知れないが、あなたがた大いに喜んでいる。こうして、あなたがたの信仰はためされて、火で精錬されても朽ちる外はない金よりもはるかに尊いことが明らかにされ、イエス・キリストの現れるとき、さんびと栄光とほまれとに変わるであろう」。(ペテロ前、一ノ六、七、新口)エホバがあなたに試練や苦難をもたらしていられないことは言うまでもありません。エホバはなぐさめを与える神であられ、「小さい者のひとりが滅びること」をもその望まれるところではありません。ーマ

[343]

タイ、一八の一四、新口。 

       疑    い

 しかしもし、あなたの失望した心や疑いが、聖書によって慰められないときはどうしますか。あなたの信仰が弱いために、エホバがあなたの敵になったなどと考えてはなりません。聖書時代のエホバの忠実な僕たちの間では、疑いというものはありませんでした。エホバは、最初のうちは、信仰がないからと言ってイスラエル人を捨てるようなことをされませんでした。それどころか彼らを救い出されました。(出エジプト、一二ノ五一)主の復活を目撃した者の報告を疑ったという理由で、使徒とマスを排斥するかわりにイエスは、トマスが疑いをはらすように、愛をもって彼をお助けになりました。(ヨハネ、二〇ノ二四ー二九)イエスの肉親の兄弟ヤコブとユダも、イエスが死んで復活するまで、イエスに信仰を持っていませんでしたが、それでもその最初の疑いが、のちにイエスの熱心で有能な僕になる妨げとはなりませんでした。ヤコブは理解をもって、疑う者を「風の吹くままに揺れ動く海の波」とくらべることができました。(ヤコブ、一ノ六、新口)ユダは、思いやりをもって、霊感された手紙を通し、クリスチャンたちに次のように教えることができました。「疑いをいだく人々があれば、彼らをあわれみ、火の中から救い出して救ってやりなさい」(ユダ、二二、二三、新口)人がそういうような試練に生き残ることをパウロは、コリント前書三章十節から十五節に示しています。

 霊的状態が不健康で、あなた自身の祈りが聞きとどけてもらえないと思われる時は、ヤコブのすすめに従って、『会衆の古い人を呼び、エホバの御名により、オリーブ油を塗ってもらいなさい。信仰の祈りは病める者をいやし、エホバはその人を立ち上がらせて下さいます』。(ヤコブ、五ノ一四、一五)エホバの円熟した監督たちは、あなたの状態を理解することができます。彼らは、エホバの御言葉から、心をしずめる慰めの油を塗って、熱心なクリスチャンたちの交わりに加えて、聖書研究や奉仕を処方してくれるでしょう。それらはみな、時たつうちにあなたから、人を失望させる疑いを取り除くでしょう。

 クリスチャンの喜びは、いつも与えることにあります。ですから、落胆して元気をなくしている者にとって最もよく効く解毒剤は、このハルマゲドン前の時代に、「行われているすべての憎むべきことに対して嘆き悲しむ人々」をさがし出すことです。その人たちを慰めることによって、あなたもなぐさめられるでしょう。(エゼキエル、九ノ四。コリント後、一ノ三ー七、新口)多くのクリスチャンは、詩篇百二十六篇五、六節を思い出してこのことが真実であることを証明できるでしょう。「涙をもって種まく者は、喜びの声をもって刈り取る。種を携え、涙を流して出て行くものは、束を携え、喜びの声をあげて帰って来るであろう」。良い時であろうと試練や気落ちしている時であろうと、御国の種をまいてよろこばしい報いを刈り取って下さい。-マルコ、四ノ一四、二〇、新口。

 私たちは、キリスト教以前の、キリスト教時代の、また現代の忠実なエホバの僕たちが、落胆した時を耐え抜いてきたのを見ました。落胆は、エホバ、エホバの御言葉かと制度から来る援助に答え応じうる状態であり、人間からの正しい援助も受けうる状態ですから、気落ちした人々は慰められ元気づけられる十分の理由があります。信仰の深かったヨブが、実際にはエホバに捨てられていなかったのを忘れないでください。ハンナの失望となやみは、サムエルと他の五人の子供の誕生によってなくなりました。ペテロが主を知らないと言ったことも許しが得られない事柄ではありませんでした。パウロのがっかりした気持ちも喜びに代り、トマスの疑いも、永遠の生命を目標とした競争における彼の資格を奪いはしませんでした。落胆しようと他の試練にあおうと、それによって私たちは失格してはいません。むしろパウロはこう語っています。「あなたがたの会った試練で、世の常でないものはない。神は真実である。あなたがを耐えられないような試練に合わせることはないばかりか、試練と同時に、それに耐えられるように、のがれ道をも備えて下さるのである」。(コリント後、一〇ノ一三、新口)善を行なうのにうみつかれないようにしましょう。-ロマ。一五ノ一三、新口。