FANDOM


日本

日本に於ける活動は日が未だ浅い。日本と朝鮮の仕事は東京に在る支部より指揮されてゐる。主の祝福は日本の仕事の上に殊に豊かであつて,其の結果は国情から見て充分に満足すべきものあり。東京主事の報告に曰く。

前回の年報を御送附申上げてより早一年の栄ある年は過ぎ申候実にも今年は祝福されし年に候ひき,兄弟姉妹間に分裂騒ぎありて彼等の半数が現下の真理より脱落せるに拘らず,証言の仕事の結果は前年に比して遥かに良好なるものを与えられ候ひき。斯くて勝利は常に主と其の受膏者の側に之れ有り候。忠信者は奉仕の特権に目覚めて戸別訪問による証言の仕事に大歓喜を有し始め申し候。日本支部のコルポーター部は頗る善く組織され兄弟等は主より甚大なる祝福を受け居り候。

日本は「異邦人の国」にして其の民衆は甚だ貧しく,彼らは所謂キリスト教会制度に愛想を尽かし居り候に拘はらず,主は彼等の心を真理の為に開き給ひて多数の書物を配附するを許され申し候。一九二八年九月廿五日より一九二九年九月廿四日迄の過去一ヵ年間の日本に於ける活動成績は左の如くに御座候。

種類
一九二九年
一九二八年
書物
四、二三〇
一、二四二
冊子
一二、三三一
三、九二七
灯台
一〇、〇一三
六、八二七
黄金時代
一〇一、七八〇
八三、一〇〇
無料印刷物
八八、〇〇〇
六九、〇〇〇
集会ビラ
九三、〇〇〇

一、一六八、〇〇〇

ポスター
二、六〇〇
四、三五〇
立看板
一一〇
三九〇
新聞広告数
三三
奉仕人員
三七
七五
訪問戸数
一四〇,一六〇
二四,一五〇
活動時間
一四、六〇〇
一、六六七
受信数
一、八二五
一、六五〇
発信数
二、五四五
七,五一三
公開講演
三六
六四
同出席者
三、五二五
九,四六二
クラス集会
一八二
二五三
同出席者
二、二三〇
四、三四四
主事旅行哩数
一七、二七九
二七、八六六


我等は一九二九年二月一日発行「黄金時代」を通じて王と其の御国に対する善き証言を為す事を得申し候。日本支部主事は検挙され,新聞紙取締法違反の廉を以て罰金百円に処せられ候。我等は早速上級裁判所に控訴し被告として法廷に立ちたる主事は傍聴禁止裡に検事に向って一回,二人の裁判長に向って二回,合計三回の長講演を為すの機会を主より許され,エデンより万物復興までの神の御計画に関する記録を日本帝国主権者を代表する期間なる法廷に確と記録せしむる事と相成り申し候,而して万事は神の御導きにより皆其の栄光に帰する結果と相成り候ひき。

二人の日本人コルポーターは今や支那上海に到着仕候。而して我等は其の聖旨の如くに彼らを導かれん事を切に折り居る者,若し其の聖旨に適ひて真理の支那四億民衆に到達するの道開かれなば・・・・・・・・・・・・(一九二九・九・二五)

朝鮮

朝鮮に於ける主の聖業は一昨年の大改革後頗る堅実となりて着々進展し,昨年中の書物冊子数は書物四百九十三冊冊子雑誌数一千二百三十九部,此の外日本語「黄金時代」無料散布数一万二千二百部あり,又クラス集会数百九十八回,此の出席者数二千四百二十八人があった。

[編集者注:この部分より上は「灯台」1930年3月号13-14ページによる(角括弧内は編者が補足した読み仮名)。この部分より下は私訳となる]

クラス集会開催数
198
クラス集会出席者数
2,428
『聖書研究』頒布数
71
『神の立琴』
105
『神の救ひ』
151
『創造』
63
『創造の写真劇』
73
『政府』
19
『和解』
2
聖書
9
『現在生存する万民は決して死することなし』
22
『死者はどこにいるか』
138
『人々の慰め』
140
『末の日』
190
『幸福は必ず来る』
169
『地獄』
5
『灯台』(日本語版)
235
『黄金時代』(日本語版)
340
無料の『黄金時代』頒布数
12,200
 
-----------
合計
13,932