FANDOM


| The New World(English) | 新しい世(1)(Japanese) | 新しい世(2)(Japanese) | 新しい世(3)(Japanese) |


新しい世(1)


新しい世 1章 編集

[wl 009] 新しい世! 誰がこのようなものを作ることができますか? それは何のようであるでしょうか? 誰の考えによればそれは作られるでしょうか? それは生きる皆に適しているでしょうか? それは永久に持続するべきですか? 正しい答えは、疑問視されることができない権威によって支持されて、邪悪な世界状態のために哀悼する人たちを慰めて、そして暗闇と不確実で覆い隠される未来のすべての恐れを静かにさせます。 それは希望で義の人々の心を満たします。 その正式な情報を受け取って、このような(の・もの・人)は新しい世が絶対的に完ぺきであるでしょう、そして完全に(彼・それ)らの心の願望を満たして、そして(彼・それ)らの最も高い期待を成就する以上のことをするであろうという保証で場合に置かれます。 その信頼できる情報を信頼して、そしてそれを諸国民の苦脳と比較して、そして困惑と混乱を増やして、このような優遇されている人々は有罪決定、イエス、喜びと堅く結ばれた(彼・それ)らの心、入口においてのその新しい世 IS でかなり途方に暮れています。 その光は地球の憂うつを突き抜けて、そして(彼・それ)らの顔を鮮やかにします。 (彼・それ)らが悲しみで他の心に反映するその元気づける。

義と真理のすべての愛好者が勇気をとって、そして大喜びする時です。 義の規則の下に生きるであろうすべてがその入ってくる新しい世を考慮に入れて事実を調べて、そして真理を学んで、そして次にそれによってガイドされる時です。 方法と時間とあなたにとって勉強のコストでの困難は知識、理解、平和、喜びと生活の希望のあなたへの報酬と比較されないはずです。 時は短いです。 (彼・それ)ら自身に知らせない、そして今上にある権威が設立するべきである新しい世を選択しない人たちは決して祝福と栄光に入るまで生きないでしょう。 それはそれを切望して、そしてそれのために準備する人たちのためです。 一(人・つ)も(彼・それ)らの意志と選択に対してそれを強制されるべきではありません。

新しい世は諸国民が理解するよりいっそう多くを意味します。 それは(彼・それ)らが召集に対してそうすることができるよりいっそう多くを要求します。 はげの事実は(彼・それ)らがそれを欲しないということです。 その理由のために、その世界が権利のすべての愛好者が欲するものであるべきである永続的な平和の約束された新しい世は民に魅力として政略的な、そして宗教的な独裁者によって今日上げられるいわゆる「新しい秩序」あるいは「新世界秩序」と混同されるべきではありません。 義の新しい世はその利己的な、そして野心的な人間の分類表のまさしくその正反対です。 このような案が(彼・それ)らの良心と個人的な自由な選択と正反対な普通の人々に強制することによって、そして、 shame! のために説得するべき宗教の協力によって、何百万という生命と穏やかな家の破壊によって、厳しい、残忍な力によって実現を求める 受けさせる 全能の神の意志によればこのような「新しい秩序」がそうである民 。 このような手段と方法によってそしてこのような目的のために準備されて、それは「秩序」が決して真理と公正の神の意志の表現であり得なかったことを示唆しました。 宗教によって後退させられるけれども、それは決して持続するべきではありません。 それが新しい世の仕方で建っていて、そしてそれのために模造の代用としてポーズを取るから、その「秩序」は落ちるべきです、そしてそれと一緒のその同盟国。

人間の願望と力と努力によってこれはそうであるべきではありません、しかし全能の力と宇宙の偉大な支配者の法令によって。 彼は我々の地球と諸国民とそれについての民を含めて宇宙に影響を与えている、問題の上に偉大な権威です。 彼は真理に対する率直な心のあこがれを満たす頼りになる情報の1つの源です。 彼の明らかにされたみ言葉、神聖な聖書、は彼の霊感において正直な人によって書かれました。 この誤りがない情報を義と生命を求めるよく覚える人々に持って来ることに対して、それは彼の手段あるいは経路です。 彼は彼自身の預言的なみ言葉の1つのインタプリターです。 彼は成就して、そして、預言について、隠された意味を明らかにする条件とイベントを我々の日でのパスにもたらします、そして次に彼は証拠で今日預言と難しい事実の間に合意あるいは対応を見るために彼のみ言葉のサーチャーの目を開きます。 自信を持ってそして失望の恐れなしで、そのために、誠実な探求者は彼のみ言葉に接近することができます:「これほど最初に、聖句の預言が今までに私的な解釈の、預言のためではないことを知ることは人の意志によって来ました:けれども人が、聖霊によって動かされて、神から話をしました」。 (ペテロ第二から1:20、21、アメリカ改定標準訳を引用しました) そのために、すべてが著作権を認める宇宙の偉大な支配者に、誉れと感謝の表現はすべての明らかにされた情報のために地球の上に人類の生命を変えるべきである新しい世までに締め切りです。

偉大な大変動は地球の上に進行中です。 戦争の新しい方法で、旅行とコミュニケーションの近代的な手段で、科学の驚異的な発見で、そして真理が前にさっと現れて、そして理由がないクレームと宗教の教義を呈示するという状態で、変更があるに違いありません。 新しい(人たち・もの)の必要は承認されます;古い(人たち・もの)は気を失わなくてはなりません。 人が、老人に、絡み合うという傾向がある なぜならそれに慣れています、それにもかかわらず それは(今まで)(彼・それ)らの傷へであった 。 少数の利己的な人が老人から利益、利点、力と制御を獲得した、そしてそれの方が好きです。 痛々しいほど新しい(人たち・もの)の方向に感動的な力に気付いていて、(彼・それ)らは動きをコントロールしようとします。 (彼・それ)らは(彼・それ)らが新しいと呼ぶ、しかし近代的な名前でただカモフラージュされるものを提供して、そして着て、そして(彼・それ)らの利己的な慈善興行に同じ古いものの下にあります。 どこ(で・に)人が黒い白い、そして白い黒をコールするかについて、示唆される「新世界秩序」はちょうこのような例です。 注意深い調査が彼が準備するのを阻止する人より強い力があることを明らかにする 本当に「新しい秩序」 。 人が変わることができます、ただただ時の一部;彼だけがそうすることができる地の一部と容器の上のことが(彼・それ)らを(そのために)新しく見えさせる少数の表面出演 - が彼に人より高くて、そして目に見えないものをコントロールしません。 しかしながら、宇宙の王座の上に座る(の・も・人)が言って、そしてそれが今日我々の快適さのために記録されるようにしました:「見よ、私はすべてのものを新しくします・・・。 書いてください;これらのために言葉は本当で、そして忠実です。」 - 啓示21:5。

人間の業績によっての「新しい世」についての人の話は非常に最近であって、そして本当に人の進歩と自由を抑制するよう意図されます。 すでに6千年前に創造者は建築と新しい世の到来を予言しました、そしてそれがぺてん、圧迫と死からの従順な男性たちを自由にするであろうこと。 それらすべての世紀に彼が一度もその約束と契約を忘れたことがないときから。 我々の日に彼はその取り消しできない見込みを救って、そして常に彼の言葉が忠実で、そして本当で、そしてそれ故信頼可能であると証明します。 彼に関してそれは霊感の下で言われました:「彼の業は完ぺきです」。 (申命記32:4)

なぜ、その時、地球上で人の居住のまさしくその黎明で完全さの創造者は新しい世を予言しましたか? その問題への答えのために創造者が元来作った世界に関して事実を、そして今存在する世界に関してそれ、そして次に事実に起こったこととその在の苦脳のために目的を再検討することは必要です。

「世界」

同じぐらい偉大な創造者によって使われた単語「世界」は地と人に見えるものに制限されません。 真理の霊感を受けた聖句はその「世界」が、地と同様、人に天、あるいはより高い、そして目に見えないものを含むことを示します。 見えない(人たち・もの)が何が人間の目に見えるかに影響を与えて、そしてそれを支配するという状態で、それは一緒に見えない(人たち・もの)と目に見える(人たち・もの)を意味します。 それ故我々の良いかっさいのために邪悪の外見上の勝利感の時に全能の神のこの確かな言葉は与えられます:「そして私は(彼・それ)らの不正行為に対して世界fあるいは(彼・それ)らの悪と邪悪な(人たち・もの)を罰するでしょう;そして私は得意な(人たち・もの)の尊大さを終わらせるでしょう、そして低くひどい(人たち・もの)のごう慢さを提出するでしょう。 そのために私は天を振るでしょう、そして地が彼の凄まじい怒りについてホストの主の激怒における彼女のポジションから、そして日中取り去るべきです。」 (イザヤ13:11、13) これは、芯の働きをしたように、呼び誤られた「新世界秩序」が外に振られるべきであることを証明します。 神が元来、そして人として最初に作った世界がそれがまったくそれの中に我々が(今まで)生まれたこの世界と異なっていたことを知っていました。 それは新しい世がそうであるべきであるものと異なっていました。 天地創造説のあるいは人の起源の記述は、言って、打ち明けます:「初めに神が天と地を作りました」。 (創世記 1:1 ) 物質的な、目に見えるものは人により高い、そして見えないものの存在、特に最高の人の存在、神の見えない創造者とそのために神全能のの真実の証拠です。 「なぜなら彼の見えないものは世界の創造から、作られること、彼の永遠の力と神性を通してさえ認知されて、明らかに見られます。」 それ故至高の神の存在を否定するすべては「弁解がなくて」、そしてばか者であるために(彼・それ)らに - 自己を見せます。 - 1時20分、アメリカ改訂標準訳ロマ;詩編 14:1 。

最初の人「アダム」は、全能の神の手仕事であって、完ぺきでした。 妻と協力者、エバ、骨から彼の骨から同じぐらい作られているwと彼の肉の肉と彼女が同じく完ぺきでした。 「なぜならアダムは形成された最初、それでエバでした。」 (テモテ第一2:13) アダムは女性たちの上にそのために長でした、そして彼女は彼に協力者でした。 彼は全能の神の見えない霊代表者と一緒にコミュニケーションを持つ(の・もの・人)でした。 そんなものとしてアダムはそのオリジナルの世界の役割、目に見える、そして世俗的な役割、でした。 何が、その時、その世界について上位の部分、あるいは「天」、でしたか? ちょうど神彼自身が霊である(とき・から・につれて・ように)、その雄鹿は霊であって、そしてそれ故完ぺきな人に見えませんでした。 エデンで営業している霊的な電力があったという事実はエデンでの被造物の1匹、秒アリ、が関係してアダムの妻と話をした事実によって証明される 彼 神のもの、奇跡的に 。 人目につかずに霊力がそれの後ろにありました。

天の創造は最初にでした。 L nが宇宙の見えない支配者が作った人の創造物の前に時間を測って、そして天の被造物と一緒に彼自身を取り巻いていて、そしてこれらの霊の被造物を彼の命令の従順な遂行でずっと宇宙を動かさせました。 (彼・それ)らに関してそれは書かれます:「彼の言葉の声に耳を傾けて、主、力、それが彼のおきてをする彼のみ使い、それが卓越する汝らを祝福してください」。 (詩編103:20) 生活の素晴らしい噴水から(彼・それ)らの生活を受け取って、これらはすべての「神の子たち」、霊息子でした。 誰が作られる最初の神の子でしたか? 「神の創造の初め」であるまさしくその(の・もの・人)は我々に彼自身を識別します。 彼は神の奇跡によって人として後に生まれて、そしてイエス・キリストと呼ばれた同じ人です。 (啓示3:14) 彼は、作られることについて、間に合ってだけではなく長子、しかし同じくすべての神のプライオリティあるいは被造物の間で彼の抜群で長子で「すべての被造物の長子」です。 (コロサイ1: 1前半) 神について、最初と神の直接の創造、彼が唯一の生じさせられた息子である」ということである 「み父のただ生じさせられただけの(人たち・もの):」 - ヨハネ1:14、18;3:16。

完ぺきなアダムを含めての、すべての他の神の子たちは神み父のそばに存在の中に彼の長子のみ子を切り抜けさせられました。 人の創造の時においてのこの協力は言葉によって示されます:「そして神が言って、我々のイメージで、我々の似たものの後に我々に人を作らせました」。 (創世記 1:26 ) 神の長子そしてただ生じさせられたみ子だけがすべての他の神の子たちに至高の神と彼の言葉の遺言執行者口小片でした。 それ故彼は「神のみ言葉」と呼ばれました。 このポジションで「み言葉」は力が強い人、あるいは「神」であって、そして至高の神の代理を務めました;そして彼に関してそれは書かれます:「同じが[全能の]神と一緒に初めにありました。 すべてのものは彼によって作られました;そして作られた作られたものが彼がなくありませんでした。 そしてみ言葉[報道官]は肉にされた、そして、我々の間で、居住しました (そして我々は彼の栄光、栄光を眺めました 時点で 、み父について、ただ生じさせるだけであられました) 恩寵と truth. でいっぱいです」 - ヨハネ 1:1-3 、14。

神の作成はただみ子、「み言葉」を生じさせるだけであって、神によってただ天地創造説の黎明に過ぎませんでした。 まもなくその後神によっての天地創造説の朝から彼の長子の、そして最愛の息子まで来ました。 そのためにそれはその後作られて次に1それのように見える 「朝の息子」と呼ばれる 。 み名はルシファーでした、そして彼はそれで扱われます: 「ああ, ルシファー、朝の君!」 。 名前は「きらめく星」を意味します、あるいは、「光を掲げる人」。 (イザヤ 14:12 のあまり重要でない読書) 神の天国の組織でのタイトル星君、最初に時間とポジションでいる人。 神がただみ子を生じさせるだけであったから、み言葉とルシファーはすべての天地創造説のまさしくその初めに、産み出されて、君でした、(彼・それ)らreは「明けの明星」に電話をしました。 長い間(彼・それ)らは一緒に働いた、そして喜びの特別な時に明けの明星が一緒に歌った」 偉大な創造者の賛美に 。 (38:7を割り当ててください) 神の子が彼自身言っている「スターである」と認知する長子:「私はそうです...明るい(人たち・もの)と明けの明星。」 そして人の間の彼の出演に関して新しい世の準備でそれは書かれます:「ヤコブからそこに星が来るべきです、そして王しゃくがイスラエルから上昇するべきです・・・。 ヤコブから彼が来るべきである それは支配を持つべきです。」 。 - 啓示 22:16 ;民数記 24:17-19 。

「力が強い(人たち・もの)の後に「他の霊神の子たちがそうであった明けの明星sが完ぺきな、輝かしい、そして神聖なすべてを産み出しました。 これらすべてが神s奉仕の間規則正しい方法で組織化されました、そして彼の良い目的を遂行するために。 若干数がみ使いの頭と他の人たちとしてみ使いとしてセラフ、ケルブとしての他の人たちと他の人たちとしてポジションと奉仕を与えられました、そしてその名字は「補助索」を意味します。 輝かしい霊の被造物のこれらすべての組織化された無数の無数はすべて調和して、そして彼と調和して、そしてすべて彼の指示の適用を受けている神の普遍的な組織を構成しました。 彼に祈りは上昇します:「ケルブの間に dwellest するなんじ、前に光ってください」。 (詩編80:1) それで、彼のすべての普遍的な組織に加えて、全能の神は支配権を保って、そして普遍的な支配を行使しました。 この普遍的な組織が彼の適用を受けていて、そして彼に神聖なアタッチメントと結び付けられるから、それは彼、彼女の創造者、が「夫」である彼の「女性」、あるいは「妻」、として神の自身の預言で話されます 彼は同じく彼女に名前「シオン」を与えます、そして彼は彼女を使います、すなわち、彼の普遍的な組織、新しい世に領地を持っているべきである被造物を産むか、あるいは作り出すために。 - イザヤ 54:5 、13。

その時彼の偉大な経営幹部、み言葉、によっての神は人のために地を作って、そして、特別にエデンに園スポットあるいはパラダイスをしっかり置いて、それを人間の居住に対して準備をさせました。 彼は完ぺきな人とその中の女性を作って、そして置きました。 (彼・それ)らの無罪と完全さでこれらの人間の被造物は神の普遍的な組織の目に見えるか、あるいは地の部分になりました、そして(彼・それ)らに神は彼の組織の成員としての(彼・それ)らの任務を割り当てました。 創造者の意志は天のように地でされなくてはなりません。 彼の意志と目的はそうであって、そして地がそうであるべきであることはどこでもパラダイスを作ったということであって、そして義のレースで満たされるべきです、今までに、(彼・それ)らの造り主の栄光と生活 - 寄贈者に成員がいずれかについて(そのために)地球の上平和と幸福で神のイメージと似たものでで、そして生きるべきであるすべて。 それ故アダムとエバ、完ぺきな、そして義の人に、偉大なユニバーサル支配者は言いました:「実り多くて、そして増殖してください 、 そして[地を満たします 。 (創世記 1:28 ) その命令が神の本質から来るという状態で、それは人に神の代表権能でした。 それはうれしい特権であるでしょう、しかし、地の四隅にエデンのパラダイスを延長することと共に、それは完ぺきな人と女性に多の問題を提出するでしょう。 (彼・それ)らは理知あって、そして有能であって、そして地球の被造物の中で最も高かったです、それでもなお(彼・それ)らは最も最近であって、そして上からそれ故導き諭しを必要としました。 さらに、(彼・それ)らの造り主は(彼・それ)らを彼への献身の忠誠あるいは無傷のテストの下に置きました、(彼・それ)らが彼に従順の(彼・それ)らの完全さを証明するかもしれないこと。 彼は(彼・それ)らにパラダイス園の1つの果物を食べることから除外して、そしてこの1つの詳細で神のおきてを破ることはすべての(彼・それ)らの損失を意味するであろうという警告を与えました:「けれども善悪の知識の木について、なんじはそれについて食べるべきではありません:日中それのためになんじがそうするべきである eatest にそのなんじは確かに死にます」。 (創世記2:17) 人が彼の忠誠を持続するのを助けて、そして意志と神の仕事をして彼を中へ案内するために、彼の上の後見人の役が人の善人のために助けになるそして優しい準備であるでしょう。 それは提供されました。

「あれまあ」

彼の完全さでのアダムは神の子でした。 (ルカ 3:38 ) 偉大な天国の父は彼の世俗的な務めの道を教化するための美しい「明けの明星」、ルシファー、を彼の地の息子の上の見えない保護者として据えました。 これはルシファーに重い信託でした、そして創造者の良い、そして価値がある名前はそれと一緒に関連付けられました。 忠実によって彼の信頼にルシファーは人の永続的な福祉のために地で、そして同じく全能の神の普遍的な支配を支持して行動をするでょう。 油そそがれてか、あるいは完ぺきな人の上にその保護のポジションに指名されて、ルシファーは「 covereth する油そそがれた者愛らしい幼児」と呼ばれました。 彼に単語は適用されます:「なんじはエデンで(今まで)神;...の園でした。 なんじは上下に火の石の真中で covereth と私が持っている油そそがれた者愛らしい幼児がなんじをそうにしました:神聖な山の上に神の西にあるなんじ;なんじが wast に歩いたということです。」 (エゼキエル28:13、14) すべてを考慮にいれると、ルシファーが単独で働かなかったことは明白です。 力が強い(の・もの・人)と同じく君、あるいは「明けの明星」であって、彼は与えられた、そしてより小さい霊の被造物あるいはみ使い、(彼・それ)らの大群の大きい団体の上に配布しました。 これらは宇宙、すなわち、最高の人が(彼・それ)らを割り当てた地の特定の部分で(彼・それ)らの義務を果たすためにルシファーの下に仕事力の中に計画されました。 それで(彼・それ)らの王子らしい長と一緒のこれらすべてのみ使いはパーの名ばかりの割り当てで特別な組織を構成ました、しかしこの組織は、それが忠実なままでいる限り、同じく神の普遍的な組織の一部でした。

み使いアンダールシファーのその特別な組織は霊的で、人より高くて、そして彼に見えませんでした、そしてそれ故(彼・それ)らはそのオリジナルの世界の「天」を構成しました。 魚と家禽と土地被造物の上に支配を与えられた完ぺきな人はその世界の目に見える部分でした。 彼は「地の、素朴でした」、そして彼は何の同じぐらい「地」と呼ばれるwを構成しました。 れ「天」とそれ「地球」は、従って、その時完ぺきな、そして義の世界を構成しました。 それはそんなもののままでいましたか? それは神の普遍的な組織の一部を続けて、そして彼の普遍的な支配に提出するでしょうか?

神権的の規則。

そのオリジナルの世界で、何が人の上に統治の方法でしたか? それは全体主義の規則Qであった 民主主義の統治であった ? 民主主義の統治である している 地のために ? そこの土台はそれが地から死ぬべきではないという民主的な規則のために敷かれましたか? 人が地球の問題の完全な支配者であるようにしましたか? いいえ! 聖書、神のみ言葉、はそれが神権的の規則であったことを示します。 すなわち、人は神から仕える彼の力を得ました、そして彼は神の同意と認可によって仕えました。 人に与えられた律法は政党の律法でなくて、そしてそれ故人工ではありませんでしたが、神からでした。 その律法は1つのセクションあるいは大陸あるいはローカルなスポットにではなく、すべての地球そしてその中に生きるべきであるすべてに当てはまりました。 その律法への人の従順は彼の最高の力の普遍的な支配、神全能の、すべての、ちょうど、正しい律法の起源の認識とそれへの原稿であるでしょう。 地球の上の神権的の規則からの人の出発は彼の破滅であることが分かって、そして地球の上に今日目に見える大きい破壊に導きました。

神権的の規則の下ですべては地球上で幸福、平和と幸運でした。 病気と病気と仲間ことばと恐れは未知でした、神の崇拝は清くて、そして自由であって、そして精神的にそして真理と人でそれの上に彼が領地を持っより低い動物被造物と一緒に安らいでいました。 その時ルシファーは野心的になって、そして神を崇拝する人の自由を侵害し始めた 彼の造り主 。 ルシファーは人から人が神全能のに与えていた崇拝を切望し始めました。 彼は人が崇拝するであろう(の・もの・人)がそうであるか、あるいは人が仕えるであろう(の・もの・人)であるであろうことを知っていました。 利益に彼自身のための崇拝、ルシファー、は人がルシファーに仕えるであろうことを意味するでしょう、そしてそれは神の普遍的な支配の下から人を取り出すでしょう。 神の普遍的な支配の下に従属的なポジションで勤めて、そして同時に地での支配がルシファーにいらだたしくなったと主張するのに役立つ 。 彼の心で彼は至高の神の普遍的な支配を挑発すること、そしてそれに反抗しようと決心しました。 それは不正さ、あるいは無法状態、が心あるいはルシファーの感動的な能力に入って、そしてつかんだ所でした。 ユニバーサル支配をすべての天地創造説を揺り動かすであろう論争にすることについて、彼は彼の心をつけました。 それでそれは彼に関して本当でした:「なんじが西に作った日から、不正さまでなんじの方法に完ぺきな西がそうであったなんじはなんじを中に見つけました」。 - エゼキエル28:15。

ひっくり返って、そして最高の人の普遍的な支配を取り去ろうとすることはまもなく確かにルシファーの完全な落下を証明するでしょう。 すでに熟達しているかのように、確実のためにこれを予言して、預言が理由に言います:「どのようにルシファー、 the morning! どのようにかについての息子がそうであるから、ああ,落ちたなんじは didst に諸国民を弱める立場に減らされた、なんじですか! なぜならなんじは9つの心で言いました、私は天の中に高位に付くでしょう、私は神の星の上に私の王位を称揚するでしょう:私は同じく北の会衆の、側面での馬の上に座るでしょう:私は雲の高さの上に高位に付くでしょう:私は至高者のようであるでしょう」。 (イザヤ 14:12-14 ) その後その反抗者が生きたと比べて同じぐらい長い間その素晴らしい論争は和解を催促しているでしょう。

サタンは現われます。

ルシファーは完全さの方法から今出発して、そして彼の不正な野心を遂行することを次に行いました。 彼はユニバーサル知事に反抗して、そして彼に対する反対の課程に入りました。 彼はそこ(に・で)サタンになりました、そしてその名前は「反対者;敵、敵対者」を意味します。 ルシファーは彼の下ですでに組織を持っていました、しかし、神から独立している彼自身の支配を始めるために、彼は、すなわち、人に≪においてそのオリジナルの世界の最も弱くて、そして最も低い部分を攻撃するでしょう。 神であるユニバーサル支配者の崇拝は別として人に転じることによって、彼は人の奉仕を獲得するでしょう。 けれどもいかにですか?

それは妙に聞こえるかもしれないけれども、世界に宗教を導入することによって、サタンはこれをすることを提案しました。 ルシファーは宗教的になって、そして創設者と宗教の教師として彼自身を設立することを次に行いました。 彼は神の人の崇拝が霊でそして真理でであるのが嫌いであった。 そのために不忠実な反逆天使は宗教的な不寛容を慣わしにし始めまた;彼は地から正真正銘の、そして生きている神の崇拝を根こそぎにして、そして殺すでしょう。 神の神聖な名前はこの問題に結び付けられた、なぜなら義の被造物はその名前を hallowed して、そしてそれが好きであったから。 神の確かな、そして頼りになる言葉は同じく含まれていました。 神は(すでに)言っていました、そして彼はそれをするでしょうか? 神の全能の力は同じく含まれていました。 彼は成就する十分な力を行使して、そして断固とした反対に直面して彼の言葉を守ることができましたか? かつて一度も彼は(まだ)反対されていませんでした。 神のみ言葉は(すでに)、もし従順でないなら、人が死ぬべきであると宣言していました。 神が人に向かって代表的である(とき・から・につれて・ように)、ルシファーは、人の上の「覆うことをするケルブ」として(すでに)「死の能力」を与えられていた。 (ヘブライ 2:14 ) 人に対して死のその能力を働かせるために反抗的に拒絶することによって、もし人が神に対して反乱のために彼に加わるであろうなら、サタンは不評の中に神の名前を、疑わしく彼の言葉と軽蔑の中に彼の力をもたらすであろう。

宗教。

宗教が攻撃のサタンの手段になりました、そして彼は大蛇をそのシンボルとして用いました。 大蛇はぺてんの業で彼のエージェントになりました。 そのためにそれは偉大な偽宗教家(えせ信心家)、サタン彼自身のシンボルになりました。 彼は「より弱い器」、女性エバに接近しました、そして大蛇を通して彼は神のみ言葉と正直と利己的でない情深さの彼の良い名前両方に問題を要求しました。 「肯定入浴神が言いました汝らが園のすべての木について食べるべきではありません。」 エバが命令と警告の神のみ言葉を繰り返したあとその時、サタン、素晴らしい毒ヘビ、は最初の嘘をつきました。 それは神のみ言葉と彼の表現された意図を否定する教義上の嘘であった。 それは神を誤り伝えました、そしてずるい 1y がそれが人の最も高い、そして永遠の福祉のためであるであろうという考えの下で神の命令への不従順を示唆しました。 「そして大蛇が女性に言いました、汝らが確かに死ぬべきではありません:神 doth のために、汝らが食べる日にそのそのことを知ってください、それであなたの目は開かれるべきです;そして汝らが、善悪を知って、神々としてであるべきです。」 (創世記3:4、5) それは宗教でした。 その否定し難い証明は事実である それほどすべて 今日キリスト教世界の宗教」と異教徒について サタン、大蛇、によって述べられてここで(彼・それ)らの基本的な教義としてまさしくそのことを教える 。 ほらサタン簀の目紙「キリスト教世界の」のための基礎、すなわち、人間の魂とその人の固有の不滅が霊の被造物あるいはみ使いになる宗教的な教義ただ身体の死;同じく「不滅の魂」とそのために捧げ物労働者階級と pr の公益事業が人間の死のごとき静寂のために断言するそんなもののための「苦境」の存在と同じく永遠の火でのそして永遠の虫の間の「不滅の魂」の「永遠の拷問」のための場所、呼び誤られた「地獄」、の存在。

サタンのこれらの宗教的な口論によって Serpent エバはだまされました;それは、エバが服従しなかったように、宗教を得る(の・もの・人)を神と彼の言葉と令への不従順に落とし込んで、宗教が罠であることを証明します。 そこのエバが宗教の練習を始めました。 彼女はその時宗教にほかの誰かを改宗者にすることを次に行って、そしてこのテストの下で神の愛よりどちらかと言うと、自己の愛を示した彼女の夫が順調に行きました。 彼女と同じ運命を共有するためにエバが禁じられた果物を食べるのに加わることによって、アダムは神の命令に服従しませんでした。 それによって彼は宗教を採用して、そして神の崇拝を使わないでおきました。 彼は神の言葉から向きを変えて、そして神の敵、宗教の教師、悪魔の言葉を追いました。 神のみ言葉に対して嘘をついて、そしてそれで神の名前を中傷することによって、反抗的な反逆天使は悪魔になりました、そしてそれは神に対して手段を「中傷者」と命名します。 その創設者のような、宗教が神を中傷します、そしてアダムと彼の後のすべての偽宗教家(えせ信心家)は神の名前と言葉に対して悪魔の中傷を信じました。 従って宗教が聖書的神のご意志をすることに対してのすべてと定義されます。 それは崇拝が偶像に与えられて、そしてそれ故被造物に与えられる崇拝の用紙です。 それは発言と被造物によって伝えられた布告の上に基礎づけられて、そしてそれ故神のみ言葉を否定して、そしてそれを取り消して、そして一(人・つ)ものそれを効果にします。 それは全能の神の恐れよりどちらかと言うと、被造物の恐れです。 それは神崇拝の正確な正反対です、そしてその崇拝は一人前とそうするであろう、そして「キリスト教」と呼ばれるみ子がするただ生じさせるだけである彼のとしての神のご意志することです。

世界落下。

人が論争の敵の側面に行って、そしてサタンが神の名前の上にしっせきをもたらすのに加わりました。 それ故その名前は、すなわち、きれいにされて、正当化されて、復讐されて正当化されなくてはなりません;そしてそれはまもなくであるべきです。 サタンは今(すでに)彼の側面に人を得て、そしてそれでその世界の目に見えるか、あるいは地の部分を味方に引き入れていました。 サタンは(すでに)彼に割り当てられていたみ使いの組織の次に向きを変えました。 人の決定を付加的な口論として用いて、そして同じく普遍的な支配の約束をいだかせて、同じく彼が宗教で堕落させたこれら。 (エゼキエル28:16-18) その見えない霊組織はサタンに行って、そして神の普遍的な組織と一緒にそれによって(彼・それ)らの接続を切断しました。 それらのみ使いは神聖と純粋と忠誠から落ちて、そして悪魔になりました、そしてサタン、組織の頭、は「悪魔の君」になりました。 彼は宗教で(彼・それ)らの思いを暗くして、そして「暗闇の君」になりました。 それらのみ使いは神が(すでに)(彼・それ)らを割り当てていた土地を義の組織に置き残して、そして神の子たちとして(彼・それ)らの居住を放棄しました。 (ユダ6) この方法の上にサタンは見えない(人たち・もの)、その世界の霊参加(「天」)を堕落させて、そしてそれを神に敵対させました。

神はそれらの反抗的なみ使いに死を宣告しました、しかしすぐにその文を実行しませんでした;彼は他の行動をとりました。 彼は最も低い同じぐらい非難されて、そして判決を下された人に(彼・それ)らをげて、そして彼の目的に関して(彼・それ)らのすべてからそれ以上の光を差し控えました。 彼は(彼・それ)らを監視の下に置いて、そしてそれで素晴らしい論争の和解の時に(彼・それ)らを予約します。 これの上にそれは書かれます:「(彼・それ)らが罪を犯したが、タルタロスに(彼・それ)らを失墜させて、そして(彼・それ)らが暗闇の穴に、裁きに遠慮がちであることを約束したとき、神がみ使いではなく割愛しました」。 (ペテロ第二 2:4 、Am. 啓示 Var. 、マージン) 神は同じく罪人、アダム、に死を宣告して、そしてその文を運ぶことのために効果の中に彼と罪での彼の仲間をエデンの園から追い出しました。 (彼・それ)らは今(すでに)(彼・それ)らの無罪と完全さを失っていました、(彼・それ)らはもう義ではありませんでした、そして(彼・それ)らは汗まみれの労働の状態の中に死んで、そして悲しみ始めました。 (彼・それ)らは(彼・それ)らの種類を再現するのを許された、しかし神の代表権能を遂行することができなかった なぜならもう仕えて、そして神を崇拝しないそしてもう義ではなくそして持つことです 生きる権利 。 (彼・それ)らが存在の中に連れて来た子供たちは不完全な、罪深くて、そして不潔な、そしてそれ故非難された、そして死にかけたすべてでした;(彼・それ)らは死を継承しました。 従ってそれは書かれます:「1人の人によって[サタンの僕として]罪が世界[その目に見える地の部分]と罪によっての死に入りました;そしてそれで死がすべての人の上に通過しました、それのためにすべては罪を犯しました」。 - ロマ512。

み使いと人によっての特権の損失が大きかったです。 宗教によってサタンはそれの下に(すでに)そのオリジナル「天」と「地球」の落下を起こしていました、そしてそれで彼はその世界の落下を達成しました。 すべて宗教によって、とあなたが記します、サタンは至高者と全能の神の普遍的な支配からその世界が反抗することを起こしました、そして彼は彼自身のために普遍的な支配を得るためのその世界を使い始めました。 それによって彼は前面に出て普遍的な支配の銘柄を押しやりました、そしてその問題はみ使いと人を動揺させて今すべての他の銘柄よりも重要であって、そして影を薄くします。 その世界と一緒のサタンの動きと成功は神の全部の宇宙に挑戦でした。 いずれの素晴らしい論争の側面の上にあなたは、神のの上にあるいはサタンのの上に、あなたのスタンドをとりますか? あなたは速く、あなたの前に本当の事実で選ばなくてはなりません、なぜなら論争は今早い和解を持っているでしょうから。 ここ(で・に)与えられた情報はあなた自身に永続的な善であなたが賢く選ぶのに役立つはずです。

新しい世は約束しました。

アダムとエバは、宗教に負けることによって、神に向かって(彼・それ)らの忠誠、すなわち、(彼・それ)らの無罪、潔白、無傷、を破りました。 (彼・それ)らと一緒のサタンの成功は結果において地球の上にテストの下で神の反対者によって忠誠を持って、そして神に向かって彼の忠誠を持続するであろう人を置く神への挑戦でした。 その後、はっきりと、サタンは、天のみ使いの前に、神がそうすることができなかったと非難して、そして彼にテトを挑みました。 ちょうどその時エデンで神は決して、(彼・それ)らの忠誠を破ることに、不正な意志ではなく、厳粛な契約あるいはサタンと彼のすべての組織あるいは世界がそうすることができなかったという時が来れば彼が彼の普遍的な組織から忠誠の被造物を産み出すでしょう、そして新しい世を準備するであろうという決心の主張でサタンの早い成功に対処しました。 象徴的なスピーチで神が素晴らしい大蛇、サタンに言いました:「そして私は Nee と女性の間に、そしてなんじの種と彼女の種の間に敵意を示すでしょう;それはなんじの頭を傷つけるべきです、そしてなんじは彼のかかとを傷つけるでしょう。」 - 創世記3:15。

全能の神はちょうどそこに大蛇の頭を押しつぶして、そして悪魔を破壊することができたはずです。 それは、しかしながら、能力と新しい世に領地を持っているべきである人たちの悪魔の最も凄まじい猛攻撃に抵抗して、そして、偉大なユニバーサル支配者に向かって(彼・それ)らの忠誠が速いと考えることによって、サタンの顔の中に嘘を戻っているように投げる決意について質問に答えなかったでしょう。 このような人は神の名前に名誉を与えて、そして正当化して、そして彼の言葉が本当であると証明しなくてはなりません。 そのために、なぜ彼がサタンがまさしくこの日まで神の名前を生活して、そして中傷して、そして責め続けるのを許したか説明することにおいて、神がサタンの代表者に、そしてそれ故サタンに言いました:「この原因のために私は Nee に Nee に私の力を見せて;そして(彼・それ)らがそうするためにすべての地球全体(で・に)私の名前をふれ告げるために、残留することを許しました」か (出エジプト記9:16、リーサー) 神のが名前をつけて、そして永久にそれをのために輝かしくする力とそれが正当化するべきである世界が設立されるべきである新しい(人たち・もの)。

彼が彼の「女性」あるいは普遍的な組織から産み出すであろう、そして大蛇とそのすべてのシードを破壊するであろう胤のそしてに関する神によってのその預言は人類に与えられる最初の預言でした。 それは新しい世に関係していました。 それは慰めとしてアダムとエバに与えられませんでした;なぜなら(彼・それ)らはその新しい世に部分を持っているべきでありません。 それは神の支配に対して挑戦として(彼・それ)らにそして反抗者のようなすべてに与えられました。 その約束は希望と快適さとして(彼・それ)らの最初の親のステップから向きを変えて、そして(彼・それ)ら自身を最高の支配者の正当な支配の下に置くべきである(彼・それ)らの子の人たちにだけ与えられました。 サタンは神に(どれ・何・誰)でも作り出すように挑んだ そんなもの 。 主なる神は挑戦を受け入れました。 単に彼はサタンに生きているままでいさせただけではありません、聖句が示すように、神がサタンが天で継続したみ使いにアクセスで、すべて、テストのために(彼・それ)らに忠実なままでいるのを許しました。 彼が新しい世の始めに追い出されるべきであるまで、サタンは天で残留するはずでした。

エホバの証人の初め。

極めて少数しか人が今日今の世界の神の厳粛な約束を信じるか、あるいはそれについて心配しさえしません。 その代わりに人が不完全な、そして死にかけた被造物と人の組織に頼ります。 (彼・それ)らは下方に熱心に飲み込んで、そして信頼を提出して、そして(彼・それ)ら自身が「運命の人」であると思う野心的な人々の非常に好意的な約束のために(彼・それ)らの生命を定めさえします。 聖書の本物の記録は最初を信じて、そして新しい世の神の約束に対して行動を起こした人と命名します。 信仰のその人はアベル、アダムとエバの2番目の息子でした。

そこ(に・で)後方に離れて生きて、アベルは神によって承認される「長老」あるいは古代人の1つでした。 エバがうぬぼれて彼女が母親あるいは未来を約束された胤を産むはずであった「女性」であるであろうと思ったかもしれません。 彼女の長子の息子と家族、カイン、の相続人が(すでに)大きくなった後、彼は、彼の母親のように、彼、カイン、が運命の人、歴史で彼自身の名前を作って、そして借金している人類全体を彼自身に向かわせるべきである胤であったと思うのに十分だまされやすかったですように見えます。 カインは軽信性です、そして彼が神の親切な行為を得た他の誰もうらやましく思うことはカインが偽宗教家(えせ信心家)であったことを示しました。 彼のは崇拝の用紙でした、しかしそれは神について受け入れられなかった、そしてそれ故宗教でした。 彼は神をだまして、そして彼の利己的な野心を満足させるためにそれから何かを取り出すことについての希望で祭壇において宗教的な奉仕を行いました。 彼は素晴らしい大蛇から、人類の救出のためにではなく、神のえり抜きになることを望みました、しかし個人的な栄光と世界支配のために彼はそれから出て行くことができました。 それは彼の宗教でした、そしてそれは彼を殺人に追いやりました。 アベルの清い崇拝と適切な犠牲の神の受け入れの表明を見て、カインはアベルが胤として世界支配の彼の夢のために彼のライバルであったことを恐れました。 そのためにカインは神を崇拝した、そして新しい世を作るために神の名前と目的のために証言したその義の人を殺しました。 さらに、アベルは神に向かっての忠誠を持続しました、そして(彼・彼女・彼ら)ををアベルが信じました。 彼はサタンの務めと神への挑戦が嘘であったという証明でした、そしてそのためにサタンはカインを道を外れてアベルを置く気にさせました。

アベルは信仰の人でした、そしてそれ故偽宗教家(えせ信心家)ではなくが彼のだまされやすい兄弟が好きです。 アベルは新しい世を望みました、そして彼はそれが来ることに対しての信頼のために、エデンで神の預言的な約束でそれ、あるいは基礎の物質を持っていました。 新しい世はアベルの日に現われ始めませんでした;彼はその時その設立の身体の事実を識別しませんでした。 彼が持っていたものは神の言葉でした、そしてアベルの信仰は彼が神のみ言葉に感謝と認識を示して、そして彼の思いと心で年齢のために、あるいは永久に続くべきである新しい世の視力を枠にはめて、そして調整するのを手伝いました。 その新しい世のこのフレームは単に神のみ言葉の上で、そうで基礎を置かれた アベルが信仰の目で見たものが彼の日に現われている状況の事実に基づいてそうであったチャット 。 この信仰は彼がアダムの家族のそれらすべてに神のめに忠実な証しであるのを手伝いました、そしてそのためにそれは彼が神に向かってきれいな、そして良い報告あるいは忠誠の記録を保持するのを手伝いました。 勝利を得たこの信仰に関してそれは書かれます:「それによって長老は良い報告を得ました。 信仰を通して我々は神の言葉によって世界が枠にはめられました[信仰の人の理解に順応されました]と理解します、それで[信仰の目によって]見られることが現われることから作られませんでした。 彼が義であったというアベルが神に(それによって)彼が証しを得たカインよりいっそう優秀な犠牲を申し出たという信仰、彼の賜物について証言している神によって:  そして能を失った、それでもなお speaketh であって、それによって彼。」 - ヘブライ11:1 - 4。

使徒は、ヘブライ人に手紙を書いて、それらの「長老」あるいは(彼・それ)らの信仰によって世界に打ち勝った古代人のリストを与えます、そしてアベルはリストで正確に最初のです。 使徒は信仰について、そしてすぐに後で(彼・それ)らの法令と行ないを記述する 教徒が証言した人たちとしての(の・もの・人)を主張する人たちに言っている神を差し向ける : 「従って我々が同じく com であるのを見ることは大体同じほど大きい証人の雲で、我々にすべてのウエイトをわきに置かせました、そしてそれほど容易に doth する罪[宗教]は我々を悩まして、そして我々に辛抱強さで我々の前につけられるレースで走らせました。」 。 (ヘブライ12:1) アベルは神のために証人の雲の最初でした、「誰の名前だけかがエホバです。 (詩編 83:18 ) そのためにエホバの証はアベルから始めました。 神は彼の約束をアベルに知られさせて、そして彼に崇拝の適切な典型的な犠牲を明らかにしました、そしてそれによってエホバ神はアベルを彼の目撃者にしました。 それ故人がエホバの証人の創設者ではありません;神だけはそうです。 不可欠はそうであるそして新しい世にすべての証人です。 アベルは神を恐れなくなった世界にいました、しかし彼の信仰のために彼はその神を恐れない世界の(こと・もの)ではありませんでした。 彼は新しい世にフォワードを彼のスタンドだと思い込んで、そしてように見えて、そして向けました。 それ故サタンはアベルが殺されるようにしました。

それ以上の「新しい世」預言。

アダムの孫エノスの時代に、「その時が[エホバ]卿の名前によって(彼・それ)ら自身を呼ぶために人を始めました」。 (創世記 4:26 、マージン) (彼・それ)らの唇は彼の名前に言及しました、しかし(彼・それ)らの心は彼あるいは約束された新しい世に専念していませんでした。 (彼・それ)らはカインのように、偽宗教家(えせ信心家)であって、そして神の約束で信仰を持っていなくて、そしてそれ故エホバの証人ではありませんでした。 創世記チャプター5においての歴史的な記録とヘブライチャプター11においての使徒のリストは次に続いた期間にただ1だけを信仰の公認の人と命名します。 その人は彼について神を恐れない世界と一緒にではなく、神と一緒に歩いたエノクでした。 新しい世の希望で彼は神を恐れない世界から彼自身を汚点がなくしておいて、そしてエホバに忠実な目撃者でした。 アベルであったように、サタンはエノクが殺れるようにしたでしょう、しかしエホバ神はこれを認めませんでした。 エノクが当時まだ期待を生活と比較したように若かった間に、神はそこに従順な人が死ぬべきではない新しい世を見るためにビヨハネで彼を翻訳しました。 この無上の喜びの中に神はサタンによって暴力的な害からエノクを連れ去りました、そして彼の偽宗教家(えせ信心家)とエノクは決して死の苦痛を経験しませんでした。 (創世記 5:21-24 ;ヘブライ 11:5 ) 大蛇の頭を傷つけるべきである胤が来ることのそしてに関する彼の日の神を恐れない民に対するエノクの証拠に関して、使徒が書きます:「そしてエノクは同じく、7日、[家系の家系で]アダムから、見よ、言っているこれらについて(彼・それ)らが犯されて神を恐れないようにする(彼・それ)らのすべての神を恐れない行ないの、そして神を恐れない罪人が彼に対して話した(彼・それ)らのすべての厳しいスピーチの10彼の聖なる者の何千でも、すべての上に裁きを実行して、そしてその中に神を恐れないすべてを確信させるための主 cometh を預言しました」。 - ユダ14、15。

その世界の終わりの日。

エノクの翻訳の後に続いた終止符は今日生きて我々に大きい重要性の(こと・もの)です、なぜならそれはノアの時でした、そしてその不穏な期間に起こったことは起こるべきであることの予想させることであって、そして我々自身の日に起こっていますから。 誰がそう言いましたか? おや、常に生まれた最も偉大な預言者と歴史的な出来事に関する最も物わかりがよい解説者と(彼・それ)らのrうなぎ意味。 A.D. 1914年からそして後の近代的な世界状態はた彼の予言の真理を確証するだけです。 彼が言いました:「けれどもノアの日がそうであった(とき・から・につれて・ように)、それで同じく人の息子が来ることがそうであるべきですか」。 (マタイ 24:37 ) 「そしてもしそれが同じく人の息子の時代であったなら、それがノアの時代で、そうであった(とき・から・につれて・ように)。」 (ルカ 17:26 ) エノクの69年後に、そして古代の世界の最も大きい災難の6百年前に、ノアは生まれました。 彼と彼の息子は同じく深く重要なその世界大惨事から生き残りました。 食べること、そして過度に、そして結婚の利己的な心配と物質的なものと無視することのほかに曲のしるしと宿命のノアの大胆な警告両方を飲むことのほかに、もう1つのものが状態が同じぐらい異常であるとマークを付けました。 エホバ神に対して論争、普遍的な支配とサタンの偽りの務め念頭に心に留めておいてください。 サタンの反抗的なポジションは「地球」の支配が彼の;同じく忠誠のすべての人が堕落させられるか、あるいは地から離れて嫌疑を晴らされなくてはならないということに依然として変わないければならなことを要求しました。 それは(どれ・何・誰)あるいはエホバのすべての証人が抹消されなくてはならない、そして(彼・それ)らの証し業が止まったことを意味しました!

行動のサタンの計画は何でしたか? それらの6百年の初めに向かって彼がほとんど(すでに)成功していたように思われました。 地球上で増殖したすべての人の間に地球上でちょうど忠誠の人が去った(の・もの・人)があったように思われました。 その人はノアという名前のエホの目撃者でした、そして、エノクがそうした(とき・から・につれて・ように)、彼は神と一緒に歩いて、そして彼の世代に完ぺきでした。 彼は義の伝道者でした。 (ペテロ第二2:5) ノアの証言そして伝道することの能力を埋め合わせるために、全能の神の挑戦者は新しい何かを実現しました。 それはレース汚染の案でした、そしてその世界の霊部分、すべての人を威嚇するべき暴力の規則が邪悪な天、見えない(人たち・もの)によって悪魔統治あるいは支配に従順を続けました。

悪魔は(まだ)天から追放されていませんでした。 今サタンの戦略によれば悪魔の多くが降りて来て、そしてジャイアントあるいは暴漢として肉に実現しました。 (彼・それ)らは「ネフィリム」と呼ばれました、すなわち、「銀行出納係」と(彼・それ)らが打ち倒されたか、あるいは宗教的な(の・もの・人)と被造物の恐れで立った、そして英雄を崇拝した人たち、力と優れた能力の被造物の下方に落ちさせられた。 一般的な人がエホバ神の名前を自白することか、あるいは彼の支配権を認めることをためらいました。 ネフィリムはすべての民をいじめて、そして独裁的なファッションと(彼・それ)らが手短かに扱った容易に則しなかった人たちで(彼・それ)らを支配しました。 暴力が増加して、そして地を満たしました。 これに追加するために、多くの霊「神の子たち」が肉に同じく実現するように引かれました、しかし(彼・それ)らの考えは結婚して、そして人の公正な娘と同棲するはずでした。 (彼・それ)らが、レースを浄化するか、あるいはしのぐか、あるいは1の Alas 1つの「優秀人種」、子をむことに対して、持っていたわずかな善意で行われた計画すべて それ この混合(物) について 実現する み使いと産み出された人間の娘は「力が強い人」、スーパーマン、いわば、(彼・それ)ら自身のために名声を作った、しかし人の前に神の名前を増大しなかった人であった 。 これの上の神の記録が読めます:

「神の子たちは(彼・それ)らが公明正大にそうであった人の娘を見ました;そして(彼・それ)らは(彼・それ)らに(彼・それ)らが選択したすべての妻を要しました。 当時地にジャイアント[ネフィリム]がいました;そして同じくそれの後に、神の子たちが人の娘に中に入ったとき、そして(彼・それ)らは(彼・それ)らに子供たちをむき出します、同じが老人、名声の人の(こと・もの)であった力が強い人になりました」。 (創世記6:2、4) 結果として人の邪悪は大きくなりました、そして神は(彼・それ)らのすべての考えと心の目でいませんでした。 無法状態と邪悪が神が神の律法に、そして愛情を込めて彼の普遍的な支配に提出して(すでに)うれしい従順で穏やかな、敬虔な、そしてまったくの人によって居住されようとしていた場所を満たしました。 強制されることができなかった1人の人は、いずれも汚されなくて、エホバの目撃者、ノアでした。 彼は証言して、そして義を説き聞かせ続けました、そしてその義は神の免罪を含みました。 時が来ればノアは汚されていない女性と結婚しました、そして彼の生活の6世紀に彼は3人の息子の家族を生じさせて、そして育てました。 彼自身がホームと時間において教えたこれらはそうするべきである 彼の方法での養育と主のそしてリードされる訓戒で(彼・それ)らの上の(彼・それ)ら 。

その時終わりの、彼の驚くべき創造、地、のではなく神を恐れない世界の神の告知が来ました。 神は同じくノアにその終わりの間に生き残るために隠れ場所を供給するよう指示しました。 地球上で人のそれらすべての日の間に地球の上に雨が降りませんでした。 洪水はそのときまで未知でした、しかしエホバの目撃者は忠誠を保持して、そして信仰で神に従って、そして箱舟を作りました。 彼は信仰のこの奉仕業の中に彼の息子を連れて来ました。 高く土地の海抜の上に彼は箱舟を作りました、そしてそこで洪水の最初の影響はそれを押しつぶすか、あるいは巻き込まないでしょう。 エホバの証人の使徒の記録が読めます: 「 信仰によってノアは、恐れで感動しているまだ見られるないものの神について警告されて;通り過ぎて、彼の家を救うことに箱舟を準備した いずれですか 彼は世界を非難して、そして信仰によっての義の相続人になった 」 。 (ヘブライ11:7) これはサタンが神の約束で地の顔からエホバ神のすべての義の僕をぬぐい去る彼のそれ以上の努力で、調和で投げられるであろうという歴史的な保証です:「(彼・それ)らについて彼を恐れて、そして(彼・それ)らを delivereth する主 encampeth ラウンドのみ使い」。 (詩編34:7) エホバの証人の小さい番号が、すべての世界冷笑であるけれども、権利、真理と保全、の側面の上にいる唯一の(の・もの・人)であって、そしてその宗教、政治と貿易で(彼・それ)らに対して配列されることができることは歴史的な例です。 それは洪水が予させたより大きい世界大惨事が来ることにおいて人が「まだ見られるのではなくこと」を目撃するであろう、そしてそれが妙な「不可抗力」であるであろうという歴史的な証明です。 反対している世界意志の圧力の下でその世界から(彼・それ)ら自身を汚点がなくしておいて、そして(彼・それ)らの神の新しい世での信仰とそれへの献身を完全にしておいて、彼に向かって(彼・それ)らの忠誠を持続するのはサタンの偽りの務めと挑戦への、そして全能の神が地球の上に人を置くことができることを証明する歴史的な答えです。

それがノアの日にあった(とき・から・につれて・ように)、それで今日であるに違いありません。 これはマタイの権威によれば24:37です。 義が好きである善意の人々が悪魔に支配されている世界から出てきて、そして(彼・それ)らのスタンドを神の新しい世だと思い込まなくてはなりません。 ノアの日に彼の3人の息子は邪悪な、そして使用を禁止された世界を避けて、そして神が彼に割り当てた業のために(彼・それ)らの父親に加わりました。 同じく3人の若い女性たちが堕落したレースを去って、そしてエホバの忠実な目撃者、ノア、と一緒に保護を求めて、そして彼の3人の息子の妻になりました。 これはこの「現在の悪い世界」の「終わりの日」での若干数がこの世界の自己本位のコースを陽気なにぎやかにすることから遠ざけて、そして共に人に証しを与えることにおいてそしてみ使いに神の公認の僕の仲間になる方法を描写します。 同じく、ノアと彼の仲間は時;それで古代でそれで(彼・それ)らの忠誠を持続しました、(彼・それ)らが義が好きであり、してこれらが神への(彼・それ)らの献身で速く持ちこたえるから、何千も今日現在の速く衰弱する世界を放棄します。 それでして、(彼・それ)らはサタンの偽りの責任と挑戦に答えを与えて、そして、全能の神が地球の上に彼を愛する、そして世界の圧力に抵抗して、そして彼に向かって(彼・それ)らの忠誠を持続する人間の被造物を持っていることができ、そしてそうすることを証明することにおいて、部分を持っています。 あなたはそうですか、あるいはあなたはこれらの1つになることを望みますか?

破壊された世界。

後方にそこにそれは海支部洪水あるいは失敗ではありませんでした;それは終わりオンス世界であって、そして従って「天」と「地球」両方を取り入れました。 それは彼が世界支配の問題を決断することができることを示す全能の神の能力の表明でした、神の名前が彼の忠実な目撃者によって地で宣言された、そして世界が(すでに)、特に安全性と救出の箱舟が準備の下にあった間に、当然与えられるべき警告を与えられた後、このような結合された反対の上の力の成績は与えられました。 その大惨事とその程度のもたらす人に関して霊感を受けた作家が言います:「神は古い世界ではなく容赦しましたが、ノア、8番目の人、義の説教師、が神を恐れない(人たち・もの)の世界の上に洪水を導入する手間を省きました。」 (ペテロ第二2:4、5) 久しい世界を破壊する神の力のその実演は人類、特に「キリスト教世界」、がそれで電話をしたすべてに厳粛な警告の役をするべきです。

警告の神のみ言葉での宗教的な人々干し草eノー信仰。 (彼・それ)らの利己的なコース容易さのそして最少の抵抗の道から向きを変えるよりむしろ、(彼・それ)らは快く神が義で作ったそのオリジナルの世界が彼の法令の言葉によれば、いずれの世界以外宗教を導入することによって堕落させられて、水の激変によって破壊されたことを忘れることに決めます。 偽宗教家(えせ信心家)はノアの警告と「そうなノアのsがそうであって、それでそうするべきである日同じく人の息子が来ることとしてであってください」をあざ笑いました。 あざけることは神のみ言葉において今日来るために警告されるそのためにある特定のものの確かな印です。 そのうるさい宗教的な仲間が(彼・それ)らに「預言の確かな言葉」を受け入れることを義務づけるまさしくその人はあざけっている、「そして、どこ(で・に)、言うことはそうである 彼が来ることについての約束ですか? なぜなら父親が眠りにおちたので、(彼・それ)らが創造の初めからであった(とき・から・につれて・ように)、すべてのことは継続します 。 これのために(彼・それ)らは快く無知である について 、神の言葉によって天が水からそして水で立って老人と地の(こと・もの)であったこと : それによって[いずれの未信者の、そして従順でない天と神を恐れなくなっている地球のために]その時が、水であふれ出られて、そうであった世界が死んだ」 。 - ペテロ第二3:3 - 6。

その「古い世界」、「神を恐れない(人たち・もの)の世界」、は死にました、しかしそれの上に人の神を恐れない世代が(彼・それ)らの方法を堕落させていた地の地球儀は残っていて、そしてその群衆を洗い流されました」 passeth に離れている世代ともう1つの世代 cometh :ただ地が今までに(そのために) abideth する(の・もの・人)。」 (伝道の書1:4) 「地 いずれですか 彼は設立されて入浴する なぜなら今までに。」 。 (詩編78:69) リテラル地球は彼の創造である 誰の「業は完ぺきである」そして誰が地が良いと宣言したか 。 義の男性と女性と一緒にそれを満たして、そして彼の普遍的な支配の足載せ台として永久にそれを美しくする彼の神の代表権能は成就されるべきです。 新しい世の間のその成就の時は非常に近くであるので、今日生きている善意の人々が熱心にその祝福された特権で従順な部分を持つことを楽しみにします。

それは象徴的な「地球」、死んだその堕落させられた「古い世界」の目に見える人間の部分でした。 神のみ言葉をあざ笑った、そして綿密に悪魔に仕えた人のすべての邪悪な世代は破壊されました。 (彼・それ)らが死ぬことは(彼・それ)らを墓で死んでいる人たちのどんな復活での部分からでも隔離していると考えられるかもしれません。 8人の人々、ちょうどノアと彼の家庭、が洪水を通して生きていて移行されました。 (彼・それ)らが(それまで)その古い世界にいたけれども、(彼・それ)らはそれのではありませんでした。 その古い世界のそれらのいずれも生き残りませんでした;すべてはそれと一緒に死にました。 ただ新しい世の信仰と希望を持っているそしてその中に生活のために(彼・それ)ら自身を汚点がなくしておく人たちだけが世界破壊から配達されて、そして地球上で神のそれ以上の奉仕のために維持されました。 その「神を恐れない(人ち・もの)の世界」の象徴的な「天」については、(彼・それ)らは同じく世界大惨事によって影響を与えられました。

恐怖の治世にもたらすべき騒々しいジャイアントとして、肉に実現した悪魔、あるいはネフィリム、は地球の上に被造物の間で(彼・それ)ら自身のこの直接の表示をやめなければなりませんでした。 今日に至るまでこれについて繰り返す、明らかに無政府主義的な霊の上に神の強制的な制限のためのノーがありました。 これらの日での暴力を持っている地が一面にはびこることはネフィリムの再び現われることについての失敗あるいは不能のために何も必要とするか、あるいは必要としないように思われます。 さらに、聖句はその古い大蛇の霊組織、悪魔に明らかに内部の再編成がその時起きたことを示します。 彼の組織はその後巨大な物モンスター、「彼の頭と彼の尾の上に7つの頭と10本の角と7つの王冠を持っている素晴らしい赤い竜」として象徴されるようになりました。 それはそれに対して「天で戦争してください」を始めて、そして悪魔と天がなくなっている、そして地まで下がっている彼の悪魔を配役するために「天で不思議に思ってください」、その時来た時になりました。 (啓示12:3、4) それでそれらの悪魔「天」の古いか、あるいは前の組織は姿を消しました。 新しくて、そして異なっていた配置替えされた組織が現われました。 まさしく古い世界は(すでに)死んでいました!

典型的な成就。

その典型的な出来事は我々のすぐ前の出来事に光を投げかけます。 その生きている預言は土地から(彼・それ)らを受けて、そして含んでいるために作られた大きい海底へ領海から離れて40日間の絶え間がないどしゃ降りを止めることあるいは領海が沈下することと乾燥することで終わりませんでした。 保護とドアが開けられ、そしてノアと彼の仲間が陸地の上に(彼・それ)らの隠れ場所とセットフィートから現れるまで同じぐらい完全でない救出wのその預言的な型。 多分いくらかについて象徴的な重要性は素晴らしい箱舟が山、アララトの上に上陸したという事実です、そしてその名前は「神聖な土地」を意味すると理解されます。 洪水生存者は洗浄されたアースの中に現れました、そして(彼・それ)らは(彼・それ)らの偉大な保護者に感謝を与えて、そしてすぐにエホバ神の崇拝に携わりました。 確かにあれは来るための偉大な、そして祝福された出来事は典型的でした、そして神がそれを用いて接続で言ったことは同じく典型的であるに違いありません。 それらの8人の義の生存者以外地が人口を減少させられました;そして無人の穴は神の目的ではありませんでした。 そのためにノアと彼の仲間が崇拝したように、神の言葉は(彼・それ)らに来ました。 それが書かれる(とき・から・につれて・ように): 「そして神がノアと彼の息子を祝福して、そして(彼・それ)らに言いました、実り多くて、そして増殖して、そして地を補充してください。 あなたは、実り多くて汝らであって、そして地とその中の倍数を増やして;多量に中に産んでください。」 そしてその時生活の血の神聖に関して人類と一緒に彼の永遠の契約を象徴する神の虹は空に現われました。 - 創世記、チャプター8と9。

それは神の代表権能の再発言でした、そしてその神の代表権能は最に、エデンで義であるとき、アダムとエバに与えられました。 ノアと彼の息子は、(彼・それ)らの信仰と従順のために僕と証人としてエホバのために、義であると思われました。 それ故 div 私 、人と偉大な天国のユニバーサル支配者、エホバの間にその時調和があった(とき・から・につれて・ように)、代表権能が(彼・それ)らに適当にも再び述べられた 。 ノアの名前は「休んでください」ことを意味します、あるいは、「快適さ」。 彼の出生においてそれが預言されたから、彼はそれで呼ばれました: 「これ 同じ 我々の業と我々の手の骨折りに関して、入浴卿がののしった地面のために我々を慰めるべきです。」 。 (創世記5:29) ノアが箱舟から現れて、そして神に敬謙な犠牲に携わったすぐ後に、その時、それが書かれる(とき・から・につれて・ように)、「主は休養の面白みのにおいをかぎました」、そして彼は地からのろいを撤廃することを予言しました。 (創世記8:20-22、マージン) そのためにノアは新しい世で残りと快適さを善意の人に持って来るべきである来るもっと偉大な人に特有でした。 したがって聖書は、その神の代表権能を成就することにおいて、ノアが参加しなかったことを明らかにします。 彼の仲間、あるいは息子と義理の娘、はそうしました。

不完全であって、そして永遠の生命に権利を持っていなくて、ノアの息子はただ典型的であるか、あるいは絵入りの感覚だけで代表権能を成就することができました。 反抗的なハンターニムロデがその完ぺきな数、10掛ける7の倍数に含められないという状態で、そのために創世記の10番目の章で与えられた記述は(彼・それ)らの名前と胸像70としての(彼・それ)らの子と世代の名前、邪悪な(人たち・もの)の名前をリストします。 10と7がそれぞれ完全性を象徴します。 それらの70と一緒に神の代表権能の成就の典型的な写真は終わります、そしてその後新しい預言的な重要性の他の出来事が過ぎ去るために来ました。 十分な証拠が、しかしながら、タイプあるいは預言的なパターンで新しい世の間に神の代表権能が完全さで成就されるであろうことを示すこと、神のみ言葉を正当化することがわかるはずです。


他の天と地球 2章 編集

[wl 050] 現場は今変化します、そして新しい状態が起こります。 これは神についてエデンで約束された新しい世が偉大な洪水の後に来たことを意味しません、どちらかと言うと、神はもう来るために新しい世の視力を快活にして預言的な写真の新しいシリーズを作り始めました。 霊感を受けた作家が書いたノアの息子によっての神の代表権能のその典型的な成就の2千年以上後に: 「にもかかわらず我々は、彼の約束によれば、新しい天と新しいアースを探します、その中に義を dwelleth してください。」 (ペテロ第二3:13) 今日不義が胤に、すべての宗教的な改革と人の道義的な再建へのすべて人間の試みにもかかわらず行きました。 ああ、ありがたいそれ義を居住するそこに新しい世、人50を待たない、そして人を手に入れません! 従って義の愛好者にがっかりして、そして取り去る人間の力を越えてある現在の大きい不義のために絶望しないことをさせてください。 (彼・それ)らに(彼・それ)らの頭を持ち上げて、そして身近に新しい世のしるしを喜ばせてください。

常に状態のコントロールができる全能の神は洪水の後に残留して、そして再編成すること、もうではなく神の時であったからきっぱりと主要な問題を解決して、そして新しい世で人々を案内するために破れた(人たち・もの)にサタンと彼の悪魔を許可しました。 サタンはすぐにその「天」と「地球」でもう1つの世界を設立し始めました。 邪悪な霊あるいは彼が組織化した悪魔の彼の「天」。 彼が偽造者であるから、彼は、これが業を組織化することにおいて、彼がのようであるであろう(の・もの・人)の組織、至高の神をまねました。 そのために多く「ビヨハネと主の啓示」を与えられた使徒はこの決定的な時にクリスチャンに、特にエホバの証人と(彼・それ)らの仲間にこの警告を書きます:「神のよろいかぶと全体の上に、汝らが悪魔の策略に立ち向かうことが可能であるかもしれないと書いてください。 なぜなら我々は血縁者に対してではなくて公国に対して、権力に対して、この世界の暗闇の定規に対して、天の場所で邪悪な霊に対して取っ組み合います。」 - エフェソス 6:11,12 、マージン。

策略的な偽宗教家(えせ信心家)が悪意をもってエホバの証人が破壊的で、そして人の政府に反対して戦っていると言います。 そんなものに、霊感を受けた使徒のそれらの前述の言葉をエホバのために証言する本当のクリスチャンと彼の新しい世が戦士でなくて、そして(彼・それ)らあるいは(彼・それ)らの目に見える政府で争いを持っていないという正式な答えであるようにしてください。 エホバの証人の争いは今そしてアベルの日々が(今まで)悪魔、宗教のプロモーターと一緒であったときかずっとです。 すべての被造物から耳Nの上に悪魔の争いは主にエホバの証人に対してあります。 そのために宗教的な人と組織とエホバの証人に反対して戦う(彼・それ)らの政治的な同盟者は(彼・それ)らの擁護運動で知っていながら、あるいは知らずに悪魔の奉仕を招いています。 - ロマ 6:16 ;ヨハ一3:12。

エホバ神が見込みの新しい世に関して彼の次の意外な事実を与える前に、サタンは(すでに)彼の竜組織が天で設立されるようにして、そして同じく「地球」、あるいは確立された彼の組織の目に見える部分を得ていました。 ノアが生きたと比べて同じぐらい長い間彼は人を尊敬して神権的の規則を支持して、そして保護しました。 けれどもノアの後の子孫は(彼・それ)らの祖先の忠実な諭しを放棄しました。 (彼・それ)らは来るための新しい世から(彼・それ)らの顔をそむけました。 (彼・それ)らは神の約束に気付かなくなって、そして彼自身の時と方法でそして彼の「女性」の胤によってそれを成就するために彼の給仕をしないでしょう。 (彼・それ)らは速く洪水の意味を忘れて、そしてそこ(に・で)彼の力を証明した全能の人の恐れから外れました、そして(彼・それ)らは人と被造物の恐れの宗教そしてそれ故恐れと悪魔の崇拝を始めました。 (彼・それ)らは創造者への代わりに被造物を当てにしました。 (ロマ1:21-32) 待って、そして神を当てにする代わりに、彼の胤、配達人を作り出すために、 (彼・それ)らは悪魔の提案に負けて、そして悪魔が指名した(の・もの・人)に挽回する として 「女性の胤は「誰以外ほかでもない本当の胤に反対する大蛇シードの1(人・つ)であった 。 ニムロデが、すなわち、反対にそしてでエホバ神より優れている「主の前の力が強いハンター」として前面に出て押しやられたという悪魔が野獣の団体を興奮させて、そしてそれでそれらの野生動物を抑えたと信じる理由があります。 (「ニムロデ」の上の創世記 10:7-10 マクリントク & ストロング百科事典、) それで人が(彼・それ)らの信託を色情的な武器との(彼・それ)らの戦いを行なうことができた人に置きました。 彼 (彼・それ)らは未来を約束された胤を歓迎して、そして名誉を与えて、そして礼拝した 。 このすべての崇拝を受け入れることによって、ニムロデはエホバ神の名を汚して、そして神に栄光を与えませんでした。 この方法の上に悪魔は地で宗教を組織化するためにニムロデを使いました。 彼は彼の死の後に聖なる者あるいは神として聖人と認められました、と歴史が示します。

宗教的な恐れと民の愛着を得て、ニムロデは次に人間の政府を組織化しました。 それは悪魔統治の下にありました、なぜならそれは神政国ではありませんでしたが、宗教の組合と政治的な国家でしたから。 それは権力を握っていて宗教を持っている王国でした、そしていずれの宗教が至高者と全能の神、エホバ、の崇拝ではなく、悪霊崇拝であることを明らかにされましたか。 ニムロデはその王国を支配しました。 それは宗教あるいは悪霊崇拝を独裁者に虐げられた民をしばるための霊的な導きとしてそのために全体主義の政府あるいは任意の独裁でした。 これは言う記録から明確です:「そして彼の王国の初めはバビロンでした」。 (創世記 10:10 、マージン) その名前「バビロン」あるいは「バーブ・イル」が、確かにエホバ神を意味しなくて、「神のゲート」を意味します、そして(彼・彼女・彼ら)ををニムロデが彼自身より劣った、しかし悪魔神、「悪魔の君」、サタン悪魔であると思いました。 ニムロデは都市の中に彼の主題を集めました、そしてこれは貿易の開発を強制しました。 それでコマーシャル要素あるいはコマーシャルの密売者が政治的な国家を濃縮して、そして財政的にそれを後退させて、そして宗教あるいは悪霊崇拝を支援するために存在に入って来て、そして使われました。 政治的な制御の前進とコマーシャル足 et のために「腕ずくの隊」は組織化されました、そして聖書は征服の攻撃的な戦争が続けられたことを明らかにします。

人が人間の状態の能力において畏敬の念に打たれて、そしてそれを崇拝して、そして恐れて、そして思いからすべての神の新しい世とその政府の考えとそれための願望を失いました。 それで洪水から人によって設立された最初の地の政府は悪魔について酔って準備された、そして見えない悪魔規則の適用を受けていました。 けれども誰に政府が組織化したすべてはそうしたか しおれますそしてその時から人の権力 主題であるか ? 神の子の決定は権威をもってその肝要な質問に答えます、そしてその決定のレコードは読みます:「そして悪魔は、高い山の中に彼を取り上げて、時間の瞬間で彼に世界のすべての王国を shewed しました。 そして彼に言われた悪魔、私が Nee に与えるこのすべての力意志と(彼・それ)らの栄光:なぜならそれは私に配達されます;そしてそうするために 私が誰を遺するとしても、私はそれを与える 。 もしなんじが、従って、弱るなら、[世界のそれらの王国がそうする(とき・から・につれて・ように)]、私を崇拝してください、すべては9であるべきです。 そして彼にイエスは答えて、そして言いました、 Get Nee は私、サタンの後ろにです:なぜならそれは書かれます、なんじは主を崇拝するでしょう なんじの神と彼、ただなんじが仕えるでしょうか」 。 - ルカ 4:5-8 ;マタイ 4:8-10 。

神と一緒に歩いた義のノアはニムロデとバビロンの彼の王国の建築の有頂点での部分を持っていませんでした。 ノアはそれから彼自身を汚点がなくしておいて、そして神と彼の約束された新しい世に向かって彼の忠誠を持続しました。 バビロンはサタンが世界の目に見える役割として組織したその「地球」の設立でした。 そのためにバビロンはサタンの全部の組織のシンボルになりました、そして聖句で彼の組織は「バビロン」と呼ばれます。 それでその土台そのものからその「地球」は悪魔統治の適用を受けていました。 その「地球」の住民は今までに悪魔によって無理をし過ぎられたことがある、そして善意がある人の組織化して、そして人についてそしてによってもっと良い政府を設立する努力にどのようにかにかかわらず誠実な、そして率直な(彼・それ)らの上位の、見えない力を受けさせます。 この聖書の理由は人間の政府の頻繁な悪化の、そしてすべての土地での、苦しむ政府の現在の状態の正しい説明を与える 「諸国民の、困惑を持っている苦脳 「 。 - ルカ21:25。

そんなものが歴史のすべての生徒によく知られている「この世界」とその課程起源であるという状態で、それは神の「新しい世」との関係を持ちませんが、悪くて、そして罪深いです。 それ故神の最愛の息子に関してそれは書かれます:「誰が彼が我々を配達するかもしれない我々の罪、それのために彼自身に、神のご意志と我々の父による、この現在の悪い世界を与えましたか」。 (ガラテア 1:4 ) その神はエホバ、全能の、と彼の唯一の生じさせられた息子のいずれもでないそして何も共通に持っていませんが、(彼・それ)らの敵です。 そのために神の子が言いました:「この世界の君は私に何も cometh して、そして入浴させません。」 (ヨハネ14:30) この世界の(こと・もの)である人たちは不信心者です、そして使徒は、言って、理由を説明します: 「この世界入浴の神が、神のイメージであるキリストの輝かしい福音の光が(彼・それ)らに輝かないように、そうでないと信じる(彼・それ)らの思いの目をくらませた」 。 (コリント第二 4:4 ) そのために使徒はエホバ神、しかしそれを忘れるこの世界、「不信心と世の切望、我々がまじめに、正しく生きるべきであることを否定していて、そして敬虔で、その祝福された希望を探しているこの現在の世界と偉大な神と我々の Saviour イエス・キリストの輝かしい現われることでである」の方法でクリスチャンに(彼・それ)らが行くことができないことを警告します。 (テトス2:12、13) 使徒がクリスチャン、神の子たち、に悪魔に対して、言って、攻撃することを警告する悪魔統治の適用を受けている、そしてそれ故神を恐れない、この現在の世界本質:「彼 それは彼自身神 keepeth について生じさせられ、そして悪い人は彼を toucheth する 。 我々は我々が悪い(の・もの・人)で神と世界 lieth 全体のであることを知っています。」 - ヨハ一5:18、19、アメリカ改定標準訳。

普遍的な支配の素晴らしい論争にエホバ神とサタンの世界あるいは組織の間に妥協がありません。 全能の神の清い、そしてよごれがない礼拝者がこの世界の政策と案と目的での部分を持つことができません;彼は神の賛美と目的を宣言するためにスピーチの彼の権力を使わなくてはなりません。 この効果に使徒の言葉があります:「そしてもし1がそれを thinketh するなら、彼は神を worshippeth します、そして doth が彼の国語を抑制しません、しかし彼の心は彼を deceiveth します;彼の崇拝は無益です。 崇拝のためにそれは神み父の前に純粋で、そして神聖であって、これです:(彼・それ)らの苦悩とあれで父親無しの(人たち・もの)と未亡人を訪問するために、世界から彼自身を汚点がなくしておいてください。」 (ヤコブ1:26、27、マードックのシリア語翻訳) 人は神の友人であって、そして同時に神の敵の友人であるはずがありません。 神献身する人がその時世界の賛成を求めることは霊的な汚れです。 使徒が言います:「汝ら姦通者と姦婦、汝らを知ってくださいほどしている人たちに世界の友情がそうであるそれではなく 神と一緒の敵意ですか? 誰が従ってそうであるであろうとしても、世界の友人が神の敵です。」 。 (ヤコブ4:4) 世界と一緒の友情が神に向かって自分の忠誠を破ることを意味します。 今老人のエホバの忠実な証人の課程を特徴づけてください。

アブラハム。

ニムロデのバビロンはメソポタミと呼ばれるようになった、そして今日に至るまでそれで呼ばれる土地でユーフラテス川の銀行の上に築かれました。 すべての土地とバビロンの区域は後に「カルデア人の土地」、あるいは「カルデア」と呼ばれるようになりました。 カルデア人あるいは「カルデア人」が最初に(今まで)より低い部分あるいはメソポタミアの谷の南の部分に位置していたように思われる、そしてそこ(に・で)(彼・それ)らは呼ばれて市を築いた 「カルデア人のウル 「 。 この都市は力とバビロンの影響の下にあって、そしてそれ故悪魔統治の適用を受けている「地球」の一部でした。 - 創世記 11:27 、28。

そこ、カルデア人のウルでエホバ神は彼の「女性」と彼の新しい世のシードに関する神の約束を信じた信仰の人を見いだしました。 従ってこの人はこの世界のどんな人工の政府での部分でも持つことを拒否して、そしてそれから彼自身を汚点がなくしておきました。 その人はセムを通してカルデア人あるいはバビロニア人あるいはクシュ人ではなく、ノアの子孫でした。 み名はアブラムでした、そしてそれは後に変えられた神をアブラハムに任命します。

アブラハムはサタンの世界の真中で彼自身を見いだしました。 ウルでのカルデア人は悪魔礼拝者であって、そして女性の未来を約束された胤としてニムロデを神格化しました。 神はアブラハムの前に忠実な人に向かってアブラハムに彼の取引のヒストリーを知らせて、そして神の「女性」の胤に関する神の約束と新しい政府の下の新しい世が来ることを彼に知られさせました。 アブラハムは新しい世を信じて、そして楽しみにして、そして彼のスタンドそれだと思い込みました。 そのために神はアブラハムにカルデア人の世のウルから引っ越して、そして地球の上に一時滞在者になるよう指示しました。 同時に神はその胤を通して忠実な人に来るために約束の胤と祝福のアイデンティティーについてのそれ以上の情報を与えてアブラハムに無条件の約束をしました。 アブラハムにエホバ神が言いました:「そして私は(彼・それ)らを祝福するでしょう Nee を祝福して、そしてそれほど curseth に彼をのろう なんじと Nee で地のすべての家族は祝福されるべきですか」 。 - 創世記12:1 - 3。

神が彼に与えることを約束した土地に到着して、アブラハムはそこ、テントで滞在しました。 彼は土台が人によって作られるようにした都市に居住した住民の政府に参加しませんでした。 それの中に世の周囲のアブラハムは永久の安定した住所を持っていませんでした。 そのような状況下では神は奇跡的にアブラハムに胤、息子、イサクを与えました。 イサクが成人男子に増やされたとき、彼に神に祭壇の上に彼の最愛のイサクを犠牲にするよう指示することによって、エホバ神はさらにアブラハムの信仰をテストしました。 アブラハムは祭壇の上に死んでいる彼の息子を打つことについてのまさしくそのポイントに言うことを聞きました、そしてその時神のみ使いはいけにえのナイフの秋を止めました、そして雄牛がイサクの場所をとるために奇跡的に供給されました。 そこで神が言っている約束の胤の家系の家系についてアブラハムにそれ以上の情報を与えました:「そしてなんじのシードは彼の敵の門を所有するべきです: そしてなんじのシードで地のすべての諸国民は祝福されるべきですか」 。 (創世記22:17、18) そこ(に・で)神は新しい世の国王であって、そして同じく受け入れて、そして神から生活の祝福を受け取る人たちのためにそして彼の「女性」の胤を通して贖いの犠牲であるために利己的でない父として彼自身に誰が寄贈するか示している生きている写真を彼の唯一の生じさせられた息子にしました。 そこ(に・で)イサクは神の「女性」の「胤」になる、そして死に誠実に地球の上に彼の忠誠を持続する、そして信仰を持っている、そしてアブラハムのように言ことを聞くすべての人々が祝福することのために彼の生活を完ぺきな犠牲として提示するその唯一の生じさせられた息子を描写しました。 アブラハムのそれほど素晴らしい信仰と従順のために神は彼を義であると考えました、そして「彼は神の友人と呼ばれました」。 これは世界がアブラハムに敵であったことを意味します。

アブラハムはこの現在の世界を後に残して、そして、常に前方に新しい世とその義の政府を当てにして、神の奉仕で前に進みました。 そのためにアブラハムはヘブライ、チャプター11、において名前をつけられてエホバの忠実なw証人のその雲の(こと・もの)でした、そして彼に関してそれは書かれます:「信仰によって彼は、イサクとヤコブ、同じ約束の彼と一緒の相続人と一緒に幕屋に居住して、見込みの土地で、妙な国のように滞在しました:なぜなら彼は市[新しい世の政府]のためにいずれがその建築業者と作り手が神である財団を入浴させるかを見定めました。 信仰によってアブラハムは、彼が裁かれたとき、イサクを捧げた ;そし 彼 もしなんじのシードが呼ばれたなら、それは(その人について)それが言われた彼の唯一の生じさせられた息子、イサクでのそれの上に(すでに)申し出られた約束を受け取っていた : それが神であると思うことは彼を引き起こすことが可能で、死者からさえ;そこから同じく彼は数字に彼を迎え入れました。」 。 (ヘブライ11:9、10、17-19) アブラハムは希望と新しい世の見込みでうれしかったです。 彼は神の「女性」の約束の胤の政府の下にその新しい世と生活の中に神の当然与えられるべき時に入ることについての希望で信仰と辛抱強さ、イエス、どんな犠牲でも、のどんな裁判でも我慢することができました。 そのために、約束の胤になったイエスがその家長の子孫に言いました:「あなたの父親アブラハムは私の日を見て喜びました:そして彼はそれを見て、そしてうれしかったです。」 - ヨハネ8:56。

7つの世界的強国。

合間サタン、「この世界の君」、は世界支配の彼の案を推し進めていました、そして彼は気味悪く「地球」あるいは彼の世界組織の目に見える部分の開発を移行しました。 神はその全くの開発を予知して、そしてそれが連続して7つの世界権力によって支配されるであろうことを予告しました。 これらはサタンの竜組織の7人の冠をかぶせられた長、目に見えずにそれらの連続した世界的強国の1(人・つ)をコントロールするべきである悪魔君を象徴しているそれらの長の一人ひとりと文通します。 そのために神は予言的にサタンの目に見える地の組織を悪魔力と規則によって、そして神から疎外されていて、そして悪魔の適用を受けている人類の海の(人たちもの)から産まれた野獣として描写しました。 その上それだけで獲物の3人の強力な獣の特質を結合して、その野獣は7つの頭と10本の角を持っていました。 これらは(彼・それ)らの秩序で、民を押して、そして統制して、そしてエホバの普遍的な支配に反対して戦う完全な[10角]の力で7つの世界的強国を表します。 それらの7つの世界的強国が神の組織の一部ではなかった、しかし悪魔電力と手助けによって築き上げられた、神の預言が海からその獣について言うこと : 「そして竜は彼に彼の力と彼の席[王座]と偉大な権威を与えました。」 。 (啓示13:1、2) 起源のこの露出は、人のではなく、神のであるとあなたが記します。

バビロンは最初の組織的な人間の政府アンダー悪魔規則でした、しかし聖書は古代のエジプトが7のシリーズの最初の世界的強国であったことを示します。 そのためにエジプトはアブラハムと彼の子孫への傷害をしようとしました。 エジプトはアブラハムに約束された聖地の南へでした、そしてそれでエジプトとその同盟国の世界的強国は「南の国王」として預言で話されるようになりました。 歴史的な事実は7番目の世界的強国が同盟されたようになって、そしてエジプトの保護領を乗っ取って、そしてそれ故「南の国王」の象徴的な名前の下で含まれるようになったことを示します。 聖書はさらに2番目の世界的強国がアッシリア、聖地の北であったことを示します。 同じく北にその時3番目の世界的強国、バビロニア、が来ました。 それは4番目の世界的強国、ペルシャによってひっくり返されました。 これは5番目の世界的強国、ギリシャの前に落ちました。 (ダエル8:20、21) これは同じく北と頻繁な敵にエジプトに6番目の世界的強国、ローマ、に支配権をもたらしました。 そこ(に・で)ローマとその同盟国の世界的強国は「北の国王」として知られているようになりました;そしてその全体主義の世界的強国の破壊的なコースはダニエルの預言、チャプター11で素晴らしい詳細で予言されます。 時間の課程で異教徒のローマはローマ教皇の、しかしまだ全体主義のローマになりました。

ローマ教皇のローマはいわゆる(人たち・もの)を設立するゲルマンの支配者との同盟を「ドイツの国民の神聖ローマ帝国」にしました。

ドイツの力とのそのローマ教皇の力の同盟はピウス XI とドイツの全体主義の独裁者の間にされた協定によって1933年に更新されました。 今回は目的は老人を復活させることである 「神聖ローマ帝国 「そして国家が今日に至るまで続ける宗教と全体主義の(人たち・もの)の間のその協定 。

聖書は7番目の世界的強国に名前をつけません。 歴史のすべての正確な、そして正直な生徒はそれが(今まで)民主的な、そして立憲的な政府の盾であった英語を話す民の偉大な世界的な連合であるということに同意します。 英国のアメリカ人の世界コンバインは 1914年 - 1918年の世界対立で危険に6番目の長を傷つけた7番目の長です。 その傷ついた頭はその後治されました、そしてすべての世界は驚嘆させられました。 (啓示 13:3 ) そして今、エジプトの同盟国としてのそして民主主義の公言したチャンピオンと全体主義の(人たち・もの)の敵「北の国王」としての、英米の連合は「南の国王」のとばりを生みます。 世界支配のための2人の「王たち」の間の決闘が起こる間に、自由を愛する民が心配して見守ります。

典型的な神権政治。

サタンの組織の目に見える部分の政略的な、宗教的な、そして商業の要素が世界支配のために(彼・それ)らの案を、そして神の我慢によってこれを押していた間に、主なる神は一連のタイプ、あるいは預言的なパターンを作り始めました。 これらはミニチュア方法で彼が彼自身の指定された時に準備するであろう義の政府を描写しました。 これらのタイプは、新しい世の創立の後に、「来る良いものの影」の役をしました。 (ヘブライ10:1;コロサイ 2:17 ) 神意と神、古代ヘブライ人、の先導によってアブラハムの子孫がエジプトの中に下におりました。 そこ(に・で)(彼・それ)らは、全能の神が彼の当然与えられるべき時に(彼・それ)らを産み出して、そして彼が(すでに)彼の後にアブラハムと彼の胤に与えることを約束していた土地で(彼・それ)らを置くことを期待して、当分生きました。 (彼・それ)らが神の優遇されている民であって、そして「女性」の胤の神の約束と関係していたから、サタンは古代ヘブライ人を憎みませんでした。 そのために、そこ、エジプトでである間に、サタンは宗教で(彼・それ)らを堕落させようとしました、そして彼は律法を通過させて、そして組織化の他の徹底的な処置をとるためにそのファラオを興奮させて、そして古代ヘブライ人を破壊するために労働を実施しました。 (彼・それ)らの危機で神は近付いてくる配達人、「女性」の胤、を予想させる預言的な数字であった配達人、彼の預言者モーセ、の上に(彼・それ)らを育てました。 - 申命記1815-18;使徒3:20 - 23。

サタンの世界的強国から(彼・それ)らの救出の直前に全能の神はモーセにみ名エホバを明らかにしました。 モーセと彼の兄弟によってアロンエホバは彼の名前を、サタンの上に彼の力を見せる前に、すべての土地全体(で・に)宣言されさせました、「南の国王」の見えない支配者、とエジプトのファラオが誰に仕えて、そして代理を務めましたか。 (出エジプト記 9:16 ) さらに、神はモーセを彼の仲介者として用いて、そして神と一緒に契約の中に古代ヘブライ人を連れて来ました、そしてその契約は過ぎ越しごちそうの子羊の流血によって them. の上に正当で、そして拘束力があるようにされました。 古代ヘブライ人は契約に同意して、そして神が寄贈し始めたそこの律法に従いました。 それで(彼・それ)らは神の契約民、彼の典型的な民になりました。 その真理の証明で霊感を受けた使徒が書きました:「今これらすべてのことはタイプのために(彼・それ)らに起きました:そして(彼・それ)らは我々の警告のために、誰の上に世界の終わりが来たか書かれます。」 - コリント第一 10:11 、マージン 。

神が彼の警告の成就でサタンの世界的強国の上に彼の力を見せたその非常に過ぎ越しの夜:「エジプトのすべての神々に対して私は裁きを実行するでしょう。」 (出エジプト記 12:12 ) 彼はモーセの手によって前に彼の民を導きました。 普遍的な支配を行使する彼の力のそれ以上の表示でエホバ神は紅海の領海を横切って通って、そして足をぬらさなくて横切って彼の民を導きました。 その時、そこ(に・で)破壊でエジプトの武装したホストを飲み込むことによて、彼は悪魔世界的強国の上に彼の裁きの死刑執行を完了しました。 「世界の終わり」がそうである今日は我々を襲います。 そのために今度の世界破壊から生き残って、そしてそうすることを望むすべての人が常に新しい世で自由で、そして幸せで(そのために)生きる民と敵世界力の彼の破壊が最も強力な警告であるべきである神の契約の救出のその古代の典型的な場合。

シナイ山において、アラビアの荒野で、エホバは古代ヘブライ人と一緒に彼の契約を確認して、そして(彼・それ)らの保護として宗教に対して(彼・それ)らに彼の律法の全くの表現を与えました。 (ガラテア3:19、24) 神は典型的な神政国の中に(彼・それ)らを組織化しました。 モーセを通して彼が(彼・それ)らに言いました:「今そのために、もし汝らが本当に私の声に従って、そして私の契約を保持するであろうなら、汝らが私への奇妙な宝物がすべての民を押します:すべてのために地が私のであるということであるべきです。 そして汝らは私に祭司の王国と神聖な nation. であるべきです」 - 出エジプト記 19:5 、6。

単語「神権政治」は聖書で起こりません、しかしこれのルート単語は期日、すなわち、テオスとクラトスを増大させて、聖書のギリシャ語「新約聖書」部分でしばしば起こります。 例えば、ペテロ第一4:11:「もし人が話をして、彼に神の託宣者として発言させるなら ; もし人奉仕者であるなら、能力の時点で彼にそれをさせる いずれの神 giveth ですか : 神[テオス]が何事にもイエス・キリストを通して栄光を与えられて、誰に賛美と支配であるかもしれません[クラトス]こと なぜな今までに、そして今までに 。 アーメン。」 同じくユダ25:「唯一の賢明な神[テオス]に、我々の救済者、今もそして今までにも共に栄光と威厳、支配[クラトス]と力、であってください。 アーメン。」 同じく啓示1:5、6:「彼にそれは我々を愛して、そして彼自身の血に我々の罪から我々を洗いました、そして入浴が神[テオス]と彼の父に我々を王たちと祭司にしました ; 彼に栄光と支配[クラトス]である なぜなら今までに、そして今までに 。 アーメン。」 (同じく啓示 5:13 に気付いてください;ペテロ第一 5:10 、11。 ) それで「神権政治」が「神の領地」を意味するのを見られます。

期間「神権政治」、セオクラティア、は、1世紀の A.D. に、最初にユダヤの歴史家によって使われた そして誰が書いたか : 「若干の議員が(彼・それ)らの政府が君主国家の下にあるのを許しました、他の人たちが共和制の用紙の下で(彼・それ)らを寡頭政治と他のものの下に置きます、しかし我々の議員[モーセ]はこれらの用紙類の(どれ・何・誰)にも尊敬を持っていませんでした、しかし、神に権威と力を帰すことによって、彼は、サーによって ained された表現によって、神政国と呼ばれるかもしれないもの[セオクラティア]であるための我々の政府を制定しました。」 。 (アピオン、セクション17に対してのヨセフスの2番目の本から) 今日のウェブスターの辞書が本当の神権政治を定義する認められた(人たち・もの)、「即刻の方角によっての状態の政府あるいは神の施行」と模造の神権政治 として 、「神の代理を務めるとしての祭司によって政治的な権威の運動」 。 それの聖書定義によれば真の神権政治はエホバ神によってそして彼の油そそがれた者国王、彼の「女性」の胤を通して即刻の方角と世界の施行を意味します。

エホバ神はそのために偉大な神権統治者です、そして彼のみ子は今神権的の国王です。 エホバはキリストイエスの下の神権的の政府の著者、彼のソン、です。

生命と義と平和を切望するのは唯一の人類の希望です。 神は他のいかなる ocracy の著者でもありません。 彼は確かにその「北の国王」コンバインの任意の独裁者の宗道会員 - 全体主義の独裁制の著者ではありません。 しかし民主主義のために言われるべきであること? 「南の国王」コンバインの偽宗教家(えせ信心家)はそれが神の(こと・もの)であって、そしてそのために不滅であって、そして世界の希望であると主張しませんか?

神の聖所み言葉は民主主義について何も言いません。 そこは、その時、それですか? ブリタニカ百科事典 ( 11番目の版、ボリューム viii ) 言う : 「民主主義(民、すなわち、庶民とクラトス、が支配する、デモからの、ギリシャ語デモクラティア)、ギリシャの小さい都市国家のように、あるいは代表者を通して政治学、民が直接、同様、それ自身を支配する政府のその用紙、で 。 アリストテレスによれば、民主主義は政府の3番目の用紙の曲げられた用紙です、そして彼はポリテイア、「政治形態」あるいは「立憲政体」、同じぐらい君主国家と上流階級に反対の自由な、そして平等な市民の過半数の規則、最も良い市民によって成立しているそれぞれ個人のそして少数派の規則を呼びました。 アリストテレスは良くない人が高い政府、すなわち、混乱状態に「民主主義」の拘束であるか、あるいは、それが時々(今まで)そうであった(とき・から・につれて・ように)(オクロス、暴徒)「暴民政治」と、叫んで、アテネの民主主義が彼の日に5世紀の理想の下に(すでに)遠くに悪化していたという事実のためでした。」

アテネ人のその政治的な規則の起源について使徒17:22においての神の記録は意義深い光を投げます。 それ読み取り:「そして立っているパウロはアレオパゴスの真中で、「アテネ人、私が何事にもy au が悪魔の崇拝に非常に専念していることが分かります。」と、言った」 (エンファティック・ダイアグロット訳;同じくロザハムの) それを同じく思いに我慢されさせてください、それ「グレシアの君」は天で素晴らしい赤い竜の5番目の頭でした。 (ダニエル10:20) 同じく、世界的強国としてのギリシャは神から疎外された民(デモ)の海から出てきた野獣の5番目の頭として象徴されました。 (啓示12:3;13:1;使徒 12:22 ;17:5;19:30、33) 「もっと多くの宗教」を要求して、そして政治的な国家に宗教を守るように嘆願している「南の国王」の偽宗教家(えせ信心家)は民主主義の基本的な土台の1つが宗教であるという状態への(彼・それ)らのキャッチ口論でそのために正しいです。

さらに民主主義の起源に関して、「文明 - 世界歴史 - への道の上に」、すなわち、アメリカの公立学校で使用中に最近教科書に気付いてください。 それが、ページ91と98の上に、言います:「ギリシャ語が全くの民主主義に到達したのはしばしば圧制的な権力行使を通してでした。 (彼・それ)らが(彼・それ)らの専制君主に不満になって、そして(彼・それ)らをひっくり返したとき、寡頭の統治に戻る代わりに、民は(彼・それ)ら自身政府の業に着手しました。 この時までに貴族の装甲部隊は防衛の最初の家系として密集部隊によって追い出されました。 小作農から描かれた、歩兵で構成された密集部隊は堅実なランクで≪ kith やりと保護と戦いました。 普通のモールは彼の兵役の承認で今政治的な権利を要求することができました。 民主主義の用紙が都市国家で一般的なタイプになって、そして政治的な歴史にギリシャの主要な寄付の1つでした・・・。 時々貴族は暴君的な独裁者に対して労働者階級を導きます。 常に普通の人は生活の良いもののより大きいシェアを探しています。 これまでのところ世界の歴史で、民主主義が、そのすべてのフォールトで、この problem. への最も良い答え「他方、カトリックの百科事典、タイトル「民主主義」の下の第4巻、ページ708、710、は故教皇レオに彼が「クリスチャン民主主義と呼ぶ何かに賛成するとしての13を引用する」であって、そして言います:「結局単語民主主義は勝ちました;そして、さらに多くと人気が高いカトリックの行動より少しのいずれも意味しないとして、回勅「グレーブス・ド・コミュニ」(1901年1月18日)でのレオ XIII が表現「クリスチャン民主主義」が同じぐらい受容できて、そして受け入れられていると宣言しました」。 アメリカで「カトリックの行動」は独立していませんが、地元の Hierarchy 司教の適用を受けています。 このすべては、疑いなく、それのためにレオのそれほどある特定の被験者が13であると思います、そして、「 mobocracy 「アメリカとアメリカの民主主義に宗教の組合と国家がないからレオ XIII の後続物の適用を受けていないように、彼の後継者はアメリカの民主主義に言及します。 さらに、民主的なアメリカと他の民主的な国で聖書は最も自由に配布されました、そして同じく聖書を説明している本と自由は聖書とバチカンから回勅で表現されるようにローマ教皇の likings と正反対な礼拝者の良心の命令に従って公然と神を崇拝するために応じられました。

大きい祝福が、新しい世と永遠の生命の知識を得ることに導いて、このような国の民主的な志向の民にそれから結果として生じました。 エホバの証人はありがたく思っています、そして(彼・それ)らは最も大いに民主主義が政府の他の用紙類に関して提供する自由を尊重して、そしてそれのために戦います。 喜んで(彼・それ)らは義と神の最高の律法で調和してすべての律法に従います、そして穏やかな、そして法律を守る方法で(彼・それ)らは福音を伝道して、そして復讐の彼の日の人に警告して、そして哀悼するすべてを慰めるために偉大な神権統治者から(彼・それ)らの任務を実行します。 (イザヤ 61:1-3 ) それ故これを忘れられないことをさせてください、ギリシャ、民主主義のホーム、が5番目の世界的強国そして次にそれになったことはその力と制御の下に聖地で神の契約の民を連れて来ました、そしてまもなくその後ギリシャの世界的強国は分断させられた、そしてローマ、「北の王者」の適用を受けました。 彼の証人に反対して戦うことによって、民主的な政府がエホバ神に反対して戦うとき、それは悲惨であって、そしてギリシャのそれのような終了に導くでしょう。

「異邦人の時」

そのために、神の典型的な神権政治が、その典型的な神権政治が取り去られ、そして「異邦人の時」あるいは「諸国民の時」が始まった後、実際、準備された後、その民主主義が存在に入って来たことは確定した事実です。 (ルカ 21:24 ) エホバ神は約束された土地の中に彼の契約の民、古代ヘブライ人、を連れて来ました。 偉大な神権統治者として彼は(彼・それ)らの見えない支配者と(彼・それ)らが従った彼の神権的の律法でした。 その時、今度の神権政治の国王を予想させるために、神がイスラエルの上に彼の代表者として支配するべきシオン山での国王としてダビデに油そそいで、そして設立しました。 従ってダビデ王は主の王座に座ると言われました。 ダビデの後継者に関してそれが書かれるiv、神権的の王国、:「その時ソロモンは彼のが父親となるダビデの代わりの国王としてエホバの王座の上に座って、そして成功しました;そしてすべてのイスラエルが彼に従いました。」 (歴代第一29:23、アメリカ改定標準訳。) ソロモンが忠実な支配者であったと比べて同じぐらい長い間彼は新しい世のエホバの神権的の国王を予想させました、そして民の穏やかな、そして確かな状態はその時新しい世状態を予想させました。 (列王第一4:25) 今輝かしい預言が成就されるべきです:「国民が国民に対して剣を持ち上げるべきではない時が近くにあります、そうでなく(彼・それ)らはもう戦争を学ぶべきではありません。 けれども(彼・それ)らは彼のつるの下でそして彼のイチジクの木の下にすべての人を座らせるべきです;そして一(人・つ)(彼・それ)らを怖くするべきではありません:入浴によって話されたホストの主の口のためにそれ。」 - ミカ4:3、4;人のイザヤ 2:4 。

その典型的な神権政治が彼の義の政府によってエホバの普遍的な支配を予想させるという状態で、それはサタンと悪魔の目標になりました。 (彼・それ)らは宗教で古代ヘブライ人を侵略して、そして、エホバと一緒に(彼・それ)らの契約を保持して、そして彼を崇拝して、そして(彼・彼女・彼ら)に従うことから、わきに(彼・それ)らを回す繰り返された努力をしました。 間に合って大多数の古代ヘブライ人は宗教に変わりました。 ただ小さい少数派あるいは残りの者だけが宗教に抵抗して、そして契約とエホバ神の崇拝に真であって、そして(彼・それ)らの忠誠を維持しました。 エホバは宗教あるいは悪霊崇拝からの民を配達して、そして真の崇拝に(彼・それ)らを戻すために忠実な裁判官と忠実な預言者を引き起こしました。 素晴らしい信仰を見せられた老人と忠実のそれらの忠実な人。 なぜなら、神に向かって(彼・それ)らの忠誠を持続して、そしてエホバのために忠実な証しを与えることについて、(彼・それ)らは偽宗教家(えせ信心家)あるいは悪魔礼拝者の手において多く、殉教さえ、を経験しました。 (彼・それ)らは宗教を見せて、そしてそれに反対しました。 (彼・それ)らはすべての≪の世の同盟の禁止を警告して、そして神権的の規則と律法を提唱しました。 (彼・それ)らの背中を向けた 上に そして見捨てられました 世界、(彼・それ)らは偉大な神権統治者と一緒に契約を保持した 。 (彼・それ)らエホバのそれの戦争e「同じほど大きい証人の雲」、前方へ(彼・それ)らは今までに新しい世とその神権的の政府の彼の約束の成就を考えました。 (彼・それ)らの忠実に関して死と(彼・それ)らに対する未来の希望にそれは書かれます:「これらはすべて、約束、しかし遠くに(彼・それ)らを見たことを受けなかったので、信仰で死んで、そして(彼・それ)らを確信させられて、そして(彼・それ)らを取り入れて、そして(彼・それ)らが地球上で見知らぬ人と巡礼者であったと告白しました。 なぜなら(彼・それ)らが求めるこのようなものが明らかに宣言する(彼・それ)らその発言権 国[神権政治の下の新しい世] 。 And truly, if they had been mindful of that country from whence they came out, they might have had opportunity to have returned: but now they desire a better country, that is, an heavenly: wherefore God is not ashamed to be called their God ; for he bath prepared for them a city, . . . and others were tortured, not accepting deliverance; that they might obtain a better resurrection : and others had trial of cruel mockings and scourgings, yea, moreover, of bonds and imprisonment : they were stoned, they were sawn asunder, were tempted, were slain with the sword: they wandered about in sheepskins and goatskins; being destitute, afflicted, tormented; (of whom the world [Satan's organization which persecuted them] was not worthy:) they wandered in deserts, and in mountains, and in dens and caves of the earth. そして約束:(彼・それ)らが我々なしでそうであるべきでない我々[使徒と彼の仲間のクリスチャン]に若干のもっと良いことを提供した、神ではなくが完ぺきにした信仰を通して良い報告を得たすべてが受け取ったこれら。」 - ヘブライ 11:3-16 、35 - 40。

値しない世界によっての迫害の下のそれらの人の忠実な課程はとしての創造者が悪魔と宗教的な圧力の下で神に向かって(彼・それ)らの忠誠を維持するであろう神が地球に置くことができなかった悪魔の中傷的な告訴への直接の、そして吠えている答えでした。 老人のそれらの忠実な証人はエホバのみ名の免罪に賛成であって、そして地球の上に(彼・それ)らの輝かしい報酬を持つべきです。 神が(彼・それ)らに対して準備をさせる「市」、あるいは地球の上の義の目に見える組織;(彼・それ)らの「もっと良い復活」と(彼・それ)らの「完ぺきにされる」こと、はすべて神権政治の下で新しい世に関連して来ます。

宗教の「容易に厄介な罪」に負けて、古代ヘブライ人は絶望してその罠に巻き込まれて、そしてエホバの忠実な証人、預言者に注意を払うために断られたようになりました。 (彼・それ)らは彼の証人の(彼・それ)らの邪悪な治療によってエホバのために(彼・それ)らの軽蔑を示しました。 「(彼・それ)らは主が(彼・それ)らを指揮しました:けれどもw ere が異教徒の間で混じって、そして(彼・それ)らの業を学んだ諸国民を破壊しませんでした。 そして(彼・それ)らは(彼・それ)らに罠であった(彼・それ)らのアイドルに仕えました。 実に、(彼・それ)らは悪魔に(彼・それ)らの息子と(彼・それ)らの娘を犠牲にした [悪魔に (アメリカ改定標準訳。 ) ] 、そして流された罪がない血液、血液さえ (彼・それ)らの息子についてそして(彼・それ)らがカナンのアイドルに犠牲にした(彼・それ)らの娘について:  そして土地は血液で汚染されていました。 それで(彼・それ)ら自身の業で汚されて(彼・それ)らであって、そして行く (彼・それ)ら自身の発明を持っている whoring 。 従って彼が彼自身の遺伝をひどく嫌ったという彼の民に対して、 insomuch にあおられた主の激怒でした。 そして彼は異教徒の手の中に(彼・それ)らを与えました;そして(彼・それ)ら (彼・それ)らが(彼・それ)らの上に支配されるのが嫌いであった 。 (彼・それ)らの敵は同じく(彼・それ)らを圧迫しました、そして(彼・それ)らは(彼・それ)らの手の下に服従の中に持って来られました。」 (詩編106:34-42) これは宗教が国民をリーするある特定の大惨事の歴史的な証明です。

その時エホバ神は、忍耐の彼の指定された時の終わりに、その典型的な神権政治をひっくり返しました。 決して再び自然の古代ヘブライ人はユダの国王の部族から独立と地の王を持っていませんでした。 その国家の大惨事に関してエホバはそちら、終わりに(すでに)不忠実な国王に警告していました: 「王冠を脱いで、そして王冠を脱いでください;これは同じであるべきではありません:...が .I に転覆して、転覆して、それをくつがえすでしょう;そしてそれはそれ以上何でもないべきであって、彼が誰のが来たらそれをまっすぐにするまでそうです;そして私はそれに彼を与えるでしょう」 。 (エゼキエル 21:25-2 '7 ) 主なる神はネブカドネザル、バビロンの国王、を転覆することをする彼の死刑執行人として用いました。 それは西暦紀元前606年にありました、そしてそこ(に・で)「7つの時」、「異邦人の時」、は始まりました。 (ダニル 4:16 、23、25、32;レビ 26:18 、21、24、28;ルカ 21:24 ) 預言的な時間に従って計算されて、それらの時は2,520年(7 X 360年)走ることになっていて、そして A.D. 1914年でそれ故なくなりました。 それらの異邦人権力あるいは諸国民が「地球」あるいはサタンの世界組織の目に見える部分でした、それ故神の法令はサタンが 1914年まで地の上に中断されない統治を行使し続けるべきであることを意味しました;そしてその時彼の世界、あるいは中断されない統治、は終わるでしょう。 すなわち、彼の規則はそこ(に・で)真の神権政治の設立によって中断されて、そして干渉され始めるでしょう。

統治が意味するであろう7人の異邦人時アンダー悪魔について神が(すでに)サタンの世界に限度を添付していたことを命じる 。 それは、その限界が達せられ、そしてサタンの世界あるいは中断されない規則が終わるまで、約束された神権的の政府あるいはキリストイエスによっての神の王国がオペレーションに入れられることができなかったことを意味するでしょう。 そのために「世界の終わり」は、いなくなっていると比べて同じぐらい良くて、サタンの終わりがすべて彼自身の方法でものを持っている、そして A.D. 1914年に、神権政治を準備することによって、サタンの組織あるいは世界が確かに「見込のないもの」であった、それがそうであることを意味するでしょう。 そこ(に・で)「終わりの時間」は、悪魔のような組織の上に、始まった そして から その時それの上にその最終のエンド、「神全能ののその大いなる日の戦い」、ハルマゲドンの戦いでのその破壊に続いて行くであろう 。 満たさた預言が否定を越えて 1914年がサタンの世界あるいは中断されない規則の終わりを記録したことを証明します、そしてそこ(に・で)彼の世界組織の「終わりの時間」は始まりました。 - ダニエル 11:40 ;12:4。

無限に長い時代(ギリシャ語: AION )のエンド

どこ(に・で)表現「世界の終わり」がキリストからそして後に聖句で起こるとしても、常に「無限に長い時代」、あるいは aion (ギリシャ語)の終わりです。 その無限に長い時代はどのようにこの aion へのクリスチャンの関係がキリストイエスによって変えられたか示しているガラテア 1:4 でこの聖書表現での1時以上期間が単語の使用によって証明されることを意味します:「誰が、神のご意志と我々の父によれば、彼が我々を配達するかもしれない我々の罪、それのために彼自身にこの現在の悪い世界[ aion ]を与えましたか」。 配達された(の・もの・人)はサタンについてまだ同じ一定の時期、しかし(彼・それ)らが配達されたものに住むことは中断されない規則であったということでした;それが書かれる(とき・から・につれて・ように):  「暗闇と入浴の能力から入浴が我々に誰を届けたかが彼の親しい息子の王国の中に我々を翻訳しました。」 (コロサイ 1:13 ) サタンの規則が好きである人たちと組織に関して、テモテ第二 4:10 に気付いてください:「放棄されたデマス hath のために私、持つことがこの現在の世界[ aion ]を愛して、そして亡くなっています。」 サタンは「この世界[ aion ]の神」であって;そして世界がそれを終わらせるとき彼の中断されない規則が終わることを意味します、そしてその後彼の邪悪な組織、天」と「地球」両方、は行かなくてはなりません。 神権政治の規則はその時始まって、そして永久に絶え間なく続きます。 - 啓示11:15。

最終の終わりあるいはサタンの世界の見えない役割とその目に見える役割両方の破壊に関して、霊感を受けた使徒が書きます:「けれども、今、同じ言葉によっての天と地が裁きの日と神を恐れない人の地獄に対して非難に貯えてあって、遠慮がちにしておかれます。 けれども主の日は夜に泥棒として来るでしょう ; 中にいる 天が素晴らしい騒音で離れて通り越すべきである、そして要素が熱心な熱で融かすべきである ;同じく地とその中にあって、焼き尽くされるべきである仕事」 。 (ペテロ第二 3:7,10 ) この「現在の悪い世界」は終わって、そして方法を作らなくてはならない ために 「来るための世界 「 、 「終わりがない世界 「 。

典型的な神権政治が(すでに)預言的な写真をすることについてのその目的を満たしていたとき、エホバ神はそれを連れ去って、そしてそれを用いて接続でサーブした国民をひっくり返しました。 自然の古代ヘブライ人は聖地から運び去られて、そしてバビロンで捕虜として留置されました、そしてそれは今3番目の世界的強国になりました。 その中に忠実な残りの者がありました。 捕虜の多くが離れてバビロンの宗教を始めました、しかし、それが supercharged な燃えるような炉の中にあるいはライオンのすみかの中に投げられて苦しむつもりであったときさえ、残りの者はそれから(彼・それ)ら自身を保持しました、そしてこれらは神に向かって(彼・それ)らの忠誠を持続しました。 その時エホバはサタンの組織の破壊を描写して、バビロンをひっくり返して、そして忠実な古代ヘブライ人に自由の身にならせるためにペルシャのキュロス国王を使いました。 シオンの上に神殿を再建して、そして典型的な都市を rewalling することにおいて、忠実な残りの者は出て行って、そしてエルサレムに戻って、そして神について使われました。 これは歴史の我々の期間に、彼が裁きのために神殿に来るとき、もっと偉大なキュロスによって配達される、そしてその時エホバ神の清い崇拝の神殿奉仕に従事する同様の残りの者を描写しました。 - イザヤ45:1、13;10:21、22;ハガイ1:12、14;ゼパニヤ3:13。

新しい世の設立。

高慢な主張と創立の約束をすることによって、宗教指導者と卓越した政治的な数字が(彼・それ)らの後に素晴らしい衆目を(彼・それ)ら自身と同じく素晴らしい下記に引く大きい世界危機のこれらの日に 「行為の(彼・それ)らの規準による新世界秩序「「道義的な原則に基づかせられたオーダー」 。 (彼・それ)らはそれぞれに異なった数の「ポイント」の彼自身のプログラムを申し出て、そしてそれが(彼・それ)らを引き取って、そして後に従うために人類に意味するであろうことのバラ色の写真を描きます。 それらの1つ1つを走査してください、そうすればあなたは一(人・つ)の(彼・それ)らのひとつのプログラムも1メートルのlghty神が確かな、そして永遠の基礎の上に設立した神権的の政府を考慮に入れないことに気付くでしょう。 (彼・それ)らは(彼・それ)ら自身にすべての能力と力を帰して、そしてエホバの目的をわきに押しやります。 それによって(彼・それ)らは神を忘れて、そして結果において「神がいません」と、言います;そして(彼・それ)らはばか者です。 (詩編53:1) 賢明な(人たち・もの)は、しかしながら、神の目的を考慮して、そしてほんの人によってだまされないでしょう。

曲の充足は(すでに)来ていました、そして時は今(すでに)新しい世の財団を置くために来ていました。 その財団は、神の普遍的な組織シオンを意味して、神の「女性」の胤であるに違いありません。 そのためにエホバは彼のの間で神聖な普遍的な組織から1つを取りました。 誰ですか ? 神が下地球の上にこの ever-obedient (の・もの・人)が彼の忠誠を維持するであろうという自信を持っていた彼の抜群の(の・もの・人)、彼の長子そしてただ生じさせられたみ子、み言葉だけ、は最も決定的なテスト、まさしくその死に、そしてそれによってエホバのみ名を正当化するでしょう。 これはその時天で取り付かれた、そして、立派であって、そして新しい世の神権的の王位を継承するために、地球で後でのすべてを断念しなくてはなりません。 彼は恰好な値段のパールを見いだした人のようであるに違いない か、あるいは 宝物を隠して、そして彼がそれを買うために持っていたすべてを売る 。 (マタイ 13:44-46 ) 地球の上に彼は彼の父のために忠実な、そして本当の証しであるに違いなくて、そして王国あるいは神権政治の真理に証しを生まなくてはなりません。 第二に彼は贖いあるいは新しい世における生活を得るべきであるそれらすべての換金価格として彼の人に生活を与えなくてはなりません。

6番目の世界的強国、ローマ、が地を独占ていた時の間に、パレスチナを含めて、エホバ神は地球に彼の最愛の息子を行かせました。 これは神の子がみ使いが人類の救済者の出生においてしたように霊の被造物のままでいて、そして肉にただ実現したことを意味しません、宗教としての「前世」がそれを呼びます。 いいえ、それは神の子が霊存在をわきに置いた、そして彼の父エホバがユダの部族の献身的な処女の子宮に彼の生活を転送した、そして彼が、完ぺきな人間の被造物として、生まれて、 incarnated ではなかったことを意味します。 聖句は生活のこの奇跡的な移動で特定です: 「 そしてみ言葉は肉にされた、そして、我々の間で、居住しました ( そして我々は彼の栄光、栄光を眺めました 時点で 、ヒースについて、ただ生じさせるだけである ) 恩寵と真理でいっぱい 」 。 (ヨハネ1:14) それで、罪人、アダム、の子孫であった不完全な女性から生まれるけれども、彼はまだ神の子でした。 彼の新しい肩書き、「人の子」、意味された、彼がアダムの息子であったと言うわけではありません、しかし、贖いのために彼の完ぺきな人間の生活を提出することによって、彼がすべての生活新株引き受け権とエデンで完ぺきな人によって所有される特権にタイトル上がったこと。 - マタイ 16:13 ;18:11;20:28。

神は(すでに)地球の上の彼のみ子の名前がイエスと呼ばれるべきであることを予告していました、そしてそれは、救済がエホバのそして彼のみ子によってであるから、「エホバが救済者です」ことを意味します。 彼はダビデ王の地の家系についてそしてダビデの生まれつきの市、ベツレヘムで生まれました。 ダデが神の神殿と崇拝で忠実な関心事を持っていたから、エホバ神は、真の神権政治を意味して、王国のためにダビデと契約をしました、神はダビデの家系のそれが1永遠の王国あるいは神権政治の神権的の支配者であるようになるべきであることを約束しました。 油そそがれた者ダビデ王はそのために彼自身1タイプのキリストイエスでした。 (サムエル第二チャプター7) これに関してエホバが言いました:「私の唇からなくなっている私が割れも、そしてそのことを変えもしないという私の契約意志。 一度私は私の神聖によって私がダビデに嘘をつかないであろうと誓いましたか 胤が今までに(そのために)忍耐するべきである彼のと私の前の太陽としての彼の王位。 私が永久に(そのために)彼のための状態にある私の憐れみ意志と私の契約は彼と一緒に速く状況下にあるべきです。 彼のは天の日として同じく私が今までに(そのために)忍耐しようとする意志と彼の王位に種を蒔きます。」 - 詩編 89:34-36 、28、29。

ベツレヘムでイエスの出生において、その出来事を立証するように、神は神殿において宗教の裕福な、長く礼服を着せられた、最高 - 肩書きを持った僧職者ではなく選択しました。 彼は優しく夜までに(彼・それ)らの羊を見守っている正直な、よく働く、神を恐れる羊飼いを選択しました。 エホバの使者は実現して、そして(彼・それ)らに出生を発表しました、新しい世の前触れであった出来事は見込みを示しました。 その時たくさんの他の天国の使者が(彼・それ)らの臨在を明らかにして、そして今進行中であったことの驚くべき結果の預言を歌いました:「 God! にそして地球和の上に、善意の人の間で最も高い(人・もの)を誇りとしてください」。 (ルカ 2:14 、ロザハム) それは、我々が新しい世の入り口にいるから、今日、特に「善意の人」を意味します、そしてその世界はエホバ神に最も高い栄光を、そして地球に善意のそれらすべてへの平和を引き起こします。

彼の円熟において人として、30年の年齢において、神がイエスにその後何を明らかにしたとしても、エホバの意志をするために(すでに)地球に来ていたイエスは彼の意志をするために彼自身を神聖にしたか、あるいは神と一緒に厳粛な契約に入りました。 ヨハネ、バプテスト、は老人の忠実な人の1人であって、そしてエホバのその「証人の雲」の最後の(人・もの)でした、そして彼は来ることとイエスの業を発表して前触れの役を務めていました。 (マタイ11:12、13;ルカ16:16) そのためにイエスはヨハネに来て、そして死んでいて、そして彼自身の意志に埋葬されて、そして神の意志をするために生命に上げられるための彼の献堂の外見上のシンボルでヨルダン川でヨハネが彼にバプテスマを施すようにしました。 エホバはイエスの献堂を受け入れて、そして犠牲の契約の中に彼を死に神に忠実であって、そして彼の人間の生命を犠牲にするととりました。 (詩編50:5) これの証明はエホバ神がイエスの上に彼の霊をたたきつけて、そしてG広告の霊的な息子として霊について、霊における生活に彼を生じさせたという事実です。 そこ(に・で)、 あまりにも 、イエスを急襲したハトと言葉によってfが屈従するこれからは彼の霊的な息子として、霊の印の表明によってイエスであると認められたエホバ神み父 天 : 「これは私が上手に喜ばせられる私の最愛の息子です。」 。 - マタイ 3:16 、17。

そこ(に・で)犠牲によって契約の中にとられて、そしてその時から霊によって生じさせられた神の子であって、イエスは結果において彼自身のすべての人間の見込みで人としてそこ(に・で)殺されました、そして彼は今まさにすべてにそんなものでした。 その時、彼が「肉にした」、そして人になって(すでに)前に天で楽しんでいたように、「彼に戦争eが開いた天」と彼は霊によって生じさせられた神の子が、彼のが天国であるという状態で、霊における生活を楽しみにした(とき・から・につれて・ように)そんなものをもうけます。 (ヨハネ 17:5 ;6:62) イエスの生けにえはそちら、エジプトで殺されてその過ぎ越しの子羊によって前もって示されました。 イエスはエホバの契約によって民の上にその血気盛んな青年がその後出入り口の上にまかれた、そしてその肉がその時もてなされたその殺された子羊のように今実施されました。 (コリント第一 5:7 ) 霊的な息子として生活にそこで生じさせられて、イエスは力の神の霊と一緒にその時油そそがれました。 その油そそぐことは指名することとイエスのキリスト、新しい世の油そそがれた者国王である約束でした。 彼は最高の(の・もの・人)、新しい世の基本的な(の・もの・人)、最初と All-essential 1、でした。 新しい世の土台が敷かれた時がその時ありました。 それ故彼は「世界[コスモス;新しい世]の設立から殺された子羊と呼ばれる 「 。 - 啓示 13:8 ;17:8。

(すでに)届けられて、そしてエホバ神が持っていたこの出来事ショー広告の世紀前に記録されていた預言はこの不可欠な役割に彼の最愛のみ子を前もって決めました。 それ故使徒はクリスチャンが救われると書く 「キリストの貴重な血で、きずがない子羊の時点でそして斑点なしで: 誰が本当に世界[コスモス;新しい世]の設立の前に前もって決められました、しかしあなたのためにこれらの最後の時に明白でしたか」 。 (ペテロ第一 1:18-20 ) 同じく、イエスが祈りで彼の天国の父に言いました:「なんじは世界[コスモス]の設立の前に私を lovedst します。」 (ヨハネ17:24) 彼の生けにえは完ぺきでした。 それはそのために完全にアダムが罪によって(すでに)失っていた生活と付き添い人人間祝福を完成する権利を救うことがまずまずでした。 そのためにイエスは1つの犠牲をした、そしてそれは非聖書的な(人たち・もの)のように繰り返しを必要としない 「やまの犠牲が「それでコールした 。 「その時不可欠のために彼はしばしば世界の設立から[新しい世;コスモス]を我慢しました:けれども今一度結局世界[ aion ]入浴について彼は彼自身の犠牲によって罪をかたづけるために、現われました。」 (ヘブライ9:12、25、26) 彼の犠牲は彼の「ほかの羊」に似合う人たちのために神の王国の下で永遠の祝福のために進路を開きました。 (ヨハネ10:16) それ故彼の右手において置かれた「羊」に関して諸国民の現在の裁きでそれは書かれます:「その時もし国王が彼の右手の上に(彼・それ)らに言って、来たなら、私の父について、祝福された汝らが世界[コスモス;新しい世]の設立からあなたに対する準備ができていて国[祝福]を相続します」。 - マタイ25:34。


天の王国 3章 編集

[wl 088] 「新しい世」、事実、の意味が覚えていられるべきであると思うことにおいて、その「世界」は見えない役割と目に見える役割両方を含みます、あるいは「天」と「地」。 「天」 より高くて、そしていっそう強力であって、そしてそれ故「地球」を支配する 。 それは「キリスト教世界」と彼女の偽宗教家(えせ信心家)と政治家が創立と建築の提案を申し出るためにまったくの冒とくと故意の無知である 「新しい世 「 。 このような人はこの現在の悪い世界の一部であって、そして(彼・それ)らの後部からいっそう強力な悪魔あるいは「天」から鞍を外すことができません、そしてその悪魔は神の約束の新しい世に反対です。 このようなこの世界の政略的な、宗教的な、コマーシャル要素は「新しい地球」で部分を持たないでしょう。 理知ある人々が、新しい世を準備する人あるいは人間の被造物に、いずれの人が地の人間であって、そして準備する力を持つことができないかを見定めることはばかそして自己欺まんである 地球の上の「新しい天」 。 このような人は神と彼の約束を忘れて、そして神からずうずうしくすべての栄光を取り去って、そして神だけがすることができることをすることが可能であるふりをします。

神がもう1(つ・人)に与えないであろう、そしてそのために彼が言う新しい世を作るための栄光: 「 ために 、 眺める 、私 新しい天と新しいアースを作ってください:そして形作る人は覚えていられも、そして思い...新しい天 - にかかわりもするべきでありません、そして、私作るであろう新しい地球は私の前に残留して、主を saith するべきです 」 。 (イザヤ 65:17 ;66:22) それが新しい世の設立の世紀前に、そして使徒が書いたその基礎が自信を加えたときから約束されました: 「見る なぜならそして神の日が来ることへの焼き汁をかけること 、 そこに天は、燃えていて、溶かされるべきである、そして要素[この邪悪な世界について]が熱心な熱で融けるべきである 。 にもかかわらず我々は、彼の約束によれば、新しい天と新しいアースを探します、その中に義を dwelleth してください。」 - ペテロ第二 3:2 、13。

霊的な(人たち・もの)の創造は、いっそう強力で、そして、すなわち、より高い、「天」、最初にです。 創立と目に見える、従属的な部分、「地」、を作ることは次に続きます。 「それで神エホバを saith する それが天を列した彼と前に(彼・それ)らを張りました;彼 それは外国にそれから cometh する地とそれを広めました;それほど giveth に彼 その中に歩くそれの上の民への呼吸と(彼・それ)らへの霊 。 私はエホバです、もし私が、もう1(つ・人)に、いずれにも偶像への私の賛美を与えなかったなら、それは私の名前と私の栄光です。」 (イザヤ 42:5 、8、アメリカ改定標準訳。) それ故新しい世の設立は霊的な部分にあります、そしてその土台を敷くことは最初にです。 この終わりにエホバは彼の霊と一緒に聖別されたイエスを生じさせて、そして次に国王であるために彼に油そそいで、そして神が(すでに)約束していた新しい世のためにそれによって基礎を提出しました。 それでいっそう重要な(人たち・もの)と「新い天」の開発が最初に(それに)なる「天」がそうです。 この理由のために使徒はクリスチャンが老人:「(彼・それ)らが我々なしでそうであるべきでない我々に若干のもっと良いことを提供した、神の忠実な人が完ぺきにしたより高い部分を得ると言います。」 (ヘブライ 11:40 ) サタンの世界を破壊することによって、エホバのみ名を正当化するのは「天」です。 それは「天」の主要な目的です。

、彼の油そそぐことの後に、そしてすぐに伝道し始めることについて、イエスが宣言しました: 「過ちを認めて後悔してください:なぜなら天の王国は身近にあります。」 。 (マタイ 4:17 ) 彼に反対した殺人の偽宗教家(えせ信心家)にイエスは言いました: 「 観察[見せかけ]を持っている神 cometh の王国: they say, Lo, here! もそうするべきではありません、あるいは、そこ(に・で)! なぜならおお、神の王国はあなたの真中にあります インチ ;彼、油そそがれた者国王、が身近にそして彼の敵の真中にいたことを意味します 。 (ルカ17:20、21、アメリカ改定標準訳、マージン) モデル祈りを求められて、彼は新しい世を祈願するために諭しを与えました、それは、言って、神の名前を正当化します:「この方法の後にそのために汝らに懇願してください:そうな我々の父は神聖な天でなんじの名前です。 なんじの王国は来ます。 それが天にある(とき・から・につれて・ように)、なんじの意志は地球でされます。」 (マタイ6:9、10) この祈りは今である「天と地の破壊によって全くの力でその世界の設立を祈願するために彼での新しい世の創立がすべてではなかった、しし(彼・それ)らwが ere することを示す 「 : ペテロ第二 3:7 。

神の王国のこの良いたよりを説き聞かせることに対して、偽宗教家(えせ信心家)は6番目の世界的強国、ローマ、「北の王者」に対してイエスを扇動と破壊的な活動の理由で非難しました。 ローマ人知事が彼に「なんじは国王その時Qですか?」と、尋ねたとき、イエスは答えました:「なんじは私がそうであるそれを sayest する 国王 。 この終わりに生まれて私でした、そしてこの原因のためにと世界の中へのTが来ました、そのiは真理に証しを生むべきです。 真理 heareth について私の声であるすべての(の・もの・人)。 私の王国はこの世界の(こと・もの)ではありません:もし私の王国がこの世界の(こと・もの)であって、その時そうするであろうなら、私の僕は戦う、私がそうであるべきでないそれは配達した ユダヤ人に:  しかし今 私の王国はそうではない から それ故。」 。 (ヨハネ18:37、36) 王国を準備すること、あるいは真の神権政治、が7年の時について終わりまで待たなくてはならない 「 、 「異邦人の時 「 。

それでイエスはエホバのために彼自身が忠実な、そして正直な目撃者であると証明しました、そして神権政治とこれのためにイエスがそうである彼のは「アーメンを忠実な、そして本当の証しと呼びました」。 「アーメン」が、ヘブライ人で、「真理」を意味します。 (啓示 3:14 ;19:11) イエスがこの世界の政治に参加しなく、それでもなお新しい世の伝道している神の王国のために彼が偽宗教家(えせ信心家)によって迫害されたけれども、誰が「北の国王の独裁的な能力を扇動したか 「ローマ、キリストイエスを殺すために 。 しかしながら、木の上にみっともない死を遂げることにおいて、冒とくと扇動の虚偽の告訴の下でイエスは誠実に神の目的を満たしました、すなわち、彼は彼のの上にすべてを与えて、そしてそれによって神権政治の王国を買いました。 イエスは神に向かって同じく彼の忠誠を持続して、そして死にさえ犠牲によって彼の契約を実行しました。 彼はそれでサタンの務めと神に対しての挑戦が平らな嘘であると証明して、そして彼自身が完全に神の名前の偉大な立証者であるのに値しているのを見せました。

イエスがすべて王国、あるいは神権的の政府のために彼のを定めたから、エホバ神は彼の上にそれを与えなくてはなりません。 それ故エホバは3番目の日に死者からキリストイエスを育てました。 40日その後イエスは王国を受け取ること、そして次に王国力で戻るために「遠い国」、天さえそれ自身、の中に高位に付きました。 けれども彼は終わりまで待たなくてはなりません 決定する エホバ神によって 。 彼が積極的に王国力に入って、そして彼の敵の真中で裁決して、そしてサタンの中断されない規則を終わりに持って来て、そして次にサタンの組織を破壊することができる前に、それらの終わり「異邦人の時」は来なくてはなりません。 それ故それは書かれます:「けれども彼が(すでに)、今までに、(そのために)罪のために1つの犠牲を申し出ていた船尾にあるこの人は神の右手の上に、彼の敵が彼の足載せ台にされるまで、これからは[待つこと]を予想することから座った」。 (ヘブライ10:12、13;詩編110:1) キリトイエスは天で(すでに)彼の霊存在を回復していた、そして、死者からそんなものとして復活させられて、今神の、不死の霊でした。 (ペテロ第一 3:18 、アメリカ改定標準訳;啓示 1:18 ) 彼は天で活動していなくはありませんでした、しかし彼が神権政治が力に入って来る時を待ち受けた間に、「新しい天」の開発は進歩しているに違いありません。

神権的のパートナー。

神権的の政府に対して価格を支払うことにおいて、キリストイエスは同じく王国で彼と交わられるはずである人たちを買いました。 今までに新しい世の土台を敷く前に、彼の善良でのエホバ神は(すでに)神権政治の彼の油そそがれた者国王と交わられるこのような級を持つことに決めていました。 彼が(すでに) predestinated したか、あるいは個々の人格を前もって決めていた、しかし彼が(すでに)そうしていたことは必要条件と資格を準備した、そしてそんなものに出会うべきである人は誰でも選ばれた素晴らしい級の(こと・もの)であるであろうと言うわけではありません。 それ故、その級の1(人・つ)であった使徒は書きました: 「 Blessed は入浴する神と我々の主イエス・キリストの父がキリストに天の場所ですべての霊的な祝福で我々を祝福したということです: 与える 彼が入浴する(とき・から・につれて・ように)彼自身、彼の意志の良い喜びに従って愛:持つことがへイエス・キリストによって子供たちの養子に我々を predestinated した我々が神聖で、そして彼の前に非難がなくあるべきである[新しい]世界、それの設立の前に彼に我々を選択する 」 。 (エフェソス 1:3-5 )「我々の業によればではなく、神聖な召命で入浴が我々にとって誰を節約して、そして我々のために呼びましたか 、しかし、[新しい]世界が始める前に、キリストイエスに我々に与えられた彼自身の目的と恩寵によれば;ただ 光に gospel. を通して今入浴の廃止された死と入浴が生命と不滅にもたらした我々の Saviour イエス・キリストが現われること[ incorruption ]によって明白にさます」 - テモテ第二1:9、10 。

キリストイエスは高尚な父、エホバ神を描写するアブラハム、アブラハムにされた約束での胤です。 「いずれの胤がキリストですか。」 (ガラテア 3:16 ) 彼は同じく「女性」の胤、偉大な母親の代理を務めている「女性」、神の普遍的な組織です。 彼の王国パートナーにされる人たちは彼の霊的な息子であるための、彼がイエスに対してそうしたように、彼の霊によって(彼・それ)らを生じさせている(彼・それ)らの神の養子によってその胤の平鍋にされます。 そのためにそれは書かれます:「汝らそのためにe、そのことを知ってください (彼・それ)ら 信仰について、同じがアブラハム[高尚な父、エホバ]の子供たちであるということである 。 そしてもし汝らがキリストのであるなら、約束によればその時汝らアブラハムの胤と相続人がいます。」 (ガラテア3:7、29) 新しい世の設立の前に胤の関連づけられた成員の番号は、人に発表されないで、未知でした、そしてそれ故人に(彼・それ)らは星と砂漠として無数でした。 アブラハムへの神の約束はこのようにそれを示しました: 「 祝福で私はなんじを祝福して、そして、病気の1wを増やすことにおいて、天のスターとしてそして海岸の上の砂としてなんじのシードを増やすでしょう;そしてなんじのシードは彼の敵の門を所有するべきです: そしてなんじのシードで地のすべての諸国民は祝福されるべきである 」 。 (創世記22:17、18) 長い間数は謎でした、そして次にキリストイエスは録音する使徒ヨハネに数を明らかにしました:「そして私は封じられた(彼・それ)らのグループを聞きました:そして閉鎖されたイスラエルの子供たちのすべての部族の百と4万と4千がありました」。 「そして1見ました、そして、おお、子羊が馬、 Sion 、の上に、そして彼と一緒に百(彼・それ)らの額と(彼・それ)らがそれとして王位の前に、そして4人の獣と長老の前に新しい歌であったと歌った書き加えられた彼の父の名前を持っている、4万と4千に耐えました:そして地から救われた百と4万と4千以外の(どの・少しの)人もその歌を学ぶことができませんでした」。 - 啓示7:4;14:1、3。

together型アップでこれらの 144,000人 キリストイエスの「花嫁」、あるいは「子羊の妻」 。 (啓示 19:7 ;21:9;22:17)これらはすべて神の霊と一緒の油そそがれた者であるに違いありません、それは公式にエホバ神の霊 - 生じさせられた証人として任命されます。 キリストイエスが団体である頭と彼の教会の 144,000人成員であるという状態で、それ故キリスト、あるいは油そそがれた者人、は共同か、あるいは合成の会です。 「そして彼は団体、教会の頭です:誰かが初め、死者からの長子です;何事にも彼が抜群を持っているかもしれないこと。」 (コロサイ1:18)「なぜなら団体が1(人・つ)と入浴である(と・から・につれて・ように)、その1つの団体の、多くである、多くの成員とすべての成員は1つの団体です;それほど同じくキリストです。 なぜなら1つの精神によって我々が保釈金、あるいは自由であって;そしてすべて1つの精神の中に飲ませられたか否かにかかわらず我々は、我々がユダヤ人あるいは異邦人であるか否かにかかわらず、すべて1つの団体の中にバプテスマを施されますか 団体のために一(人・つ)の成員でもありません、しかし多く」;しかしまだそれは限定された数です。 - コリント第一12:12-14;ロマ12:4、5 。

イエスが(すでに)油そそがれていた、そして王国を説き聞かせて出て行ったとき、神が彼に彼の花嫁あるいは「体の成員を与え始めた 「そしてこれらの選択での神によって導かれたイエス 。 (3:13、14;ヨハネ15:16にマークを付けてください) イエスが pr で言った使徒が神に主張する彼の教徒に関して: 「私は人になんじの名前を明らかにしました いずれですか 最も陽気ななんじ (彼・それ)らがそうであった世界:9から出ている私と最も陽気ななんじ (彼・それ)ら 私と(彼・それ)らはなんじの言葉を守りました 。 私は(彼・それ)らになんじの言葉を与えました;そして世界入浴は(彼・それ)らを憎みました、なぜなら、私が世界のではない(とき・から・につれて・ように)さえ、(彼・それ)らは世界のではありませんから。」 そして、彼の団体の成員が素晴らしい神権政治で彼と交わられるであろうことを示します 、 と彼がさらに祈りました: 「 お父さん、私はそれを遺贈します 同じく(彼・それ)ら、なんじが、私という条件のもとで、誰を持ちますか 私と一緒に私がいる所であってください;(彼・それ)らが私の栄光を眺めてもよい、そしてそれなんじが私という条件のもとで持ちます:なぜならなんじが世界の設立の前に私を lovedst すること 」 。 (ヨハネ17:6、14、24) 彼がそうしました、そして彼が(彼・それ)らを教えました:「そして汝らが行って、言って、伝道する(とき・から・につれて・ように)、天の王国が身近にある」(とき・から・につれて・ように)、彼は真理に前に熊の目撃者に(彼・それ)らを行かせまた。 (マタイ 10:7 ) もし(彼・それ)らそうであるためのw ere が王国の成員を作ったなら、(彼・それ)らは公的にその到来をふれ告げることを恐れているか、あるいは恥じていてはなりません。 王国にいるために、すべての団体成員は死にさえ彼の足跡追随者として忠実であるに違いありません。 忠実な使徒はキリストの体の他の成員の代理を務めました、そして(彼・それ)らに彼は言いました:「あなたは私の裁判で私と一緒に継続した(彼・それ)らです。 そして1 私の父が私、王国、のためにあなたが食べて、そして私の王国で私のテーブルにおいて飲んで、そして、イスラエルの12の部族を動かして、王座の上に座ってもよいということを誓約した(とき・から・につれて・ように)互角のあなたのための契約。」 (ルカ 22:28-30 、エンファティックダイアグロット訳) それで彼は王国のための彼と一緒の神の契約、それがダビデ王に予言したと比べて同じ王国契約の中に団体成員をとります。 これは反対してローマとその同盟国、「北の王者」、が地球の上イエスの日から憤慨を持っていたその「神聖な契約」です、しかし特にそれほど「終わりの時」のこれらの日です:ダニエル 11:28 、30、40。

それらすべてが彼のように、キリストの体不可欠の成員を作って、彼の意志をするために神に(彼・それ)ら自身の献堂をして、そして犠牲によって正当化されて、そして契約の中にとられなくてはならなくて、死んで、そしてキリストイエスを人として死んでいるために、(彼・それ)らが王国で彼と一緒に株を相続するかもしれないこと。 (彼・それ)らは神の油そそがれた者証人であって、そしてみ名と彼の王国をふれ告げるために油そそぐことあるいは任務に忠実であるに違いありません。 (彼・それ)らは彼と一緒に契約を保持して、そして、この世界アンダー悪魔規則の真中である間に、神に向かって(彼・それ)らの忠誠あるいは潔白を維持しなくてはなりません。 忠実な編死 (彼・それ)らはそうであるに違いない 。 それ故キリストイエスがそんなものに言います: 「 それらのいずれも恐れない なんじが経験するべきであること: 眺める 、悪魔 刑務所の中にあなたの若干を投げるべきです、汝らが裁かれるかもしれません;そして汝らが10日[すべての日]苦難を持つべきです:死に忠実ななんじであってください、そして私がなんじに1クラウンの生活を与えるであろうこと 」 。 「彼に私が、私が同じく勝って、そして彼の王位で私の父と一緒に下に置かれる(とき・から・につれて・ように)さえ、私の王位で私と一緒に座るために応じるその overcometh 意志。」 (啓示 2:10 ;3:21) 同じ効果に彼の献身的な使徒は書きま:「そのために私はすべてのことを我慢する ために 選出された sakes です、(彼・それ)らが同じく永遠の栄光でキリストイスにある救済を得てもよいこと 。 それは忠実な発言です:なぜならもし我々が彼と一緒に死んでいるなら、我々は同じく彼と一緒に住むべきです:もし我々が苦しむなら、我々は彼と一緒に同じく君臨するでしょう。」 (テモテ第二2:10-12) キリストイエスがエホバ神彼自身の隣りで宇宙での最も高い順位に昇進させられるという状態で、そして忠実な団体成員が彼を「神の相続人とキリストと一緒の関節相続人」として高いという状態で、(彼・それ)らとキリストイエスは(彼・それ)らの頭エホバの首都組織、「新しい天」、神権政治を構成するべきです。 - フィリピ 2:9-11 ;ロマ 8:16-18 。

(彼・それ)らが霊における生活に神によって生じさせられて契約の中に犠牲に魅了されていて、そして従ってそうであったので、(彼・それ)らは(彼・それ)らが彼の復活で共有するかもしれないキリストの死で分け合うかもしれません。 それは霊での、天における生活に復活です。 「なぜならもし我々が一緒に彼の死の似たものにしっかり置かれたなら、我々は同じく彼の復活の似たものでいるでしょう。」 (ロマ6:8-5) (彼・それ)らが新しい世の設立において経験するこの復活とキリストイエスであるとき、その国王は裁きのために神殿に来ます。 その基礎の上に使徒は、死のうとしているとき、書きました: 「 これからは私のために1クラウンの義を上にのぼって簀の目紙がある、そしてそれ主、義の裁判官、がその日に私に与えるべきです: そして同じく彼のが好きである私のみ、しかしすべてに(彼・それ)らにではないです 現われる 」 。 (テモテ第二 4:8 ) その復活は人間の目に見えません、なぜならそれは死について不死の、不朽の霊、「似たものにおける生活に彼の[キリストの]について復活の外に上げることですから。」 キリストイエスが死者からの「長子であるときから 「(彼・それ)らの 間に合ってそして重要性で最初に「最初の復活」である 。 それただ素晴らしい神権政治でeにうそをついた人たちがそれが書かれるほど素晴らしい生命と栄光への復活を持ちます: 「 祝福されていて、そして神聖な 彼である 最初の復活でのその入浴部分:そんなものの上に2番目の死は力を入浴させません、しかし(彼・それ)らは神のそしてキストの祭司であるべきであって、そして1千年彼と一緒に君臨するべきです 」 。 (啓示 20:6 ;同じく詩歌4) これは王国のために契約に(彼・それ)らの忠実に対する報酬です、ただ 144,000人が天に行く人の間で復活と(彼・それ)らが唯一の(の・もの・人)であるこの最初でキリストイエスと一緒に参加します。

「新しい地」

神権政治が「新しい天」を構成するという状態で、誰が、その時、「新しい地球」を構成するべきですか? 新しい世の偉大な創造者と誰が新しい地球、答えの土台を敷きますか : 、(彼・それ)らが「もっと良い復活を得る」ために、あらゆる種類の苦悩を我慢した老人、迫害と苦しみのそしてそのすべてを通しての忠実な人は死まで神に向かって(彼・それ)らの忠誠を持続した 。 (ヘブライ 11:35 ) (彼・それ)らが新しい世の財団に先行して、そして決して霊について生じさせられなかったから、(彼・それ)らは決して天に行くべきではありません、しかし(彼・それ)らの復活は世俗的で、人間的であるべきです。 従って天の王国での最少の成員は新しい世で(彼・それ)らの(どれ・何・誰)よりも大きいべきです。 イエスはそれでヨハネに関してバプテスト、老人のそれらの忠実な人の最後の(人・もの)を言いました。 (マタイ 11:11 ;ヨハネ 3:13 ;使徒 2:34 ) しかしながら、それが墓にいる人類のその死者の一般的な復活より良いという点で、(彼・それ)らのは「もっと良い」復活であるべきです。 それ故それらの忠実な人は「生物への復活」に含められます、そしてそれは一般に人類のために「裁きの復活」から離れています。 2つの復活を区別して、イエスが言いました:「彼が人の息子であるから、[神]は彼に裁きを実行する権威を与えました。 これに驚嘆しないでください:時間 cometh のために、いずれで墓にいるすべてが彼の声を聞くべきであって、そして現れるべきですか; (彼・それ)ら 、生活の復活に、うまくやった ;そして (彼・それ) 、 judgment. の復活に、悪をした 「 - ヨハネ 5:27-29 、アメリカ改定標準訳。

老人のそれらの忠実な人は(彼・それ)らの忠誠について裁きを経験して、そして忠実であって、そしてそれで神の名前の免罪のためでした。 報酬で(彼・それ)らは死から完ぺきな人として育てられるべきです。 (彼・それ)らの上にその完全さを授けるために、キリストイエスは贖いとして死にました。 最初に「新しい天」の(こと・もの)であるべきである人たちが呼ばれ、そして油そそがれて、そしてすべて裁きのために神殿においてキリストに持って来られて、そして彼と結び付けられる前に、(彼・それ)らの完成することは、しかしながら、起きることができませんでした。 それ故使徒が述べました:「我々[天のクラス]に若干のもっと良いことを提供した神、(彼・それ)らが我々なしで完ぺきにされるべきではないこと。」 (ヘブライ 11:40 ) 何が、その時、地球の上に(彼・それ)らの場所であるべきですか?

キリストイエスを尊敬するように、老人のそれらの人は彼の「父親」でした;それが書かれる(とき・から・につれて・ように): 「誰のですか 父親で、そして、肉に関して、キリストが来た、誰かがすべての上にある」(とき・から・につれて・ように)、誰のである 。 (ロマ9:5) 忠誠のそれらの人は信仰と教徒で死にました、そしてキリストイエスはすべての忠実な、そして従順な人とそれ故同じく老人のそれらの忠実な人に命を捧げました。 そのために墓でのそれらの忠実な人はまもなく今「新しい天」の国王の声を聞くべきであって、そして、(彼・それ)らのために彼自身に贖いを与えた彼からの(彼・それ)らの生活を受け取って、現れるべきです。 それでキリストイエスはみ父あるいはそれらの生活寄贈者になる 誰ですか 一体いつ父親と彼が(彼・それ)らの上に授けるべきである彼のは生活を完成する権利であったか、いずれの生活右が罪を通して失われた、しかしキリストの犠牲によって買い戻されたか 。 それ故預言的な聖歌はキリストイエス国王にこれらの言葉を話します:「なんじの父親の代わりに[(彼・れ)ら]はなんじの子供たちであるべきである 、誰ですか なんじはすべての earth. で mayest に君を作ります」 - 詩編45:16。

神権的の国王の王子らしい子供たちとして(彼・それ)らは耳Nの上に彼に彼のためにそして従順で行動をするべきです。 (彼・それ)らは「新しい天」の地の代表者であるべきであって、そして地球に住んでいるすべての人について見られるべきです。 「すべての地球の中の君」のこの公式の役割で(彼・それ)らはそうであるか、あるいは「新しい地球」を形成するべきです。 死者から(彼・それ)らを持って帰って、そして地球の上に公式の奉仕に(彼・それ)らをつぎ込むことによって、ただ Glad だけがキリストイエスによってそれの土台「新しい地球」を敷くことができます。 現在の政治家、独裁者と宗教指導者あるいは僧職者、のためにハルマゲドンの戦いがそうするべきである(とき・から・につれて・ように)、なぜなら今までに(彼・それ)らを整理してください。 それで「新しい地球」と「新しい天」は完全であるでしょう、そして新しい(人たち・もの)を形成するべきである 世界、「 dwelleth にそこにか 義。」 。 それが見えない部分と目に見える部分o、新しい世、の間に得るべきである完ぺきな協力に関してそれは書かれます:「見よ、国王が義で君臨するべきです、そして君が裁きで支配するべきです」。 「上から[義]、汝ら天、の下方に落ちて、そして空を義を流れ落ちて;地を開けさせて、そして(彼・それ)らに救済を産み出させて、そして義を一緒に現れさせさせてください。 1主は it. を作りました」 - イザヤ 32:1 ;45 - 8。

新しい世のその義の規則を現在の取り決めアンダー悪魔規則と対比して、箴言 29:2 が預言します:「義の(人たち・もの)が権威にいるとき、民は大喜びします:邪悪な beareth 規則、民が哀悼する時以外。」 世界中の人々の現在の哀悼は明らかにそれ自身の意味の外にもの語ります、しかし今このような哀悼はこれ以上あまり長く継続しないでしょう。 ハルマゲドンの戦いは完全に哀悼することについての目的、邪悪な態度規則を破壊して、そして取り除くでしょう。 それによってそれは「新しい地球」の全くの、そして邪魔されない規則のために方法をきれいにするでしょう。 「新しい天」は A.D. 1914年で作用し始めました。 サタンと彼の悪魔はその後戦いで破られて、そして天から追放されて、そして地まで下がっていて即座にでした。 その邪悪な人と彼の悪魔はすべての諸国民を全体主義のシステムに追いやって、そして恨みでのすべての民を神に敵対させるために地と海の上に今大きい困難をもたらします。 主イエスは今もう彼が彼自身(マラキ 3:1-3 )と一緒に完ぺきな一致の神殿状態の中に広告を集めるようにする地球の上に裁きと「彼の団体」の成員の残りの者のために神殿に来ました、そしてそれ故老人のそれらの忠実な人は今どんな日でも死者から戻ることを期待されるかもしれません。 聖句は少し前にハルマゲドン休憩であるべきであると信じる良い理由を与えます・・・。

この期待でサンディエゴ、その家が(今まで)宗教的な敵によって悪意がある意志で公にされる多くであったカリフォルニア、においての家は、1930年に、作られて、そして、「君のハウス」を意味して、「ベスサリ」と命名されました。 それは(彼・それ)らの帰りで信頼fあるいはそれらの君の占有に今持たれます。 最も最近の事実はこの不運な世界の偽宗教家(えせ信心家)がその「君のハウス」が新しい世に生む証言のために(彼・それ)らの歯をきしませていることを示します。 それらの偽宗教家(えせ信心家)と(彼・それ)らの同盟国に民の上に裁きで支配するべき老人のそれらの忠実な人の帰りは喜びをもたらすべきではありません。 しかしみ使いが(その人について)歌った民に 、 「善意の人」、それ 無限のライオンのために行事であるべきです、そして(彼・それ)らは天の王国のそれらの王子らしい代表者の側面に集結するべきです 。 それらの goatish 反対者とイエスが、偽宗教家(えせ信心家)に言って予言したこれらの羊のような(の・もの・人)の間のコントラストに関して: 「そこ(に・で)、汝らが、神の王国で、アブラハムとイサクとヤコブとすべての預言者を見るべきであるとき、泣くことと歯をきしませることであるべきです、そして外にあなたあなたたち自身推進力。 そして(彼・それ)らはフィート来るべきです 東で、そして西から、そして北から、そして南からであって、そして God. の王国で座るべきです」 - ルカ13:28、29;マタイ8:11、12。

神の代表権能。

その「証人の雲」のそれらの忠実な人の奇跡的な再現は霊魂再来説によってではないでしょう。 「霊魂再来説」理論は悪魔教義、とエデンでサタンのオリジナルの嘘に基づいています。 (彼・それ)らの帰りは、死者から、復活によってであるであろう 「復活を改良する 「 。 何世紀間も(彼・それ)らは墓で(今まで)死の眠りを眠っていました。 決して地を満たす神の代表権能が「新しい天」の下で効力を発する、それらの「君」が目覚めさせられるべきである前に死から、オフィスで就任して、そして「新しい地球」の役を務めること、そして裁きで「支配し始める 「 。 聖句は(彼・それ)らが、神のオリジナルの目的が決して失敗するべきではないから、決してまだは成就されなかった、しかしそうであるべきである神の代表権能を遂行して部分を取り入れるべきであることを示しません。 誰が、その時、新しい世で地球の上にその特権を楽しむべきですか?

この世界の終わりに我々のことを気にかけていて、神はそのタイムリーな問題に典型的な答えに手を振って合図します。 それはノアの日の偉大な大洪水からそして後に歴史的な出来事にありました。 神を恐れない(人たち・もの)の古い世界の破壊 エホバ神の行動をするいずれですか 細工された 1タイプのその神が「妙な行為」「神全能ののその大いなる日の戦い」であって、決着争いのために、ハルマゲドンにおいて、婚約者 en と地球でのサタンの組織のすべてがそこ(に・で)集められてしまっているであろう時もたらすべきである世界破壊である 。 (マタイ24:37;啓示 16:14-16 ) 水の偉大な大洪水はすべての労働者の地の表面から暴力と邪悪を除去しました;ハルマゲドンにおいての火のような破壊の偉大な大洪水は同じく十分でしょう。 その古い世界が死んだとき、箱舟でノアに集まった人たちは奇跡的に維持されていました。 洪水オーバーで、(彼・それ)らは現れました、そしてノアの息子と wt のイエスは神の代表権能の再発言を聞いて、そして典型的なファッションでそれを成就して、我々のために完全な写真をすることを次に行いました。

進んだ日sでの保護と安全管理、使徒ペテロ、のタイル位置を指し示すことは書きました: 「長い(人たち・もの)ですか? 、箱舟が準備することであったのに対して、神の苦しみがノアの時代に待った その中に ほとんど、すなわち、8 精神、水によって節約されました 。 同様の数字 whereunto 、バプテスマさえ、は doth に同じく今セーブする 我々、(肉の不潔物をしまうことではなく、答え以外、神に向かって、良い良心の) イエス・キリストの復活によって。」 。 (ペテロ第一3:20、21)。 ノアは悪魔統治の圧迫からの1タイプの休養を与えるべきであるキリストイエスでした。 彼が神の命令において作った箱舟でノアに行った人たちはそれで彼にバプテスマを施されました、そして洪水の後に(彼・それ)らは典型的に神の代表権能を成就しました。 今もっと偉大なノアはエホバの命令において偉大な神権組織を築きました。 彼の国王を通して彼に接近して、そして(彼・それ)ら自身を神権組織の下に置くエホバ神に向かっての善意のすべての人々はもっと偉大なノアにバプテスマを施されて、そして邪悪な(人たち・もの)と一緒に処刑されるべきではありません。 今、神の激怒がサタンの邪悪な世界に対して前に割れようとしているとき、助言の神のみ言葉はこのようなおとなしいか、あるいはよく覚える人々に申し込みます:「法令がもみ殻として、前に、日パスを産み出す前に、ふと見つけられたエホバの凄まじい怒りの前にあなた、前にエホバの怒りの日あなたをふと見つけます。 汝らエホバを探してください、汝らがそうであるであろう彼の布告を守って;を求めて、柔和さ:それを求めた、地について、おとなしい汝らがそうであるかもしれないすべてはエホバの怒りについて日中隠れました。」 - ゼパニヤ 2:2 、3、アメリカ改定標準訳。

ついでに安全に洪水を通してノアはキリストイエス、もっと偉大なノアの団体成員の地球の上にもう特に小さい残りの者を描写しました。 その残りの者は神の保護によってハルマゲドンを生き通すべきです。 ノアの息子と(彼・それ)らの妻は、今エホバ神に仕えて、そしてみ名と神権政治をふれ告げることにおいて、残りの者の仲間である人たちを描写しました。 残りの者は天の王国を与えることは神み父の良い喜びであるキリストの「小さい一団」の最後の成員です。 (ルカ12:31、32) (彼・それ)らの忠実な地の仲間は主の「ほかの羊」です、そして(彼・彼女・彼ら)をを彼が良い羊飼いの世話と保護の下に「1枚の折り目」の中に現在のところ集めています。 (ヨハネ10:10、16) 残りの者は、キリストイエスが(彼・それ)ら、「最少の(人・もの)に電話をする(とき・から・につれて・ように)、これらについて私の兄弟たちです」 、(彼・それ)らの優しい、助けになる仲間がそうであるのに対して 栄光の彼の王位の上に残りの者に同じぐらいキリストイエス国王にうまくやる「羊」 。 それ故(彼・それ)らは彼が裁きの彼の王位の右の側面、賛成、憐れみ、親切な行為と保護の側面の上に置く「羊」です。 goatish 反対者とエホバの証人の残りの者の責め立てる人同じく悪魔と彼の悪魔のために確保されるハルマゲドンの火のような破壊に変えられるとき、「羊」は保護されるべきです。 (彼・それ)らは世界の最終のエンドを通して運ばれて、そして洗浄された地球の中に、それらと一緒に入るべきである 「すべての地球の中の君 「 。 それらの「羊」に新し世の神権的の国王は愛情を込めて言うべきです: 「来ます、私の父について、祝福された汝らが世界の設立からあなたに対する準備ができていて王国を相続します」 、そして彼 地球上に「永遠の生活の中に義の」これらを案内するであろう 。 (マタイ25:34、46) (彼・それ)らが(彼・それ)らの素晴らしい国王 - 父から継承するべきである祝福の1つが喜びと地を満たす神の代表権能を遂行することについての責任です、そしてそれはハルマゲドンにおいてほとんど邪悪な(人たち・もの)の死刑執行によって人口を減少させられてしまっているでしょう。

エデンで人の初めに、それほどその時それらのハルマゲドン生存者の上に義の「天」と義の見えない大君主がいるべきである(とき・から・につれて・ように)。 ノアの息子のように、(彼・それ)らは信仰と従順の理由によって義であると考えられるべきです。 それは偉大な神権的の国王によって話される「再生」の時であるでしょう。 (マタイ 19:28 ) その名前が呼ばれるべきである(の・もの・人)として 「素晴らしい、助言者、力が強い神、永遠の父 「彼 永遠の生命に(彼・それ)らをよみがえらせるであろう 。 (イザヤ 9:6 ) 彼自身の人間の生活によってアダムが彼自身と彼の子のために失った人間の生活を完する権利を救った(の・もの・人)として、素晴らしい国王 - 父は永遠の生命にハルマゲドンから生き残る彼の「ほかの羊」の上に権利を与えるでしょう。 (彼・それ)らはそれで彼の子供たちであるでしょう、そして彼を「父親と呼ぶであろう 「 。 その時彼の言葉w悪は(彼・それ)らに当てはまります:「私は復活と生活です:...。 そして 誰 liveth と私での believeth が決して死ぬべきではありません。」 。 「本当に、本当に、私があなたに言います、もし人が私の発言を守るなら、彼は決して死を見るべきではありません。」 (ヨハネ11:25、26;8:51) それで素晴らしい知恵の言葉は本当であるべきです:「見よ、義の(人たち・もの)が地:もっとずっと多くで弁償されるべきである 邪悪な(人たち・もの)と罪人。」 。 「義の(人たち・もの)が決して移動させられるべきではありません:けれども邪悪な(人たち・もの)が地居住するべきではありません。」 「なぜなら垂直部分は土地に居住するべきです、そして完ぺきな(人たち・もの)はその中に残留するべきです。」

箴言 11:31 ;10:30;2:21。

これらの義の「羊」は(彼・それ)らに再び述べられるべきである神の代表権能に返答するべきです。 義の(人たち・もの)の結婚はうれしい行事です、そして、神のこれらの義の僕が(彼・それ)らの国王 - 父が(彼・それ)らのために整える仲間と結婚する(とき・から・につれて・ように)、地が喜びで満たされるでしょう。 受胎のエバの悲しみの種で追い出されて、(彼・それ)らは喜びで、そして、死と問題にではなく、義で、しかし生物に子を産み出すべきです。 「(彼・それ)らは、むなしく、働くべきではない 同様に 産み出す 問題のために: なぜなら(彼・それ)らは(彼・それ)らと一緒に主と(彼・それ)らの子の祝福された(人たち・もの)の胤です。」 。 (イザヤ65:23) (彼・それ)らは「養育と主の訓戒で」これらの子供たちを育てるべきであって、そして(彼・それ)らに心の(彼・それ)らのすべての思い、精神と強さでエホバ神と彼のキリストイエス国王を愛することを教えるべきです。 (エフェソス6:4;申命記6:4-7) それで、幼少あるいは青年期に、下に(彼・それ)らの子を打つことによって、妨げるべき死なしで、神の代表権能で表現された神の意志が完成で地球の上にされるまで、義の被造物と一緒の地の満たすことはキリスト、国王、の治世の間に進むでしょう。 これと一緒にそこの神の代表権能を実行することは地球規模のパラダイスの中に神権政治の祝福の下に地を服従させることとその転換であるでしょう。 さらに、その住民は、神のイメージで行動をして、「海の魚の上の、そして空気の家禽の上の、そして牛の上の、そしてすべての地球の上の、そして地の上に creepeth するすべてのはっているものの上の支配」を行使するでしょう、そしてこれらすべての被造物は義の人類の穏やかな、罪がない友人たちであるべきです。 - イザヤ11:6-9;65:25;創世記1:26、28。

それはエホバ神がすべての忠実な人のために死を味わったキリストイエスに服従に入れる人口が多い地球です。 「なぜならみ使いに彼はそうしませんでした [居住された(人たち・もの)が来るために接地する(あまり重要でない書)]来る被験者、世界、何について我々が話をするか・・・ 。 なぜなら彼が彼[キリストイエス]へのもの、彼が主題でない何も残さなかったすべてに him. を受けさせたという点で」 - ヘブライ2:5-9、Am. Rev.Ver 。

一般的な復活。

神の代表権能が成就されたという状態でそしてパラダイスが復活させられたという状態で、その時素晴らしい国王 - 裁判官は墓あるいは墓にいるカルバリの上に彼と一緒に死んだその友好的な泥棒と同じくすべての死んでいる他を覚えているでしょう。 彼は彼の声を口に出すでしょう、そして(彼・それ)らは「裁きの復活」に現れるべきです。 なぜ裁きについてですか? なぜなら地球の上にこの現在の人生で(彼・それ)らは、罪人として生まれて、「悪をしました」、そしてなおかつ(彼・それ)らは彼の聖霊、真理の光に対しての神の意志に対しての willful-wicked 反抗者と罪人のいずれもではありませんでした。 (ヨハネ5:27-29、アメリカ改定標準訳。) それ故それは記録されます:「共に公正な(人たち・もの)の復活があるべきです、そして不公平です」。 - 使徒24:15。

人たちが不公平で死ぬことに関して、(彼・それ)らの忠誠を持続しなかったので、悪魔統治の時の間に、キリスト、国王、のその千年の治世は、同様にハルマゲドン生存者の子供たちについては、「日」あるいは裁きの期間であるでしょう。 (ペテロ第二3:7、8) それが書かれる(とき・から・につれて・ように) : 「 神...(彼・それ)らがすべてどこでも認めて後悔するべきである commandeth 人 - :彼が hath するから彼が義で人によって世界[(あまり重要でない解釈が居住された地球を審査する]を審査するであろう1日誰を任命しました 彼は hath する 僧職を授ける 」 。 (使徒17:30、31、アメリカ改定標準訳。) サタンの「現在の悪い世界」はその時存在にないでしょう、しかし彼の邪悪な「天」と「地球」はハルマゲドンにおいて破壊されてしまっているでしょう。 それは今です、この「終わりの時」の間に、1914年にサタンの中断されない規則の終値と彼の世界の破壊の間にハルマゲドンにおいて、キリストイエスによってのそのエホバ神、彼のキング、がその世界とその組織的な諸国民を審査します。 国王彼自身が言った(とき・から・につれて・ように):

「今この世界の裁きがあります:今この世界の君は追い出されるべきですか」。 (ヨハネ12:31)

同様生まれて、そしてハルマゲドン生存者の子供たちとして育てられることによってあるいは死者の一般的な復活によって、新しい世の中に連れて来られるであろう人たちはその後裁きに置かれるべきです。 短く溝あるいは千年の終わりにおいての抑制の状態からのサタンを放すことは(彼・それ)らの選択と永遠の生命の値打ちを決定するために、(彼・それ)らの忠誠の最終のテストを提供するでしょう。 まだ自白して、そしてエホバの完全に確定した普遍的な支配に負けることを好まなくて、サタンはその新しい世を破壊して、そして破滅させるために再び出て行くでしょう、そして再び人間の被造物、 unproved な忠誠を持っている人たちを攻撃するべきです。 この彼の邪悪な挑戦を正当化する最後の窮余の試みでのサタンへの産出のような(の・もの・人)はサタンと一緒に全滅させられるべきで、そしてその破壊は永遠であるべきです。 (彼・それ)らの忠誠が速いと考えて、そしてそれで生活を選択する人たちはその新しい世、「終わりがない世界」で地球の上に終わりなしで無条件の生きる権利を与えられるべきです。 - 啓示20:3、7-10;ルカ20:34 - 38。

それは使徒の霊感を受けた視力の完全な認識を特徴づけるでしょう:「そして私は新しい天と新しいアースを見ました:最初のために天と最初の地球は離れて通り越されました;そしてこれ以上の海[神から疎外された民]がいませんでした。 そして1ヨハネは神聖な市、新しいエルサレム[神権政治]、が天から神から降りて来て、花嫁が彼女の夫のために飾ったように、準備されるのを見ました・・・。 そして神は(彼・それ)らの目からすべての涙をぬぐい去るべきです;そしてこれ以上の死、悲しみ、と泣くことのいずれもあるべきではありません、そうでなくそれ以上のいかなる痛みもあるべきではありません:形作る人のためにものは離れてパスします。」 (啓示21:1-4) 神権的の国王の現在の地の政府がすることができないことをする力に関してそれは書かれます:「なぜなら、彼が hath にすべての敵を彼のフィートの下に置くまで、彼は君臨しなくてはなりません。 破壊されるべきである最後の敵は死です。」 (コリント第一15:25、26) そして、死が罪の賃金であるので、その預言はすべての罪の練習と宗教を抹消することを意味します。 - ロマ6:23。

千年のその業の結論の後に、完成された人類が民主的な取り決めの下でお互いとの取引を持つでしょうか? それら 今誰ですか 賭け金 (彼・それ)ら すべて民主義あるいは政府の他のいかなる人間の規則の上にでも世界の希望が神のみ言葉を考えて、そして問題への彼の答えを信じるべきである(とき・から・につれて・ように) 。 彼が現在の世界取り決めについて言います:「最初の天と最初の地球は離れて通り越されました;そしてこれ以上の海[(彼・それ)らの自身の方法でと神ではなくのを選択している民]がありませんでした...形作る人のためにものは離れてパスします。 (啓示21:1、4) 全体主義の独裁国が支配します、そしてハルマゲドンが死亡させる他のものが決して力に回復させられるべきではありません。 エホバ神は完ぺきな(人たち・もの)と最も良い(人・もの)を供給します。 神権政治、キリストイエスによる彼のアドミニストレーション、がそうです、そして決して - は、それが最も良かった(とき・から・につれて・ように)、どこでも地球の上に、生きるすべての人類のために老人のイスラエルの12の異なった部族に最も良いべきです。

地球の上に異なった政府があるべきではない来る果てしない時に同時に、政府の1つのスタイルがもう1つのセクションのために土地ともう1つのスタイルの1つのセクションのために最も良く適合しました。 「新しい天」、それぞれ人間の政府の別の、そして独自の用紙を持っている民の異なったグループの下に民の自決がないでしょう。 世界中の分割できない1つの政府だけがあるでしょう、ただ1人の中央の権威とそれだけが天国で、神であるでしょう。 生きるすべてが国王、永遠の生命を与える(彼・それ)らの父の子供たちであるであろうから、それは父親らしい政府であるでしょう;そしてすべて生きている人類が、公正にして、(彼・それ)らの神と一緒に謙遜に歩いて、そして精神的にそして実は彼を崇拝して、1つの団結した、分離できない家族関係であるべきです。 「新しい地球」、「すべての地球の中の国王 - 父の君」、は永久に残っているべきです。 サタンの短期を放すことは(彼・それ)らをひっくり返すべきではありません。 (彼・それ)らの下のすべての人類が(彼・それ)らに従って同じぐらい(彼・それ)らが著しく代理を務める国王であるべきです: 「イエスの名前においてすべてのひざが、天の中のものと地球の中のものと地の下のことについて;お辞儀をするべきである、そしてすべての国語がイエス・キリストが、神み父の栄光に、主であると告白するべきである。」 。 (フィリピ2:10、11) 神権政治の主要な目的はその普遍的な支配が永久にであるべきであるエホバ神、偉大な神権統治者を栄光を与えるためにそうであって、そしてそうであるでしょう 「終わりがない世界、彼に、キリストイエスによって、すべての年齢を通じて教会で栄光であってください。 Amen. 」」 - エフェソス3:21。

世界の愛。

その新しい世はエホバ神が愛する、そしてその愛のために彼が彼の彼のすべての普遍的な組織での最も最愛の(の・もの・人)を使った世界です。 「神のためにそれで世界を愛しました、誰が believeth に彼に死ぬべきではないが、永遠の生命を持つべきであるとしても、彼が彼のにただ生じさせられたみ子、それだけを与えたこと。 なぜなら神は世界を非難するために彼のみ子ではなくを世界の中に行かせました;けれども世界が彼を通して救われるかもしれないこと。」 (ヨハネ3:16、17) 確かに神は彼が洪水で死なせた神を恐れない(人たち・もの)のその古い世界を愛しませんでした。 確かに彼は、彼が彼の忠実な僕に注意します:「世界ではなく愛してくださいこの世界を愛さない いずれも、もの、 世界中である 。 もし人が世界を愛するなら、み父の愛は彼にありません。 すべてのためにそれは世界、肉の性欲と目と生活の自負の性欲であって、み父の(こと・もの)ではありませんが、世界のです。 そして passeth に離れている世界とその性欲:しかしそれほど doeth に彼 神のご意志 abideth なぜなら今までに。」 。 (ヨハ一2:15-17) 確かに神が愛する人たちは「この世界」の一部である、そして営業して、そして代理機関とエホバの神権的の政府と彼の忠実な証人に抵抗して、そしてそれに反対して戦う組織を支持する人たちではありません。 「主は義の(人たち・もの)を loveth します。」 「主は義の(人たち・もの)を trieth します:暴力、彼のソウル hateth を loveth する邪悪な(人たち・もの)と彼以外。 義の主 loveth 義;彼の顔の表情のために doth が垂直部分を眺めます。」 - 詩編146:8;11:5,7。

神に彼の抜群の、そして最愛のみ子を与えること、ただ罪深い人を破壊から救うよう駆り立てたのはほんの人間の被造物の愛ではありませんでした。 最初の人と女性の上の神の文はちょうど、そして向こうにリコールあるいは変更でした。 彼は容易にアダムとエバを破壊して、そして新しい人間の対を作って、そして(彼・それ)らに地を満たす神の命令を公表することができたはずです;そしてそれで換金の業がアダムの子に必要ではなかったでしょう。 しかしながら、危機にあったのは神の神聖な名前と彼の普遍的な支配でした、そして神が彼のでただ生じさせられたみ子だけをもたらした動きをとったのはこれのためでした。 義がみ名の免罪を意味しました、そして広く一般に復活させられなくてはならないのは義であるに違いありません。 彼の普遍的な支配は義の普遍的な規則を意味しました;なぜなら彼の支配は義の人です。 それはほんの死を免れない人間の被造物、その感動している神ではなく、義の世界の彼の愛でした。 非難された人間の被造物が義のその世界を選択するか、あるいは、神に最終の結果に影響を与えないで、そうしてはなりません。 ヨハネに3:35、36を述べたように: 「み父 loveth 、み子、[新しい世の国王]、そして彼の手の中に[新しい世について]すべてのものという条件のもとで入浴してください。 それほど believeth にみ子入浴で彼 永遠の生命:そして生命;しかし神の激怒が彼の上に abideth する believeth に息子ではなくが見るべきでない彼。」 。 神は一(人・つ)にも彼の自然の状態を変えることを強いません。 義の側面を選択する(の・もの・人)は彼自身に永続的な利益でそうします、そして神は彼の上に依存していません。

義への彼の献身のために、そして義の関心事でどこでも、エホバ している 「新しい天」と「新しい地球」から成り立っている新しい世を作ること 。 それらの「新しい天」はキリストイエス、国王、です、そして彼の 144,000人はすべて一緒に神権政治を構成している王国パートナーを栄光を与えました。 その国王、キリストイエス、は決し罪と不義の側面の上にいなくて、そして決してそうであるべきではありません;そして彼 エホバ神は心からすべての義の被造物の大部分が好きである 。 「新しい地球」は国王が「すべての地球の中の君」にする、そして生きる人の間で裁判官と裁きと義で裁決するべきであるその「同じほど大きい証人の雲」、老人のそれらの忠実な人、です。 持つこと している 普遍的な支配の論争がサタンの課程によって上げられた、エホバ神が義のその世界がそれほど偉大であるために彼の愛を明らかにした瞬間彼がその国王であるために彼の唯一の生じさせられた息子に与えたこの新しい世 。 その賜物の証明で、エデンにおいての神は不義に対して完ぺきな敵意を生むべきである、そして不義の素晴らしい大蛇を押しつぶすべきである胤を予言している彼の契約約束を与えました。 義の偉大な行為、エホバのみ名の免罪のために、主なる神は寄贈したか、あるいは神権政治の頭人、み名を正当化するために彼の道具である神の首都組織であるために彼の最愛の人をみ子に任命しました。 それはそれのためにそしてによって彼の主要な目的です。

エホバは同じく他の義の被造物が神権政治、「新しい天」で彼のただ生じさせられただけのみ子と交わられるであろうことを予告しました。 神はその素晴らしい特権と誉れの資格を得るために、と比べてこのよう義への献身を見せたそれらの被造物を愛するでしょう。 「新しい天」の創造を考えます、そしてこのような被造物が人から霊まで変えられる方法を供給するために、エホバ神は贖いの犠牲であるために彼の最愛の人にみ子を与えました。 それによってこらは「人の間で、神に firstfruits であることからそして子羊に救った」かもしれません。 (啓示14:4) キリストイエスが、それによって、最高の、そして不可欠な人と神の名前の免罪である神権政治は人間の被造物の救済よりはるかにいっそう肝要です。 それ故、彼のみ子を与えることにおいて、人類の換金は神の目的でただ第2のだけです。 イエスが加えました:「誰が believeth に彼に死ぬべきではないが、永遠の生命を持つべきであるとしても、神が・・・彼のにただ生じさせられたみ子、それだけを与えた」のはイエスが新しい世のために神の愛に言及した後でした。 彼が唯一の希望として、そしてその時神権政治で信じる誰も永遠の生活が除外するようにすることができないその手段はその義の政府を献身して、そして支持します。 そうしない人たちは死ぬべきです。

地球の上に神権政治の代理を務めるために「君」にされるべきである老人のそれらの忠実な人は同じく義の愛好者でした。 (彼・それ)らは予告して、そしてエホバの王国の設立に前途を考えました。 そのために同じく(彼・それ)らはイエスの犠牲によって身受けされて、そして救われて、そして「もっと良い復活」を持つべきであって、そして正直な子供たちとして永遠の生活を与えられるべきです。 今主の「ほかの羊」は良いたよりが神権政治についてそしてに関して伝道したということを耳にします、そして、証しのために合計のその力ある政府を世界であるとふれ告げることにおいて、(彼・それ)らはそれ献身して、そして証人のエホバの残りの者と一緒に参加します。 そのために(彼・それ)らは神殿において彼の裁き位の上に国王の右の側面に切り離されます。 (彼・それ)らは義のレースで地を満たす神の代表権能を遂行するであろうハルマゲドンの生存者の「大いなる群衆」を組織するべきです。 (啓示7:9-17) そのためにその戦いの後に(彼・それ)らは贖いの犠牲の全くの利益を受け取るでしょう、そして正当であって、そして洗浄された地球の上に永遠の生命に入るでしょう。 (彼・それ)らは「君」、「新しい地球」の下で仕えるべきです。

その「新しい世」がすべて義であるという状態で、エホバ神はそれを非難しません、しかし彼が破壊に非難して、そして運命づけるこの現在の悪い世界。 イエスは言いました:「私がそうである裁きの間(彼・それ)らがこの世界、それの中に来る いずれが見るかが見ないかもしれません;そしてそれ (彼・それ)ら いずれが見るかが盲目にされるかもしれません。」 。 (ヨハネ 9:39 )「今この世界の裁きがあります:今この世界の君は追い出されるべきですか」。 (ヨハネ 12:31 ) そのために、イエスが新しい世のために神の愛を述べた後、彼が言葉を加えたとき、彼はこの現在の悪い世界を意味したはずがありません:「なぜなら神が息子ではなくを世界であると判断するべき世界の中に行かせました;それ以外世界が彼を通して救われるべきです」。 (ヨハネ3:17、アメリカ改定標準訳。) 彼はここで義の新しい世を意味しました。

イエスが献堂で来ていて、ヨルダンで浸されて、そして神の霊についてその時生じさせられて、そして来るために世界の国王であるために油そそがれたとき、直ちにその世界の土台は敷かれました。 それで神は彼のみ子をその世界の中に行かせました。 (ヘブライ10:5-9) またその義の世界が送られて彼であったと判定するために、そしてそれを非難するために。 しかしながら、「新しい天」で彼と交わられるはずである人たちと「君」であって、そしてそうするはずである人たちは「新しい地球」を構成して、生まれつきの、そして非難された罪人でした。 それ故これらは新しい世でサーブすることが可能であるための生物に救済を必要としました。 そのためにこのような新しい世の(の・もの・人)がそうであるかもしれない送られた神、み子、は貯蓄しました。 死に忠実であると分かることにおいて、キリストイエスはただ神権政治を買うことだけをしませんでした、しかし同じくその首都組織の(こと・もの)であるべきであるすべての被造物と神のご意志に服従でそれの下で(彼・それ)ら自身配布するべきであるすべての他の人たち。 パウロが神権政治の1(人・つ)であるために線にいたから、その使徒が書きました:「これは忠実な発言、とすべての acceptation に値します、そのキリストイエスは罪人を救うために[新しい]世界に入って来ました;誰かについて私は最高です」。 (テモテ第一1:15) パウロの目が開かれたとき、彼は神権政治献身して、そして救われました。

ただ選んで、そして新しい世に入る人たちだけが罪とその罰則から救われます。 離れて taketh するヨハネ、バプテスト、が彼のバプテスマの後にキリストイエスを指し示して、そして言いました:「神の子羊を眺めてください意味される人、[新しい]世界の罪、がこのようです。」 (ヨハネ1:29) イエスを意味して、使徒が書きました:「それは本当の光でした、そしてそれは[新しい]世界の中に cometh するすべての人を lighteth します。」 (ヨハネ1:9) イエスが言いました:「私は世界の光です: それほど followeth に彼 私 暗闇で歩くべきではありません、しかし生活の光を持つべきです。」 。 - ヨハネ8:12。

それは永遠の生命に導く光を与える新しい世の国王です。 彼が言いました:「世界の中に私はライトが来たらです、それは誰が believeth に私の上に暗闇にとどまるべきではないとしてもです。 そしてもし人が私の言葉を聞いて、そしてそうでないと信じるなら、私は彼を判断します : なぜなら私は[新しい]世界を審査すること、しかし[新しい]世界を救うために来ました。」 。 (ヨハネ12:46、47) キリストイエスと交わられるべきである人たちに新しい世の王国で使徒は書きます: 「これで明らかにされる 我々に向かっての神の愛、その神が彼の唯一の生じさせられた息子を世界の中に行かせたから、我々[キリストの団体成員]が彼を切り抜けるかもしれないこと 。 そして我々は見て、そして証言します、そのみ父は世界の救済者であるために息子を送りました。」 (ヨハ一4:9、14) 聖書が普遍的な救済の教義を教えません、そしてそれほどすべて罪深い人も同様であることは従って明らかに証明される 自動的にキリストの犠牲によって救われて、そして死者から、(彼・それ)らの邪悪にかかわらず目覚めを持つべきである あるいは 。 キリストイエスはこの現在の悪い世界の罪を取り去りません、しかしその邪悪のためにハルマゲドンにおいてこの世界を破壊します。 彼は彼のに信じて、そして言うことを聞くすべての人のために死を味わいました、そしてそれでそうすると比べて同じぐらい多くのために、すべてのためにさえそんなもの、彼が贖いとして彼自身あるいは彼の人間の生活を与えました。 - ヘブライ 2:9 ;マタイ20:28;テモテ第一2:5、6。

選ぶ時間。

人類の希望は新しい世とその神権政治です! すべての知性の人々と権利の愛好者に今選ばせてください! いずれがあなたの選択であるべきですか? それは同じぐらいずうずうしく宗教的な長、独裁者と他の政治的指導者、あるいはエホバの新しい世によって提供されるいわゆる「新しい世」あるいは「道義的な原則に基づかせられた新世界秩序」であるべきですか? もし賢明なすべての - 、そして、それで、完全に義に専念している神がその新しい世が弾力性についてそれのために支配者であるための彼の息子の中で最も忠実で、そして頼りになるのを好んだなら、その時すべての知恵を持っている人々と優しい義は同じくその新しい世とその神権政治が好きであるべきです。 (彼・それ)らはそんなものを選択して、そしてこれからは確固としてそんなものを表すべきです。 その人をだますような案を持っているこの現在の悪い世界はエホバ神の愛好者ではありませんが、彼の敵です。 選択とこの世界の友情は彼の新しい世に向かって神に向かっての敵意と敵意を意味します。 新しい世の国王が言いました:「それが私と一緒にそうである彼は私に対しています;そしてそれほど gathereth に彼 外国に私と一緒に scattereth しないでください。」 。 (マタイ12:30) 妥協のために、両側に、中立的立場を広げいことはできません;あなたは神権的の規則のためあるいは悪魔規則のためです。 あなたの選択は不運な現在の悪い世界と一緒にいずれかの死のあなたの運命を、あるいは神権政治の下で新しい世で永遠の生命を決定します。

今選ぶ時は短いです。 老人への帰りが決してあるべきではありません;再びこの世界に「正常」への諸国民の帰りが決してあるべきではありません。 「王国のこの福音[神権政治]」は神の残りの者と(彼・それ)らの仲間によってすべての諸国民に証しのためにすべての住むに適した地球で伝道されました、そして(彼・それ)らはそれでし続けます;そしてこれは最終の終わりのすぐ前に来るために預言されました。 重要性についてではなくそれです、その時、神の証人によるこの神権政治の良いたよりのそのこれほど公共の伝道は着実に反対そしてこの世界の諸国民によって下方にそれを閉じさせられたすべての努力であると判定されています、そしてただ少数の国だけがまだ1度に開かれていますか? (マタイ24:14) 急速に行進している世界の出来事で、世界支配のために地球の上に完全な戦争に関係しているダニエルチャプター11の預言は成就を経験しています。 これは我々が「終わりの時」にいるという議論の余地がない証明です。 ページに以下にその預言を追うことはそれを成就している事実の反対に明らかにされます。 (チャプター11) (彼・それ)らを読んで、そして賢く行動をしてください!

策略的な人によって提案された「新世界秩序」は神の王国の神聖な場所で持ちこたえることを目指す「荒廃の嫌悪」です。 最終のエンドのアプローチとそのためにすべてを急ぎにして、そして神権的の碁verにキリストイエスの下のnメートルの en tから逃げる時を特徴づけるとして、預言者、ダニエルとキリストイエス両方がそれを予言しました。 (ダニエル11:31;12:11;マタイ24:15-21) 「王たちと貴族の主の国王の下で、前方へ反対で代用にそしてとして神の新しい世に勧められて、反キリストの最終の表現であるその未遂の「新世界秩序」。 反キリストが個々の人あるいは獣であることを期待しないでください。 それはその「新しい秩序」組織です。 反キリストはここにあります、そしてその出演はこの世界の「最後の時間」を特徴づけます。 「子供たちはなし、最後の時です:そして汝らが反キリストが来るべきであるということを耳にした(とき・から・につれて・ように)、今さえそれによって我々が最後の時であることを知っている多くの反キリストがそこ(に・で)あります」。 - ヨハ一2:18 。

A.D. 1914年からのそして主の預言を成就する世界のすべての出来事は我々が「世界の終わり」に着いたことを証明します。 義が好きであって、そして(彼・それ)らのスタンドを神権政治だと思い込む人たちにその事実は口に出せない喜びのために原因以外の(どの・少しの)悲しみも意味しません。 そんなものに励みは与えられます: 「そしてこれらのものが過ぎて、その時見上げて、そして近くに;あなたの換金 draweth のために、あなたの頭を持ち上げるために来始めるとき 。 それで同じく汝らが、汝らが通過するためにこれらのものが来るのを見るとき、神の王国が身近に近くにそうである汝らを知っています。」 (ルカ21:28、31) 従っ世界から自分自身を汚点がなくしておくこと、そして忠誠を保持して、そしてそれで「新しい天」と「新しい地球」の創造者に向かって潔白であることは時です:「我々は、彼の約束によれば、新しい天と新しいアースを探す その中に dwelleth 義 。 従って、平和に、斑点と blameless. なしで汝らが彼について見つけてもらうかもしれないその汝らがこのようなものを探して、勤勉であるのを見ている最愛の人」 - ペテロ第二3:13、14 。

誘惑の時間はすべての上に世界です。 テストは神の新しい世の神権政治のためにハルマゲドンあるいは愛において死ななくてはならない古い世界のために愛についてです。 神のみ言葉にしっかりとしがみついて、そして根気よく次に続くテストただそれらの今回に、人と悪魔の恐れの罠に落ちることから、その指導は遅らせられるべきです、そしていずれの罠が世界と一緒に死をもたらしますか。 そんなものに主の約束は快適さの(こと・もの)です:「なんじが私の辛抱強さの言葉を守ったから、私は同じく地をくよくよ考える(彼・それ)らを試みるために、すべての世界をふと見つけるべきである誘惑の時間からのなんじを引き留めるでしょう」。 (啓示3:10) 苦難がもう地球の上に誰によっても逃れられることができません。 けれどもあなたはあなたの苦難がその部分としてあるいは神権政治とその義のために世界と一緒であるべきであるかどうか決めなくてはなりません。 世界の苦難は死にリードする、しかし神権政治のために苦難の下であなたの忠誠を持続することは義の輝かしい世界における生活を意味します。

神権政治の選択が世界の手においてい間苦悩と苦難を我慢するつもりであるけれども、これにあなたを動揺させさせないでください。 それをあなたが義の政府の下であなたのために永遠の生命と平和の運命を固定する正しい、そして賢明な選択をするのを妨げさせないでください。 忠誠のその人、ヨブとそれのための彼の苦難の選択を覚えていてください。 彼の終わりは彼の初めよりいっそう祝福されていました、そして彼は「新しい地球」で「君」の1人であるべきです。 あなたが強くなることに対して、神のみ言葉が言います:「撮影、私の兄弟たち、主の名前で、苦悩をこうむることについての、そして辛抱強さの例のために話をした預言者。 見よ、我々は(彼・それ)らが幸せであると考える 忍耐する 。 汝らがヨブの辛抱強さについて聞いて、そして主の終わりを見た;主が非常に乏しい、そして感じやすい憐れみの(こと・もの)であること。」 (ヤコブ5:10、11) 最終の終わりまで下がっているすべての我慢するべき義と真理の愛好者を強化することのためにヨブの預言的な劇は詳細でそして事実と比較して次にここに陳列されます。 忠誠のその劇は特に我々の日の間偉大な神権統治者の準備です。 今彼の準備を利用するそれらすべてが助けられて、そして慰められて、そして力で更新されるでしょう。


ヨブ 4章 編集

[wl 129] 1942年の重大な年に世界支配のための大きい対立の開発はヨブの古代の家の近所、ウヅの土地に我々の注意を引きました。 霊感を受けた記録は今日意味で活動的になります。 それ読み取り:「名前が Job. であったウヅの土地に人がいた」 (1:1を割り当ててください) ヨブを心配させているレコードは現在ところ気味悪く我々を直面する緊急の状態のためにわきに押しやられる生気がない古代史のほんのビットではありません。 ヨブはすべての天と地球に直面して最高の論争で重要な方法に関係していた、そしていずれが公布されるかがこれで定住するべきである」 エホバの日」 。 論争はユニバーサル支配です。 ヨブのレコードは彼が全能の神エホバが建設する新しい129の世界でそれら「すべての地球の中の君」であることが定められている老人のそれらの忠実な人の1人であることを示します。 これよりいっそう多く:聖書のそして身体の事実はヨブがそれらの忠実な人と一緒にまもなく生き返らせられて、そして(彼・それ)らと一緒に地球に現われることになっていることを証明します。 神のこれらの任命された「君」はナチのファシストの全体主義の独裁者が絶望的に地でつかもうとするものを引き継ぐでしょう。 「キリスト教世界「s」文明が彼女の中で利己的なディビヨハネによって崩壊で警告されます、そして彼女のおびえているリーダーはおぼれかけた人のようにストローをつかんで、そして「世界が必要とするものはもっと多くの宗教です!」と、叫んでいます。 従って、慎重にエホバ神のために証しであったヨブの一生を考慮する適切な時です。 彼の実生活の経験はアベル、偽宗教家(えせ信心家)によって殺された最初の殉教者からそして後に激しく宗教によってエホバの証人に対して行われた戦争を見せる預言的な劇でした。

ヨブの名前を持っている本の内側証拠からウヅの土地がアラビア Deserta と呼ばれることの北の部分であったように思われます。 あなたの目を地図の30番目の似に沿って動かしてください、そうすればあなたはその類似についてそして東とパレスチナの、そしてユーフラテス川、メソポタミア、今イラクの有名な川に向かって東方に継続する南東に北方へウヅの土地を見つけるでしょう。 創世記、聖書の最初の本、はウヅの名前によって2人の人に言及します。 最初のはノアの偉大な孫でした。 神の友人アブラハムはそのウヅの従兄弟から降りました。 (創世記10:22,23) 2番目のウヅはアブラハムの兄弟、ナホル、の息子でした、そして忠実なアブラハムの甥もそうでした。 (創世記22:20,21) ヨブはこの秒からそれ故ヨブが偉人の関係でそうであったウヅを降りましたか? アブラハムの(甥・姪)の息子 。 ナホルはもう1つの Buz という名前の息子を持っていて、そして彼から下降された 若者が偽宗教家(えせ信心家)に対してヨブの国防に来たエリフに要員を配置する 。 ナホルの3番目の息子はベトエルに指命されました、そして彼はラバンとリベカの父になりました。 このリベカはアブラハムの息子イサクと結婚しました、そしてヤコブとエサウ、この結婚から双子は生まれました。 リベカの兄弟ラバンはレアとラケルの父になりました、そしてこれらの娘の両方ともは離れてヤコブと結婚していました。 その結婚からイスラエルの12の部族は下降されました。 そのために古代ヘブライ人はヨブの遠いまたいとこでした。 ヤコブの双子の兄弟、エサウ、はアブラハムと一緒に神の契を嫌悪して、そして悪魔礼拝者と結婚しました。 そこ(に・で)下降されたこの結婚から誰の間で顕著な Temanites は pre がヨブの友人であるために気を付けたエリパズ Temanite 、でした。 彼の信仰と希望と彼が彼が(すでに)とっていたコースを根気よくやった理由を理解するとはいっそう立派であると、それだけ順番においてヨブの関係のこれらのタイを見ることは重要です。

時がたてば両方のウヅという名前の人の種々の子孫、同じぐらい前述の、不可欠 バビロンの区域と並んで土地で集まった 。 (彼・それ)らはこの新しい土地でお互いの間で親類になりました、そして(彼・それ)らはそれに共に同じ名前、ウヅを持っていた2人の祖先の名にちなんで名を付けました。 ヨブの本は実際の歴史です、そしてヨブはほんの寓意的な人格ではありませんでした。 エホバ神はこの世界の終わりに状態に関してエゼキエルによって預言で彼に言及します:「嘆かわしいほどに侵入することによっての私に対しての土地 sinneth 、そして次に私のがそれと意志の上に手渡す私が引き伸ばす意志がそれの上にそのパンと意志送信飢饉のスタッフを壊して、そして人と獣をそれから隔離するでしょう:これらの3人の人、ノア、ダニエルとヨブ、がその中にいたけれども、(彼・それ)らが(彼・それ)らの義、 saith 、主なる神、によって(彼・それ)ら自身の精神以外配達するべきである人のみ子」。 (エゼキエル14:13、14、同じく節16、18、20) 神は正確にすべてのことを知っています、そして彼はその実際の存在について人間の歴史に疑いあるいは疑問がないノアとダニエルと一緒にここ(で・に)ヨブをリンクします。 ヤコブに5時11分、それは歴史的な人として同じくヨブについて話します。 使徒、ヤコブ、はいずれかの想像上の、架空の、放物線状か、あるいは寓意的な姿を迫害されたクリスチャンがエホバの証人として忍耐強い忍耐力に(彼・それ)ら自身を強くするために考慮するべき例であると述べないでしょう。 ただ実際の生活人格だけが、神の恩寵によって、それがされることができる」というクリスチャンへの適切な信念を伴うでしょう。

アブラハムと彼の2人の兄弟、ナホルとハラン、とカルデア人のウルでテラと一緒に(彼・それ)らの父親が居住しました。 それでアブラハムはエホバ神について約束された土地に行くよう呼び出されて、そして地のすべての家族が祝福されるべきである神権政治と胤に関して約束を与えられました。 ナホルと彼の家族がアブラハムとハランと(彼・それ)らの父親テラと共にカルデア人のウルを去らなかったように思われます。 しかしながら、ウヅがふさわしいであろうナホルの息子は神権的の政府に関して胤によってその約束のためにアブラハムに彼の叔父の動きを知らせました。 この情報ウヅは彼の子孫に羽毛を手渡すでしょう、そして間に合ってそれは彼の子孫ヨブに帰着しました。 後でウヅは同じくカルデア人のウルを辞めて、ユーフラテスを渡って、そしてその後み名ウヅによって返済を要求された土地に落ち着きました。 そこ(に・で)何年もの後に彼の子孫ヨブは生まれました。 レコードはヨブが同じ胤に関する女性の胤と同じく神の後の約束に関してエデンで知識と神の約束の理解に到達したとき、ヨブがそれらの約束で前にアブラハムと比べて同じ信仰がそうしたことを示して、そして彼のスタンドを神権政治だと思い込んだことを示します。

ヨブの名前は「しつこく悩まされて;迫害されて、憎まれた」意味します、すなわち、敵とそれらの神権的の約束の反対者によって。 それ故この憎悪はサタンと彼の悪魔と地球の上の彼の目に見えるエージェント、特に偽宗教家(えせ信心家)によって行使されるでしょう。 なぜこのような憎悪と迫害がヨブに向けられたかの理由はレコードで述べられます:「そしてその人は完ぺきで、そして正直、そして神を恐れて、そして[避けられた]悪を避けた(の・もの・人)でした」。 (1:1を割り当ててください) ヨブは団体と思いに完ぺきではありませんでした、なぜなら彼はアダムの子のすべての残りのように「不正さで罪と shapen で身ごもった」、そして、すべての人の上に、「それのためにすべてが罪を犯した」(とき・から・につれて・ように)、死が(すでに)彼の上に過ぎ去っていましたから。 (詩編51:5;ロマ5:12) けれどもヨブはそうであり得た、そしてエホバへの彼の献身と彼の約束された神権政治に完ぺきでした。 それ故彼は神より先に走って、そして、ニムロデがそうした(とき・から・につれて・ように)、政治的な規則を準備しようとしませんでした。 ヨブ、チャプター30、はヨブがウヅの土地における強力なポジションを占拠したことを示します、それでもなお彼はそこ(に・で)彼自身を国王にしませんでした。 アブラハムのように彼の偉大な大伯父、ヨブが前方へ神権的の政府の神の設立のために彼の胤によって彼の当然与えられるべきタイムに見定めました。 ヨブの後の発言はこれを示します。 アブラハムのように、ヨブはカルデア人のウルに戻って、して彼自身をバビロンの支配の下に置く願望を持っていませんでした。 (ヘブライ11:15、16) 彼はエホバと彼の約束の胤を「上にある権威」として認知した「そして人あるいは「この現在の悪い世界の政府を恐れなかった」。 悪を避けるか、あるいは避けることにおいて、彼は組織と世界の政策と課程を避けて、そしてそれの友人ではありませんでした。 彼の記録は彼が(彼・それ)らの苦悩で父親無しの(人たち・もの)と未亡人を訪問して、そして世界から彼自身を汚点がなくしておいたことを示します。 (ヤコブ1:27、シリア語版) これのために彼は世界によって「憎まれました」。

それは書かれます:「主の恐れによって人が悪から外れます」。 (箴言16:6) ヨブの最高の評論家に全能の神はヨブについてのこのコメントをしました:「彼のような一(人・つ)でもない私の僕ヨブであると思われた、なんじは地、完ぺきそして正直な人、で神と escheweth 害悪を feareth する(の・もの・人)を持っていますか?」。 (1:8を割り当ててください) 「地に彼のような一(人・つ)もない」がアブラハムの偉人 - 孫ヨセフとモーセの出生について64年もっと遅れて2つの顕著な出来事、すなわち、死の間にこの劇の時を見つけるように思われる陳述。 それはキリストのおよそ1600年前でした。 その時古代ヘブライ人は(すでに)エジプトにいて、そしてあちら(に・で)宗教あるいは悪霊崇拝で測れるように汚点がついていました。 (彼・それ)らの ensnarement は宗教によって世界を象徴するエジプトで、エゼキエル20:5 - 9において話されます。

その期間にエホバ神と彼の約束された政府への献身について地にヨブの同等がないでしょう。 証拠の研究がヨブがエジプトで彼の遠従兄弟ヤコブの死についてあるいはすぐ後に生まれたかもしれない、そしてヨブの辛抱強さの素晴らしいテストがまもなくヤコブの息子ヨセフの死の後に来たことを示すように思われます。 ヨセフの死は地からその献身とエホバへの忠実がヨブのと比較されることができた(の・もの・人)をとるでしょう、そしてそれでヨブはすべての地球で傑出した僕とエホバ神の目撃者として残されるでしょう。 テストの時にヨブは10人の子供たちを持っていて、そして出来ておよそ70年であったかもしれません。 聖書はその時彼の年齢を与えません、しかし彼がそれで若い人ではなかったことは明白です、そしてそれはヨブがテストの140年後に生きたことをなおさら注目すべきであるようにするでしょう。

彼のテストの後に140年間生き残って、ヨブがずっと後にモーセの出生を送って、そしてモーセの後にさえエジプトの土地から前にイスラエルの子供たちを導いたように思われます。 さらにモーセがヨブの本を書いた、そして、モーセが、彼の兄弟古代ヘブライ人のディフェンスで独裁的なエジプトの監督を殺して、エジプトから逃げた後、モーセがヨブと忠誠の彼のテストについて学んだように思われます。 その時モーセはミディアン人君、エテロと一緒にミディアンの土地で逃避をとりました。 後にモーセはエテロの姉妹、郵便番号 porah と結婚しました。 彼女の名前手段「ほとんど鳥」、あるいは、「バーディー」と名前の女らしい用紙はツォファルですか ミディアンの国での羊飼いがその時境界の向こう側にヨブアップについてそしてに関して学ぶべき易しいポジションにいた(とき・から・につれて・ように、ミディアン人は彼の40年の追放の間にウヅとモーセのちょうど土地の南に位置していました。 ヨブは見たところでは彼の奇跡的に長くされた生命を生き抜いていました、そして、モーセがエジプトに戻って、そして約束された土地に荒野を通って(彼・それ)らの40年の旅で古代ヘブライ人を始めた後、彼が死んだように思われます。 その時通り過ぎる間に、モーセはヨブの全くの年齢を調べることができて、そしてそれを記録して、そして、すべて我々の警告のために今日、ヨブの本の終わりの節を終わらせることができました。

老人の忠実な人の行ないを数え直すことにおいて、ヘブライのチャプター11において、使徒パウロはヨブの名前をリストしません。 これはヨブが生きなかったと論じません。 使徒はアブラハムから降りたそれらの忠実な人、イサクとヤコブの上に主に専門にしてそのレコードにいました。 それ故、ヤコブとヨセフに言及した後に、信仰のヨブの実演がヨセフとモーセの間に適合したかもしれないけれども、パウロはモーセを古代ヘブライ人に指命することを続いてします。 古代ヘブライ人、ヨブが名指しで言及されなかった、しかし彼が「信仰…の細工された義を通して、約束、…を得たその「証人の雲」の記述に含められるということではないことは弱さから強くしました」。 - ヘブライ11:33、34。

預言的なヨブ存在の劇、誰ですか 彼はコースが彼がエホバの約束で信仰を行使して、そして神権政治のために力強い、変わらないポジションを得て、そして彼の普遍的な支配に賛成した、そしてその時悪魔の襲撃に耐えた地球の上にそれらすべてを描写して、そして人を者にして、そして終わりにテストの下で神に向かって(彼・それ)らの忠誠が速いと考えたということを明らかにする彼の教徒を描写した 。 忠誠の人のその家系は迫害されたアベルから始めて、そして主に預言者と老人と同じくイエスの他の忠実な人を含みました。 それは、地球の上にもうその残りの者を含んで、彼のすべての団体成員あるいは「キリストの体」の成員を関係づけます;そして同じく主は彼が今日集めている、そして神の代表権能を成就するべきである「大いなる群衆」を形成するべきである「ほかの羊」です。 これらすべてがテストを我慢して、そして、世界が破壊され、そしてサタンと彼の悪魔がハルマゲドンにおいてしばられる前に、誠実に(彼・それ)らの忠誠を保持します。 手短かに、その時、ヨブは「大いなる群衆」にそして含めてアベルダウンから持続された忠誠のそれらすべてを描写します。

子供たち。

「そしてそこ(に・で)彼に7人の息子と3人の娘として生まれました。」 (1:2を割り当ててください) 彼の偉大な大伯父のアブラハムがそうした(とき・から・につれて・ように)、そしてキリストイエスが、養育と主の訓戒で(彼・それ)らを育てて、後に彼の弟子を教えた(とき・から・につれて・ように)、ヨブは彼の子供たちに約束とエホバ神のおきてを教えました。 (創世記18:19) 10の父としてのこのヨブの写真で 、 彼は特別にエホバ神が「永遠の父にする(の・もの・人)の代理を務めた 「新しい世、すなわち、地球の上に下方に終わりまでハルマゲドンの(彼・それ)らの忠誠を持続するすべてに生活を与えるキリストイエスで 。 これら次のこと:(1)を含みます 「彼の団体」、「小さい一団」の成員、その生活のために彼が死んだ彼の教会。 (彼・それ)らに関して彼は言います:「1と子を眺めてください 私という条件のもとでいずれの神 hath ですか。」 。 (ヘブライ 2:13 ;イザヤ8:18) (彼・それ)らに彼が言いました:「彼がそれほど hath に私が見られるみ父を hath するのを見ました。」 (ヨハネ 14:9 ) イエスは神み父がイエスに与えた弟子にみ父の代表者でした。 (2) 古くて、ヨブ彼自身を含むことについての忠実な人とキリストイエスが、それで(彼・それ)らを彼の「子供たち」にして永遠の生命に死者から誰を育てますか。 その時、詩編において45:16を予言したように、彼は神権政治の下で(彼・それ)らを「すべての地球の中の君」にします。 (3) 今「やぎ」から分離されている、そして彼が残りの者と一緒に1枚の折り目の中に今集めいる彼の「ほかの羊」。 (ヨハネ 10:16 ) これら「ほかの羊」にそして「君」、キリストイエス、に国王は「永遠の父、平和の君」になります。 - イザヤ9:6、7。

ヨブの7人の息子と3人の娘は10人の子供たちを作ります。 これらすべてが一緒にハルマゲドンの戦いの地球の上に終わりまでエホバ神と彼の神権政治に向かって、アベル以下から(彼・それ)らの忠誠を持続する人々の完全な数を描写するでしょう。

「彼の物質 [(あまり重要でない読書) 彼の牛] 同じく7千匹の羊と3千匹のラクダと5百のくびきが雄牛と5百について彼女であった ばかと非常に偉大な家庭;この人が east. のすべての人の中で最も偉大であるように」 (1:3を割り当ててくださ) 同じくヨブの遠い親戚、アブラハム、に関係しているメモ:「そしてアブラムは銀で、そして金で、牛で、非常に金持ちでした。 そして同じくくじ引き、それはアブラムと一緒に行って、一団と群れとテントを持っていました。 そして土地は(彼・それ)らがそうするかもしれない(彼・それ)ら、それを生むことが可能ではありませんでした 一緒に居住してください:(彼・それ)らの物質のために great. でした」 - 創世記13:2、5、6。

ヨブはアベルのようにそしてアブラハムのように、主に牧夫であったように思われます。 疑いもなくウヅの土地は農業により良くこれに適合させられました。 若干の当局によれば名前「ウヅ」は、アラビア Deserta の北部分を記述して、「軽い、砂の土壌」を意味します;他の人たちに「ウヅ」は「相談」を意味します。 一緒に11,500(10の倍数)に達したそれらの牛の上にこのような領地で、ヨブはここ(で・に)さらにキリストイエスを描写しました。 彼に神権政治のキングがそうである(とき・から・につれて・ように)新しい地球の被造物生活の上に支配を犯しました。 彼の正当なタイトルは「人の子」です、そしてヘブライ2:6-9において使徒は8:6-8をキリストイエス、詩編の言葉、に適用します: 「 なんじはなんじの手の業の上に支配を持つために彼を madest します:なんじはすべてのものを彼のフィート:すべての羊と雄牛、肯定と野外の獣;空気の家禽と海の魚、の下に置いた そして まったく 海の道を通しての passeth 」 。 新しい世の「新しい天」の下で、アダムがするように命令された(とき・から・につれて・ように)、「君」生存者の「大いなる群衆」はより低い被造物の上に支配を行使するべきです、そして(彼・それ)らはより大きい仕事を表している地の僕、キリストイエス、神権的の国王としてそれをするでしょう。 ヨブは「東のすべての人について最も偉大である」と考えられました、とすなわち、土地の東がアブラハムと彼の胤に約束しました。 アブラハムがイサクを彼の全くの相続人にしたとき、家長はその東国に他の妻によって彼の他の息子を行せました。 「そしてアブラハムは彼がイサクに持っていたすべてを与えました。 けれどもアブラハムが持っていためかけの息子に、アブラハムは賜物を与えて、そして、彼が東国に、東方に、もう生きた間に、イサクから離れて(彼・それ)らに彼の息子を送りました。」 (創世記25:5、6) ヨブは Temanites 、エサウの子孫より偉大になりました。 ヤコブが彼の双子 - 兄弟エサウから逃げていたとき、「その時ヤコブは彼の旅行に行って、そして東の民の土地に入って来ました」。 (創世記29:1) そこ(に・で)ヤコブはラバン、その人(たち)からヨブが降りたウヅの甥に会いました。 レアとラケルはこのラバンの娘とヤコブが妻に連れて行ったこれら、そしてそれでヨブの関係の中に結婚していました。 ヤコブが死んだ時についてヨブは生まれました。 適切に、それなら、モーセはヨブに興味を持つでしょう。 彼がエジプトからそして約束された土地の境界に古代ヘブライ人を連れて来るまで、神は地球の創造のそして早い家系ダウンの記録を書くためにモーセを使いました。 エホバ神は同じく別にヨブの歴史を書くためにモーセを使ってうれしいでしょう。 モセは聖書の最初の5冊の本でヨブに言及しませんでした。

「東のすべての人について最も大きい」間に、それでもなおヨブは独裁者ニムロデをまねて、そして国王として他のものの上に彼自身を称揚しませんでした。 彼は民の選挙(デモ)においてさえこの世界の政治的なゲームで混ぜることを拒否した、そして世の王位を断ったイエスのようでした。 「従ってイエスが(彼・それ)らが来て、そして無理矢理に彼を連れて行くであろうことが分かったとき、彼を国王にするために、彼は単独で彼自身山の中に再び出発しました。」 (ヨハネ6:15) 神権政治が準備されるべきであるまで、イエスは、彼の父によってキングに油そそがれて待つことに決めました。

INTERCESSOR 。

ヨブの子供たちは神の善良に狂喜しました。 「そして彼の息子は行って、そして(彼・それ)らの家、すべての(の・もの・人)で彼の日にもてなして;そして送信して、そして食べて、そして(彼・それ)らと一緒に飲むために、(彼・それ)らの3人の姉妹を迎えに来ました。」 (1:4を割り当ててください) ヨブの自身の単語は彼が彼が知らせと練習でエホバのために忠実な証しであった都市に居住していたことを示します。 (29:7-25を割り当ててください) 彼の子供たちが約束と真理の豊富な蓄えと奉仕を食べて写真にもてなすことは神権政治によってエホバの素晴らしい目的で連結しました。 より大きい仕事はキリストイエス、エホバのみ言葉と経営幹部です。 彼は神が忠実を維持する人たちを養うためにすべての一定の時期に使った(の・もの・人)です、そしてアベルから前面の神に向かってのそして主の「ほかの羊」含めての忠誠がハルマゲドンの前に集まりました。 「「すべての1、彼の日にもてなしている」が、約束によれば、それがそうであったことを示す息子 「時が来れば肉」 。 より大きい仕事の子供たちにもてなすことは今特に大きくて、そしてうれしいです。 神権政治は来ました、そしてキリストイエスは彼が「エホバの喜び」と「なんじの主の喜び」の中に忠実な人を案内した神殿にいます。 (ネヘミヤ8:10、アメリカ改定標準訳;マタイ 25:21 ) これに関して奨励は与えられます:「ああ,主、汝ら彼の聖なる者を恐れてください:なぜなら彼を恐れる(彼・それ)らへの欠乏がありません。 若いライオンは欠如をして、そして飢えを経験します: た(彼・それ)ら 主を探す 良いことを欲するべきでない 。 来ます、汝らの子供たち、私に耳を傾けてください:私はあなたに主の恐れを教えるでしょう。」 - 詩編34:9 - 11。

「 そして 、(彼・それ)らがごちそうを食べることについての日がなくなっていたとき、それはそうであった 大体、ヨブが(彼・それ)らを送って、そして神聖にして、そして朝早く立ち上がって、そして(彼・それ)らみんなの中で数に従って焼いた供物を申し出たこと : ヨブのために言いました、それは私の息子が罪を犯して、そして(彼・それ)らの心で神をのろったということであるかもしれません 。 それでヨブ continually. をしました」 (1:5を割り当ててください) エホバ神がモーセにその犠牲で崇拝の神聖な幕屋を設立して、そしてイスラエルで祭司職を命令するよう指示する前に、このすべては起きました。 ヨブが神が預言的な劇で彼に割り当てた部分を実演していたから、ヨブが彼の家庭のためにそして(彼・それ)らの intercessor として祭司の役を務めるべきであることは非常に適当でした。 もし彼の家の(どれ・何・誰)でも(すでに)行動の(彼・それ)らの課程で罪を犯して、「(彼・それ)らの心で神をのろって」いたなら、彼は好感を直感で感知するための(彼・それ)らの洗浄と修復を引き起こさなくてはなりません。 (彼・それ)らが犠牲の性質を帯びているかもしれない、ヨブが(彼・それ)らの自発的意志に従って(彼・それ)らを神聖にしたこと。 きれいな動物、ヨブは彼自身を犠牲にすることができませんでした、しかしその代わりに動物を使いました。 それらの犠牲はその血が人の罪を取り去るのに十分な価値を持っていなかった動物でした。 (彼・それ)らはより大きい仕事、「神の子羊」についてただヨブ彼自身の代表で、そしていそう特に典型的であるか、あるいは絵入りでした。 それ故、ちょうど幕屋においてのイスラエルの償い日犠牲が毎年繰り返された(とき・から・につれて・ように)、ヨブは規則的にいけにえの奉仕を繰り返しました。 - レビ、チャプター16。

ここにヨブは父親と祭司として忠実であって、そして彼の家庭にエホバ神の恐れを教えて、そして(彼・それ)らにそしてすべてに忠実な、そして本当の証しでした。 彼は正真正銘の、そして生きている神を崇拝して、そしてみ名の誉れを求めました。 まもなく悪魔はヨブを行動のこの課程で彼が間違っていたと言わせようとしました。 彼はヨブが今までにこの忠実な練習を再開することを阻止することを望みました、なぜならヨブが彼が(それまで)強情な罪人であったことを認めることは彼が再びこのいけにえの奉仕に取り掛かること、そして intercessor の役を務めることを首尾一貫しないようにするでしょうから。 ちょうど同じ方法で、悪魔と地球の上の彼のエージェントはエホバの証人から(彼・それ)らが行動の(彼・それ)らの課程で(今まで)悪かったという自白を曲解しようとして、そして偽宗教家(えせ信心家)によって(彼・それ)らに迫害を引き起こしたそれをすることにおいての罪人でした。

キリストイエスは神に向かって(彼・それ)らの忠誠を持続するすべてのためにエホバの偉大な大祭司です。 ヨハネの後にバプテスト、老人の忠実な人の最後の(人・もの)、は(すでに)彼のコースを終えていました、イエス彼自身は犠牲として死にました。 彼はそれで死から罪からのそれらの男性たちの洗浄と(彼・それ)らの換金を養いました。 同じ利益は同じくその後彼のステップに従うべきであるすべてに来ます。 彼は、(彼・それ)らに彼の公認の証人として神の奉仕をすることを始めさせて、(彼・それ)らを神聖にします。 彼の使徒は「私の小さい子供たちに手紙を書きます、これらのものは、あなたに、1に汝らが罪を犯さないと書きます。 そしてもし人罪であるなら、我々はみ父と一緒の提唱者、イエス・キリストを持っています 義の(人たち・もの):そして彼は我々の罪のために propitiation です: そして我々ののみのためではありません、しかし同じく世界全体の罪のために。」 。 - ヨハ一2:1、2 。

ののしることで、イエスの弟子と特にペテロ、(彼・それ)らが逃げたあとの必要とされるイエスの調停とペテロはイエスに3つの時を与えることを拒否しました。 これ、イエスについて(彼・それ)らに前もって注意することは言いました: 「 サイモン、サイモン 、を 眺める 、あなたを持つことを望まれるサタン hath 、彼が[あなたをまき散らしている]小麦としてあなた[11人の弟子]をふるいにかけてもよいです:けれども私がなんじのために祈ったこと [特にサイモンペテロ] 、なんじの信仰が失敗しません:そしてなんじがそうであるとき、変えられて、なんじの兄弟たちを強くしてくださいこと 」 。 (ルカ22:31、32、と54-62) すべてにキリストは使徒が手紙を書く追随者です:「その時我々が偉大な大祭司を持っている、それが天、イエス、神の子、の中にパスするのを見ることは我々に我々の職業が速いと考えさせました。 なぜなら我々は我々の疾患の感じで感動しているはずがない;しかしすべてのポイントにいた大祭司ではなくが、我々が、もう、罪がない(とき・から・につれて・ように)と同じように、誘惑されるようにします。 恩寵の王位に我々に従って大胆に来させました、我々が憐れみを得て、そして必要の時間で助ける恩恵を見いだしてもよいこと。」 - ヘブライ4:14 - 16。

天の大会。

今起きたことはヨブの知識がありませんでした。 彼が彼の忠誠の痛い試験で勝ったあと主なる神から、それは後に特別な連絡によって彼に記述されました。 その知識がないことはヨブのために裁判の熱心さを増やしました。 今日その発覚は同様に裁かれる人たちに手を貸します。 「今主が神の子たちが来ているために来た1日前にいた [エホバの前 (アメリカ改定標準訳。 ) ] 、そしてサタン その中に同じく来ました。」 。 (1:6を割り当ててください) 洪水の前に(すでに)人の娘と異族結婚していたみ使いの「神の子たち」はここ(で・に)集まっているこれらの「神の子たち」の間にありませんでした。 ペテロ第一3:19、20においての霊感を受けた陳述は洪水からサタンと彼の悪魔が神の神聖な組織と一緒に刑務所で、コミュニケーションから離れてそれらの従順でない霊「神の子たち」を持っていたことを明らかにします。

大会の視力は我々に偉大なユニバーサル支配者の見えないみ使いの組織の一瞥を与えます。 それは彼の普遍的な組織でのすべての被造物が彼に同じぐらい最高の責任を持って、そして答えて、そして彼に報告しなくてはならないことを示します。 この大会の開発からエホバの前に、これらのみ使いの「神の子たち」が彼の普遍的な組織の種々の割り当てられた部分の上に頭であったように思われます。 彼のが、特に彼が「神のみ言葉」あるいは神の意志と戒律を代弁して、そして表現する(の・もの・人)であるときから、ただ、後にキリストイエスになって、確かにそこにいたみ子を生じさせただけでした。 ルシファー、神の子、はそこにいなくて、反抗して、そして神の敵、サタンになることによって、彼は(すでに)彼の sonship を失っていました。 サタンはこの天の大会に入って来ました。 これは天でサタンがまだ認められたことを証明して、そして、キリストイエスが王国の出生の時に、 A.D. 1914年で彼を追い出すべきであるまで、そこにあり続けるでしょう。 (啓示12:1-12) 白熱した論争のために、ホバ神は神の息子、神聖なみ使いと一緒にそこ、会で天でサタンの臨在を認めました。

サタンが来ました、彼が神に報告するためにエホバ神に債務を感じたからでないことは明確です、しかしなぜなら彼は神と一緒に若干の論争を持ちました。 サタンはこの大会がすべての報告に同じぐらい基づいた宇宙についてその結論で同意ではなかったことを示すことを望みました。 彼はエホバ神が家系で彼のすべての科目を開催していなかった、そして普遍的な支配者ではなかった、そして神が彼の規則を普遍的にしておくことができなかったそして最高ではなかった、しかし彼の目的で破られることができた、そして神のみ言葉が当てにならなくて、そして不誠実であることを証明されたことを示すことを望みました。 サタンはこれらの天国の「神の子たち」の前に疑問としっせきの中にエホバ神を連れて来るためにそこにありました。 エホバ神は論争について遅れていましたか? いいえ!

「そしてエホバはサタン、そこ comest に言いました その時サタンが答えたなんじ エホバ、そして、前後に地に入ることから、そして it. で上下に歩くことから、言われました」 (ヨブ 1:7 、アメリカ改定標準訳。) エホバは適切にサタンのこの質問をしました、なぜなら彼はポジションルシファーが(すでに)エデンで任命されていた人の上に死の能力でまだ残留するサタンに見えない大君主を許可しましたから。 (エゼキエル28:14、15) サタンが大会に入って来るためにボールド体を作ったという状態で、エホバはサタンが神に念頭に彼の挑戦を支持して持ち出すべき何かを持っていたことを知っていました。 サタンの答えはどこ(で・に)か、そして誰の上にサタンがまだ見えない大君主であるのを許されたか示します。 これに関して神は(彼・それ)らの忠誠を持続することを望む人たちに警告します: 「 しらふであって、不寝番にしてください;なぜなら彼がむさぼり食うかもしれない吠えているライオンとして、 walketh に大体、探している、あなたの敵、悪魔、:誰ですか 、同じ苦悩が世界中にあるあなたの兄弟たちに達成されることを知って、信仰で stedfast に抵抗する 」 。 (ペテロ第一 5:8,9 ) サタンが歩くことは、もし可能であるなら、むさぼり食われる誰かを見つけるために大体順調でした。 彼はそこ(に・で)エホバの普遍的な支配を復活させるか、あるいは維持するために地を監督しようとしていませんでした。 彼は神の支配が地球の上に水平動を開催するか、あるいはそこ(に・で)どんなルートでもとるのを阻止しようとしました。 サタンが約束された神権政治に、彼の敵意から、破壊しようとするであろうそんなもののどんな可能性でも。 それで彼はその政府を探した誰でも破壊して、そして殺そうとするでしょう。 誰が地に居住するべきですか? 問題である 。 地を持つことは制御で邪悪な(人たち・もの)によって疑いで神の支配をつけるでしょう。

宗教的な敵意。

「そしてエホバがサタンに言いました、なんじは私の僕がヨブであると思いましたか? なぜなら地、完ぺきな、そして正直な人、悪から離れて神と turneth を feareth する(の・もの・人)に彼のような一(人・つ)もありません。」 。 (ヨブ 1:8 、アメリカ改定標準訳。) 明らかにその時エジプトでモーセダウンが(まだ)まだ世に出て、そして油そそがれた者人(キリスト)、未来の神権政治の国王のために地で彼のスタンドをとっていませんでした:「信仰によって彼が来られたモーセは年、ファラオの娘の息子と呼ばれることを拒否した;季節の間罪の喜びを楽しむために、よりどちらかと言うと、神の民と一緒に、苦悩をこうむることに決めること;エジプトで[モーセが代表した]キリストのしっせきを貴重品よりいっそう多大な富であると考えること : なぜなら彼は reward. の弁償に敬意を持っていました」 - ヘブライ11:24 - 26。

全くの調和でオリジナルのヘブライ人テキストのセンスでヤング教授の翻訳はそれでヨブを1:8とします: 「そしてエホバが敵に言った、「なんじは、土地、...に彼のような一(人・つ)もないから、なんじの心を私の僕ヨブに対してセットしましたか?」」 ヘブライ人表現は全体主義の(人たち・もの)「北の王者」に関して我々の日に11時28分、ダニエルにここ(で・に)同様の人と文通します:「それからもし彼が多大な富で彼の土地の中にリターンしたなら;そして彼の心は[神権政治について]神聖な契約に対してあるべきである;そして彼は功績をして、そして彼自身の土地に戻るべきである」 。 ヨブの名前は「憎まれた」を意味します。 サタンは彼の中心をヨブに対して敵対させて、そして、ヨブが神が時が来れば約束の胤を産んで、そして彼を通してすべての上に、この地球を含めて支配を行使するであろうと信じたから、彼を憎みました。 このようなヨブによってのスタンドはエデンの時に天のみ使いの前に公的にエホバにされたサタンの挑戦に対してありました。 悪魔と彼の悪魔の憎悪は本当に、これらがすでに悪魔統治の下にいるから、アダムの子孫である一般的な人間の家族に対してありません。 悪魔憎悪の目標は彼の神権政治によってエホバの普遍的な支配のためにスタンドを引き取る、そして、それですることによって、これらがエホバ神に対してサタンの虚偽の、そして宗教的な責任に嘘を与えるから、(彼・それ)らの忠誠を維持する人たちです。

サタンと彼の悪魔と偽宗教家(えせ信心家)の憎悪にもかかわらず地球の上に、ヨブは偉大な神権統治者の表現された賛成を持っていました。 ヨブはアブラハムの子孫ではありませんでした、そしてさらに、律法の契約が彼の仲介者モーセを通してエホバによってアブラハムの古代ヘブライ人子孫とされる前に、彼のテストは来ました。 けれどもヨブがエホバ神と一緒に契約でいたことは、ヨブ 31:1 においての、ヨブのステートメント「私は鉱山目をした契約;私がお手伝いの上に心に抱くその時がそうするべきである理由を作った」で暗示されます。 ヨブがエホバ献身したことは、アベル、エノクとノアが(すでに)彼の前にしていた(とき・から・につれて・ように)、確かです。 ヨブはアブラハムの胤に関して神の「女性」によって(すでに)共にエデンでそしてアブラハムにエホバの契約約束を実行することの上に信仰の彼の目を修理していました、そしてその胤は神権政治を構成するべきです。 単語によればヤコブ5:10、11においてヨブはエホバの預言者に含められます。 今神は預言的な劇で彼を使おうとしていました。 その中にヨブは預言的な登場人物あるいは俳として仕えるでしょう。 彼は彼自身の理解さえ越えてその時同じく預言的な言葉に発言を与えるでしょう、なぜなら神の見えない力あるいは聖霊がヨブに話をするよう駆り立てるでしょうから。 キリストイエスは地球の上に今までに唯一の偉大な人でした、そしてすべての地球に彼のような誰も決していなかったあるいはあるでしょう。 それでヨブに関して賛成の神のみ言葉を意味してください。 神のみ言葉は彼の忠誠に関して、チャプター31において同じくヨブの証言の正当性を示します。 ヨブは「完ぺきな、正直な、そして神を恐れる人」のエホバの規準までヨブが(まだ)神の王国を待ち受けて、そして彼自身を「世界から汚点がない」にしておいていなかったかどうか考慮したはずがありません。 ヨブはこの世界の友人ではありませんでした。 そのためにサタンの世界はヨブを憎みました。 彼のようにより大きいジョブが未信者の偽宗教家(えせ信心家)に言いました:「世界があなたを憎むことができません;私以外それは hateth します、なぜなら私は、それについて、その業が悪いと証言します。」 (ヨハネ7:7、5) モーセが(まだ)まだ10のおきての律法を与えられていなかったそして律法の他の法規がイスラエルと契約する割には、ヨブは本当に義の高い規準を持っていました、そしてそれは明らかに主からでした。 それは自己偶像崇拝あるいは被造物崇拝であるいわゆる「人格陶冶」ではありませんでした、しかしそれは神権政治への不動の献身でした。 ヨブはエホバのために忠実な目撃者であって、そして神の名前のためにしっと深かったです、そしてその名前を彼が崇拝で言及しまし。 (1:20、21を割り当ててください) ヨブは彼の子供たちがののしるか、あるいはその名前を放棄するべきであるそしてそれ故彼が処置を取らないようにその名前の上にどんな可能なしっせきでも取り除くことをためらいました。 彼の神権政治によっての神の名前の免罪は極めて重要です。

「その時サタンがエホバに答えて、そして言いました、無駄な Doth ヨブ恐れ神であるか? なんじではなくが hath 、なんじが祝福されて持つすべての側面の上に彼の手の業と彼の物質がそうである彼が土地で増やした彼についての、そして彼の家についての、そしてすべてについての生け垣を作りましたか」。 (ヨブ 1:9 、10、アメリカ改定標準訳。) ここで悪魔の君は意地悪く被造物が愛して、そしてエホバが彼自身いるもののためにエホバ神を義の最も高い規準として崇拝しない、しかし神が(彼・それ)らに彼に仕えて、そして(彼・それ)らが彼の普遍的な支配の適用を受けていると考えるよう義務づけるために彼の被造物に賄賂を使うことを暗示します。 これによればヨブは仕えて、そしてそこの利己的な利点がエホバ神彼自身で含んでいられて、そしてそれで明らかにされるように義の清い愛のためにではなく、その中にそうであったことのために神を恐れていました。 まさしくこの日に、(彼・それ)ら自身へのいずれかの利己的な、商業の利得のためにではなく、義に純粋に神の愛と献身から「天の王国」を立証することについての彼の「妙な業」をするとして、偽宗教家(えせ信心家)はエホバの証人を想像することができません。 どれほど献身と彼の普遍的な支配に提出した人たちの崇拝を買った罪神を告発したサタンのようにか!

エホバの僕ヨブに対してのこの名誉毀損は物議をかもしている問題を引き起こしました。 その問題はただではなくヨブに当てはまりました、同様にそれは人仕事でストップしませんでした、しかしそれは広がって、そしてそのときまでエホバ神に(すでに)天で忠実で、そして本当のままでいた世界を通じてすべての被造物に申し込まなくてはなりません。 ヨブは地球の上に完全無欠な忠誠でその時唯一の(の・もの・人)でした、そしてそれ故物議をかもしている問題はその時天で忠実な被造物にだけ申し込むために申し出られることができました。 それはエホバの唯一の生じさせられた息子彼自身を含むでしょう、「神のみ言葉」、「明けの明星サタンの物議をかもしている質問が宇宙全体の神の政府が審査されなくてはならない行動の規則において打った神の教徒。 行動のその規則はこれでした:従順な被造物が(彼・それ)らに義のためにあるいは利己的な利益のためにそして長いと同じようにこのような利己的な利得があとでもよい(とき・から・につれて・ように)来ることに対してどこでも神を愛しますか? このような政府に提出してエホバの政府、そして創造のをします、エホバ神に示されるように、被造物の自分本位あるいは絶対の義の被造物の愛に基づきます? このような神の政府の能力は、もし被造物を満足させることが止められる自分本位であるか、あるいは保留されたなら、消失するでしょうか? それ故悪魔の物議をかもしている質問は神の普遍的な支配で現存の弱さがあった、そしてそのために悪魔がこのような支配を覆すことができたと非難しました。 同じぐらいされたサタンの問題はそのために神の忠実な創造、神の自身の経営幹部の非常に最も高い(人・もの)を攻撃しました、彼のがただみ子、神の最初の創造を生じさせただけでした。

献身のテスト。

サタンは今どのように彼がエホバの普遍的な支配を失敗させることができたか示すことを提案します。 それでヨブに関してサタンは次に言います: 「けれども今あなたの手を述べて、そしてあのすべてに触れます 彼は hath します、そして彼はなんじの顔になんじをのろうでしょう。」 。 (1:11を割り当ててください) その時、それでサタンの結論はエホバ神にそうであるでしょう、あなたは地球上でひとつの証しがないそしてあなたの普遍的な支配のひとつの主題がないでしょう、そして私は地球の上にすべての被造物の神であるでしょう。

問題は、もちろん、ちょうどヨブまで下がっていると考えられることができませんでした。 それ故前に、そしてその後宇宙がそうするであろうその時ずっと忠実なすべての被造物 悪魔と彼の悪魔から嫌疑を受けている そして創造者の前にそれで間違って告発されることができました 。 それが特に最初から創造者と一緒であった、そしてかつて彼の唯一の創造、すなわち、彼の長子であった(の・もの・人)を意味して、そしてただみ子、彼の最高の、そして最も信頼できる役員を生じさせただけでした。 神の義への献身は非常に世界を通じて弱いので、それは自分本位によって壊されることができますか?

サタンがこのように論じました:創造者の最愛の息子が唯一の創造であって、そして神と一緒に1人であったとき、彼が神に忠で、従順で、そして忠実なままでいることは易しかったです。 さらに、他の霊の被造物の創造の時から、そして特にサタンの反乱から、その息子がエホバ神によって保護されて、そしてひいきにされて、そしてそちら、天で祝福されたから、ただ生じさせるだけであるその最愛の人、ソン、が忠実で、そして従順なままでいることはまだ易しかったです。 けれども、それでサタンは口論して、好意的でない、そして難しいポジションにその息子を入れて、ちょうどサタンが見えない大君主、すなわち、地である所に彼を入れ続けます 、そして そこ(に・で)その息子にさらされさせて、そしてみ子とエホバの最高経営責任者がへ彼の顔、すなわち、発言権別れに神を「祝福する」であろう損失、そして次にそれを経験するか、あるいは彼の顔に神を放棄する 。 それはサタンの物議をかもしている質問で最終のほのめかしあるいは提案でした、そして最も高く、そして最も遠くにそれは手を伸ばすことができました。 それはより少しによって答えられることができませんでした。

そのためにサタンはnつのtが論理的に手を伸ばして、そして神の「女性」の胤にとったrgumeです、そしてそれを胤エホバが(すでに)サタンに神が大蛇の頭を傷つけるために引き起こすであろうと前もって注意していました。 必然的に、その時、サタンの議論は地のすべての家族が信仰と従順によって(彼・それ)ら自身を祝福するであろうアブラハムの約束の胤に申し込みました。 胤が必然的にテストサタンが(すでに)提案していた神権的の統治に提出の試練を免れさせられることができなかったこと。 サタン反乱とアダムの墜落が起きるとすぐに、最初から神が終わりを知っていた、そして彼はその時である している 彼の「女性」によっての胤が彼の唯一の生じさせられた息子であるべきであること 。 それ故サタンの議論は間接的に神を義務の下に置きました、あるいは、どちらかと言うと、それは神の政府で天から最高の高官を破滅させて、そして次にサタンのテスト彼に麻酔をかけられさせるために神に挑戦しました。 その時、そしてそれによって、もし彼が義のラブのためにあるいは神の奉仕と関係した利己的なアドバンテージのために神に仕えたなら、それは証明されるでしょう。 これから判断して、ヘブライ人に2:10を言ったように、神がクリスチャンにリーダーを提供して、そして「苦しみを通して(彼・それ)らの救済のキャプテンを完ぺきにする」べきであることは適切でした。 それはそうでも、ヘブライ5:8において、それはイエスに関して書かれます: 「彼がみ子であって、それでもなお学んだけれども 彼 彼が経験したことによっての従順。 。 神が論争の彼の側面の証明へ極限の限界に押しやったみ子が決してすべての疑いのために静寂に向かわせた神の愛とただ生じさせるだけである彼のに関する絶対の信頼はそれほど本当でした。 生きているすべての天地創造説の信頼は神の約束された神権政治で確定しているに違いありません。 それはそうであるに違いない、そして唯一の世界の希望です。

応用のテスト反応を示してください。

「そしてサタンに、見よエホバは言いました、彼が hath にそうであるすべてはなんじの力でであって;彼自身だけの上に前にではなく置れました なんじの手 。 それでサタンはエホバの臨在から出て行きました。」 (1:12、アメリカ改定標準訳を割り当ててください。) サタンはちょうど「あのすべてのヨブ hath 」が祝福されて、そして増やされて、そして損失を予防されたと言ったところであった 大体 。 それで最初がこれらの所有物のスコアの上にテストをされさせました。 神はサタンの挑戦とマッチしました。 彼はサタンの邪悪な力によって、彼の肉、彼の団体、が触れられないこと以外、ヨブが貧しい、 propertyless な、子供がない人にされるということに同意しました。 エホバ、すべての彼の予備知識で始まっている彼自身の tlie からの業、が今自信を持って預言的な写真をすることを次に行いました。 それによって彼は時が来れば彼が地球の上に彼の唯一の生じさせられたみ子と Chief 高官にテストを受けさせるであろうことを示すでしょう。 それ故ヨブは主に主イエス・キリストを描写しました。 ただ第二にだけヨブが今地球と、イエスのように、神に向かって(彼・それ)らの忠誠を持続するすべての他のものの上にキリストの体とその残りの者の成員を描写する 間に いつもサタンが見えない大君主オーバー人類であること 。

最初のテストは貧しくて、地球の上に彼がまぐさおけで生まれて、そして後に彼の頭を置く場所を持っていなかったほど貧しくなることイエスの上でした;そして彼は子供がありませんでした。 「なぜなら、彼が金持ちで、それでもなおあなたの sakes のために彼が貧しくなったけれども、汝らが我々の主イエス・キリスト、それ、の恩寵を知っています、彼の清貧を通してのその汝らは金持ちであるかもしれません。」 (コリント第二8:9) サタンは神と等しくあろうと努めて、そしてキリストの思いを持っていませんでした。 それが書かれるサタンの課程の正確な正反対に: 「同じくキリストイエスにあったあなたでのこの思いを持っていてください:誰か、つかまれて、しかし空にされる1つのもの神が彼自身、僕の用紙をとるという状態で、平等の上に本質ではないと考えられて、神のかたちで存在する、死、肯定、ばってんの死にさえ従順になって、人の;そして、人、彼が彼自身を打ちのめした(とき・から・につれて・ように)、方法で見いだされる似たもので作られます」。 - フィリピ2:5-8、アメリカ改訂標準訳。

テストをする神の許可という条件のもとで、サタンはエホバの前に来ていたみ使いの大会を去りました。 彼は彼自身の悪魔組織に行きました。 疑いもなく、どちらの方にすべてを統治するべきである神の義の政府で、我々の地球を含めて信仰は別としてヨブに転じることに成功するためにヨブを訴えるべきかについて、彼はそこ(に・で)ゴグと彼の他の悪魔君と相談するでしょう。 行動サタンの家系が後に続いたことに注意を払ってください。

「そして息子と彼の娘が食べていた彼の[ヨブの]と(彼・それ)らの一番上の兄弟の家でぶどう酒を飲むことであるとき1日がありました。」 (1:13を割り当ててください) これはキリストイエスが彼の使徒と他の弟子と一緒であった時と一致しました。 その時(彼・それ)らはごちそうを食べて、そして彼のみ子を通して神の霊的な蓄えの上に飲みました。 ごちそうを食べて、そしてイエスが言ったことを喜んで霊的でそんなものを問題にした人たちに: 「花嫁会議室の子供たちは、もし(彼・それ)らが絶食したなら、花婿が(彼・それ)らから、そしてその時連れて行かれるべきであるとき、花婿が(彼・それ)らと一緒であるしかし日が来るであろう限り、哀悼することができますか」。 (マタイ9:15) イエスは別として、使徒はキリストの体の中にバプテスマを施されるすべてのクリスチャンの一番上の兄弟でした。 何が後に続きましたか?

「そしてヨブに、そして言われた使者が来ました、雄牛は耕していました、そして(彼・それ)らと Sabeans の横に食べているロバは(彼・それ)らに当たって、そして(彼・それ)らを連れ去りました;実に、(彼・それ)らは剣の端で僕を殺しました;そして私はただなんじに話すために単独で逃れられるだけです。」 (1:14、15を割り当ててください) エホバの忠実な証しの上に邪悪な世界の結果、目に見えるそして見えないその部分、を特徴づけてください。 主の業がされるようにすることに対して、ヨブの雄牛とロバは装置を表しました。 (彼・それ)らはより低い動物の上に同じく完ぺきな人の領地のシンボルでした。 誰がそれらの略奪の Sabeans 、あるいは「シェバ」でしたか (若者たち) (彼・それ)らはサタンの世界の目に見える権力であって、そして悪魔礼拝者、と悪魔によって制御されました。 (彼・それ)らはクシュの子孫、ニムロデの父でした。 そのためにニムロデはシェバの兄弟、 Sabeans の父でした。 攻撃している Sabeans は悪者にされました、ほかに、ののしって、そして神を見捨てることに、(彼・それ)らはヨブをひどく苦しめるためにブに対してサタンの道具の役を務めなかったでしょう。 (彼・それ)らは南から来ました、「南の国王」の指令は、ダニエルに、チャプター11に名前をつけました。 明白に今生け垣は(すでに)ヨブの不動産についてラウンドから取り除かれていました。 主のみ使いは属したそれについてのラウンドからヨブまでそれ相応に彼の野営地を取り去りました。 悪魔はただ1人だけの僕にニュースを本物の事実としてヨブに連絡を取らせること、ヨブをひどく苦しめて、そして(彼・彼女・彼ら)に恥をかかせて公正な Sabeans から逃れることを委ねました。

力が直接次にそうであった見えない超人あるいは悪魔が志願しました。 「 彼がもう話をしていた、同じくもう1(つ・人)が来た間に、そして言われた、神の火 天から落ちています、そして hath が羊と僕を焼き尽くして、そして(彼・それ)らを消費しました;そして私はただなんじに話すために単独で逃れられるだけです 」 。 (1:16を割り当ててください) 何ですか これがそうであった偉大な原告について、それを義の神が人類と特にエホバの僕の上にすべての災難に関して責任があったように思われさせるための巧みなカモフラージュ ! Sabeans はただ利己的な人に過ぎませんでした、しかし稲光は人の制御の上に何かであって、そして天からでした。 それ故神は容易に、そして思いやりなくこれに対する責任を託され得ました! それは働いた 上手に悪魔の案でそれを「神[エローヒーム]の火として報告するための僕をまさに経験しようとしている 「それが実際悪魔神々の火であったのに対して 。 偽宗教家(えせ信心家)はヨブと緒に(彼・それ)らの論争で後でいずれのそれの光景をとるでしょうか? サタンの目的と政策は「規則あるいは荒廃!」です、そして彼の目に見える地の権力によって彼はたくさんの荒廃と貧乏を起こします。 バビロンの創立の日からニムロデによって悪魔はカルデア人を使いました。 (彼・それ)らは北、「北の国王」の方角からルートによってヨブの僕に対して疑いもなく来ました。 「 彼がもう話をしていた、同じくもう1(つ・人)が来た間に、そして言われた、カルデア人 3つのバンドを理解して、そしてラクダの上に落ちて、そして、実に、不在で、そして殺されて(彼・それ)らを運んだ 剣の端を持っている僕と私はただなんじに話すために単独で逃れられるだけである 」 。 (1:17を割り当ててください) 南と同様、北からヨブはサタンの世界の目に見える部分の敵対的な能力を感じるのを許されました。 その地の部分は3つの要素、宗教的な(人たち・もの)、政治的な(人たち・もの)とコマーシャルで構成されています。 北からのそれらのカルデア人は「北の王者」の政治的な部分によって実行されて、バチカン市国、ローマでその本部を持っている宗教的な部分によって援助されて、そして導かれる今日であると比べて同じ暴力的な侵略のプログラムを実行しました。

ヨブは今輸送機関の彼の動物をなしで済ませなくてはなりません。 世紀後に、キリストイエスが場所から場所へと証言しに行ったとき、彼がより低い被造物の上に彼の領地を使わなかった、しかし彼の弟子と一緒に歩いたように思われます。 この最良はその時彼の業に適していました、そして同じく歩いて彼後に従った群衆。 (1:16を記録してください;ヨハネ7:1;ルカ 18:35-43 ) 一度彼はばかの子馬の上にエルサレムの中に乗ったと伝えられます、しかしそれはエルサレムに彼自身をキングとして提示して、そして来るためにもののミニチュアの写真をするはずでした。 その後彼が歩いて、そしてカルバリまで利害の重量を支えなければならなかった数日、そこ(に・で)(彼・それ)らがローマのカエサル以外の(どの・少しの)国王も持っていなかったと叫んだ暴力団員偽宗教家(えせ信心家)の扇動において「北の国王」、ローマ人軍人とそれの僕によって殺されること。 - マタイ 21:1-7 ;ヨハネ19:12 - 18。

再び特別に優しい場所においてヨブの上に、今回は彼に触れる見えない悪魔力の表現が来ます。 「 彼がもう話をしていた間に、同じくもう1(つ・人)が来ました、そして当該、なんじの息子となんじの娘は食べて、そして(彼・それ)らの一番上の兄弟の家でぶどう酒を飲んでいました: そして、 眺める 、そこ(に・で)来る 偉人が、荒野から、曲がりくねっている そして家の4つの角を打ちました、そしてそれは若者に責任がかかりました、そして(彼・それ)らは死んでいます;そして私はただなんじに話すために逃れられるだけです 」 。 (1:18、19を割り当ててください) その嵐風は明らかに東から来ましたが、人間の制御の上に再びここ(で・に)何かでした、そしてそれを誤った情報を与えられた人々が「行為」あるいは神の「訪問権」と呼ぶことができました」。 誰に描写された、これらのヨブの子供たち、使徒、を見せることは彼の弟子との関係でイザヤ8:18の言をイエスに適用します:「見よ、私を与えられた、 hath 卿がしるしのためにそして驚くべきもののためにで dwelleth するホストの主からイスラエルである私と子供たちはシオンに乗ります」。 (ヘブライ2:13) 一度嵐風によって、彼がガリラヤについて海を渡っているボートで眠った(とき・から・につれて・ように)、悪魔と彼の悪魔はイエスと彼の使徒の生活の上に試みをしました。 (マタイ8:23-27) 最後の夜に彼の忠実な使徒と一緒にイエスは過ぎ越しの祝賀で(彼・それ)らと一緒にごちそうを食べました、そして次に彼は神の名前の立証者として彼の死の記念式を準備しました。

イエスはその時(彼・それ)らにサタンが小麦として(彼・それ)らをふるいにかけることを望んだことを警告しました。 ゲッセマネの園で、サタンの下の、「荒野からの偉大な風」のような、悪魔はイエスの弟子をふるいにかけて、そして彼から離れて(彼・それ)らをまき散らしました。 「けれどもこのすべてはされました、預言者の聖句が成就されるかもしれないこと。 その時すべての弟子は彼を見捨てて、そして逃げました。」 (マタイ 26:56 ;マルコ 14:50-52 ) まもなくその後ペテロは cursings でイエスを否定しました:「そして主は向きを変えて、そしてペテロを見ました。 そしてペテロは夜明けの前に主の言葉、彼が彼に(すでに)言っていた方法、を覚えていました、なんじは私に thrice. を与えることを拒否するです」 (ルカ22:61) そこ(に・で)、結果において、弟子、エホバがイエスに(すでに)与えていた人たち「子供たち」、は、彼を、彼の10人の子供たちを奪われているとき、悪魔がヨブを置き残したと比べて同じぐらい不妊のままにしておいて、彼に死にました。 すべての痛い裁判でまだ前方にイエスは忠実な使徒の;彼の復活だけの後の彼のグループと再会させられませんでした。

途切れない献身。

「 その時ヨブは起こって、そして彼のローブを引き裂いて、そして彼の頭をそって、そして地面の上に倒れて、そして礼拝した;そして彼は言った、 Naked が来た 私の母親の子宮がなくなって、そして裸の1がそうするべきである 私はそこへ戻ります:エホバは寄贈した 、そしてエホバ 取り去られた;祝福された hath はエホバの名前である 」 。 (ヨブ 1:20,21 、アメリカ改定標準訳。) サタンは(まだ)このような神へのヨブの献身を当てにしていませんでした。 彼は物質的な、そして人間の敗北によってエホバ神からヨブを別の方に向ける彼の陰謀で痛烈な敗北を与えられました。 彼の死別と貧乏においてのヨブの深い悲しみは彼のために場違いではありませんでした、なぜなら彼の子供たちは(すでに)そうでなくて、そして(彼・それ)らの父親の神に対して邪悪な反抗者として死ななくていましたから。 人のボディーは神の力によって地のほこりから作られます、そしてそれで地球はエデンで人の母親でした、そして神は生活 - 与えること父でした。 ヨブは彼が(まだ)何でもこの偉大な大地の母から現れていなかったことを認めました、そして彼は彼が地の胸中に戻ったとき、彼が何も持って行くことができなかったことを知っていました。 従ってヨブは敬虔さを行使して、そして神を崇拝して、そして彼の損失の中に満足していました。 「けれども満足を持っている敬虔さは多大な利益です。 なぜなら我々はこの世界の中に何も持って来ませんでした、そして我々が何も遂行することができないことは確かです。 そして食物と衣類を持って、我々にそれを用いて満足さておいてください。」 (テモテ第一 6:6-8 ) 我々が楽しむわずかな良い、そして完ぺきな賜物すべては、(彼・それ)らを与えるのはエホバです。 - ヤコブ1:17。

キリストイエスは常に彼の弟子に言及する として 「 人 いずれですか 最も陽気ななんじ 世界:(彼・それ)らがそうであったあなたから出ている私と最も陽気ななんじ (彼・それ)ら 私;...なぜなら(彼・それ)らはあなたである...それを .those します 最も陽気ななんじ 私 私はもちました、そして(彼・それ)らのいずれも道に迷っている、しかし地獄の息子ではありません;聖句が .Father に・・・満たされたかもしれない、私がそれを遺贈すること 同じく(彼・それ)ら、なんじが、私という条件のもとで、誰を持ちますか 私と一緒に私がいる所であってください;(彼・それ)らが私の栄光を眺めてもよい、そしてそれなんじが私という条件のもとで持つこと 」 。 (ヨハネ17:6、9、11、12、24)「そして再び、 Behold I と子供たち 私という条件のもとでいずれの神 hath ですか。」 。 (ヘブライ 2:13 ) 他方、エホバ神は(すでに)イエスが彼の密告の夜に彼の使徒を奪われるであろうことを予告していました。 イエスは彼の信仰と聖句が彼の弟子の上に成就されるであろうという信念の外に話をしました、そして、それが、それが彼に与えられてイエスの痛い死別に「子」を意図したけれども、確かであるとして、神のみ言葉の免罪であったから、彼はこれに彼の提出を表現しました。 「それで(彼・それ)らへの saith イエス、すべての汝らはこの晩私のために感情を害されるべきです:なぜならそれは書かれます、私は羊飼いを打つでしょう、そして一団の羊はちりぢりの abroad. であるべきです」 (マタイ26:31) 弟子は感傷的にこの聖句が、それが本当にならないという(彼・それ)らの願望で、成就されるであろうことを否定しようとしました。 イエスは高慢な自信に対して(彼・それ)らに警告して、そして再び神がみ言葉を書いたことを強調しました。 ヨブのケースのように、神は彼の献身についてキリストイエスの上にテストのためにこの人間の放棄を認めました。 しかしながら、悪魔の軍隊は神から、彼の許可によってだけどんな衝動なしででも散布と暴力の行ないをしました。

ヨブは神の政府の神権的の規則に確かで、そして本当で彼がまだ認識して、そして持った示される彼の深い悲しみの中に忠実な単語です。 彼はそれを見た 偉大な神権統治者が彼にするか、あるいは彼にされるのを許したことが正しくて、そして、ちょうど、神の権利の中であることと比べて同じぐらい元気であったこと 。 それは適切な問題:「そうしたものである なんじ なんじが偉大な神権統治者から didst に受けない」こと ? (コリント第一4:7) それ故、彼がそれを持っているとき、一(人・つ)も自負でいっぱいになって、そして次に神を忘れるべきではありません。 エホバ神は、けれども、それですることにおいて、敵がそれによって正当であることを意味しないで、ものが敵によってえ取り去られるのを許す権利を持っています。 ヨブがそうした(とき・から・につれて・ように)、(彼・それ)らの献身を維持したクリスチャンについて使徒が書きました:「汝らが・・・、あなたたち自身に汝らが天にもっと良いそして永続的な物質を持っていることを知って、喜々としてあなたの商品を損なうことをとりました。」 (ヘブライ10:34) エデンでの女性エバはこの神権的の原則を認識しませんでした。 エホバ神が不在あるいは彼女とアダムから(彼・それ)らが権利を持っていたある特定のものを押しとどめようとするのを我慢していた理由で、彼女は神をアダムとエバの misgovernment のかどで告訴した悪魔の議論に負けました。 そこのサタンは、もしアダムとエバがエホバの禁止令が(彼・それ)らが触れるのを阻止したそのことの ahold を得たなら、神が彼自身の政を気遣ったと論じました。 サタンはエバを神権的の規則が地球の上に圧制的で、そして彼の被造物の関心事に対してであったと信じさせました。 (創世記3:1-6) そのためにエバは、だまされるけれども、意図的に先に行って、そして権利と権威なしで行動をしました、そしてこれのために彼女は彼女の夫と一緒に死ぬよう宣告されました。

エホバのみ名。

「祝福されて、エホバの名前であってください」、とヨブが、今子供がなくて、そして貧しくて、言いました。 彼はののしるか、あるいはエホバの名前の上にどんなしっせきでももたらすことを拒否して、そしてその指示で悪魔の圧力に抵抗しました。 エホバの名前はただ祝福されただけであるかもしれなく、そしてそうするべきです! ヨブは神の名前の最終の罪に対しての自信を持っていました。 ヨブの本で記録されたすべてのスピーチで、ただヨブだけがエホバの名前、すなわち、4つの時を使いました。 (アメリカ改訂標準訳1:21;12:9、を割り当ててください。) 名前「エホバ」は物語あるいは本の歴史の部分で見いだされた28の他の時です。 決定的な時にヨブはエホバのために証しを生みました。 天で大会で悪魔は彼のでのエホバが神に話す名前の使用を避けました。 ヨブのように、同じく重大な死別の時間でのキリストイエスはエホバの名前を清めました。 彼についてそれはそうである 証言する : 「ポンティウスピラトの前に良い自白を目撃したキリストイエス」 。 (テモテ第一 6:13 ) 木にかかって、彼はエホバをのろいませんでした、しかし、記録されるように、ついに言いました:「そしてイエスがうるさい声で(すでに)泣いていた、彼が言ったとき、父、なんじの手の中に私は私の霊を称賛する」。 (ルカ23:46)「それは終えられます!」 - ヨハネ19:30。

エホバ神の普遍的な支配に向かってイエスのポジションを表わしてください:彼の弟子をまき散らした暴徒に彼が言いました:「けれどもこれはあなたの時間と暗闇の能力です。」 (ルカ22:53) 彼は神の自身の聖句を成就して、そして同じくイエスの忠誠をテストするために、その神の許可を認識しました。 イエスはポンティウスピラトにまもなくその後言いました:「なんじは私に対して、それ以外まったく couldest に力を持っていない なんじに与えられる 上から: そのために彼 もっと素晴らしい sin. であると、それだけそれはなんじに私に hath を届けました (ヨハネ19:11) そこ(に・で)イエスはエホバの普遍的な支配に証しを生んで、そして政府の神権的の規則に彼自身を委ねました。 まもなくそれの前にイエスが暴徒のヒアリングでのペテロに言いました:「私が私の父に今懇願することができないなんじと彼がみ使い6の12の部隊以上現在私に与えるべきである Thinkest である」か? 「カップ それを私に与えられた、私の父 hath がそうするべきです 私はそれを飲みません。」 ? (マタイ26:53;ヨハネ 18:11 ) それで話をして、イエスはエホバのみ名を清めて、そして偉大な神権統治者、全能のユニバーサル支配者として彼にいつも証しを生みました。

彼の試験の間にただエホバ神への利己的でない献身と彼での完全な信用だけがヨブに彼の記録をきれいにしておくことができるようにしました。 それ故それは書かれます:「このすべてでヨブは罪を犯しませんでした、そして告発された神も同様である 愚かにも。」 。 (ヨブ1:22)「このすべてでヨブ hath が罪を犯しませんでした、そして所定の愚かさも同様であります 神に。」 。 (若者たち) そうでなくより大きい裁判でのキリストイエスはそうしませんでした。 彼の死別で彼が主張することができました:「なぜなら私は1人ではありません、しかし私と私を送ったみ父。 そして彼 私を送った 私:単独で私に残されるないみ父 hath と一緒です;なぜなら私は常に彼を喜ばせるそれらのことをします。」 。 「見よ、時間 cometh は、実に、今来ました、その汝らは彼自身のものにちりぢり、すべての人であるべきであって、そして私を1人のままにしておくべきです:そして、れにも拘わらず、み父が私と一緒であるから、私は1人ではありません。」 「もしそのために汝らが私を探して、これら[私の弟子]をそうさせるなら頑張れ、(彼・それ)らの way. 」 (ヨハネ8:16、29;16:32;18:8,9) ヨブとキリストイエスのいずれも彼の僕に向かって愚かにもエホバ神を misgovernment のかどで告訴しませんでした。 しかしながら、神は神を misgovernment のかどで告訴する、そして従って、神権政治に対してと同じように、「この現在の悪い世界」の政府をひいきにする報道官あるいは宗教の預言者に「愚かさ」を見ます。 - エレミヤ23:13。

ヨブのケースはその種類について、前にあるいは洪水の後に記録される最初でした。 彼の偉大な大伯父のアブラハムは彼の忠誠について、特にイサクを犠牲にすることでひどくテストされました、しかし、同じくそれが全能の神への献身と彼の神権政治を試みたけれども、アブラハムのテストは容姿でそして異なった例えのために異なっていました。 驚くべきものヨブが理解しなくはありませんでした。 ヨブは明らかに論争が伴われるのを見も、そしてそれを理解しもしませんでした、そしてそれが起こった方法も同様であります。 にもかかわらず彼は速く彼の忠誠に固執しました。 知識を与える神の当然与えられるべき時の前の無知は反抗者を神に敵対させて、そして彼に向かって忠誠を破るための弁解ではありません。

論争、ユニバーサル支配、はサタンが(今まで)見えない大君主であった地球の上にいとわない、そして従順な人の上に支配を含みました。 神の支配は表面上(すでに)地に関してつぶれていました、しかしヨブのような忠実な人が約束された政府を準備することがここで神権的の規則を復元する信頼で待つことに決めました。 同様に苦しみ、迫害、不快と損失も悪魔の邪悪のためにそうしませんでした、そして人が忠実な人を地がついに神の神権的の規則の領域に回復させられるであろうということを疑わせます。 それ故このようなアベルからプレゼントまで下がっている忠実な人は現在の制御で敵から脱走しました、そして(彼・それ)らは平坦に至高の神に(彼・それ)らの忠誠を放棄することを拒否します。

ヨブは来るための神権政治の下で未来「すべての地球の中の君」の1(人・つ)であるために彼が線にいたことを知りませんでした。 どんなに、これの彼の無知にかかわらず、問題がここ(で・に)彼のケースで手いっぱいであったとしても、すなわち、誰が神権政治の下で地球の上に君として裁決する資格を得るべきですか? さらにいっそう重要で、誰がサタンの頭を傷つけて、そして天でそして地球ですべての挑戦者に対してエホバの普遍的な支配を維持するために神の「女性」の胤であるべきですか? 確かにその義への献身が邪悪な挑戦者のテストを耐え忍ぶことができなかった一(人・つ)も資格を取得することができませんでした。

ヨブはアブラハムの自然のシードの1(人・つ)であって、そして祝福をもたらすその胤であるためにそれ故線にいないかもしれません;それでもなおかつサタンはヨブが神の賛成を持っていたことを悟りました。 このような状況の下でヨブは適切な例と同じく両方のそれらの未来の「君」の制限の規準と同じくその約束の胤をつけていました。 この理由のためにこの預言的な劇でヨブの行為はそれほど正確にその細部でキリストイエスの忠実な課程を予想させました。 それ故サタンはヨブが約束された神権的の政府に関連して地球に対するどんな公式の見解でも持っているのを阻止することを決意しました。 サタンは彼の忠誠を破るために、しかし成功なしでその胤:サタンがイエスを堕落させて、そして彼に強制しようとするあらゆる種類の手段を使った(とき・から・につれて・ように)資格を与えてキリストイエスがより少しをすることを妨げないようにしようとしました。

成就を完了してください。

ヨブが(すでに)子供がなくなっていたとき、それでキリストイエスだけではなく地球の上の他の献身的な被造物もその後ヨブの1人の人に描写されるでしょう。 特にキリストの体成員の残りの者はこの「世界の終わり」に地球の上に、(彼・それ)らの忠実な地の仲間と一緒に、描写されるでしょうか そのためにヨブの劇の完全な成就は肉にイエスの日々の間に起きませんでした。 それは裁きのために彼の2番目の臨在の間に、霊で、神殿において起きなくてはなりません。 それは彼の残りの者の上にそしてヨブが将来を考えたそれと比べて同じ神権的の政府のために残りの者と並んで(彼・それ)らのスタンドをとる(彼・それ)らの仲間の上に起きなくてはなりません。 ヨブの本の次の章でそして我々の日の身体の事実で明らかにされるように、ヨブの預言的な経験は A.D. 1914年からそして後にこの残りの者と(彼・それ)らの仲間の上に成就されました。 西暦1937年は神権的の取り決めが(彼・それ)らの真中で復活させられた(彼・それ)らの上の宗教のすべての権力が破ていた年;同じく1938年、として目を付けられています。

神の神権的の政府の出生の後にキリストイエスによって、1914年に、そしてすべてから悪魔は天から追放されました、そして下方に地に、悪魔は残りの者の忠誠に彼の燃えるようなダートを向けました。 これの象徴的な警告は「と竜が彼が地に投げられたのを見たとき、彼は人の子[神権政治]を産み出した女性を迫害した」を読みます。 「そして竜は女性と一緒の wroth であって、そして彼女の胤の残りの者との戦争をするために行きました、そしてそれは神のおきてを守って、そしてイエス・キリストの証言を持っています。」 (啓示12:13、17) イエスは彼の追随者に、サタンの世界の終わりに、「汝らが私の名前のためにすべての諸国民について憎まれるべきである」と前もって注意しました。 (マタイ 24:9 ) 預言的な劇のそれ以上の部分がその偉大な裁判と苦難を悪魔と(彼・それ)らの地のエージェントのためであると描写する もう残りの者と(彼・それ)らの仲間より先にある 。 (彼・それ)らの忠実な課程と最終の勝利はヨブによって描かれて、そして(彼・それ)らの強くなることと快適さのために書かれました。

ヨブの劇の残っている部分はこちら、すべての時の今回に忠実な級があるであろう、そしてこれらが、神の恩寵によってそして彼の栄光と免罪に、勝つべきであることを示します。 新しい人格が次に劇に導入されて、そして重要な役割を演じます。 これらの人格のいずれによってあなたの種類あるいは分類が描写されましたか? これが同じくあなたに同じぐらい預言的な劇で計画されたあなたの運命を明らかにするあろうことを学ぶために。


忠誠 5章 編集

[wl 174] 時間は時を打ちます、駄犬 tam は上昇して、そして我々の目がそうである前にヨブの預言的な劇の次の行為を成就している事実を明らかにしました。 「再びそれはサタンが同じくその中にエホバの前に彼自身に与えるようになった神の子たちが、エホバの前に、来ているために来た日を見送るために来ました。」 (ヨブ 2:1 、アメリカ改定標準訳。) ここで再び信仰の目はエホバ神の威厳がある、そして威厳がある法廷と起きることのビヨハネを与えられます。 この視力は人間の目が見ることが不可能なものの、輝かしい(人たち・もの)の同様のビヨハネと対照をなします、そして大きい霊、エホバ、の驚嘆に値する臨在と彼への目映い天の被造物の集会、そして主なる神について大いに優遇されている他の預言者に与えられたいずれのビヨハネ。 (見てください啓示、チャプター4;イザヤ、チャプター6;エゼキエル、チャプター1と列王第一22:19 - 22。 )

エホバの神聖な臨在での大会は彼の招待と召し、そして彼の指定された時にあります。 神の子たちが「その名前が聖所である」彼の臨在の上に招かれていなくて破裂しないであろうみ使いの(人たち・もの)。 時の間に中間にこれと前の集会仕事は(すでに)子供がない、そして貧しい人とされて、そして神について表面上夢中になっていてこの状態で続いていました。 それはサタンがこのような不幸と災難によってヨブの忠誠を破ることができなかったという事実を確立するために十分に長かったです。 サタンは今完全に答えられて、そして彼のが神とヨブに対して彼の僕が虚偽であったと非難するということを確信させられましたか? 今回はサタンは「主の前に来ている」ために同じく来ました。 これは口論とカウンター口論を聞いて、そして何が、決定がこの段階に論争について達せられたとき、後に続くであろうか聞くためにヨブに影響を与えている論争が実行されるのに対して、サタンが来て、そして決定を待って来ているよう招かれた、そして「神の子たち」が存在していたことを示唆します。

再びエホバは議論のこのホットな問題の考慮の中に悪魔を操縦します。 彼はそれを限界に押し込まれて、そして決着に導かれさせるのをためらいません。 決着は悪魔の活動のこれらの「終わりの日」に来ます。 「そして主がサタンに言いました、そこ comest からなんじであるか? そしてサタンは主に答えて、そして、前後に地に入ることから、そして it. で上下に歩くことから、言いました」 (2:2を割り当ててください) サタンはヨブの上に彼の冒頭のテストで彼の敗北を認めません。 世紀後にサタンはヨブが主に描写した(の・もの・人)、キリストイエスに関連して彼の敗北を認めませんでした、しかしすぐにその後サタンは地球の上に頑固にキリストの追随者の後について行きました。 彼は神の首都組織、神権政治のメンバーシップの完成を妨げる決意が強かったです。

「そして主がサタンに言いました、なんじは私の僕がヨブであると思いましたか、それほどそこ(に・で)彼のような一(人・つ)はが地、完ぺきそして正直な人、で神と escheweth 害悪を feareth する(の・もの・人)ですか? そしてまだ彼は速く holdeth します 、なんじが彼に対して私を movedst するけれども、 cause. なしで彼を破壊する彼の忠誠」 (2:3を割り当ててください) ヨブを襲撃の彼の目標にし始めて、今エホバ神の献身的な僕がそれに6を要することができるかどうかについてサタンの結論は何でしたか?」 なんじは、土地6に彼のような一(人・つ)もないから、私の僕ヨブになんじの心をつけましたか?」 (若者たち) サタンの結論が何であったとしても、エホバはサタンがヨブを尊敬するうそつきであった、そしてエホバがヨブの途切れない忠誠によって正当化されたという事実に注意を喚起しました。

それは神にヨブに対してサタンの破壊的な行動を許すよう駆り立てた普遍的な支配の最高の問題への断固とした答えの必要でした。 これは「神が悪で心をそそられた、いずれの tempteth もはずがなくないことを示す 彼 どんな人でも」 。 それ故、「人に彼が誘惑されるとき、私が神について誘惑されると言わせてください」、それはそうである、悪業に誘惑されました。 (ヤコブ1:13) ヨブの素晴らしいテストあるいは誘惑の原因はヨブ彼自身のためではありませんでした;なぜならヨブは、無法状態を避ける、そして潔白な忠誠の、完ぺきで、まっすぐで、神を恐れました。 それはヨブを破壊しようとしていたサタンでした。 なぜエホバがヨブに対してサタンの悪事を認めていたかの唯一の理由は素晴らしい論争に影響を与えている状態がサタンが忠実なみ使いの神の子たちの前に彼の異議を証明するフルタイムの、そして全くの余裕を与えられることを要求したということでした。 それ故エホバ神はほとんどヨブのに破壊を許可しました。 彼が時にそれを理解しなかったかもしれないけれども、そはヨブのために大きい特権でした。 「なぜならこれは感謝に値します、もし、もし、汝らが順調にやって、そしてそれのために苦しむとき、汝らが根気よくそれをとるなら、人が良心のために神に向かって・・・不正に苦しんで、深い悲しみを我慢するなら、これは神と一緒に受容できます。」 「なぜならそれは悪い労力のためにより、もし神のご意志がそうである、その汝らが善行のために苦しむなら、もっと良いです。」 - ペテロ第一 2:19,20 ;3:17 。

保証について、その時、エホバが、出エジプト記において、9:16を述べた(とき・から・につれて・ように)、ファラオ、エジプトでのサタンの下院議員、にそしてそれ故サタン彼自身に、エホバはサタンが攻撃で残留して、そしてヨブの彼の誘惑を続けるのを許しました、ただそれによってエホバがサタンの上に彼の力を見せるかもしれない、そしてエホバのみ名が地全体(で・に)ふれ告げられるかもしれない。 そのために神はヨブの勝利の記録が書き上げられて、そして維持された、そしてそれが地の上に外国に広げられたことを確かめました。 同じくこの手段によって、エホバのみ名は、今完成へのヨブの劇が成就することが我々の上であるから、前に、今までより今いっそうそう地全体(で・に)宣言されました。

「そしてサタンが主に答えて、そして言いました、皮膚;肯定、あのすべてのために彼が彼の生活のために寄贈するという人 hath 意志をすりむいてください。」 (2:4を割り当ててください) まだサタンは敗北を認めません、しかしエホバが1レアルで、 - と - を通して完全にヨブについてすべての保護の障壁の下方に(だ)まだ破っていなかった助言がテストをします。 全体主義の独裁者は常に国のために他の人の皮を与えることをいといません、そして人が彼の皮膚なしで生きることができません:もし彼が彼の伝記を持って逃げることができるなら、利己的な人がすべての物質的な所有物の損失を経験することをいとわないでしょう。 エホバがこのような(の・もの・人)が「死に忠実である」べきであるという彼の賛成を満たすであろう、そして敵を静かにさせるであろう人たちの最終の制限として準備するために、サタンのそしりは次にそれを作りました。 (啓示2:10) これは号時が来ればキリストイエスが従順でなくてはならない学位にすべてのポイントの上に悪魔の議論を反ばくするための死、木の上の死さえ、を強制しました。 (フィリピ2:8) それ故イエスは彼の忠実な追随者のために成功裏に悪魔の挑戦に答えることができた唯一の規準を述べました:「もし人が私に来て、そして彼の父親と母親と妻と子供たち[ヨブがちょうど彼のすべての子供たちを失ったところであった]と兄弟たちと姉妹、肯定、ではなく憎み、そして彼のが同じく生活を所有するなら、彼は私の弟子であるはずがありません」。 (ルカ 14:26,27 ) さらに、穴サタンの「皮膚のための皮膚」議論、イエスは言いました: 「 findeth に彼の生活が失うべきである彼 それ:そして loseth に私のための彼の伝記が見いだすべきである彼は it. します」 - マタイ10:39。

それが完全にエホバ神に専念している彼自身のような人々について本当ではないという状態で、劇の間にヨブはここのサタンのアーギュメントがすべての人と一に本当ではなかったことを示しました。 裁判の深い所でヨブが言いました:「従ってもし私が私の歯に私の果肉をとって、そして見よ私の伝記を私の手に置いたなら、彼は私を殺すでしょう;私は希望を持っていません:にもかかわらず私は彼の前に私の方法を維持するでしょう。 これは同じく私の救済であるべきです、不信心な人が彼の前に来るべきではないこと。」 (13:14-16、アメリカ改定標準訳を割り当ててください。) 自分本位がすべての人にコントロールする悪魔の務めの disproof でもし彼がそれによって神権的の政府とエホバのみ名の免罪のために寄贈したなら、イエスと、残りの者と(彼・それ)らの地の仲間を含めての、彼の忠実な追随者はそれに神の献身的な人が持っているすべてを見せます。

サタンが不謹慎にも彼のポイントを押すことのために叫びます:「けれども今あなたの手を述べて、そして彼の骨と彼の肉に触れてください、そうすれば彼はなんじの顔になんじをのろうでしょう。」 (2:5を割り当ててください) サタンはエデンでアダムは、妻を与えられて、エバに関して言ったことを覚えていました:「これは今私の骨の骨と私の肉の肉です:彼女が人から取り出されたから、彼女は女性と呼ばれるべきです」。 (創世記2:23) それ故感触に、もし結婚しているなら、人の骨と肉は同じく、彼の自身の団体そのものと同様、彼の妻を尊敬するように彼に触れるつもりであるでしょう。 「それで人が(彼・それ)ら自身の団体として(彼・それ)らの妻を愛するべきですか それほど loveth に彼 彼の妻 loveth 彼自身 。 ノーのために人が今までにもう彼自身の肉を憎みました;けれども nourisheth して、そして主、church、としてさえそれを cherisheth してください。」 (エフェソス5:28、29) サタンは(すでに)子供たちを殺していました、しかしヨブの妻ではないです。 これはヨブのために憐れみがなくなりませんでしたが、エバを通してアダムに対してサタンの戦略と一致しました:最初に、彼と一緒に共同の災難のためにヨブの妻をブレークすること、そして次に、、エバがアダムの上にしたように、ヨブにプレッシャーを引き起こすことに必死であるとき、彼女を使うために。

さらに、サタンはヨブの上の個人的な身体の病気がそれだけで彼に苦痛を与えて、そして悩ますであろうだけではなく、怪しい人々の思いに病んだ人が犯された、奥義罪のために神によって訪問で苦しんでいたことを示唆するであろうことを知っていました、そしてそれで患者の偽善は公的に見せられるべきです。 これは患者の思いに痛いでしょう。 もし(彼・それ)らが自己本位にそれを認めるであろうなら、このような経験は神から多くを別の方に向けることができました。 これはサタンの戦略の一部でした;そしてまさしくこの結果で(その人と)一緒に彼がまだそうであることを望まなかったヨブに関してひどく数えられた、サタンは辞めました。

エホバ神は論争が伴われるのを見ました。 彼は行くサタンに彼のすべての芸術を試してみて、そして、彼がいっそう使用に一(人・つ)も持っていないように、(彼・それ)らを疲れ切らせることについての限度を許可することに同意しました。 ヨブは人とみ使いに劇場にされる存在でした、そしてただこのような過激なテストによってだけ注意深いみ使いの神の子たちが(彼・それ)ら自身の思いについに満足し得ました、そして同じくエホバは(彼・それ)らの前に完全に正当化されます。 「そして主がサタンに言いました、見よ、彼はあなたの手にいます;しかし彼の生命を救ってください。」 (2:6を割り当ててください) その時エホバ神は死者からヨブを育てて力 .of を実演しようとしていませんでした。 そのために、彼が一度ヨブと一緒に劇文学の残りを実行するために、エホバは忠実なヨブを保持するや否やヨブのサタンのテストが終えられたと強く主張しました。 それで労力、神が使徒が5時11分、ヤコブに何を述べるか示すことができました:「見よ、我々は(彼・それ)らが幸せであると考える 忍耐する 。 汝らがヨブの辛抱強さについて聞いて、そして主の終わりを見た;主が非常に乏しい、そして感じやすい憐れみの(こと・もの)であること。」 しかしながら、神はヨブが、ヨブが彼のコースが終えられた、そして彼が確かに死のうとしていたと思うかもしれないところ(に・で)さえ、ほとんど死と言ってもいい程度まで連れて来られるのを許しました。

落ちた人類の上にサタンはそれで見えない大君主であって、そしてまだ「死の能力」を働かせました。 (ヘブライ 2:14 ) この緊急のケースでエホバはヨブを実際の死から守るようにサタンの死を配る力のフィールドを制限しました。 同様の方法で、これらの危険な時の間に、暴力が見境がないという状態で、神の教徒に対して残りの者と(彼・それ)らの仲間と神がハルマゲドンにおいて最終の対立を通して下方にはっきりとそうするであろう(とき・からにつれて・ように)、エホバは死のサタンの能力を制限します。 全能の神は義の級を今までに地の顔からぬぐい去られさせないでしょう、なぜならエホバは最高で、そして全権を有しています、そして彼は普遍的な支配を行使しますから。 彼はまさしくその悪魔が人の見えない大君主として(今まで)死の能力を行使していた区域でそれを応用することができます。 ヨブに関係するように、特定のテストは暴力によって彼を殺す能力あるいは不自然な手段の1つではありませんでした、しかし、サタンは神、神の彼の評価と神への彼の適切な関係の彼の理解でヨブの信仰を破壊することができましたか? サタンはそれによってヨブを反抗して、そして神をのろいます(彼の顔に放棄の別れを持って神を祝福します)、そして宗教6である悪霊崇拝を頼りにすることができましたか? ヨブを彼が死を顔のところを凝視したという点に至るまで連れて来ることは死のやっかい者と一緒に彼をテストするために十分であるでしょう;実際に彼を殺すことは絶対的に必要ではないでしょう。 事実はそうです、ヨブは、病んでいるとき、消え去らないでそして神の名前の上にしっせきとしてであるように思われるよりむしろ死ぬ願望を表現しました;しかし一度ヨブは痛い苦難を終わらせるために彼自身の生命を奪おうと試みませんでした。 神が彼に「変更」を与えるまで、彼は忍耐しました。

公共のゆがめた説明。

悪魔のような満足と喜びで、そして冷淡に行動の彼の慎重に画策された線で固くされて、敵はエホバのみ名でしっせきをもたらすために大またで歩き去りました。 「それでサタンはエホバの臨在から出てって、そして彼の王冠に彼のフィートの底から痛いできものでヨブを打ちました。」 (2:7、アメリカ改定標準訳を割り当ててください。) この ulcerous 病気が自然死からでない、しかしサタンからであるという状態で、人間の医者あるいは医学の方法が悪魔の力を打ち消して、そして軽減をヨブに持って来ることができませんでした。 ただ神彼自身のもっと強い能力だけが彼の当然与えられるべき時にそれをすることができました。 サタンはヨブを無力にして、そしてヨブの病気が同じく非常に不快な人で、そして屈辱的であったことを確かにしました。 若干数がそれを elephantiasis 、最もひどい種類のらい病であると診断しました。 それは、皮膚が覆われている暗いスケールからそして足の腫れから、「黒いらい病」と呼ばれます。 悪魔とまったく同じようにそれは神の不快を示して、そして今民 befooled 現金用引き出しにヨブをさらすことを同じぐらい意図されていて病気をエホバ神から訪問として現われさせることであるでしょう。

ヨブはいつでも「キリスト教世界」を予想させませんでした、しかし不忠実なイスラエルが霊的に苦しめられた、そしてイスラエルの近代的な対応物、「キリスト教世界」、が同じく苦しめられる病気での彼の状態がそのようでした。 「キリスト教世界」に神が言います:「なぜ汝らはもうショックを受けるべきですか? 汝らがもっともっと[神に対して]反抗するであろう 。 頭全体は病気、そして心失神全体です。 フィートの底から長にその中にさえ健全性がありません;けれどもけがと痣と putrifying 傷:いずれも軟膏で静められないで、(彼・それ)らは、いずのも跳躍アップで、閉じられなくはありませんでした。」 (イザヤ1:5、6) 不忠実なイスラエルそれ自身がそうであった(とき・から・につれて・ように)、それでその偽宗教家(えせ信心家)はそうであったと言ってイエスを非難しました。 それが預言されたというイエスのイスラエルのビューに関して: 「なぜなら彼[イエス]が[どちらかと言うとしぼんだ]乾燥した根拠から柔らかい[弱者]植物として、そしてルートとして彼の前に大きくなるべきです:彼は用紙と器量のよさのいずれも hath しません;そして我々が彼に会うべきであるとき、そこ(に・で)我々が切望するべきである美しさが彼ではありませんか 確かに彼が hath に我々の griefs を運んで、そして我々の悲しみの種を運びました:それでもなおかつ我々は彼をショックを受けて、神について夢中になっていて、そして悩まされると考えました。」 (イザヤ53:2、4) 古代ヘブライ人の目から見てのこのイエスのゆがめられた光景は悪魔が使ったっせきのためにイエスの父、神の上に連れて来るべき偽宗教家(えせ信心家)でした。

偽宗教家(えせ信心家)はエホバの目的と彼の動機を偽って、そして誤り伝えました。 もし聖所(の・もの・人)の名前であるなら、至高者、エホバ、は責められていました、それならどのようにイエスとエホバのみ名と彼の神権政治を支持するすべてはしっせきのように6から逃れることができましたか? (彼・それ)らはそうすることができなくて、そしてこのようなしっせきから逃れようと努めません。 イエスが言った彼の父キリストへの嘆願で: 「食べられたあなたの家 hath の熱意のたに私 上へ;そしてなんじを責めた(彼・それ)らのしっせきは私の上に落ちています 。 ブレークされた hath を責める 私の heart. 」 (詩編69:9、20) 彼の弟子に、残りの者を含めて今日、彼が言いました:「彼が彼の貴族として彼の主人と僕としてであることは弟子に十分です。 もし(彼・それ)らが家の主人をベエルゼブブと呼んだなら、どれぐらいより多く(彼・それ)らは彼の家庭について(彼・それ)らを呼ぶべきですか?」 - マタイ 10:25 ;ヨハネ15:20,21。

なぜ、その時、悪魔ではなくが今日キリストの体成員の残りの者をヨブの病んだ状態のような「キリスト教世界の」目に出演を持たせるべきですか? サタンはそうします、そして再び、同じぐらい常に、彼はその終わりに偽宗教家(えせ信心家)を使います。 まだ「キリスト教世界」の若干の宗教に対しての自信を持っている正直な人々にそれは楽しい読書ではないかもしれません、しかし遅かれ早かれ(彼・それ)らは事実を知っていなくてはなりません;そしてもし(彼・それ)らが賢明な行動をとったなら、より早くそうであると、それだけより速いです。 宣伝は宗教の恐れによってそしてでコントロールされる公共の新聞によってローマカトリック教の階層と(彼・それ)らの「プロテスタント」とユダヤの僧職者同盟国と同じく要領を得ないニュースによって続けて行きました、このすべては同じぐらい胸が悪くなるようで、実に嫌で、そして吐け気を催すようであるように見える神の残りの者と(彼・それ)らの仲間の状態を作りました。 それは(彼・それ)らを大衆と国家両方に命取りの、そして危険な伝染病として現われさせました。

(彼・それ)らは避けられる何か、民がそれを踏みつぶそうとして、そしてそれに民の予防接種をするため以外にはするべき何も持っているべきではない何かのように見えさせられます。 The misrepresentation of Jehovah's witnesses on the "flag salute" issue; the false charges that they are carrying on a "hate campaign", a "hate everything" campaign, and that they are Communists, fifth columnists, unpatriotic, and advocating the overthrow of the government by violence in favor of the Theocracy they preach; the false charge that they set themselves up as the law and as self-appointed interpreters of the Bible, and are the smallest of the sects and are a man-worshiping cult, etc.; all such malicious charges have succeeded in making the public appearance and presence of Jehovah 's witnesses seem very loathsome and undesirable in the eyes of the religionists and their political, commercial and judicial allies and all dupes of religion. 事実の正直な試験が公平な(人たち・もの)にこの手順が神からの伝染病ではないことを確信させるでしょう。 それはヨブの古代の苦しめる人、「悪魔の君」、によってそして悪者にされた人を通して中傷工作です。 エホバの証人に人間の組織と大衆が(彼・それ)らについて思うことを恐れさせようとすることは計画的にされた、そしてエホバの僕を人気が高い宗教の方法に負けて、そして(彼・それ)らの忠誠を破らせることはそうです。

自身の病んだ指の爪がいなくなっているか、あるいは無用であるか、あるいはあまりにも弱くてについてであったに違いないヨブの。 「そして彼は彼自身 withal をこするために彼に potsherd を要しました;そして彼は灰の間で座りました。」 (2:8を割り当ててください) プレゼントの敏感な悪魔襲撃神の証人を多くの窮地に陥れました、そして、偽宗教家(えせ信心家)が(彼・それ)らを評価する(とき・から・につれて・ように)、(彼・それ)らはほこりのレベルに落とされました。 ヨブが言った(とき・から・につれて・ように): 「[皮膚]が変えた私の衣服;それが私のコートの衿として私を bindeth する私の病気の力がそうである偉人によって。 彼は苦境の中に hath に私を投げました、そして私はほこりと ashes. のように似合われます」 (30:18、19を割り当ててください) 勇気を所有する、そしてただ神だけを恐れる善意の人々が神の忠実な残りの者の活発なパートナーになるこのような状況の下で 、 (彼・それ)らは神の前に(彼・それ)ら自身を打ちのめさなければならない そうする ずっと前に伝道することにおいてジョナのニネベの国王 ; いずれかに関してそれは書かれます:「そして彼は彼から彼のローブを置いて、そして彼を袋地で覆って、そして灰に座った」 。 (ヨナ3:6) 今神権政治を支持している一(人・つ)も神の残りの者と一緒に公共のしっせきを生むのを避けることができません。

敵の行動のために、そして生活と真理を探している正直な人々の関心事で責められるエホバのみ名のために、エホバの忠実な残りの者は熱心に(彼・それ)ら自身で努力して、そして連続的に悪魔の中傷工作を打ち消さなければなりませんでした。 (彼・それ)らは、最も高い(人・もの)、国民の最高裁判所まで法廷で、多くの削り落しをしなければならなかった ; 同じくたくさんの広報によって本、雑誌とパンフレット、で王国ニュースと他の同様の手段のよ ;そして特に毎日の、そして直接の遭遇と民との会話によって(彼・それ)らの家で 。 potsherd で彼の皮膚をすりむくことにおいて、このすべてはヨブのように、神の忠実な契約の民を忙しく忙しい状態に保ちます。 これはされます、また(彼・それ)ら自身が独善的であるとして正当化するために、そして「この現在の悪い世界」に好感を得ようとすること、しかしそれの後ろに暗闇のこれらの権力が民から真の事実と真の論争を隠す悪魔が煙 - さえぎる真理 - 愛好者の目から離れて歯をみがくために。

「悪い僕」級。

サタンはその時残酷なダートをヨブに投げつけます。 「彼にその時彼の妻を言った、なんじがまだあなたの忠誠を維持するとポストします? 神をのろって、そして死んでください。」 。 - 2:9を割り当ててください。

宗教を通して特に及ぼされた悪魔影響力に負けることは犠牲者をヨブによって描写された神の公認の級に対して悪魔の道具にならせることです。 ヨブの妻は「より弱い器」でした。 彼女はここ(で・に)神の霊について生じさせられた、そしてその後できるか、あるいは「その悪い僕」を構成する人々の級を描写します。 これらが神の忠実な残りの者と交わられた若干の時間真理の知識に、いずれによって多くの人々を連れて来ることは(彼・それ)らが家系で主イエス・キリストの「子供たち」、「永遠の父」であるようになるであろうことを意味します。 自分本位、悪魔の影響へのこの「より弱い」級秋犠牲者のために。 (彼・それ)らは人のそして世論の恐れに負けて、そして complainings でそしてオフェンスを感じることで神の忠実な残りの者に敵対します。 (彼・それ)らは忠実な残りの者が神に向かって(彼・それ)らの忠誠を持続する、そして苦しみから逃れる不忠実な、反抗的な方法で行く人たちの非難である堅さにおいて感情を害されます。

ヨブの妻は明らかに神に対して皮肉に反抗するためにヨブを興奮させる単語「忠誠」を使用しました。 神は(すでに)ヨブを「完ぺきな」人と宣言していました;そして単語「忠誠」は「完ぺきな」その形容詞の名詞用紙です。 それは神への献身と彼の神権政治で、すなわち、「無罪;潔白;過失がない」を意味します。 ヨブの言葉の妻が言うつもりであった、「この間中ずっと、後で、あなたがそうな方法を経験して、あなたはまだそれを果たすや否やエホバ神、このひどい災難を認める、あるいはそれをあなたの上に送りさえするまさしくその人を引き留めますか?」 彼女が今日描写する級は彼が、言って予言した苦しみに関係してイエスの言葉を忘れます:「これらのことはあなたに話された1を持っています、その汝らは offended. であるべきではありません」 - ヨハネ16:1 - 4。

神の奉仕での忠実な活動が彼が命令する(とき・から・につれて・ように)僕の上にそして彼のパートナーに素晴らしいテストを引き起こします。 神権政治の敵にメッセージを送る神の敵が「憎悪の音信」と呼ぶ神の音信が復讐である伝道;同じく残りの者の時、手段と力のドアからドアへと、それが要求するすべてと一緒に王国音信を我慢することにおいての公共の活動と、神の命令とキリストの例への従順でその勇敢な活動に携わる間に、いだかれるしっせき;このようなことが素晴らしいテストであるために証明するすべて。 それは会衆と「悪い僕」級になるそれらすべての自己 - 倹約的な「選挙の長老」をテストします、そしてこれらはヨブのような「忠実な、そして賢明な僕」級で会を破ります。

世界の終わりにおける出来事に関してイエスは、マタイ24において、言いました:48,49:「その悪い僕は彼の心、私の貴族 delayeth 彼の来ること;で言うべきであって、そして彼の fellowservants を打つこと、そして食べて、そして酒のうえでの(人たち・もの)と一緒に飲み始めるべきである」。 このような人はエホバに向かって自分の忠誠を保持することについてのほんの目的のためにこのすべての苦しみとしっせきを体験することに反対します。 ヨブの妻のように、(彼・それ)らは活発な、従順な残りの者の上に向きを変えて、そして(彼・それ)らのつらい状態に追加します。 (彼・それ)らは感謝と認識を示して、 or-care に主イエス・キリストが「神の家」の裁きのために神殿に来た、そしてこれが神殿テスト部分 .of であるのを察知しません。 同じくその時、それらの「選挙の長老」と(彼・それ)らの崇拝者は認可と人の拍手喝采を求めている、それで(彼・それ)らは世界と一緒に残りの者に妥協のコースを提案します。 (彼・それ)らは厳格な従順の課程から言葉と全能の神のおきてまでやめるようにアドバイスします。 (彼・それ)らは利己的な願望、感受性、目的、悪魔に支配されている世界組織の(こと・もの)である人の布告とおきてで従うことによっての最少の抵抗の課程にアドバイスします。

悪魔議論はそうです:「この苦難はもうあなたの死であるでしょう。 何がエホバの奉仕にほかにそこにある より 苦しんで、そして惨めで死ぬこと ? あなたが死ぬ前に、あなた自身に、あなたが理由をなしで済ませる(とき・から・につれて・ように)、あなたが苦しむのを許すであろうような神を放棄することについてのこの1つの満足を持たせてください。 その上、死、そんなものの後に課程、があなたがあなたが生きる間に我慢することからあなたに軽減をもたらすでしょう。 あなたの忠誠を保持することについてのこの問題はただあなたを困難に陥れるだけです。 やめてください!」

霊によって生じさせられた「悪い僕」クラスが増した 殊勝ぶっていて、出演、そしてそれ故「なんじより神聖」 はっきりと「神をのろってください」への、あるいは、丁寧に置かれる残りの者に「神を祝福してください」ことを、知らせる (ヘブライ人)、すなわち、放棄の別れで。 (彼・それ)らと他の偽宗教家(えせ信心家)は(彼・それ)らの唇で公然と神をのろいません、しかし(彼・それ)らの心で、行動の(彼・それ)らの課程によって明らかにされるように、(彼・それ)らはそうします。 いかにですか? 悪魔と一緒に組織そしてそれで神にしっせきを引き起こすことの名前を危うくすることについてのコースをとることによって。 それはエホバの忠実な僕の神権組織に対する反対の中に同じく(彼・それ)ら自身をもたらします。 このような行動の課程はその神権組織の上にそして名前エホバによって呼ばれるその中の忠実な人に cursings と不当な注解を引き起こすのに役立ちます。 彼の意志をする神と一緒の契約の中にキリストイエスを通して入った人はそれによってエホバの忠実な証しであるように要求されます。 彼がそんなものの役を務めることをやめることはしっせきと悪魔と人の襲撃から本当に軽減をもたらすでしょう。 それは、しかしながら、魅力と罠です、なぜならそれはただ今霊的な死、そして結局「2番目の死」を意味する、「2番目の死」が今までに(そのために)破壊を意味する軽減だけを意味しますから。 それから起こることはできません。 (啓示21:8) それは獣のように死ぬことを意味します! - 詩編49:20。

ヨブは不忠実な妻よりどちらかと言うと、エホバ神を愛しました。 「けれども彼は、ばかな女性たちの1人が speaketh する(とき・から・につれて・ように)、彼女に、 Thou speakest を言いました。 何ですか! 我々は神の手において善を受けるべきですか、そして我々はこのすべてで悪を受けないべきである 彼の唇をしたヨブ罪ではなくしました。」 。 (2:10を割り当ててください) ここ(で・に)ヨブの妻によって描写された級に主なる神は不忠実な議論に答えを与えます。 この答えは預言と神のみ言葉の警告で与えられます、そして彼は返事を誠実に彼のみ言葉を研究する人たちの口に置きます。 雑誌「ものみの塔」が60年以上で(今まで)、主の恩寵によって、これらの訓戒と預言の説明を発表していたことは世界中(で・に)よく知られています。 それですることにおいて、しかしながら、「ものみの塔」は人格を思いのままにしないそして個人的な論争を続けません。 それはその使命ではありません。 残りの者と(彼・それ)らの仲間の成員がする Oftentimes が個人に対してスタンドをとらなければなりません。 (彼・それ)らが神と一緒に契約と誠を保持して、そして苦しみ続けて形作る人パートナーのあるいはずるい提案が(彼・それ)らにそうするようしきりに促すという状態で、(彼・それ)らに接近する敵の口論が親切な行為、賛成と世界のすてきな治療を求める死のごとき静寂を止めるために、(彼・それ)らその時これらが聖句訓戒と説明を発表した使用は、そうすることに対して預言を明らかにしました。 (彼・それ)らのアーギュメントを押すことにおいて、偽宗家(えせ信心家)は多くの逮捕を起こします、そして警察はしばしば(彼・それ)らが逮捕の下で持つそれらの忠実な証人に「もしあなたがちょうど我々にここでこの業をすることをやめて、そして決して戻って来ないことを約束するであろうなら、我々はあなたに行かせるでしょう。」と、言います。

組織化された宗教が預言で不潔な女性として描写されます。 「悪い僕」級になる人たちは同じく(彼・それ)らのランプを、主なる神に仕えることにおいて、喜びのオイルの欠如のためにとまらせた5人のばかな処女として描写されます。 (啓示17:1-5;マタイ25:1-13) これらはすべて愚かにも話をします。 苦しむことから離れて、舵を取るコースを義だと思い込むことは神と彼の義を否定すること、そして彼が恥ずかしいつもりです。 「ばか者は hath に彼の心[彼の唇がはっきりと言わない何か証明している、行動の彼のコース]で、神がいないと言いました。 (彼・それ)らは不正です;(彼・それ)らは忌まわしい業をしました; good. を doeth する一(人・つ)もありません」 (詩編14:1) 一度ペテロは感傷的に最少の抵抗のコースを提案することにうかうかと入ました;そしてイエスが何を言ったかを記してください:「その時からイエスが前に彼の弟子への shew 、その嘘がエルサレムに行って、そして長老と最高の祭司と書士の多くのことを経験して、そして殺されて、そして3番目の日再び引き上げられなくてはならない方法に始めました。 その時ペテロは彼を連れて行って、そして、言って、彼を非難して、 IT の遠い PROM THEE 、ロードであり始めました:これはなんじであるべきではありません。 けれども彼が向きを変えて、そしてペテロに言った、私の後ろのなんじ、サタンをつかまえました;なんじは私に犯罪です;なぜならなんじはものではなく savourest します それは神の(こと・もの)である、それら以外それは人の(こと・もの)である 。 その時と彼の弟子にイエスが言いました、もし人が私の後を追いかけるであろうなら、彼に自制して、そして彼のばってんを取り上げて、そして私の後に従わせてください。 なぜなら誰が彼の生命を救うであろうとしてもそれを失うべきであって;そして誰が私のために彼の生命を失うであろうとしてもそれを見いだすべきです。」 - マタイ16:2  1 - 25。

ばかな(人たち・もの)は間違って動機とエホバの目的の僕を告発して、そして誤り伝えます。 完全にこのようなばかな人の心を和らげる答えは僕が神の業をして、その義を確信していて、そして何のために世界が考えるか気にしなく続けるためにです。 「なぜならそれで神のご意志です、上手にする[そしてそれであなたの忠誠を保持する]ことで、汝らがばかな人の無知を静寂に向かわせるかもしれないこと。」 (ペテロ第一2:15) 宗教的な(人ち・もの)は神のみ言葉とおきてへの厳格な従順がもたらすべきである見通しにおいて、本質的にあるいは友情について世界と一緒に、貧しくて、そして見捨てられた似合った(人たち・もの)がヨブが好きであることにぞっとしています。 それで(彼・それ)らは神のご意志に完全な従順の全くの結果の教徒に警告して、そしてそれによって(彼・それ)らがさらに富とこの世界の親切な行為の利己的な利得を楽しんでもよいコースを推薦します。 このような課程は破壊に導きます。 「けれども(彼・それ)らその意志は誘惑と罠の中に、そして多くのばかな、そして有害な切望の中に豊かな秋です、そしてそれは破壊と地獄で人を溺死させます。 金の愛のために[利己的な利益]はすべての悪のルートです。」 (テモテ第一6:9、10) 瞬間のためではないヨブのように、方法をして、このようなばかな提案を考慮するが、そんなものに耳を貸さなくて、そして忠誠の課程ではなく放棄します。 (彼・それ)らはエホバ神と彼の神権的の政府を放棄することについての課程を励ますそれらすべてを識別して、そして特徴づけます。 すべて そんなもの (彼・それ)らはエホバ神の恐れで方法ではなく、「ばかな女性たち」を本質として避ける 。 - 詩編111:10;箴言9:10;ロマ16:17、18。

それが来るとき、それに適合すること、そして次にそれを扱うための、すなわち、「受信してください」に適切な何かとしての単語「害悪」のヨブの使用は、神のご意志によれば、邪悪を意味しません。 「悪」がここ(で・に)、深い悲しみと苦脳と損失と不快を起こして、痛い、痛い何かを意味します。 言葉は歌7においてそれで使われます、そしてそれはヨブの「痛い」できものについて話します。 級が彼によって描写した支持された仕事と今が偉大な神権統治者、エホバ神、の、ときどき神への(彼・それ)らの献身と彼の神権政治のテストのために痛いそれと trialsome を使って、彼の忠実な被造物を訓練する権利を保護します。 ヨブの言葉はヘブライ12:5、6、11においてそれらと等しかったです:「[ヨブの妻がそうした(とき・から・につれて・ように)]、汝らが忘れた 、子供たち、私の息子、にと同じように、あなたに speaketh する奨励 嫌悪する なんじではなく 懲らしめること 主の、そしてなんじが彼について非難される失神 : 誰のために主 loveth 彼は chasteneth して、そしてすべての息子を scourgeth する 誰ですか 彼は receiveth する 。 今ノーを懲らしめて、なぜなら現在の(人たち・もの)がうれしい、しかし重大であるために seemeth します[悪]:にもかかわらず、その後それは(彼・それ)らにそれによっていら立っている義の平穏な実を yieldeth します。」

独裁的な侵略者によって侵略を経験している国民の政府は困難、さらされること、苦しみ、あるいは死さえ経験するために問題にされて、抵抗されてか、あるいは、それがその市民に第一線に入るよう命じるから、非難されません。 どれぐらいより多くですか 神について本当 ! 普遍的な支配は論争である、;そしてその論争でサタンの全くの挑戦に立ち向かうことはそれ、そして次にエホバを必要とするので、ユニバーサル知事は神権政治の成員にされるべきである人たちあるいはその目に見える「君」について地球あるいは「ほかの羊」の「大いなる群衆」の上に(彼・それ)らが悪魔と悪者にされた人の襲撃から「悪」をこうむるのを許されるべきであることを要求する絶対の権利を持っています。 このような必要条件はこのような優遇されている(の・もの・人)の忠誠を試して、そしてこれらの神権的の祝福の(彼・それ)らの値打ちを証明するためにもうけられなくてはなりません。 (彼・それ)らが神の神権的の権利の邪悪な挑戦者から支配まで悪をこうむるのを許すことは、テストが続く限り、それで苦しむe人の永遠の関心事を傷つけません。 すべての他のものの前に、エホバの名前はそれによって正当化されます。 それは主要なものです。 同じほど丁重な賜物でそれほど大いに高いか、あるいは優遇されている前に、それはただ第2のそれほどある特定の人だけが地球の上に永遠の生命で王国と他のもので不滅をもって報いられるはずである、そして「それほどそれ故このような(の・もの・人)が(彼・それ)らの忠実に関して証明される必要があるということです。 苦みは誠実に今までにエホバのみ名について最も高い理由が(そのために)免罪である利己的でない原因とそれのためであるに違いありません。

その時何ですか ? サタンが普遍的な支配の主要な問題に関して論争を強制したから、全部の宇宙全体の状態は普通の(人たち・もの)から出ています。 神と一緒の契約でのそれぞれが、ヨブがしたように、彼自身に尋ねなくてはなりません「私は、エホバが裁判と私の献身の試験のために悪が私を襲うのを許すとき、それをとることができませんか? 私は彼のみをしっかりつかむ もし いつ、そして私が彼の針から良い、そして楽しいものを受け取る限り?」 契約での人たちは利己的でなくて、そして最初に彼の神権的の政府と彼の普遍的な支配を示さなくてはならない ; ただその時だけ(彼・それ)らが、彼が悪が、(彼・それ)らが誠実にエホバ神に仕えて、そして彼の目的を保護しているから、敵から(彼・それ)らを襲うのを許すとき、忍耐することが可能であるべきである 。

彼のばかな妻によってそうするようしきりに促されるけれども、ヨブは「「そうするための神をのろわなかった 彼の顔 。 彼は神の邪悪にさし示しも、そして神の名前の上にしっせきをもたらしもしませんでした。 ヨブはエホバの約束でのそして世界から距離を置いている状態にあって、そしてエホバの神権的の政府の用意で彼自身を乗せる信仰のために苦しみのために彼に反抗しませんでした。

今日、彼がみ名と彼の神権政治のためにすべての諸国民に(彼・それ)らを襲うのを許す(すなわち、忠実な残りの者と(彼・それ)らの仲間)が神をのろわないヨブ級、悪。 1931年7月に、エホバ神の口が名前をつけた「新しい名前」が明らかにされたとき、(彼・それ)らは喜んでみ名によって呼ばれることについての特権、「エホバの証人」を受け入れました。 特にその時から(彼・それ)らは彼の神権的の政府によって神の名前の免罪について賛成を表明しました。 非宗教的な歴史が顕著に「カトリックの行動」ナチの動きの上昇の後に1919年にドイツにおけるカトリックのリーダーの下に素晴らしい反ユダヤ主義がその大きい恥辱と憎悪と共に「エホバ」の名前のためにローマカトリック教の力強い大陸のヨーロッパの上に手早く作られたことを示します。 けれども、これに気付かなくて、そしてただ神の意志だけを見て、彼の契約民は大胆に出て来て、そして、決してみ名の前にではなく、彼の目的と彼のが働く(とき・から・につれて・ように)、ふれ告げて、(彼・それ)ら自身がエホバの証人であると認知しました。 ヨブは生意気な言葉の彼の sinlessness を保持しました。 イザヤに6:1-11を予言したように、それは我々の時に預言的な劇の最終の成就でヨブ級について同じく本当です;ゼパニヤ3:9;ホセア14:1、2とヘブライ13:15。 エホバ Cod は1918年から(彼・それ)らに「清い縁」あるいは「清い言語」を与えました、王国音信はすべての宗教から洗浄しました。 (彼・それ)ら生意気な言葉のより長い罪不正さ(無法状態)は恐れ人のために、しかし今「主に義での捧げ物を提供て」、子牛と感謝を与えている(彼・それ)らの唇の、そしてみ名への実をイーブンにしません。 (マラキ3:3、4) 敵によっての苦悩が継続して、そして増加するけれども、これはします。

悪魔陰謀。

ヨブのケースを悪名高くすることの上に、サタンとゴグ、彼の強力な君の1人とすべての他の悪魔は活発で、そして曲がっていました。 (彼・それ)らは、それによって多くの頭が揺れるべきであることを意図して、広域の上にそれを大いに論じられた主題にして、そして神の名前の上にしっせきを広めるべきです。 これは同じく民を(彼・それ)ら自身の間に割らせました。 これは次に行動のステージの上に容姿を、ヨブに対して3と彼のために1(人・つ)をした人格の間の意見のディビヨハネによって急に通知に導かれます。 悪魔の行動の計画はそうである 非常に同じ 今日 。 エホバの証人についての非難がましいゆがめた説明は悪魔影響とオペレーションによって遠く広く先触れとなられます。 ニュースの比較が悪魔がバチカン市国、ローマの別館において管理と分配の1つの中央政府機関、すなわち、宗教の本部を使うことを示します。

邪悪な目的は聞き手を神権政治に敵対させるはずです、そして偉大な神権統治者、エホバ、は彼の証人によってふれ告げました。 このような虚偽の宣伝は暴力的な迫害で偽宗教家(えせ信心家)によって続けられます、そしてそれの下でエホバの証人は(彼・それ)らの忠誠が速いと考えます。 これはディビヨハネ、神権政治と少数のそれのための善意の人々に対しての大多数を起こします。

「今ヨブの3人の友人たちがふと見つけられたこのすべての悪について彼を聞いたとき、(彼・それ)らは彼自身の場所;エリパズ、 Temanite とビルダド、 Shuhite とツォファル、 Naamathite 、からすべての1来ました:なぜなら(彼・それ)らは彼と一緒に哀悼して、そして彼を慰めるために(すでに)一緒に来る約束をしていました。」 (2:11を割り当ててください) 「約束」によってですか? 陰謀アンダー悪魔策術は、それで事実が呈示します! ヨブの「3人の友人たち」はすべての考えと悪魔影響と指導の下にあることについての知識を否認するであろう人たちを描写します。 それでも、(彼・それ)らは、承知の上で、あるいは気付かずに、神権政治に対して悪魔の業を招いています。 偽善的に公共のスピーチで(彼・それ)らはエホバの証人である男性と女性の本当の人たちであるふりをします。 軽蔑を招いて、そして引き付ける行動のコース、しっせき、反対とこれらが我慢する苦しみから(彼・それ)らを手に入れようとすることによって、考えは証人「良い曲がり角」をすることです。

(彼・それ)らは神権政治と彼の証人が聖書から、そして広く信じて、そして証明する極めて重要なものがふれ告げるエホバのみ名の免罪に友好的ですか? 全然;けれども(彼・それ)らは(彼・それ)らが非常に丁重であると思って、そして、人気が高い宗教と偽宗教家(えせ信心家)で「良い隣人」政策の中にエホバの証人を説得するか、あるいは強制することにおいて、最も friendlily に行動をするように(彼・それ)ら自身をおだてます。 ヨブのタイムに3人の「友人たち」は彼を彼に対して虚偽の告訴に対して罪を認めて、そしてそれによって彼の忠誠を砕かせるためにヨブに「3番目の学位」を与えるように(彼・それ)らがサタンの下で悪魔によってヨブに対して一緒に集められていたのを見ませんでした。 - ロマ6:16。

今エリパズ、 Temanite 、紹介します! 彼はテマンの子孫であって、そして最初の歴史のエリパズ、エサウの息子あるいはエドムの名をもらった人でした。 これは彼を遠い、しかしそれほど古代ヘブライ人であったように近いではなくヨブの親類にしました。 ヨブの口論に答えることにおいて、2人の他の人たちが彼にプライオリティを与えたので、エリパズ、 Temanite 、は疑いもなく3の中で最も年がいっていて、それ故賢明で、そして経験豊かであることになっていました。 彼はエドムの土地、それ故西あるいは南西から来ました。 (「テマン」が「南を意味します) Temanites は世の知恵で有名でした:「エドムに関係して、それでホストの主を saith してください、知恵がもうテマンにありませんか? 慎重な(人たち・もの)から弁護士が死んだということであるか ?(彼・それ)らの知恵が消滅したということです」 ? (エレミヤ49:7;オバデヤ8、9) 非常に Temanite と調和してそれはエリパズのためにヨブ:「人が、ワイズがそうしてもよいそれがそうである彼が彼自身に利益がある(とき・から・につれて・ように)、神に利益があり得ますか?」に問題を提出するはずでしたか?__ 22:1、2を割り当ててください。

若干の当局が名前「エリパズ」が「力の神」を意味すると言います、あるいは、「神は彼の力です」;しかしもう1(つ・人)はそれが「金の神」を意味すると言います。 1936年にオバデヤの預言で「ものみの塔」で一連の記事が現われました。 それはエドム人の、 Temanites を含めての宿命を示して、そしてすべての中で最も強力な宗教的な組織、ローマカトリック教の階層の支配の下で(彼・それ)らが「キリスト教世界」の宗教的な僧職者を描写することを証明しました。 名前「エリパズ」井戸の意味は階層に適す そして「他の宗教指導者 。 エリパズの祖先はエサウ(エドム)でした、そして彼は、彼のおなかを彼の神にして、利己的なコースを選択しました。 それで彼の子孫、 Temanites 、はアブラハムと一緒に神が祝福することの契約でチャンスを逃がしました、そしてその祝福はヤコブと彼の子孫に行きました。 偽宗教家(えせ信心家)が神権政治で損をします、なぜなら(彼・それ)らは「この世界の神」、(彼・それ)らの力のために強いですから。

次にビルダド、 Shuhite 、に浮かんでください! 「ビルダド」は「論争の息子」を意味します、劇でビルダドは outrightly にヨブに異議を唱えました。 「 Shuhite 」であって、ビルダドは Shuah の子孫、アブラハムと彼のめかけケトラの息子でした。 アブラハムがサラの息子イサクを彼の全くの相続人にした後、アブラハムは「東方に、東国に」 Shuah と他の息子を送りました。 (創世記25:1-6) ビルダドはエリパズがそうであったより低度に密接にヨブと関係がありました。 ビルダドは多分東から来ました。

けんか好きなビルダドは religiouswinded な人々を描写しました、しかし政治を(彼・それ)らの職業にする人たち。 世紀の間に、宗教が国家の上に首位を持つべきであるかどうかについて、この政治的な要素は宗教的な階層に異議を唱えました。 今特に「キリスト教世界」の政治的な要素は、2つの主なキャンプ、「北の国王」のそれと「南の国王」のそれ、の中にそして世界支配の論争で分割されて、内部の口論を持ちます。 ビルダド級のしかしながら、最も重要な口論、そしていずれが(彼・それ)らのすべての政治的分派を結び付けるかが神権政治の論争の上にエホバの証人と一緒の(彼・それ)らの口論です。 本当に預言に、政治的な支配者は偉大な神権統治者に対してそして油そそがれる彼のキリストに対して助言を神権的の政府の国王であるととります。 (詩編第2巻) (彼・それ)らの口論でそれらの2人の「王たち」は悪魔の食事中の嘘を話します。 - ダニエル11:27。

「 Shuah 」、ビルダドの祖先、手段「くぼんだ順位」、の名前あるいは、「憂うつ」。 世界支配の上の政治的な要素の口論は、最低「 concision の谷」で last. において(彼・それ)らを降ろして、国際的な憂うつと普通の人々のために生きることについてのより低いレベルを作るために行きます。 それは政治的な支配者の小片に concision あるいは切り枝を、そしてハルマゲドンにおいて(彼・それ)らの後援者を意味するでしょう。 (ジョエル3:12-14) エリパズ、 Temanite 、はビルダドより年がいっていました。 宗教がサタンによってエデンで導入されたという状態で、宗教は政治より古いです。 同じく、洪水の後に、ニムロデは彼自身を称揚して、そして政治的に王位をしようとしていて彼自身を増して、そして作るために宗教をつかみました。 - 創世記 3:1-5 ;10:8 - 10。

スポットライトは次にツォファル、 Naamathite 、その気にさせます。 ツォファルは常に劇で第三に中に入って、そしてヨブにただ2つだけのスピーチをするのに対して、エリパズとビルダドはそれぞれ3を与えます。 名前「ツォファル」は、若干の当局によれば、「厚かましい」を意味します;他の人たちに、さえずるか、あるいはチュンチュンと鳴くとして、それは「鳥;スズメ」を意味します。 モーセの妻は「チッポラ」に指命されました、そしてそれは「ツォファル」の女らしい用紙であって、そして「鳥はなし」を意味します。 (出エジプト記2:21) 鳥のように木でツォファルは彼の影響を受けたものを汚しました。 それで あまりにも 大企業あるいはコマーシャルギャングと密売者の課程の効果である 。 もう1古代のタイプの世界の組織的な商業主義がエジプトの土地です、そしてそれは予言的に素晴らしい木として描写されます。 この象徴的なツリーエゼキエル31に関して: 6,7、9つの読み取り:「天のすべての家禽は彼の大枝で(彼・それ)らのネストを作りました、そして支部がした彼のの下で野外のすべての獣は(彼・それ)らの若者たちを産みます、そして彼の影の下ですべての偉大な諸国民が居住しました。 それで彼の偉大さで公明正大に彼でした、彼の支部の長さで: なぜなら彼のルートは彼をうらやましく思われる神の園にあった大きい領海...エデンのすべてのツリー、のそばにありました。」 鳥のように商業主義の富はウイングを奪って、そして、1929年の大きい金融のクラッシュのように、飛び去ることができます。 「金持ちではないために働いてくださ;あなたの自身の知恵から終わってください。 そうではないあなたがそれの上にじろじろ見るなんじが(それに)なった Wilt ですか? 富のために確かに(彼・それ)ら自身を翼にしてください;(彼・それ)らは天に向かって、鷲として、飛び去ります。」 。 - 箴言23:4、5。

多くが1(人・つ)が関係する優しさをもって商業主義を見る 小さい鳥あるいはスズメ 。 写真の力を増やして、ツォファルは「 Naamathite 」と呼ばれました。 「楽しい」を意味する「ナアマ」から得られて、すてきな名前。 貿易、あるいは大企業、が俗物に楽しく思われました。 (彼・それ)らにそれは望ましいものです。 「北の王者」と「南の王者」の2つの組合わせでのすべての諸国民は心地良さあるいは貿易の利己的な喜びの上に戦争に巻き込まれています。 (彼・それ)らは、ちょうどナイル川が古代のエジプトへに思われた(とき・から・につれて・ように)、それが諸国民に生活の川であると思います。 組織的な貿易を描写するとして、エジプトに演説して、エゼキエル32:19が読みます: 「 dost に誰ですか なんじは美しさで通過しますか?」 あるいは、「誰よりなんじは(今まで)いっそう感じが良かったですか?」 ? (若者たち)。 ツォファルのように、 advantageseeking コマーシャルの密売者は宗教を慣わしにします。 宗教的な僧職者と一緒に政治家と同様、金持ちとコマーシャル要素は素晴らしい好感を見いだします。 神のみ言葉は人の外見上の人々にこのような敬意の成績に対してヨブクラスに警告します: 「 ために もし そこ(に・で)、あなたの大会に金のリングを持っている人が来たら、相当な衣服で、そしてそこ(に・で)、下劣な衣類で同じく貧しい人に来てください;そして汝らが彼にはでの衣類を weareth する敬意を持って、そして彼、 Sit になんじがここに良い場所と発言権で貧しい人たちに、立つと言います なんじ そこ(に・で)、あるいは私の足載せ台の下でここで座ってください:あなたたち自身にその時不公平でない汝らであって、そして悪い考えについて似合われる裁判官ですか? インチ ? (ヤコブ2:2-4) 忠誠が貿易の魅力に対して保持されなくてはなりません。

拘束力がある絆。

気付かないけれどもその、それらの3代表的な 人がサタンと彼の悪魔の酔った(彼・それ)ら自身の間の「約束」によって参加した 。 見られるであろうように、(彼・それ)らは(彼・それ)らの宗教、あるいは悪霊崇拝からショーに来ました。 これは(それによって)政治とコマーシャルの密売者と僧職者が計画を立てて、そしてお互いの相互の我慢で一緒に働く宗教が拘束力がある絆であるという事実を例証します。 これは「北の国王」のそして「南の国王」の権力の間に今度の和平協議において特に起きていることを示されることになっています。 階級制度はやかましく、そして絶えず教皇が唯一の人である .in 、民主的な国、をその和平協議で議長を務めること、そして平和合意を要求する能力がある地球であると宣言しています。 用語が何を作ったとしても、(彼・それ)らは神権政治に反対であるでしょう。 サタンを している エリパズ、ビルダドとツォファルは、彼の目に見える組織の3つの要素の代理を務めて、エホバの普遍的な支配の原因に対してそしてエホバの今度の神権政治に向かって速く彼の忠誠に固執していた(の・もの・人)に対して(彼・それ)らの重量と影響を使うべきであること 。 (彼・それ)らの訪問が実際にとったコースは(彼・それ)らがその神権的の政府からヨブに転じる陰謀で悪魔コントロール、イエス、の下にいたことを示します。 (彼・それ)らは急にそれるためにヨブに集団で対抗した 忠誠の彼のストレートなコース、神権的の関心事を果たすことについてのコースからの彼 。

劇的な写真を成就するために、サタンの地の組織の3つの目に見える要素は悪魔影響力と宗教あるいは悪霊崇拝の拘束力がある絆によって引き寄せられることの下で、「アポイントメントを取って」、参加しました。 (彼・それ)らはキリストの下でエホバの王国に向かって(彼・それ)らの忠誠を持続している人たちに対して来ます。 もしこれらがただ小さい宗教的な分派であったなら、それらの3つの世の要素は軽蔑で(彼・それ)らを無視するでしょう。 エホバの民が宇宙、すなわち、彼の神権政治の中の最も大きいものを表すので、それらの3つの悪者にされた要素はエホバの契約民を心に留めて、そしてエホバ神に対する反対で(彼・それ)らの利己的な目的にこれらが重大な厄介ものであると思うために世界支配で(彼・それ)らの利己的な関心事によって刺激されます。 (啓示16を比較してください:13 - 16。 ) エホバの証人が直接ふれ告げることは政治的な独裁者を妨害します。 それ故宗教指導者はエホバの僕に対して政治的な、そして商業の要素の上に証人にひどくすべてと卵の大部分を要します。 エリパズのように劇で、僧職者は虐待とエホバの証人と政治家の名誉毀損を始める、そして commercialists がもっと遠くにそれを運ぶ そして 迫害する 。

エリパズ、ビルダドとツォファルの3つの頭が上下に揺れているのを想像してください。 - のために、 sooth してください、と(彼・それ)らがヨブと一緒に哀悼して、そして彼を慰めて;そして、ヘブライ語で、主に「動かされるか、あるいは振られて」、そしてそれ故哀悼する手段を「嘆き悲しむ」ために来るか、あるいは、頭を振ることによって、と同じように嘆き悲しみます。 快適さを(彼・それ)らの表向きの動機として、(彼・それ)らは(彼・それ)らがヨブに来て、そしてヨブの苦難と彼のために誘惑を増やすことに追加することを正当化しました。 今、大きい人情味と大きい兄弟のような共鳴と海原が人類の快適さに対する考慮であると自称することによって、サタンの目に見え組織の3つの要素は人の前に(彼・それ)ら自身を正当化します。 (彼・それ)らの行動でエホバの証人に向かって(彼・それ)らはただ動機の最も高尚な(人・もの)だけによって動かされて、そしてそれで「哀悼するすべてを慰める」ために「神の任務を成就するふりをします。 (彼・それ)らはすべて霊あるいは憎悪の動機を迫害することを否定します。 古代のトリオが好きであってください、それでこれらは(彼・それ)らの唇の上に神の名前の(彼・それ)らの使用に対して気前が良い。

ヨブを慰める思慮がある、効果的な方法は、「知識なしで言葉によって弁護士を暗くする」ことによって、よりむしろ危機にある論争について彼を教化することによってであるでしょう。 その代わりに、(彼・それ)らはヨブの過去の行為を彼の現在の苦悩の本当の理由であるとして非難しました。 それ故(彼・それ)らは彼がそのようにしてやり続けるか、あるいはそれが忠誠の課程であったという妄想の下で勢いよく流れることは間違っていたと論じました。 (彼・それ)らはヨブにエホバ神に奉仕の彼自身の過去の課程を非難させようと努力しました、そしてそのコースを彼が神の契約約束で(すでに)彼の信仰のために追っていました。 (彼・それ)らはヨブを宗教の(彼・それ)らの仕方に変えようとしました。 (彼・それ)らが努力して、そして、(彼・それ)らに彼の書かれたおきてに従って勤勉にエホバ神に仕えることについて、今まで(彼・それ)らの課程を非難するようにエホバの証人を陥れるために口論する(とき・から・につれて・ように)、これは近代的な日々の3つの要素の行動を予想させました。 エホバの証人のために今まで追われた境界線を引かれたコースから脇道にそれることは(彼・それ)ら自身を台無しにすることであるでしょう。 (彼・それ)らは決して、経験された苦しみが何であるとしても、神の方法がばかであると宣言しないでしょう。 口論を積み上げることによって、偽宗教家(えせ信心家)と(彼・それ)らの同盟者は忠誠の仕方は別としてそして世の立派さの宗教の仕方の中にエホバの証人に転じることを決意しています。

「そして(彼・それ)らが遠くに(彼・それ)らの目を持ち上げて、そして彼を知っていたとき 、(彼・それ)ら (彼・それ)らの声を持ち上げて、そして泣きました;そして(彼・それ)らはすべての人に彼のマントを貸して、そして天に向かって(彼・それ)らの頭の上にほこりをまきました。」 。 (2:12を割り当ててください) (彼・それ)らはヨブに世界によって公認で、そして評判が良かった人を識別しませんでした。 近代的なケースで、サタンの組織の3つの要素はサタンと彼の悪魔がエホバの民のために興奮させた人気が高い軽蔑を見て、そしてその中の美しさと何ものいずれも望ましいのを見ない 、 以上 イエスと一緒に 。 (イザヤ53:1-4) (彼・それ)らはこれらの証人が「すべての諸国民について憎んだ」、そしてすべての宗教によって非難されることを指摘します。 (彼・それ)らはエホバの証人(彼・それ)ら自身が(彼・それ)ら自身の苦しみの原因である、(彼・それ)らが宗教に反対であるから、神が(彼・それ)らを罰している、そして、エホバの証人を罰することにおいて、偽宗教家(え信心家)が正確に神の道具であって、そして、暴力的に(彼・それ)らを迫害することにおいて、正当であると言い張るために事実をもぎ取ります。 (彼・それ)らの意見はもしこれらの証人が大胆に、そして unswervingly に厳密な調和で行動の(彼・それ)らのコースを頑固に続けなかったなら、聖書で、(彼・それ)らがしているように、(彼・それ)らが苦しまないであろうということです。

エホバの証人にそれらの要素は偽宗教家(えせ信心家)の似たものを見ることができません。 (彼・それ)らはヨブ級がいわゆる「クリスチャン偽宗教家(えせ信心家)」と異なっているのを察知します、なぜなら、偽宗教家(えせ信心家)が高い尊敬にいて、そして神の王国のために同じく苦しんでいないのに対して、ヨブクラスは憎悪と迫害を経験していますから。 いいえ、(彼・それ)らはヨブ級を仲間の偽宗教家(えせ信心家)として認知しません。 近代的なエリパズ、ビルダドとツォファルが言います:「我々を見てください:このヨブ級であるように、我々は苦しんでいません!」 (彼・それ)らのひとりよがりで(彼・それ)らは義のために世界の敬意と苦しみから逃れることを神の親切な行為のマークであると思います。 (彼・それ)らはヨブ級の悩まされる国家が神の嫌悪の紛れもないマークであると言います。

彼が悪魔によって同じぐらい独善的で、そして同じぐらい迫害がなくなかったから、ヨブの3人の訪問者はやかましく泣きました、そして3(彼・それ)ら自身がそうであった(とき・から・につれて・ように)(彼・それ)らの代理機関と弧。 それは思い、パリサイ人、に祈願して、して神に感謝した神殿で彼が近くに神の憐れみを求めていた罪人酒場主人のようではなかったことを思い出します。 (ルカ 18:10-14 ) 「キリスト教世界」で3つの支配している要素は立派な偽宗教家(えせ信心家)と patrioteers のそれらとそれほど異なったキリスト教の規準と一緒に涙ぐんだ言語で「キリスト教世界」でのそれを遺憾に思っているうるさい、そして嘆かわしい公共の実演をエホバの証人が存在するべきであるような級にします。 (彼・それ)らはそれを遺憾に思う これらは(彼・それ)らにそのすべてが自分で尊敬すること、自己の目から見て(彼・それ)らにこのようないやな、嫌われている、そしてショッキングな出演を与える悪魔のそして悪者にされた人の襲撃を引き起こすように自由に(彼・それ)らの活動に従事して、そしてこのような神を崇拝することについての仕方を追いかけるべきですか? 義の「組織化された宗教」 。 人について見られるために、公然と事実においてエホバの証人のような動きが「キリスト教世界」でさらに大目に見られるべきであると泣いて言うことにおいて、(彼・それ)らは騒々しいです、そして次に(彼・それ)らは解毒剤として「もっと多くの宗教」のために泣きます。

さらに、マントを引き裂くことについて、(彼・それ)らは法令を使いました、そして besprinkling は、頭ほこりで、エホバの証人が素晴らしいしっせきにもかかわらず近くにいて、生きていて、そして活発であるから、非常に乱暴で、そしてヒステリーになることによって、です、迫害と(彼・それ)らを締め出すことか、あるいは(彼・それ)らを作るために(彼・それ)らにどっさり与えられた不法行為が(彼・それ)らだけで閉じこもります。 このような暴力的な行動によってこのような苦痛の源の上に深い悲しみで(彼・それ)らに3つの要素は(彼・それ)ら自身に悪魔的な野生と合理的な自制心のヒステリーと欠如の出演を引き起こします、そして(彼・それ)らは(彼・それ)ら自身の責任がある頭の上に土と汚れと恥ずかしさを積み上げます。 このすべて (彼・それ)らは他の人たちから宗教的な称賛と同情を引き付けるためにする 。 (彼・それ)らはそれほど深く義徳行と人間の協会の愛国心について心配しているように思われることを望みます。 これらの3つの要素の若干がエホバの証人に対して犯された押し寄せることと他の暴力の行為を遺憾に思うのに十分率直です。 (彼・それ)らは暴徒と地方公務員によって同じく律法を踏み越えることと人権と自由の否認を非難します。 しかしながら、同時に(彼・それ)らは真の論争の防衛、すなわち、神権的の政府の同じぐらい悪魔と対照的な規則で何でも言うのを避けます。 その代わりに、(彼・それ)らは天に向かって、神権政治に対してほこりをまいて、そして(彼・それ)らが慎重に避けて、そして避ける真の問題に彼・それ)らの目をくらませるために同じくほこりを民の目に投げ入れます。

騒々しいパントマイムは近所の注意を引き付けます。 「それで(彼・それ)らは7日と7つの晩地面の上に彼と一緒に座りました、そして一(人・つ)も1語彼に話をしませんでした:なぜなら(彼・それ)らは彼の深い悲しみが非常に great.であったのを見ました」 (2:13を割り当ててください) これは確に軽減をヨブに持って来ませんでした。 (彼・それ)らの外へ向かう行為と姿勢は本当に観察と調査の下でヨブをとるはずでした。 それは(彼・それ)らの思いと心を提案と悪魔の侵略に対して開放しました。 通り越された、それらの7つの昼も夜も何の(彼・それ)らが(彼・それ)らのスピーチで表現した事実の偽りの推論とねじれたアプリケーションの後に! これは、ぶらぶらすることについてのあのすべての週の間に、それらが(彼・それ)らが(彼・それ)らの思いに築き上げて、そして枠にはめていたものであったという証拠として現われます。 それらの7日の間に(彼・それ)らは(彼・それ)らの結論を引いて、そして、ちょうど公共の深い悲しみの形式主義が綿密に従われるとすぐに、(彼・それ)らをはね返らせる準備ができていました。

(彼・それ)らは神権政治に関して時が来ればエホバ神と彼の約束の彼の成就についてヨブに1つの言葉も言いませんでした。 悪魔のそして力と悪霊崇拝の脅威を呈示するオペレーションを呈示している言葉ではないです! このような種類の言葉はヨブにタイムリーな快適さと力であったでしょう、そして彼の苦しみを明るくして、そして内部の喜びで彼を満たしたでしょう。 no! 以外3人の「友人たち」はものの外見を満足させて、そしてショーを盗んで、そして公共の拍手喝采に勝つために多くの公共の式典を体験して、そして、宗教的なきちょうめんで、1週全体を浪費しなくてはなりません。

エホバの証人に偽宗教家(えせ信心家)はクリスチャンの真の争いある悪魔に対して wrestlings と争いで手助けの一(人・つ)の微少も提供しません。 3つの要素は神権政治とエホバ神の真の崇拝、ほかにこのような3つの要素が民主的な原則について示すかもしれないことは何も、人権のビルの保護と国民の憲法を保護することに賛成して(彼・それ)らに言葉を言いません。 (彼・それ)らが、それが秘密に調べること、票を自由に操って、そして悲惨なボイコットを始動させることができる聞いている偽宗教家(えせ信心家)の感情を害さないように、エホバの証人についてそしてに関して人前で何を印刷するか、あるいは言うかについて、(彼・それ)らは非常に注意深いです。 それ故エホバの苦しんでいる僕に(彼・それ)らは神のみ言葉からの本当の快適さの言葉を言いません、同様に(彼・それ)らはエホバの証人が本当に聖書支持を持って、そして正しい方法で、「精神的にそして実は」神を崇拝していることを認めません。

ヨブにとって深い悲しみのための外見上の原因は非常に素晴らしいように見えました。 偽宗教家(えせ信心家)が、もしそれで悩まされるなら、口に出せない深い悲しみを感じるでしょう。 悪魔の例においてそして宗教指導者の媒介によってエホバの忠実な人を襲った重大なことは(彼・それ)らの効果を持ちました。 3つの要素は神の証人に賛成して現われるかもしれない人前での何でも言うことを恐れていてされました。 (彼・それ)らがエホバの証人が権利を与えられている権利がすべての他の人たちと一緒に等しく要求する人権のディフェンスについて何を言うとしても、支配している要素はエホバの証人が信じるか、あるいはふれ告げることのためにあるいは(彼・それ)らが公共利益の種々の論争でとるスタンドのため(彼・それ)らの聞き手あるいは読者に(彼・それ)らがチャンピオンではないことを思い出させるために常に緊急です。

近代的なエリパズ、ビルダドとツォファルはすべての諸国民全体のエホバの契約民の深い悲しみ、あるいは重大な状態、が「大変うまく」そうである証人です。 そのためにそれらの3つの要素は宣誓の下でとられた(彼・それ)らのオフィスの義務の解任でそれについて何かをするために、責任があります。 ヨブの3人の「友人たち」のように、それらの要素は(彼・それ)らの公共の、そして個人の役割で真の安堵と快適さを執行するために不足します。 (彼・それ)らに、従って、マタイ25において「やぎ」に向けられた、裁きのイエスの単語を応用してください:45:「本当に、汝らがこれら[私の兄弟たち]の最少の1(人・つ)にではなくそれをした、汝らがそれに大冊ではなくしたから、私はあなたに言う」。 そのエホバの僕ではなくがどんな辺ぴであるか、あるいは異例の公共の親切な行為でも欲します。 (彼・それ)らの願望は善意の民が悪霊崇拝から神権政治まで向きを変える、そしてそんなものが公然とそれに賛成して、そして、神の命令に従順でそれを立証することにおいて、参加することによって、(彼・それ)ら自身を表現するということです。 これはそうなほんの冷たい合法性ではなく、(彼・それ)らのすべての迫害の中にエホバの忠実なヨブ級に真の快適さを与えるものである (彼・それ)ら 当然与えられるべき 。

7日の完全な期間は終わった、そして話をする時が来ました。 若い人、ヨブの身体的状態のそして著名な訪問者と彼が観察して、そして聞くようになった彼の聞かれた名前によってのエリフ。 静寂の期間がなくなっている直前に、彼はヒアリング距離の中で座って、緊急の問題の上に論争の両側を聞く準備をしました。 彼は根気よくエホバ神にそしてほっとしてヨブに賛美と栄光の何かを申し出る機会を待ちました。 それほど呼ばれた3人の「友人たち」は(すでに)何が(すでに)(彼・それ)らの掲示に来て、そして今(彼・それ)らの宗教的な結論を引いていたかについて熟考していました。 (彼・それ)らは思い、同じ考えをそれぞれの思いに置いている悪魔の一致にいました。 (彼・それ)らはヨブの唇を見て、そしてヨブを彼のスピーチに巻き込むために(彼・それ)らの耳を痛めました。 (12:13;ルカ11:54にマークを付けてください) 人目につかずに、悪魔は神に対してののしることについての言葉のために意欲で見守っていました。 (彼・それ)らは持ちこたえるであろうヨブスピーチから素晴らしい論争の(彼・それ)らの側をゆすり取る努力で限界に(彼・それ)らの3つの人間の操り人形を使う決意が強かったです。

新しい世(2)

新しい世(3)