FANDOM


1928年版歌集

67番: 神ともにいまして

[左上隅 (作詞者)] ジェレマイア・E・ランキン (Jeremiah E. Rankin) [1]
[右上隅 (作曲者)] ウィリアム・G・トーマー (William G. Tomer) [2]


歌詞編集

1.

また会うときまで、神があなた方と共におられ、
ご助言によってあなた方を導き、支えてくださり、
ご自分の羊と共に、あなた方を安全に囲ってくださいますように。
また会うときまで、神があなた方と共におられますように!
(折り返し)
会うときまで、会うときまで!
イエスの御足のもとで会うときまで。
会うときまで! 会うときまで!
また会うときまで、神があなた方と共におられますように!

2.

また会うときまで、神があなた方と共におられ、
御翼の下にあなた方を安全に匿い、
これまで通り、日々のマナを備えてくださいますように。
また会うときまで、神があなた方と共におられますように。
(折り返し)

3.

また会うときまで、神があなた方と共におられ、
人生の危難が酷くあなた方を打ちのめすときも
両の御腕で絶えずあなた方を包んでくださいますように。
また会うときまで、神があなた方と共におられますように。
(折り返し)

4.

また会うときまで、神があなた方と共におられ、
愛の御旗をあなた方の上に翻し続け、
あなた方の前に迫る死の荒波を粉砕してくださいますように。
また会うときまで、神があなた方と共におられますように。
(折り返し)



[この記事の編集者による注]

  1. Jeremiah Eames Rankin (1828-1904)。会衆派教会の成員であった。
  2. William Gould Tomer (1833-1896)。ものみの塔協会の成員/同調者ではなかった。