FANDOM


Refugees
訳題:避難者

その数が毎日増加している何百万という難民のために宗教は休養と保護と救いの休息所ですか? ポーランド人、チェコ人、オーストリア人、スペインのバスク人、あるいはユダヤ人、を見て、そしてあなた自身のために正直に質問に答えてください。 権威の大いなる預言的な本は難民の「大いなる群衆」が今難儀な工程であることを予告して、そして圧制者から平和にそして襲撃なしで地球の上に果てしない命を獲得するでしょう。 これらの難民は誰ですか? あなたは彼らの列に合流して、そして保護が望ましいことを見いだすでしょうか? あなたは、今、選択しなくてはなりません! この本の内容は、正式な情報源から、あなたの導きのための肝要な情報を供給します。

発行人

著者: J・F・ラザフォード

最初の印刷

10,000,000 コピー

著作権、1940年 ものみの塔聖書冊子協会社によって出版

国際聖書研究者協会ブルックリン、ニューヨーク、アメリカ合衆国。


支部事務所:

ロンドン、ブエノスアイレス、オスロ、トロント、ストラスフィールド、ケープタウン、ベルヌ、上海と他の市。

アメリカ合衆国で作られました


難民



「なぜ彼らの家から逃げて、そして保全の場所のためにむなしく狩ってそこ(に・で)それほど多くの民であるか? 大部分ですべての諸国民一般大衆は彼らの母国から追われて、そして地全体(で・に)あてもなくあてもなくさまよっています。 「すべての民が今彼らが持っているすべてを失って恐れにいるように思われる大部分。 我々は何に来ますか?」


彼らの由緒がある習慣に従っている誠実な農民のグループが、現在の出来事を論じて、雑貨屋で暖かいストーブについて開催されました、そして難民に関係している前述の質問は考慮に適格でした。 その希望が神権的の政府で完全に真中に置かれるクリスチャンが店に入りました、そしてすぐに農民のグループは前述の質問の上に彼の表現を求めました。 答えてクリスチャンは認められた身体の事実に注意を喚起して、そして彼の結論を支持して多くの聖句を引用しました。 彼の答えの内容は下に現われます:


あなたは完全に人の記憶の中の時において地球の諸国民が(今まで)今と比べてこのようひどい状態になかったという事実に気付いています。 世界大戦の終了から1918年に困難が連続的に民の上に増加しました。 全部でそこの諸国民が彼らが保全にとどまるかもしれない所を探す今多くの難民であって、そして若干の快適さを楽しむ道理にかなう機会を持ちます。 難民の数が近い将来増加することが確かであることは認められなくてはなりません、そしてこの事実だけは平和と保全の今法案を持っている民の間の多くの苦脳を増やします。 なぜそれほど多くの悲しみの種が民を襲ったかについて、あなたは入手可能な最も良い情報を探す人たちの間にいます。 さもなければあなたは私に難民についての質問をしなかったでしょう。 義が人に普及するのを見ることを望んで、あなたは真理を学ぶために勤勉になるべきであって、そして、それであなたをすることによって、明らかになぜそれほど多くの難民がいるか、そしてなぜまさしくその近い未来に人類の上の悲しみの種が増加するであろうか、そして何がそんなものの終わりであるであろうか見るでしょう。


エホバは彼に仕える人たちを悩ますであろう問題を予知しました、そして彼は彼らが正しい方法のに入って、そして敵から逃れて、そして完全な保護の場所を見いだすかもしれないという彼らの諭しのために準備をしました。 彼は悪霊が彼の聖別された民を攻撃するであろう方法と彼らが今彼と彼の王国を果たすそれらすべてを攻撃している方法を予知しました。 今日彼はすべてに彼のが保護、収容所と救いについて意味するこのような忠実な(の・もの・人)を明らかにしています。 彼は世界を襲っている問題の時を予知して、そして予言しました、そしていずれですべての諸国民は今(彼・それ)ら自身を見いだします。 彼を探す人たちに彼はもし彼らが彼らの信託を完全に彼に置いて、そして彼と一緒に素直に歩くなら、彼らが保護を持つべきであって、そして失望するべきではないという全くの保証を与えます。 『そして、あなたのみ名を知る者たちはあなたに依り頼みます。エホバよ、あなたはご自分を探し求める者たちを決して捨てられないからです』。(詩編 9:10 、ロザハム) 今神に向かって善意の(こと・もの)である、そしてさもなければヨナダブたち(列王二 10:15-23 )として知られている地球の上のそしてヨナタン(サムエル第一 18:1-4 )によって描写される、民は全能の神を知っていて、そして彼のみ言葉が唯一の安全な、そして本当の導きであることに気付きました。 (詩編 119:105 ) 聖別された(人たち・もの)、「大いなる群衆」(啓示7:9-17)を組織するであろう残りの者の両方ともと人たち、が今警戒態勢にそうであるに違いないすべてと敵の罠を避けて、そして、至高者によって供給されるように、安全と保護を見いだすすべての時において勤勉です。



世界危機編集

ダイバー諸国民は前代未聞の最も大きい危機に直面しています。 すべての諸国民の支配している要素は大惨事に接近することについての予感を持つように思われます。拒む者たちは神の言葉について注意します 、何がただ前方であるかについて、彼らは暗やみにいます。 それぞれの国民が暗やみに歩いておびえている人のようです。 今諸国民を共に攻撃的な、そして防御的な行動の中に動かす支配的な力は恐れです。 諸国民の目に見える支配者は感じている大きい困惑の状態です、(彼・それ)らがするように、若干の目に見えない力が(彼・それ)らを急速に大いなるクライマックスに動かしていること。 国民に贈る言葉を言うのを躊躇(ためらう)うべきではない、生き残る事無しに幾つかの治療法は出来無い。 そして(彼・それ)らのいずれもこのような確かな救済策の知識を持つように思われません。 政治的な予言者が未来を予言しようと試みます、しかし誰もこのような政略的な、宗教的な預言の(どれ・何・誰)もに対しての真の自信を持っていません。 彼らは深刻な精神状態にいます、そして(彼・それ)らに大惨事の前兆となる(彼・それ)らに差し迫っている大いなる幕が現われます。 主は苦脳のこの時を予知して、そしてこれらの言葉でそれを予言しました: 「地上では海のとどろきとその動揺ゆえに逃げ道を知らない諸国民の苦悶がある…人々は、人の住む地に臨もうとする事柄への恐れと予想から気を失います。」 - ルカ 21:25 、26。


地の諸国民の支配している要素は主のこれらの預言的な言葉と他の預言を無視します、そしてそれは前代未聞の最も大きいクライマックスへの諸国民を目に見えない軍隊が動かしている神のみ言葉 はそれをの勤勉な生徒に知られさせます。 このような目に見えない権力に関して主は「彼らが全能の神[すなわち、ハルマゲドンに]の偉大な戦いに(彼・それ)らを集めるために、地のそして世界全体の王たち[支配している権力]に出て行きます」と言います。 そしてその見えない力あるいは力であること? 主はそれが邪悪の能力であると答えます、悪魔、「悪霊の君」と彼の提携させられた悪霊、それら は、(彼・それ)ら自身神の目的に気付かなくて、破壊の溝の中にだまされやすい人を導きます。 (啓示 16:13-16 ) 地のすべての諸国民は今日影響と悪霊の管理の下にあります。 恐れが悪霊の罠の中にこれらの支配している権力を先導して、そして(彼・それ)らをやみくもに保護の場所を捜させました、そしてそれを彼らが見いだし損ねます。 - 箴言29:25。


死に直面します編集

すべての諸国民は死に直面しています、そしてハルマゲドンの普遍的な戦争、すなわち、「全能の神のその大いなる日の戦い」において、すべての諸国民は死ぬであろう。 それは他の諸国民の手において諸国民の「死」ではないでしょう(つまり諸国民自身の抗争による死ではない)、しかし死が天の全能の能力によって管理しました: 「上にある権威」 (ロマ 13:1 ) より高度な力を構成しているエホバ神とキリスト・イエス。 全能の神の大いなる日の戦いはエホバによって行なわれるでしょう、そしてキリスト・イエスは、天のすべての神聖なみ使いによって支援されて、邪悪な人の側面を悪魔と他の悪魔と継続する地球の上の彼らの支持者と戦わせました。 すべての諸国民は同じ運命を経験するか、あるいは同じ終わりに来ます、なぜなら地球のすべての諸国民は負けている側の上に、すなわち、悪い側の上ですから。 このような諸国民のすべては神権的の政府、すなわち、政府あるいは全能の神の王国に対立しています。 ハルマゲドンの戦いにおいてこのような諸国民が今までに;それとして(そのために)終わるべきであるすべては書かれます: 「邪悪な(人たち・もの)は地獄と神を忘れるすべての諸国民はそれに変えられるべきです。」 (詩編 9:17 ) 「邪悪な(人たち・もの)はシェオール、神を忘れるすべての諸国民にさえそこに引き返させられるべきです。」 - アメリカ改訂訳。


全能の神の大いなる日のその戦いで民主主義国家が、共産主義 政府、ナチズム、君主国家あるいは帝国主義の上に生き残らないでしょう。 人間の政府の形式が今までに(そのために)死ぬべきであろうすべて。 ただ神権政治だけが生き残るでしょう。 明白な事実は今すべての諸国民が「その名前だけがエホバである」神、全能の神、方、を忘れたことを明らかにします。 (詩編 83:18 ) これらすべての諸国民は著しく政治的な、商業の、そして過激論宗教的な要素によって支配されます、そしてすべては悪霊の見えない支配者の管理の下にいます、そして全能の神はそんなものの終わりが「地獄」であると言います。 地球の諸国民に関係している彼の裁きは聖句がそうである前述の人たちに、手短かに「(彼・それ)らはまったくひどいです。」と、発表しました。


編集

支配している権力の管理の下の種々の諸国民の民は大きい苦脳にいて、そして恐れと恐怖にいます。 (彼・それ)らの上にその命取りの敵がすべての側面から(彼・それ)らに接近する死のこれまでである - 増加する恐れがあります:大洋に出ている、潜水艦、魚雷、命取りの鉱山、水上飛行機と軍艦からの死;土地の上の、空から落ちている爆弾からの死と戦争の多くの他の道具からの死;食物に関して封鎖と制限の結果として生じている飢餓からの死。 家において残留する人たちがわずかしかあるいは一(人・つ)も持っていない間に、諸国民の理論と実行は戦う人が食物を持たなくてはならないということです。 民は自然の、そして偶然の目的から死を恐れます。 彼らは政略的な、宗教的な、そして他のギャングの不変の恐れにいます。 彼らは彼らの母国と彼らが建てた家からばかな獣のように(彼・それ)ら自身が追い詰められていることを見いだします。 残酷な独裁者が(彼・それ)らに出発することを命じます、そして彼らは言うことを聞かなくてはなりません。 難民として彼らは残酷な支配者の前のものは逃げます。 (彼・それ)らの何百万も、彼らの頭を置く場所なしで、そして食物と避難所を得ることについての手段なしで、亡命者になります、そして彼らはどこ(で・に)、知って、進みます、そして彼らはまったくの絶望で未来に直面します。 死の恐れが握りこぶしで(彼・それ)らを持ちます。 同じぐらい今見られた民の状態はずっと前にこれらの言葉:「土地に大きい苦脳があるべきである」で主イエスによって記述されました。 - ルカ21:23。


主イエスのこれらの言葉は今日が地球の上にすべての国民で存在するという条件を記述します。 合衆国の国民でさえこの小さい救済さえ取り去られるべきであるという安堵と恐れについて何百万も人があります、そして(彼・それ)らは飢餓に残るべきです。 (彼・それ)らが無知で保持されたから、民は解決法を見なくて、そしてもう完全に彼を信頼する人たちのために作られた神の慈しみある準備の無知にいます。 彼らの無知は悪魔と故意に民から神のみ言葉の知識を差し控えた地球の上の彼の宗教的な代表者のためです。 エホバ神はこれらの言葉でこの現在時を予言しました: 「暗闇が地をカバーします、そして民を鬱暗闇民(うつくらやみ)。」 (イザヤ 60:2 ) たくさんの病的な恐れの理由によって悪魔は宗教の彼のわなで人類を陥れました。 神の準備について知らないという状態で、彼らは盲目の宗教的な、そして政略的な手引きに民は追い求めます。


保護の探求編集

多数の人々が逃避の手段を求める、しかし、盲目にしていて、逃避の仕方を見いだし損ねます。 顕著な例は死亡したアメリカのコラムニスト、 Heywood Broun のそれです。 1939年12月21日の「ニューヨーク・タイムズ」は、 Broun 氏の葬儀について報告して、言います: 「「なぜ彼がカトリック教徒になることを望んだかの理由に方向転換して、 Broun 氏は4[理由]、...を与えました。 第3は死の恐れでした・・・。 Broun 氏の言葉での、4番目の理由・・・ 「個人主義よりいっそうばかばかしい何もありません・・・。 私は全能の神が私の個別の祈り、あるいは私の個別の犠牲、...にさえ興味を持つであろう理由を見さえすることができません。 私がカトリック教会であると信じるその霊的な法人。」」 恐れのためのその人は保全の場所を探しました、そして悪魔は彼をカトリックの宗教的なシステムに導きました。 この関係で、宗教が悪魔の(こと・もの)であるから、念頭に全能の神の言葉、その「宗教は罠である」、を持ってください。 (申命記 7:16 ) 時間から太古で、悪魔は人を陥れるために宗教と宗教的な顧客を使いました。 人が宗教を教えて、そして悪魔からの逃れと死の手段として間違って民の前に宗教を開催します;そして恐れることが、宗教的に教えること、主が予告した(とき・から・につれて・ように)さえ、(の・もの・人)が悪魔の罠に陥ることを恐れていて、そんなものと正反対で行きます(教えとは正反対に死に向かう)。 - 箴言29:25。


宗教が死に対して一度も予防措置であったことがありません。 いわゆる「クリスチャン宗教」さえ長い間破壊に導く彼の罠で人をわなにかけるために悪魔によって使われる主要な手段でした。 宗教の実行の初めは死から逃れて、そして悪霊のように賢明になる人の役割に関する願望でした。 全能の神は明らかに最初の人間の二人に死の不利な条件が意図的に彼の律法に服従しなかった人たちに課されるであろうと述べました。 (創世記 2:17 )


その大いなる詐欺師、悪霊の長である古い大蛇と悪魔、は死から逃れることについての手段としてアダムとエバに彼の宗教を提供しました。 彼が(彼・それ)らに言いました: 「あなたは確かに死なないでしょう;なぜなら神は[彼の律法の違反で]そのあなたが食べる日でのそのことを知っています、それであなたの目は開かれるべきです;そしてあなたは神々[悪霊はサタンと提携した]としてであるでしょう。」 (創世記3:4、5) すなわち、もし人がサタンの宗教を採用して、そして同じを慣わしにするであろうなら、彼は死から逃れて、そして悪魔の邪悪な提携者と比べて同じぐらい賢明であるでしょう、そしてそれは聖句で「悪霊」に指名されます。 けれども宗教がアダムとエバに保護を供給せず、そして人に一度も保護であったことがありません。 恐れと悪霊として賢明である意欲的な願望はアダムとエバを罠に導きました、そして彼らは死にました、そして彼らの罪の理由によって彼らのすべての子は死を相続しました。 - ロマ5:12。


地球の支配している諸国民は今いわゆる「クリスチャン宗教」を慣わしにします、そして人の間のリーダーは保護と救いの手段として民の上に「もっと多くの宗教」をしきりに促します。 宗教が、しかしながら、全能の神の大いなる日の戦いにおいて保護あるいは逃避の手段を供給しないでしょう、そしてそれは今急速に接近しています。 ハルマゲドンにおいてその偉大な闘いで国民が宗教のために保護を見いださないでしょう、そうでなく神は、彼らが誠実な宗教的な実践者あるいは良くない偽宗教家(えせ信心家)であるか否かにかかわらず、彼らの宗教のためにどんな国民の個別の人々も容赦しないでしょう。 宗教が決していつでもは人を死に対して保護しませんでした。 大いなる偽宗教家(えせ信心家)が、ローマカトリック教の組織の宗教的なシステムによって支持されて、1936から人々の大いなる群衆が死んだ1939までスペインで戦争の遂行しました。 ほとんどすべてスペインの民はそれでローマカトリック教の宗教の実践者でした。 その宗教は彼らのいずれも容赦するか、あるいは彼らのいずれも守りませんでした。 宗教がポーランドあるいはチェコスロバキアの民のための保護を供給しませんでした、そしてそれを民が、断固としてカトリックの宗教的なシステムとその実行に、持ちました。 神のみ言葉は明らかに宗教と宗教の実践者がそれ自身、ハルマゲドンの戦いにおいて破壊されるべきであると宣言します。


死の後に編集

すべての人々は今宗教が人を死に対して保護しないのを見ることができます。 さらに怖がっている民をだますために、彼の代表者が教える宗教の手段によっての悪魔は、彼らを宗教が死の後に予防措置である、そして宗教が彼らに未来の保護と果てしない幸福を開くと信じる気にさせて、人類にそれ以上の詐欺を課します。 果てしない至福に宗教はパスポートですか? 予防措置と地獄のカトリックの「地獄」あるいは「煉獄」の悩みの種からの逃避の手段がその宗教的なシステムによって教えられた宗教です! どこに正しい答えはこれらの質問に見いだされることができますか? 人が今までに問題に関して証言を与えるために「煉獄」あるいは地獄から戻りませんでした。 「煉獄での苦痛あるいは地獄」の教義は不完全な人によってだけ教えられます。 教義は聖書で見いだされません。 基本的なギボンズ、有名なカトリックの権威、彼の本で我々の父親の信仰、が205-208でページングして、言います: 「カトリック教会は義の人たちのために、邪悪な人たちの永遠の悩みの種の場所のほかにそして永遠の休養について、それを教えます、軽い罪で死んだ、あるいはすでに許された罪のために神の公正を満足させなかった人たちのために割り当てられた一時的な罰の真ん中の状態が次の人生で存在します。 一般に煉獄と呼ばれるこの中間の状態に委ねられた、魂が彼ら自身を助けることができないけれども、彼女は同じく我々にそれを教えます。 ∥彼らは通り過ぎて援助されるかもしれない∥地球の上の教徒の[祈り]∥。 煉獄の存在は当然相関の教義 - 死者のために祈ることについての有益を暗示します。」 「彼の魂は究極的に救われるでしょう、しかし彼は煉獄の浄化している炎で、一時的な持続時間、苦しむべきです。 この解釈は私のではありません。 それはキリスト教世界の教父の満場一致の声明です。」


上に伝統あるいは人の教えに断固として反対で、今エホバ神のおきてと全能の神からの全くの、そして完全な権威と話をしたキリスト・イエスの言葉を考慮してください。 人の伝統を教えていた宗教的な教師に演説して、イエスは言いました: 「なぜあなたはあなたの伝統によって同じく神の戒律を逸脱しますか?... それであなたはあなたの伝統によって一人一つはの神のおきてを効果にしましたか あなた偽善者、災いなるかなあなたのイザヤ予言、発言をしました、この民は彼らの口で私に近くに近付いて、そして彼らの唇で私に名誉を与えます;しかし彼らの心は私から遠いです。 けれどもむなしく彼らは、教義のために人のおきてを教えて、私を崇拝します。」 - マタイ15:1 - 9。


あなたは伝統的に係わる宗教を慣わしにする不完全な人の教えることを信じて、そして後に従うことを望みますか、あるいはあなたは主イエス・キリストの正式な言葉を追い求めることをより好みますか? それから、聖句の言葉を覚えていてください: 「そしてこれは永遠の命です、彼らがなんじが送られて持つあなた、唯一の真の神とイエス・キリスト、を知っていること。」 - ヨハネ17:3。


運命編集

すべての人間の被造物とそれほどそのために(彼・それ)らの若干の終わりが彼らが「永遠の苦痛」と解釈する「煉獄」、天へのいくらかと「地獄」へのいくらか、に(それに)ならなくてはならない若干の偽宗教家(えせ信心家)が全能の神があらかじめ予定したと強く主張します。 それらの教義は、しかしながら、完全に誤っています。 神はどんな個人の終わりも前もって決定しませんでした。 神はあらかじめ予定するか、あるいは人間の間で神に向かって彼らの忠誠を維持する被造物からとられた、固定されている、そして限定された数が霊の被造物として永久に主イエス・キリストと一緒に天にあるべきであると前もって決定しました。 そして彼は個人について、しかし応用されたテストの下で彼らの忠実のために神の認可を受け取る、そして忠実な人々が地球上で永久に生活するべきである固定されているグループなしでもう1つの一座を用意しました。 「終わりであるべきであるものあるいは個人の運命は、神が前もって決定しません。 神は人の前に彼の固定されている規則を達成します、そして彼に従う人たちは永遠の命に入ります、そして彼に服従しない人たちは死んで、そして死んでいるままでいます。 神は個人のえこひいきする人ではありません。 (使徒 10:34 ) 人が、従って、彼自身の運命あるいは終わりを直すことに大いに関係があります。 全能の神に仕えることに同意する人たちに彼は言います: 「見てください、私はあなたの前にこの日の命と善人と死と悪をセットしました。 私は、この日あなたに対して、私が、祝福して、そして呪って、あなたの前に人生と死を達成しました;従って命を選択する、なんじとなんじの子孫、両方が生活するかもしれないことを記録するために天と地球を呼びます。」 (申命記30:15、19) 「御子に信仰を働かせる者は永遠の命を持っている、御子に従わ無い者は命を見ず、神の憤りが留まっている」 (ヨハネ3:36) 「そしてこれは永遠の命です、彼らがなんじが送られて持つあなた、唯一の真の神とイエス・キリスト、を知っていること。」 - ヨハネ17:3。


神は人が生活あるいは死を選択するのを許します;それ故人が彼がとる経過によって彼自身の運命を直します。 「主の目は義の(人たち・もの)の上です、そして彼の耳は彼らの叫び声に開いています。 度外れて邪悪な者は、主の顔は(彼・それ)らに反対して、地から(彼・それ)らの記念を切断するために。」 (詩編 34:15,16 ) 全能の神は命の噴水です。 (詩編36:9) 「救いが神に属します」、キリスト・イエスによってそしてを通して。 (詩編 3:8 ;ロマ 6:23 ) 命に救いの他のどのような手段もありません。 - 使徒4:12。


あなたが宗教的な人の伝統的な教えに引き続いてチャンスを得る意志、あるいはあなたが全能の神のみ言葉によって案内されるという意志」∥? 宗教は人を陥れて、そして神からそして破壊の中に彼らをそむけるために彼らによって使われた悪霊の製品です。 支えて、そして人の伝統的な、そして宗教的な教えを追い求める人たちは彼らが破壊に終了するであろうことに気付くでしょう、なぜなら宗教は全能の神のみ言葉の反抗的態度にそしてで反対ですから。 あなたたち自身のためにあなたが、主あるいは悪霊であるか否かにかかわらず、誰に仕えるであろうか決めてください。 その同じ取引は(すでに)神の意志をすることを誓約していたイスラエル人に提示されました;そしてそれは生活するであろうすべての人々に関係する神の固定されている規則です。 エホバ神に専念していて、そしてエホバから、霊感の下で、神の認可を持っていたヨシュアがイスラエル人に言いました: ∥「今そのために主を恐れて、そして誠実でそして実は彼に仕えて∥;そして∥あなたの父親が洪水の他の側面の上に仕えた神々[宗教の手段によって民を堕落させた、そしてそれから悪霊によって配分された土地神が彼の忠実な僕、アブラハム、連れて来た神々あるいは悪霊]を施設に入れる∥[すなわち、川ユーフラテスの他の側面∥ ( Vss 。 2, 3)], そして、エジプトから救い出された主に仕えなさい」- ヨシュア24:14。


何が、それから、人のために安全な、そして確かな導きですか? 答えはそうです、真理である神のみ言葉。 (ヨハネ 17:17 ) 「なんじの単語は私の道に私のフィートへのランプとライトです。」 (詩編 119:105 ) 時は、従って、最も大きい危機が身近にあるからここにあります、すべての人が彼らが、悪魔、あるいは全能の神と彼のキリスト・イエス国王によって教えられた宗教であるか否かにかかわらず、誰に仕えるであろうか決めなくてはならないこと。


「煉獄」と地獄編集

偽宗教家(えせ信心家)が「煉獄」と「永遠の苦痛」の教義を教えます。 このような悪魔と一緒に創作された、宗教的な教えが次に続く聖書の試験を特徴づけること。 神のずるい敵は上手にそれが人の前に宗教が一貫している、人に、その人が生き続けて、そして意識がないなら、誰も「煉獄」であるいは地獄苦痛で意識があり得なかったように思われなくてはならないように思われさせられなくてはならないことを知っていました。 それは、人に、教義を発表した悪魔「死がない」でした。 (創世記 3:4 ) そのリードに引き続いて、宗教的な教師は民にすべての人が不滅の魂を持っているということを知らせました。 「不滅」がこのような魂が死ぬことができないことを意味します;そのためにそうなものの後のいずれかの場所が「死」を呼んだ魂が存在し続けなくてはならないこと。 けれども聖書はすべての人が魂であることを示します、なぜなら魂は生きている被造物ですから。 神は生体あるいは地のほこりの人の体を作って、そして次にその体の中に生きている被造物が呼吸する、そしてその呼吸が体を活気づけた息を呼吸しました、そして人が生きている魂に「なりました」: 「そして主なる神は地面のほこりの人を形成して、そして彼の鼻孔に命の呼吸を吹き込みました;そして人が生きている魂になりました。」 - 創世記2:7。


すべての動物は精神です、すなわち、すべては生きている被造物です。 (民数記31:28) それは神が言いました:「あなたが罪を犯す日にあなたが死ぬべきである」人、魂でした。 (創世記 2:17 ) 人あるいは人が罪を犯しました、そして死が結果として生じました。 エホバが明らかに「 罪を犯す魂は確かに死ぬべきです。」と、宣言する(とき・から・につれて・ように)。 (エゼキエル18:4、20) 『生きている人で死を見ない強健な人が果たしているでしょうか。彼はシェオルの手から自分の魂を逃れさせることができるでしょうか セラ。』 - 詩編89:48。


「すべての魂の不滅」の宗教的な教義はサタンによって紹介されました、そしていずれの教義かが嘘です;そして彼、悪魔に関して、主イエスは言います:「彼はうそつきと嘘の父です、そして彼に真理がありません」。 (ヨハネ8:44) 誰がその嘘を教えるかにかかわらず、「人の固有の不滅」の教義がまだ嘘であることは後に続きます;そして宗教的な人がこのような「固有の不滅」の教義を教えるので、その教義は絶対的に誤っています。 それが紹介された理由は悪魔のオリジナルの嘘を支援することでした、それはそこ(に・で)死ではありません、そして「不滅」教義は(今まで)欺まん的な多数の人々の手段でした。 その教義は安全に誰によっても従われることができません。

死者編集

死者は死の後に意識がありますか? 神のみ言葉は次のように答えています: 「生きているもの彼らが死ぬことを知っている;しかし死者がどんなもことではなく知っていることを知ってください、彼らどんなも1報酬さらに多くもそうではありませんでした、なぜなら(彼・それ)らの記憶は忘れられます。 Whatsoever はなんじの力でそれをして、するためになんじの手の幅 findeth します;なぜなら業、と装置のいずれもありません、そして知識も同様であります、そして、墓での、知恵も同様であります、 whither になんじは goest します。」 (伝道の書 9:5,10 ) 「なぜなら死になんじの記憶がありません;墓で誰があなたに感謝を与えるべきですか?」 (詩編 6:5 ) 「死者は主を賛美しない, neither any that go down into silence." - 詩編115:17。


聖書で出発したように、平坦にすべての宗教指導者によって教えられた宗教的な伝統が神のみ言葉を否定するという事実はこのような偽宗教家(えせ信心家)が悪魔の嘘を教えるという決定的な証明です。 彼が死んでいた後、人の意識の教義をサポートしている聖書に一(人・つ)の聖句もありません。 「人が地のです」、そして最も高い(人・もの)は動物創造の(こと・もの)ですか (コリント第一 15:47 ;創世記1:26) 人がアダムによって犯された罪のために死にます、そしていずれの死かが、遺伝によって、すべての人をふと見つけます。 人が他の動物創造のように死にます: 「 befalleth するそれのために人の息子は獣を befalleth します;1つのものさえ(彼・それ)らを befalleth します;1つの dieth として、それで他を dieth してください;実に、彼ら - はすべての1つの呼吸を持っています;人が獣の上に抜群を hath しないように;すべての間うぬぼれがあります。 すべては1つの場所に行きます;すべてはほこりの(こと・もの)です、そしてすべては再びほこりに頼ります。」 (伝道の書3:19、20) この陳述はアダムに反対して顕著な全能の神の裁きで厳密な調和にあります: 「なんじがそうであるほこりとほこりになんじは戻るですか」。 - 創世記3:19。


苦痛編集

偽宗教家(えせ信心家)が地獄が永遠の苦悩あるいは苦痛の場所である、そして「地獄の火」で人が逃避のどんな可能性なしででも苦痛を経験することを教えます。 正確にその宗教的な、伝統的な教義の矛盾にそしてで反対で、聖書は地獄が人が何も知らない、そして彼らがすべて死において行く暗闇の条件、非実在、であると言います。 ヘブライ単語シェオールは英語「地獄」に翻訳される、そして同じく何度も翻訳された「死」です。 同じくギリシャ語単語 hades はイギリスの「地獄」と「墓」に変換されます。 「地獄」と「墓」は状態あるいはまったく意識あるいは命がない死の状態を意味します。 若干の聖書の例がヨブ、神の僕、の後に続きます、そして誰かが神の認可を持って、そ(れ・こ)から彼が安心していることを望んだ身体の痛みと精神の苦しみを経験していました、そして彼はこれらの言葉で全能の神に祈りました: 「ああ,なんじが墓で wouldest に私を隠す、なんじの激怒が過去になるまで、なんじが wouldest に私を秘密にしておく、なんじがセット時 wouldest に私を任命して、そして私を覚えている!」 (Job 14:13) 「もし私が待つなら、墓は私の家です;私は暗闇で私のベッドを作りました。」 (Job 17:13) これらと多くの他の聖書の聖句、単語、で「墓」と「地獄」が同じオリジナルの単語シェオールから翻訳されます。 同じく翻訳された「地獄」と「墓」であるギリシャ語単語 hades について、次のことに気付いてください:主イエスは死に向かわせられて、そして墓、墓あるいは墓地で埋葬されました。 (マタイ27:60) イエスはそのために死んでいて、そして「地獄」、シオール、 hades 、墓にいました。 使徒ペテロは、聖霊を受け取った後で、全能の神から霊感の下で権威をもって話をしました。 彼は神のおきてにおいて書かれた預言から引用しました 同じをキリスト・イエスに適用して、(詩編 16:10 )。 "Because thou wilt not leave my soul in hell, neither wilt thou suffer thine Holy One to see corruption." 「そのために預言者と神が(すでに)、彼に宣誓で、彼の腰部の実について、肉によれば、彼が彼の王座の上に座るためにキリストを引き起こすであろう;彼は、前にこれを見て、キリストの復活について話をした、彼の魂がそうではなかったと誓っていたことを知ることが彼の肉を地獄で、いずれもままにしておかなかったということであることは汚職を見ました。」 (使徒2:27、30、31) さらにそれは書かれます: 「それについて我々がすべて証人である神が、[死から]、引き起こしたこのイエス hath 。」 - 使徒2:32。


疑いなしでイエスは「地獄」、すなわち、墓、死の状態、でいて、そして、神が死から彼を育てるまで、そこ(に・で)残留しました。 それで「地獄」が完全に宗教の教師によって民に誤り伝えられました。 苦痛あるいは苦悩がサタン悪魔と一緒に源を発しました、そして悪魔はそれから人を火で人をひどく苦しめた罪で全能の神を告発させました。 まだ、聖句で述べられるように、このような考えは決して全能の神の心に浮かびませんでした (エレミヤ7:30、31) 永遠の苦痛あるいは苦悩の教義は悪霊の教義です、それは、悪魔、あるいは長について、悪霊と彼の提携させられた悪霊の、そして地球上で宗教を慣わしにするそれらの人によって教えられます。 聖句で明らかにされた苦痛の最初のインスタンスはサタン、悪霊の君に直接つけで買われます。 (Job 1: 11-22; 2:1-13) 同じく聖句は苦痛の目的がそうであって、そして人にエホバ神をのろう気にさせるはずであることを示します。 それは悪魔と彼の宗教的な代表者がヨブをひどく苦しめた理由でした。 偽宗教家(えせ信心家)が長い間永遠の苦痛の教義を教えたから、神と彼のみ言葉について知らない多くの人々がそれで悪魔の目的を遂行している神をのろいました。 聖句が決定的に死者のいずれも地獄あるいは「煉獄」あるいは他のどこでも意識がないことを証明するのを見て、魂あるいは被造物が消すことのできないフレームで苦しむことはそのために不可能です。 The religious doctrine of "purgatory" and "hell" as taught by religionists being false, it is clearly seen that these religious doctrines constitute a snare of the Devil to those men who fear and who flee to religion as a place of protection or safety. さらに、宗教が、人が彼らが祈りを持つために宗教的な祭司に彼らの金 - の上に支払わなくてはならない民が「煉獄にいる人たち」のために言ったことを教え、そして怖がっている民が死んでいる彼らの友人たちのために祈とうが言われるようにするためにこのような誘因に負けて、そして宗教的な教師に彼らの金を手放すから、特に「煉獄」に参照資料と一緒に、ラケットであることは見られます。 それで宗教的な教師は虚偽の主張の手段によって民から金を集めます。 虚偽表示によって金を得ることは土地の律法の下で犯罪です;そのために「煉獄」の宗教的な教師は偉大な犯罪に関して有罪です。 教え「煉獄」と「苦痛」によって犯された最も大きい犯罪は全能の神の名前を中傷することについてのそれです。 Are you willing to risk your eternal existence by accepting and following" false doctrines taught by men? 神のみ言葉で出発したように、あなたは神とキリスト・イエスの認識を得ることによって、適切にその問題を決断することができます。 (ヨハネ17:3) それは悪霊の救いの神の手段に関して暗闇あるいは無知で民を引き留める目的です。 宗教的な教師は長い間(今まで)悪霊の道具でした、そして彼らは民を陥れて、そして暗闇で(彼・それ)らを保持します。 その理由のためにまさしくこの日に預言は、機知、「暗闇が地球とゆゆしい暗闇、民、をカバーする」に、成就されます - イザヤ60:2。


命の希望編集

死者がもし神が(彼・それ)らが命を持つために準備をしていなかったなら今までに(そのために)死ぬであろうすべて。 すべての人間の被造物は死をもたらしているアダムの罪のために不完全で生まれます、そしてそれをアダムの子のすべてが継承しました。 「従って、1つによって人罪が罪によって世界と死に入った;そしてそれで死がすべての人の上に通過した(とき・から・につれて・ように)、それのためにすべては罪を犯しました。」 (ロマ 5:12 ) 「罪の賃金のために死です;しかし神の賜物は永遠の命、イエス・キリストを通して我々の主です。」 - ロマ6:23。


神の準備は命の与えることのために人にキリスト・イエスによってそしてを通してです。 完ぺきな人、イエス、の活力源は死で注がれて、そして贖い価格あるいは人間の民族の購入価格を構成します、そしてそのためにキリスト・イエスは購入によって人間の民族の所有者になります。 それが書かれる(とき・から・につれて・ように)、上に信じて、そして主に従うすべての人はその贖い価格の利益を持っているかもしれません: 「神のためにそれで世界を愛しました、誰が believeth に彼に死ぬべきではないが、永遠の命を持つべきであるとしても、彼が彼の独り子、それを与えたこと。」 - ヨハネ3:16。


∥3つの聖句の金額は上に続く∥言及する∥これである∥:∥遺伝によってのすべての人は罪人として生まれる、神が彼らの救いに備えないなら、すべての罪人は死ななくてはならない、イエスの上に、誰が、神の代表者として、全能の神のおきてを信じて、そしてそれに従う人たちに生活を与えるか信じる人たちを救うためにキリスト・イエスを世界の中に行かせることによって、神がこのような準備をした∥。 人が救いのために神の準備について聞いて、そして知っていなくてはならないことは後に続きます、そしてそれで道は人が彼自身の終わりあるいは運命を決定するために開かれます。 Those who do hear and obey receive life, while those who refuse to believe and obey remain under condemnation and perish for ever. (ヨハネ 3:36 ) 無料の賜物として生活を受け取ることに、キリスト・イエスの上の信念とそれへの従順がそのために状態先例です。 賜物が効果的になることができる前に、レシーバーはその賜物を受け入れることを進んでしないければなりません。 命の無料の賜物は人に提供されます、そしてただそれを受け入れるそれらの人々だけがそれを受け取ることができます。 「そのために1つのオフェンスによって裁きが非難にすべての人を襲った(とき・から・につれて・ように);それはそうでも1つ[イエス]の義によって無料の賜物は命のジャスティフィケーションにすべての人を襲いました。」 - ロマ5:18。


Because Jesus was fully obedient to God's commandment even unto death God raised him out of death and made Jesus "the author of eternal salvation unto all them that obey him". - ヘブライ5:9。


復活編集

神が死からイエスを引き起こした(とき・から・につれて・ように)、それはそうでも、彼は死から死の時に彼に向かって善意の(こと・もの)であった人たちを引き起こすために彼の約束を与えました。 アベルから人、イエス、が来ることまで神に完全に忠実であった、そしてその人が「もっと良い復活」を持つであろう地球の上に若干の人がいました。 (ヘブライ 11:35 ) このような人は地で君にされて、そして神権的の政府の代表者の役を務めるでしょう。 それらの人の若干がヘブライの11番目の章で特に名前をつけられます。 同じく、これらは、詩編において、主イエス・キリストの指揮の下に義で支配するべきである「君」と呼ばれる45:16です。 (イザヤ 32:1 ) 使徒と他の忠実な霊によって生じさせられた(の・もの・人)のような、キリスト・イエスの足跡で後に続く忠実なクリスチャンは「最初の復活」で参加を持っています。 (啓示 20:4,6 ) 人に生活を与える神の目的の学習の機会なしで死んだ他の人たちが死から目覚めさせられて、そして神に向かってのそして、同じを証明する、彼らの忠誠が生きているであろうことを証明する機会を与えられるでしょう。 (ヨハネ 5:28,29 ) 意図的に邪悪な(人たち・もの)について、彼らは復活の希望を持っていません。 (詩編145:20;9:17) もし上に記述された人々の(どれ・何・誰)も「煉獄」あるいは「永遠の苦痛」にいて、そしてそこに意識があって、そして生きていたなら、復活が「死者」のためであるから、(彼・それ)らは復活させられることができませんでした。 (コリント第一 15:4,12-24 ) 聖句は、従って、決定的に「間の不滅」、「煉獄」と「地獄での永遠の苦しみ」での意識、の宗教的な教義が絶対的に誤っていることを証明します。 宗教が死の前か後に命の希望をいだかせません。 宗教に従って、そして、真理の学習の後に、意図的に同じを慣わしにすることはそ(れ・こ)から目覚めあるいは復活がない永遠の死を意味します。 聖書の贖いの試験と復活は本救いで完全に考慮されます、そしてそれをあなたが本当の利益で読むでしょう。


難民のための避難所編集

イスラエル人と神のそれらを扱うことに関する聖書での記録はキリスト・イエスと彼の王国の再臨において渡すようになるべきもっと素晴らしい、そしていっそう重要なことについて予告してタイプあるいは預言を構成しました。 (コリント第一 10:11 ;テモテ第二 4:1 ) 神はイスラエルの民をモーセの拍手でリードしました、そしてモーセによって彼はイスラエルによって設立されて「保護の都市」がそうであるに違いない命令を与えました、そしてその場所は知らずに、不意に、あるいは悪意なしで、人間の被造物を殺したすべての人々に安全性の収容所を提供しました。 このような殺害者は保護の都市に逃げて、そしてそこ(に・で)残留しなくてはなりません、そして、それで、神の - 命令に、従順を破滅させることは安全でした: 「それからあなたは不意にあなたをにおいてどんな人でも killeth する殺害者が、そこへ、逃げるかもしれないあなた;それのための保護について都市であるべき市に任命するでしょう。」 (民数記 35:9-12 ) 保護の都市は、人間の被造物がキリスト・イエスの再臨において地に住むことに即応できさせられて、キリスト・イエスの下で神の組織を描写するか、あるいは予想させました、そしていずれのエホバの組織が保護あるいはその中に安全性を求める人たちの安全性の場所を供給しますか。 「逃避の都市」の問題が扱われる主題は本でエホバと富を詳述します、そしてそれをあなたが読むべきです。 「キリストの体」の成員 (コリント第一 12:12,27 ) 主が彼の再臨と裁きにおいて忠実であることを見いだす、そしてシオンの一部、すなわち、神の首都組織、にされる、そしてそれの上に組織キリスト・イエスが頭であるそれらです。 (詩編 2:6 ) 彼が来ることについての時間と王国に羊といずれに次の約束の神の「小さな群れ」がされる神に向かって善意の(こと・もの)である、しかし天のクラス、すなわち、シオン、の成員にされることができない、そして天のクラスが知られている地球上での他のものがあります:『恐れることはありません、小さな群れよ。あなた方の父は、あなた方に王国を与えることをよしとされたからです』。 - ルカ12:32。


イエスはそれから彼がもう1人の彼が呼ぶであろう、そして彼が救いを与えるであろう「羊」と呼ばれる人々の級を持っていたと言いました: 「そして同じく私が持って来なくてはならないこの折り目;(彼・それ)らのではない私が持っているほかの羊と彼らは私の声を聞くべきです;そして1枚の折り目と1人の羊飼いがいるべきです。」 - ヨハネ10:16。


These "other sheep" of the Lord are the persons of good will toward God, and who are symbolically designated in the Scriptures as Jonadabs or Jonathans, that is, those who are represented by Jonadab and Jonathan, and which persons, proving faithful under the test, will form the "great multitude" and proclaim the name of God and Christ (啓示 7:9,10 )とこのような人々は彼らが地球上で永久に生活して、そして義の民と一緒に地を満たすべきであるという約束を持っています。 聖書の証明はキリスト・イエスが1914年に王として王位につかせられたということです。 (詩編2:6;110:1,2) 彼の即位式の3と半分年後の、そして人、イエス、の奉仕の務めの3年半と一致する 1918年で地球の上に、「シオン」と呼ばれる神の首都組織は設立されます、そしてその首都組織のキリスト・イエスは頭です。 神の組織はそれで神に向かって「逃避の市」と善意のそれらの人々によって描写された保護の場所を構成します、そして願望保護と救いがハルマゲドンにおいて、キリストの下で組織に誰から逃げて、そしてハルマゲドンの戦いにおいての神の激怒が過去になるまでそこ(に・で)保護と収容所が見いだすかもしれませんか。 今再び「保護の都市」への指名すること: "What is meant by the words in the scripture, to wit, "the slayer may flee thither, which killeth any person at unawares"? In brief, the answer as set forth in the Scriptures is this; The everlasting covenant of God given to the people through Noah forbids the slaying of men or animals except as authorized by the "Word of the Lord. (創世記 9:5,6 ) 地球あるいは邪悪な世界の諸国民はサタンが頭である宗教的な、政治的な、そして商用の要素で構成されています。 (コリント第二 4:4 ;ヨハ一 5:19 ) 不正に人間の血を流すことによって、世界のすべての諸国民は神の永遠の契約をブレークしました。 (イザヤ 24:5,6 ) すべての諸国民は不正に苦しみを起こしている残酷な戦争と多くの人間の被造物の死を思いのままにしました。 これらすべての諸国民は意図的にキリスト・イエスの本当の、そして忠実な追随者を迫害しました。 適切な例がヒトラー政府とスターリンの下のロシアの政府と他の政府のよう、スペインの現在1のようです。 実際、すべての諸国民は不当に人間の被造物を殺すという罪があります。 戦争が僧職者であると宣言される、あるいは宗教的な教師が人に戦争に行って、そして殺すようしきりに促す、そして直接、あるいは間接的に宗教的な組織の支持者である多くの人々が人の恐れにいるとき、そして彼らは戦争を強制される、そして死ぬほど激しい他の人間の被造物に、しかし彼らの同胞に向かって悪意なしで交戦します。 世界大戦の間に多くの人がそれで殺すことに携わることを強いられました、そして同じく多くがやみくもに神の忠実な証人を迫害する気にさせられました。 後に賢明である、そして神に向かって善意を持っている、そして神とキリスト・イエスに仕えて、主に頼って、そして保護と安全性を探すことを望むそれらの人々。


どこ(で・に)彼らは逃避と安全性を見いだすでしょうか? このような善意の人々は聖句でヨナダブたちとして知られています。 彼らは対型的な(人たち・もの)「逃避の都市」、すなわち、エホバ神アンダーの組織にキリスト・イエスに逃げなくてはなりません;彼らはその後主のおきてに従って、そして義と柔和さを求めなくてはなりません、神のみ言葉から何が(彼・それ)らに関係する彼の意志であるか検討して、そして学ぶことによって、彼らは柔和さを求めるために正しくて、そして勤勉なものをするために勤勉でなくてはなりません。 彼らは神とキリストに仕えて、そして従って完全に、そして完全に神権的の政府のサポート献身しなくてはなりません。 彼らは宗教を思いのままにすることを拒否しなくてはならなくて、そして神の側と彼の王、キリスト・イエスの上に固く立たなくてはなりません。 彼らは、神権的の政府を発表して、奉仕で(彼・それ)ら自身を神の油そそがれた者と交わります。 これらは「ほかの羊」を構成する(の・もの・人)です、そしてそれを主が彼が彼自身に今集めていると宣言します。 (ヨハネ 10:16 ) 彼らはマタイ25:31 - 46で主によって言及される羊級です。 もし(彼・それ)らが忠実で、そして本当のままでいるなら、神の組織に彼らは究極的に救われるべきです。


ハルマゲドンは近くに今近付いています。 考える皆が問題の大いなる時間がただ前方であるのを見ることができます。 神に向かっての善意のそれらの人々は悪霊によって憎まれて、そして影響と悪霊の管理のそして下の支持者であるそれらの支配者によって憎まれます。 どのように善意のこれらの人々は収容所と安全性の場所を見いだしてもよいですか? 神のみ言葉が答えます: 「一緒にあなたたち自身を集めて、実に一緒に、切望されます[彼らが神の側についての彼らの見解をとったから、この世界の支配者によって切望されないです]のではなく0の国民を集めてください。」 (ゼパニヤ 2:1 ) これらは、完全に神に専念している地球と彼の王国の上に「小さな群れ」のそれらと一緒に(彼・それ)ら自身を集めて、保護の対型的な市、すなわち、神の組織に逃げます、そしてそれらと一緒に彼らは神に仕えます。


このような集会あるいは逃避の対型的な市、すなわち、神の組織、に逃げることが全能の神の大いなる日の戦い、神の激怒の表現の前に起きなくてはなりません。 それから主がそんなものに言います: 『法令が何も産み出さないうち、その日がもみがらのように過ぎ去らないうち、エホバの燃える怒りがあなた方に臨まないうち、エホバの怒りの日があなた方に臨まないうちに、地の柔和な者たち、神の司法上の定めを守り行ってきたすべての者たちよ、エホバを求めよ。義を求め、柔和を求めよ。恐らくあなた方はエホバの怒りの日に隠されるであろう』。 - ゼパニヤ2:2、3。


「義を求める」ことは何がエホバのすぐ前にあるか確かめるつもりです。 「柔和さを求める」ことは聖書と聖書の勉強が助ける神の意志を学ぶこと、そして次に勤勉にあなた自身そうすることを志願する願望にあなたが神のご意志を確認して、そして彼に認可を供給してもよいことを意味します。 「[人に]神にあなた自身が公認であることを示す研究、恥じていない労働者[神の王国のために]。」 (テモテ第二2:15) このようなヨナダブたちは諸国民の間に戦争に関して絶対的に中立のままでいなくてはならなくて、そして完全に神にそして彼の政府に専念しているに違いありません。 主の組織は難民の収容所と安全性の場所です。 他の何もありません。


宗教がいつでも人間の被造物のために一度も保護あるいは安全性を供給したことがありません、なぜなら宗教は悪霊のプロダクトですから。 宗教が承知の上で、そして意図的に宗教に従うすべてとその教師の破壊に終わるでしょう。 宗教がハルマゲドンにおいて保護あるいは予防措置を供給しないでしょう。 宗教が死の後にまったく安全性を提供しません。 保護と救いが主によって与えられます、なぜなら救いが神だけに属しますから。 (詩編 3:8 ) 神に向かっての善意の人が聖書を勉強して、そして同じを理解しようと努力するために勤勉です。 善意の人たちが勉強して、そしてそれを理解するかもしれないという神が、聖書と聖書が同じを説明することをこらえるなら、持っている大きい世界苦脳のこの時代に;そして主が言う救いを見いだすであろう善意のそれらに;「これはなんじが持つあなた、唯一の真の神とイエス・キリスト、が送った彼らが知っているかもしれない永遠の命、それです」。 - ヨハネ17:3。


善意のすべての人々は、従って、今宗教を避けなくてはなりません。 彼ら人を恐れること、しかしそうするための弧は神を彼らの恐れと彼らの収容所と避難所にします。 (イザヤ8:8-16) 彼らは主を信頼して、そして(彼・それ)ら自身の理解あるいは人の意見に寄りかからないはずです: 「主にすべてと一緒にあなたの心の;そして貧弱なあなたに自身でない理解を信頼してください。 全部でなんじの方法は彼に感謝します、そして彼はなんじの道を指揮するべきです。」 - 箴言3:5、6。


彼らは常に念頭に「彼がそれほど信頼して主に安全であるべきである」という聖句の警告を持っていなくてはなりません。 (箴言 29:25 ) 宗教的な組織は、ローマカトリック教の階層によって支配されて、大いなる物質的な富を所有します。 非常に地の金持ちは保護あるいは全能の神の激怒に対しての1種類の保険として今、そして「煉獄あるいは地獄で(彼・それ)らを苦痛あるいは苦悩から救ってください」にその宗教的な組織を支持して、そしてその中に仕えている祭司に金の素晴らしい金額を払います。 その宗教的な協会とその一団の校長が言います:「地獄の門は我々に勝つべきではありません。 あふれている災難が完全に通過するべきであるとき、それは我々に近くに来るべきではありません。」 (イザヤ 28:15 ) 政治的勢力と力と大いなる物質的な富を持って、彼らの富を信頼して、そして宗教と彼らの富に頼る人たちで、そして彼らの恐れで彼らが悲鳴を上げる苦脳のこの時に富んでいる人たち: 「我々が必要とするものはもっと多くの宗教です。」 They will soon find, however, that neither wealth nor power, influence or religion will furnish them any protection in the day of Armageddon. そんなものに関してエホバは言います: 「すべての手は弱々しいべきです、そしてすべてのひざは水として弱いべきです。 彼らは袋地で同じく(彼・それ)ら自身を引き締めるべきです、そして恐怖が(彼・それ)らをカバーするべきです;そして恥ずかしさが(彼・それ)らのすべての頭の上にすべての顔とはげの上であるべきです。 They shall cast their silver in the streets, and their gold shall be removed: their silver and their gold shall not be able to deliver them in the day of the wrath of the Lord: they shall not satisfy their souls, neither fill their bowels; because it is the stumblingblock of their iniquity [(marginal reading) なぜなら彼らの不正行為は彼らの障害です]」。 (エゼキエル7:17-19) 彼らの「不正さ」あるいは無法状態が人の彼らの恐れと彼らの宗教で保護と保護を求めることです、そしてそれで彼らはサタンの穴あるいは罠の中につまずいて、そして破壊されます。


カトリックの宗教的なシステムは、階層によって支配されて、数えきれない物質的な富を獲得して、そして考慮でいずれの金について、貧しい人たちによって(彼・それ)らに支払いました、彼らは約束して、そして恐れのために宗教的なわなに落ちた真に受けやすい民に安全性を保証しました。 けれどもハルマゲドンにおいてそんなものの少しも神の激怒から逃れないでしょう: 「わめいてください、あなたの大虐殺のそしてあなたの dispersions の日の間のあなた羊飼いと叫び声とあなたたち自身灰での転げ回る場所、あなた一団の校長;は熟達しています;そしてあなたは楽しい器のように落ちるでしょう。 そして羊飼い[祭司]は逃げる方法を持つべきでありません、そして抜け落ちるべき一団の校長も同様であります。」 (エレミヤ25:34、35) 労働者階級が言うことは神の復讐に対して保護ではなく、(彼・それ)らのために善を達成しないでしょう。 (彼・それ)らのいずれもエスケープするべきではありません。 - テサロニケ第一5:3。


地の諸国民は要素宗教、政治と貿易によって支配されます。 これらの支配者は、大きい危機が急速に接近して、そして神の目的に関して暗やみにあるのを感じて、やみくもにお互いに「さらに我々に宗教を与えてください。」と、叫びます。 それで彼らはさらにすべての諸国民が神権政治に反対であることを証明します、そしてそれは義で世界を支配するべきです。 (イザヤ9:6、7) 明白な証明はすべての諸国民が神を忘れて、そして完全に邪悪な悪霊に先を譲ったということです、そしてそのために諸国民は邪悪です。 Concerning their, end the Lord says, "The wicked is snared in the work of his own hands." All such have determined their own destiny by choosing the course of religion or demonism. 「邪悪な(人たち・もの)は地獄と神を忘れるすべての諸国民に変えられるべきです。」 (詩編 9:15-17 ) そんなものがそうするであろうすべてはハルマゲドンにおいて死にます。


民は厳しい支配者によって今抑圧されていて、支配されていて、そして虐げられています、しかし邪悪な独裁者の終わりは近くです。 エホバに向かって善意の(こと・もの)であるそれらの難民のための救出の日は同じく近くです。 エホバ神は裁きの彼の王座をセットしました、そしてキリスト・イエス、大いなる裁判官、は裁きの彼の業を続けています。 善意のそれらの人々に神に向かってそして誰の献身が神と彼の組織へであるか、そして誰かが忠実で継続します、神は問題の時に収容所と安全性を約束しました: 『主は同じく虐げられた(人たち・もの)のための収容所、問題の時での収容所であるでしょう。そして、あなたのみ名を知る者たちはあなたにより頼みます。エホバよ、あなたはご自分を捜し求める者たちを決して捨てられないからです。』 (詩編 9:9,10 ) 難民は主に今逃げて、そして彼に仕えなくてはなりません。


善意のこれらの忠実な人は今するべき業を持っています、そして(彼・それ)らに関するおきてはそうです: 「シオンに住む主への賛美が民の間で彼の行動を宣言すると歌ってください。」 (詩編 9:11 ) 完全に主を信頼して、そして彼が彼らの希望と救いであることを知って、彼らは彼の組織の下で永続的であって、そして歌い続けます。『わたしの力、、エホバよ、わたしはあなたに愛情を抱きます。エホバはわたしの大岩、わたしのとりで、私を逃れさせて下さる方なのです。わたしの神はわたしの岩。私はそのもとに避難します。わたしの盾、わたしの救いの角、わたしの堅固な高台。わたしは賛美されるべき方エホバを呼び求め、そして敵から救われる』。 - 詩編18:1 - 3。


逃避が難民のために、主を信頼する、そして誠実に彼に仕える人たちに提供されます。 もし彼らが真理を学んで、そして主に従うなら、難民は保護を見いだすでしょう、そして生きるべきです。


クリスチャンがそれから農民の好奇心が強いグループに言いました: 「もしあなたがエホバが全能の神である、そして聖書が真理の彼のみ言葉である、そしてあなたがもっと多くの情報を切望すると信じるなら、私はあなたに手を貸すことができます。 私はここで思いやりがある人の前に今起こっている多くの理解しにくい質問に答える多くの本を持っています。 これらの本の間に政府、富と救い、として知られている(の・もの・人)があります、そして多くの他のものがあります。 これらは善意の民が地の上に今である嘆かわしい条件の意味を理解するのを手伝うために出版されます。」


農民の小さいグループは、さらに教化される彼らの願望を表現して、聖書が助けるこれらの数をとりました。 ファーマー: 「私は大いに(今まで)あなたが何を言ったかに興味を持っていました、しかし私がすることを望む1つの質問があります:アブラハムに胸は地獄とこじきで金持ちの人についての何ですか? Doesn't that prove that there is a hell where men are conscious? and doesn't that scripture show that men go to hell because they are very rich? 我々農民は貧しいです。 我々はどうですか?」


[何が次のページに現われるかについて読んでください、そうすればあなたは金持ちの人とこじきについての質問への聖書答えを持つでしょう。]

貧しい人が慰められる編集

エホバは「憐れみのみ父とすべての快適さの神」です。 (コリント第二 1:3 ) 誰が自己 - 高い(の・もの・人)を下に置くか、そして誰かがそうである彼は従順な人を引き起こします: 「けれども神は裁き人です;彼はもう1(つ・人)を上にのぼって1(人・つ)と setteth の下方に putteth します。」 (詩編 75:7 ) これらは固定されている規則と真理です、そしてそれは変えられることができません。 神は決して変わりません。 (マラキ 3:6 ) エホバ神は代表してキリスト・イエス、諸国民を判断して、そして「やぎ」、あるいは自己 - 高い(の・もの・人)と与えること快適さを従順な(の・もの・人)のせいにしている彼の経営幹部、(その人のために)王国から進んでいる世俗的な祝福が供給される彼の「ほかの羊」のそばに彼の神聖な神殿にいます。 - マタイ25:31 - 46。


キリスト・イエスによって口に出されたたとえ話は彼らが理解されることができない手段が成就した預言、あるいは成就の課程です。 部分的に満たされたたとえ話がそれの残りが上手に理解されることができるほど明確であるように見えるかもしれません。 「金持ちの人とラザロ」に関して主イエス・キリストによって口に出されたたとえ話は時に過ぎて(今まで)たくさんの論議の主題でした、しかしその私的な解釈が正しくあり得ませんでした。 (ペテロ第二 1:20 ) ただ神が預言の成就で身体の事実をパスにもたらすときだけその預言が理解されることができます。 預言あるいは今金持ちの人とラザロに関係しているたとえ話が少なくとも部分的に満たされているように思われて、そして、さらに、成就とそれの課程で今同じを考慮するために適切であるように思われます。 その預言的なたとえ話の勉強でリーダーを可能にするために、名前をつけられたその中の主要な文字が、すなわち、次のことを表すことは発端に提案されます:


金持ちの人:「悪い僕」、「罪の人」、「地獄の息子」、いずれの複合した体がハデスで破壊であるかについての最大の終わり。


こじきのラザロ:同じくヨナダブとジョナサンと他の人たちによって描写される、そして主を探す、そして究極的には用紙、「大いなる群衆」、を分類する善意の民。


大きな隔たり:大いなる深い割れ目、あるいは分割が、キリスト・イエスが完全に「やぎ」を「羊」から分離して、そしてそれでサタンの組織とエホバのそれの間に、すなわち、通行できない条件を発表することによって、提出された最終判決の理由によってできました。


父の家:サタンは偽宗教家(えせ信心家)と彼らの支持者が属する家あるいは組織です。


5人の兄弟たち:5金持ちの人が、彼自身6を作るという状態で、サタンの、その目に見える役割を支援して、そして構成する人たちを含めての全部の地の組織を描写してください。


イントロダクション編集

文脈はイエスが彼の弟子に演説していたことを明らかにします、そして独善的なパリサイ人は通り過ぎて近くであって、そして彼の談話を聞きました。 彼の弟子にイエスはエホバとされた契約の遂行で完全な忠実の必要を強調しました。 パリサイ人は、律法契約であって、神が(すでに)国民としていたその契約に不忠実でした、そして彼らは養子を取って、そしてその場所と神の律法の代わりで宗教を練習していました、そしてこれで彼らは偽善者であって、そして一(人・つ)もの神の律法を効果にしました。 それで彼らは神から普通の民を別の方に向けました。 彼らは神の僕であると主張しましたが、イエスが平易な表現で(彼・それ)らに話した(とき・から・につれて・ように)、実際悪魔の僕でした。 (マタイ 15:1-9 ;ヨハネ 8:42-44 ) イエスは、彼の弟子に演説して、明白にパリサイ人が彼のスピーチを聞くように意図しました、そして彼らはそれが(彼・それ)らに申し込んだことを理解しました。 イエスが言いました: 「僕が2人の主人に仕えることができません;いずれかのために彼は(の・もの・人)を憎んで、そして他が好きであるでしょう;あるいはほかに彼は(の・もの・人)に固執して、そして他を嫌悪するでしょう。 あなたは神と富を果たすことができません。 そして同じくパリサイ人、誰がむやみに欲しがって、これらすべてのものを聞きましたか;そして彼らは彼をあざ笑いました。」 - ルカ16:13,14。


イエスのそれらの言葉はパリサイ人をいら立たせました、なぜなら彼ら - は彼らがイエスが話をしたまさしくそのことに関して有罪であったことを理解しましたから。 彼らは(それまで)そうであった、そして神にそして彼らの契約に不忠実でした。 普通の民が持っていたものと対照をなしたように、パリサイ人はそれから大きい容易さと快適さのポジションを占領しました。 彼らの場所は(彼・それ)らに容易さを与える拍子、肉体的なぐさめと多くが民の間で電力を供給する現在の大きい宗教的な組織の僧職者のポジションと一致しました。 パリサイ人が、普通の民と比較して、それで金持ちであった(とき・から・につれて・ように)、同じく現在時の大きい宗教的な組織の僧職者は金持ちです。 彼らは「金の愛好者」でした。 (ロザハムとエンファティック・ダイアグロット) その中に「すべての悪の根」がありました。 (テモテ第一 6:10 ) そんなものがパリサイ人の状態でした、そしてこれで彼らは終わりの日における類似のポジションを占拠する、そして聖句によってむやみに欲しがって、そして完全に不忠実であると描写されるクラスを描写しました。 (テモテ第二3:1、2) 聞いているパリサイ人、イエスの言葉、は彼らが普通の民のサポートとして抑留するかもしれない彼らが明白にした彼らの見解とこれを正当化して、そして中断なしで容易さと快適さの彼らの状態を楽しみ続けようと試みました。 イエスは、彼らの思いを知って、そして彼らが何を言わなければならなかったか聞いて、ちょう笑の彼らの言葉に答えました: "And he said unto them, You are they which justify yourselves before men; but God knoweth your hearts; for that which is highly esteemed among men is abomination in the sight of God." - ルカ16:15。


人の間の彼らの自己有頂点は神の光景で(彼・それ)らを嫌悪にしました。 それらの偽宗教家(えせ信心家)は人が彼らが切望したと比べて同じほど大いに(彼・それ)らの、そして、人の認可のための願望を持って、そして同じを失うことをためらって考えないであろうことを恐れました、彼らは(すでに)、悪魔の罠の中に、導かれていました (箴言 29:25 ) 彼らは(すでに)偽宗教家(えせ信心家)になっていた、そして神の光景でそのために嫌悪でした。


イエスの言葉はそれでパリサイ人と彼らが描写する級がたとえ話で言及される「金持ちの人」であることを示します。 それからイエスは神のおきてに従うことについての王国に入るであろう人たちの部分の上に王国の重要性と絶対の必要を強調しました。 イエスは自分の契約に忠実と不誠実の間に顕著なコントラストを引いて、そして自己有頂点が低下をもたらす、そして謙遜な従順が主によって被造物の有頂点をもたらすという事実を強調していました。 調和してこれと一緒に、詩編75:5-7においての、預言者は言いました: 「高く上にあなたの角を上げているのではなく上げてください;強情っぱりでではなく話をしてください。 For promotion cometh neither from the east, nor from the west, nor from the south: but God is the judge; he putteth down one, and setteth up another."


神のみ言葉の固定されている規則の若干を述べて、イエスは、すなわち、彼の弟子にそしてパリサイ人の面前でそれから彼の談話を続けました: 「ある金持ちの人がいました、そしてそれは紫の、そして素晴らしいリンネルで服を着ていて、そして毎日豪華にやっていきました。」 (ルカ 16:19 ) ここに発端にされた抽象的な陳述を支持して聖書の証明は次のように提供されます:言及されたたとえ話はそのミニチュア成就とユダヤの民の偽宗教家(えせ信心家)への応用を持っていました。 ユダヤ人は、民として、神と一緒に契約にありました。 神が(彼・それ)らについて(すでに)言っていたから、彼らは地のすべての他の民の上にひいきにされました: 「あなたはただ1が知られるようにするだけです。」 (アモス 3:2 ) ユダヤ人の間の最高の人は僧職者、特にパリサイ人、でした、そして誰が民に神の戒律を教えて、そして(彼・それ)ら自身それらのおきてに従う契約によって拘束されましたか。 パリサイ人を持っているそれらは(彼・それ)らの前に特権をつけます、そして約束された王国の祝福が彼らの忠実な従順の上に本当に豊かで、条件が付いているためにラインにありました。 「主を祝福すること、それは金持ちで maketh します。」 (箴言10:22) 神のおきてに従って、そして時が来れば適切な富を受け取る代わりに、民を統治して、そして支配して、そして世界が(彼・それ)らの上に与えるかもしれないものを受け取ることによって、彼らは親切と力と(彼・それ)らに来るかもしれない称賛を受けることをより好みました。 彼らは「高潔であって」、そして「不確実なを信頼しました」;いずれかに関して使徒はその後話をしました。 (テモテ第一6:9,10,17) 優遇されているユダヤ人の間にユダ・イスカリオテがいました。 イエスは(すでに)彼を彼の弟子の1人として選んで、そして彼の会における責任があるポジションにユダを割り当てていました。 ユダは大いなる天の富のためにラインにいました、しかし彼は人の間で彼を豊かにするかもしれない目に見えることを持つことをより好んだ、そして、 Devil 、ユダの罠に落ちることは主を裏切りました、そして従ってユダは「地獄の息子」としてイエスによって名前をつけられました。 - ヨハネ17:12。


成就編集

ユダヤ人、特にその民の宗教的な要素、の上に通過するために来たそれはタイプを構成しました、あるいは渡すようになるべきより大きいものとユダヤ人に関するそれらのものの ensamples が「我々の警告のために、誰の上に世界の終わりが[そうした]来るか書かれました」。 (コリント第一 10:11 ) 完全性での預言的なたとえ話の成就は、従って、キリスト・イエス、王、の即位式の後にそしていっそう特に彼が1918年に神殿に来た後で起きなくてはなりません。 シオンが上へ builded されたのはその時でした、公認の人は神殿の中に連れて来られました、「悪い僕」は副業として万事整っていました、そして諸国民の裁きは始まりました。 - 詩編 102:16 ;マラキ 3:1-3 ;マタイ24:48-51;25:31 - 46。


キリスト・イエスが来ることから神殿とシオンを築き上げることに、主は彼の忠実な民に彼の理想的な「人」、彼の「僕を選出してください」、のアイデンティティーを明らかにしました、そしてそんなものがキリスト・イエス、頭とそうな人たちであることは彼の体の成員になりました。 多くの成員で構成されているけれども、そんなものが「完ぺきな人」に指名されます。 (イザヤ 42:1-6,19, 20 ;エフェソス 4:13 ;コリント第一 10:17 ;ヨハネ17:21) 神権的の政府に反対である、そしてなおかつ間違って、彼らの父のために、神を持つと主張する人たちは「罪の人」、「地獄の息子」を構成します。 (テサロニケ第二 2:1-3 、アモ。 改定訳) ∥「罪の人」、「地獄の息子」、は神のご意志をする暗黙の契約あるいは神の意志をする実際の契約にいる人から構成される複合した体である∥、そしていずれですか∥「罪の人」、「地獄の息子。」∥彼らのすべてが一緒に神の組織に傷害をして、そして彼の民を迫害しようと企む僧職者、「選挙の長老」と特に「悪い僕」として主によって分類された人たち;を含む∥。 (マタイ 24:24,48-50 ;テサロニケ第二 2:9 ) そんなもの、すなわち、複合した体、のすべては悪魔の道具で、そして神の王国に反対です。 「悪い僕」、「罪の人」、「地獄の息子」、を構成するそれらすべては偽宗教家(えせ信心家)であって、そして若干のフォームで不適当に「クリスチャン宗教」というラベルをはられるものを慣わしにします。 ローマカトリック教の階層の僧職者はこのような偽宗教家(えせ信心家)の間でリードをとって、そして、同じくそんなものが神の忠実な民に向かって悪を提出する、そしてすべてがそうであるという自慢と彼らが持つわけではないそれとすべてへの素人の主張がユダによって描写した他のものである間に、大げさな主張をしがちであって、そして同じであってすべて1つと同じ級、彼らの終了にいます。


たとえ話は「金持ちの人」を記述します、しかし名を与えません。 恐らくそれは描写された級が名前に値しない神の敵で構成されているという事実のためでした。 記述は上に言及された級に適しています。 管理のローマカトリック教の階層は本当にこの世界の商品に富んでいます、そして彼らは、一時的な利益のために宗教を慣わしにする他の人たちと一緒に、この世界と称賛と人の誉れの多くの物質的な富を楽しみます、そして彼らは高潔で、そして意気揚々としました。 彼らは、使徒が記述するように、これらの悪い日に生じている級、「(彼・それ)ら自身の自己の愛好者、得意な boasters 、 blasphemers 、良い契約 - 波浪、それの despisers 」、です、そして彼らは王国音信をふれ告げる人たちを迫害します。 神に仕えると主張する間に、彼らは神のような姿勢を示しますが、その力を否定します。 (テモテ第二 3:1-5 ) 彼らは彼らの口のみをした神に近くに絵を描いて、そして一(人・つ)もの神の彼らが教える、そして(それによって)彼らがみ言葉を作る人の伝統がもたらさない神のおきてへの正反対と彼らが追う行動のコースをとります。 (イザヤ29:9-13;マタイ 15:7-9 ) 彼らは主の光景で偽善者と嫌悪です、そしてこれは「悪い僕」の一部を構成する「選挙の長老」級に参照資料と一緒に同じく本当です。 世の富の詐欺 (すなわち、この世界が与えることができるもの) 神のみ言葉の真理から(彼・それ)らをやめさせます。 (ロマ3:1、2;ルカ 8:14 ) 彼らは貪欲で、そしてむやみに欲しがって、そして容易さと人の認可が好きです。 (彼・それ)ら自身を称揚して、そして(彼・それ)ら自身の容易さと快適さに向かって見る、そして従って神の目的に対して盲目にされるこのような偽宗教家(えせ信心家)に関して、神の預言者は言います: 「彼の警備員は盲目です;彼らはすべて無知です、彼らはすべてのばかな犬です、と彼らが;眠って、横たわって、まどろむことが好きであって怒鳴って言うことができません。 実に、彼らは決して十分持つことができない貪欲な犬です、そして彼らは理解することができない羊飼いです;彼らはすべて(彼・それ)ら自身の方法、彼の4半期からの彼の利得のためのすべての(の・もの・人)を考えます。 汝らが来ます、と彼らが言います、私はぶどう酒を取って来るでしょう、そして我々は強いカクテルで我々自身を満たすでしょう;そして明日にこの日としてで、そしてよりずっと豊富であるべきです。」 - イザヤ56:10 - 12。


容易さのための彼らの願望を示して、そして真理に彼らの盲目を見せて、そして世のものの方に向いて、彼らは世界のぶどう酒を要求して、そして強いカクテル、すなわち、悪魔のぶどう酒で(彼・それ)ら自身を満たします;彼らは物質的なことを大いに楽しみます、そして彼らは普通の民の間でたくさんの力と影響を持って、そして行使します。 彼らは(彼・それ)ら自身をだますだけではなく、(彼・それ)らについて多くをだまして、そして(彼・それ)らを完全な盲目に導きます。


Those once in the covenant with God and in line for the Kingdom and who become offended and turn to -lawlessness by murmuring and complaining, and who abuse their brethren and persecute them and oppose the Kingdom, after having once been enlightened, are relegated to "outer darkness" and assigned specifically to the "evil servant" class. 王国のために一度ラインにあって、彼らは神を彼らの父として主張します。 彼らと宗教的な団体の僧職者両方が(彼・それ)ら自身を(その人によって)文明が成功することができる、そしてその両方ともが、彼らが実際彼らの父親、悪魔、の息子であったけれども、「我々が我々の父親のためにアブラハムを持っています」と、言ったパリサイ人のように、神を父と呼ぶ「種」であるととります。 (ルカ 3:8 ;ヨハネ - 8:39-44) ここ(で・に)集合的に記述されたそれらは「罪の人」、「地獄の息子」を構成します。 (彼・それ)ら自身言う Laodiceans のように、金持ちであることのような級: 「私は金持ちであって、そして商品で増加して、そして何の必要も持っていません。」 (啓示 3:17 ) 偽宗教家(えせ信心家)、特に対型的なバビロンを構成するために行くリーダーに関して、それは書かれます: 「どれぐらい彼女が hath に彼女自身を栄光を与えて、そしておいしく生きましたか。」 - 啓示18:7。


たとえ話で金持ちの人は紫に耐えていると描写されます。 あざけりで紫のローブがイエスの上に置かれました。 (15:17-20に注目してください) 現代の「金持ちの人」は国王のローブを買うのに十分裕福です。 たとえ話での金持ちの人は素晴らしいリンネルを身につけていると描写されます、そしてそのシンボルは、神の教徒に適用されるとき、聖なる者の義を意味します。 (啓示19:8、14) 現代の「金持ちの人」は独善的です、しかし熱い髪形が聖なる者の義の(どれ・何・誰)でも所有します。 現代の「金持ちの人」クラスは神の正真正銘の富を無視します: 「なぜなら彼ら神の義について知らない、そして(彼・それ)ら自身の義を確立しようとしている、存在は神の義に(彼・それ)ら自身を提出しませんでした。」 - ロマ10:3。


「悪い僕」、神の優遇されている人である「罪の人」級主張と彼らが彼の祝福を楽しむ、しかし明白に彼らが聖句で(彼・それ)ら自身が金持ちであると思って、そしてなおかつ何も持っていなくて級でいていると描写されること。 「そこ(に・で)豊かでその maketh 彼自身です、それでもなお何も hath しないでください。」 (箴言13:7) 「金持ちの人」の記述を成就している現在日クラスは自己と私利を考えて、(彼・それ)ら自身を称揚して、そして主の「ほかの羊」をわきに押しやり続けました。 (エゼキエル34:4、6) 彼らは貧しい人たちへのそして方法を求める快適さを生活にもたらす何もしません。


こじき編集

たとえ話でこじきは特に名前をつけられます;そして主が1つに名前をつけるとき、その名前は重要です。 「そして傷でいっぱいの彼の門において置かれたあるラザロという名前の、こじきがいました。」 (ルカ 16:20 ) 「ラザロ」が意味する名前「神はヘルパーである」、すなわち、神から手助けを受け取る人。 こじきは金持ちの人と一緒に顕著なコントラストでここで言及されます、そしてその後の人は、こじきが時が来れば神のヘルプを受け取るのに対して、神からヘルプを得ません。 こじきであって、ラザロは必ず貧しいクラスを描写します。 これは必ず「現在の悪い多量」の物質的なもので貧しい人たち、しかし彼が言ったイエスが話をした霊で諭しの神のみ言葉に関係があることでの貧しい人たち、すなわち、貧しい人たちを意味しません: 「祝福されているのは精神的に貧しい人たちです:なぜなら(彼・それ)らのは天の王国です。」 (マタイ5:3}それで本当に金持ちになる人たちが彼の王国からあるいはを通して彼らの祝福を受ける(の・もの・人)であることは示されます。 単語「こじき」と「貧しい人たち」は同じギリシャ語単語からです。 「この貧しい人は泣きました、そして主は彼を聞いて、そして彼のすべての問題から彼を救いました。」 - 詩編34:6。


こじきは、従って、(彼・それ)らのすべてのヘルプが主から(それに)なる、そして助けを求めて主に泣いて、そして神に神と彼らの従順に彼らの信仰のためにそれを受け取るそれを理解している人々の級を描写します: 「けれども私は貧しくて、そして貧しいです;それでもなおかつ主は私の上に thinketh します;なんじは私の手助けと私の配達人です;ぐずぐずしてノーを作ります、ああ,ああ。」 (詩編 40:17 ) そんなものが主が「私はパンで彼女の貧しい人たちを満足させるでしょう。」と、言う級を構成します。 (詩編 132:15 ) そんなものが祈ります: "Lord, be thou my helper." (詩編 30:10 ) 「見よ、神は私の魂を支持するヘルパー;主がそれらと一緒にそうである私のです。」 - 詩編54:4。


正確に主に完全に聖別されているすべてによく知られている事実は今一生懸命に主のヘルプを求める人々の級に適しています。 「ローマカトリック教のシステムの「カトリックの人口」のような、宗教的な組織の中に神を知ることを望んだ多くの誠実な人々と彼らの救いのための彼の準備と祝福があります。 彼らは宗教的な組織に服従で持たれて、そして、彼らがもっと良く何も知らないから、それと一緒に残留しました。 彼らは宗教的な組織の「真中でされるすべての嫌悪のためにため息をついて、そして泣く人」としての神の預言者によって記述されます、そしてそれを組織が神に仕えるために要求します。 預言者はそれから神が彼らの叫び声を聞くことを示して、そして彼の証人、残りの者、に「都市の真中を通り抜ける」ように命令します、すなわち、組織と同じを構成して、そして(彼・それ)らに真理を聞く機会を与える民の中に。 預言者が言います:「エルサレムの真中を通り抜けて、そしてマークを泣くそれらの額の上に設置して、そしてその中にされた嫌悪を思って嘆いてください。」 (エゼキエル 9:4 ) 西暦1922年からエホバの証人は神のおきてに(今まで)従順の中のまさしくそのことをしていました。


今どのようにこじきの記述がさらにヨナダブあるいはジョナサンクラス、善意の民に適しているかに注意を払ってください。 たとえ話でこじきが金持ちの人の門において置かれた、そして傷に満ちていたという陳述がされます。 受け取ること - ノー命を維持する霊的な食物について、真理を切望する、そしてそれを受け取らなかった「カトリックの母集団」が病気で、そして病んだ、そして僧職者がただ(彼・それ)らに霊的な生命維持を与えるのを怠っただけである、しかし故意に神の真理を保持しなかったから、「それらから離れて正直に同じのための探すことを言葉を選んで表現してください。 彼の預言者によって神は彼に仕えると主張するこれらの不忠実な人について言います: "The diseased have You not strengthened, neither have You healed that which was sick, neither have You bound up that which was broken, neither have You brought again that which was driven away, neither have You sought that which was lost; but with force and with cruelty have You ruled them." (エゼキエル 34:4 ) これらの言葉は正確にどのように宗教的な組織の下の正直な、そして誠実な人々が自己 - 高い(の・もの・人)によって冷遇されたか記述します。 善意の人々は(今まで)、従って、長い間傷について、そして死にかけた条件で病気で、そして全くであった、そして宗教的な組織が心配していると比べて同じほど遠くにまだその状態であります。 宗教指導者は彼らが神の命を維持するみ言葉を持つが、彼らが単独で民にそのみ言葉を調合することができると強く主張すると主張しました、そして、神のみ言葉について何でも見つけだすことにおいて、彼らは民を落胆させます。 ラザロによって描写された善意の人々は金持ちの人のテーブルから落ちる真理の小塊によってさえ食べさせられることを望みました;すなわち、彼らは熱心に彼らがそこで食べさせるかもしれない真理、それの最小の微片を探して、そしてわずかしかあるいは何も見いださなかった: 「そして金持ちの人のテーブルから落ちたかけらで食べさせられることを望んで;さらに犬は来て、そして彼の傷をなめました。」 - ルカ16:21。


上に、すなわち、「悪い僕」を記述したように、金持ちであると主張する僧職者と他の人たちが世話をしなくて、そしてする金持ちが貧しい人たちの世話をするか、あるいは食べさせないことは確かです、そしてたとえ話はただ犬だけが貧しい人の傷をなめることを示します。 犬が民の苦しみを軽減して、そして(彼・それ)らに若干の快適さを与えようとした、しかし、彼らがただビジョンがある案だけを持っているから、(今まで)そうすることが不可能であった世の改革者を描写すると言われるでしょう。 ∥疑いなく多くの改革者、社会党員と組織のような多く、が民にうまくやることを望んで、そして彼らの案と、犬のような、追放者が(今まで)そうした唯一の(の・もの・人)であった(とき・から・につれて・ように)、上司によって見つめられることを述べた∥世話をする∥善意の民に現代の「貧しい人」ヘルプを与える主の当然与えられるべき時まで∥。


「悪い僕」級は善意の貧しい人たちを助ける願望を示しません。 これらは入れられることを望みます、そして「悪い僕」クラスと僧職者両方が(彼・それ)らから距離を置いていて持ちこたえて、そして不足したか、あるいはどんな快適さでも命への道を探している人たちに持って来ることを拒否しました。 「革新祝福が千年期の統治の間にそれらの民に与えられるであろう、そのために今(彼・それ)らに注意を与える我々の必要がない;我々が霊的なものと我々が行くかもしれない我々の性格を準備することについて天、そして次に我々が世界の必要の世話をするであろうことを心配している」と言うことによって、「悪い僕」級の人たちは(彼・それ)ら自身の良心を和らげました。


ラハブ、娼婦、は善意の民の同じ級を描写しました、そして彼女は偽宗教家(えせ信心家)によって追放されました、そして彼女は都市のはずれに住むように要求されました。 (ヨシュア 2:1,15 ) ただ現在の偽宗教家(えせ信心家)が日神に向かって善意の民の快適さのために何もしなかった(とき・から・につれて・ように)、ラハブの日の自己 - 高い(の・もの・人)は貧しい人たちのために何もしませんでした。 自分に称揚された、そして独善的な人は、彼らの注意が「こじき」級に喚起されるようにして、(彼・それ)ら自身のひとりよがりを示して、そして偽善的に祈って、そして、パリサイ人のように、言いました: 「私は私が他の人がそうである(とき・から・につれて・ように)そうである[神]に感謝します。」 (ルカ 18:11 ) 金持ちの人はラザロに食べさせませんでした、しかし彼をわきに押しやって、そして彼に注意を与えませんでした;そしてたとえ話の成就で偽宗教家(えせ信心家)は神に向かって善意の民に食べさせませんが、(彼・それ)らを飢えさせようとします。 落ちた唯一のかけらについて近代的な時の金持ちの人のテーブルから「給料のための煉獄」と「将来の革新」がありました。


神の当然与えられるべき時は貧しい人に参照資料と一緒にたとえ話の成就のために来ました、そして次に彼は彼の忠実な民に「大いなる群衆」が地の級であることを明らかにしました、そしてそのクラスは永久に地に住むでしょう。 (啓示7:9-17) 主からのその音信は1935年に彼の民に届けられた、そして無限の喜びをそれを聞いた善意のそれらの民にもたらしました。 同じく忠実な残りの者は大喜びしました。 「選挙の長老」クラスは、善意の民への良いたよりの音信を運ぶことにおいて、彼らの喜びを表現することにおいて、参加しましたか? いいえ;それから遠く離れて。 それどころか、独善的な「選挙の長老」、「悪い僕」級の人たちはそれから言って、そして言い続けます: 「どこ(で・に)大いなる群衆が地の級であるであろうという証拠がありますか? 「どこ(で・に)証明は大いなる群衆が今集められていることですか? 我々は大いなる群衆を見ません。」


「悪い僕」クラスのそんなものが持ちこたえた、そしてまだ「大いなる群衆」がそれの中に、もし彼らが天の栄光に届くことが可能ではないなら、中間の教徒が上陸するかもしれない、信仰で、第2の級であるという教義に固執します。 彼らはそのクラスが光に場合で彼らが短く来た(彼・それ)ら自身の場所として存在することを望みました。 利己的であって、彼らは真理について無知です;そして、善意の(こと・もの)である人たちに食べさせるのを手伝う代わりに、「大いなる群衆」を組織するであろう人たちへの王国の音信を運ぶことにおいて、「悪い僕」クラスは主と彼の忠実な証人の業を妨げるために(今まで)勤勉でした。


それから主が彼の民に「大いなる群衆」がただ地のクラスであるだけである、しかし「増殖して、そして地を満たす」神の代表権能を成就する特権を与えられないであろうことを明らかにしたとき ( Genesis 1: 28; 9:1 )、「選挙の長老」は一生懸命に反対された、そして疑わしい同じを分類して、そして、「キリストの統治の間に復活させた」であろう不完全な人のためにまだ「大いなる群衆」が第2の霊的な級であるであろうという非聖書的な教義、そして「革新」教義に固執して、その慰めとなる真理を否定し続けます。 従ってそれは聖句と独善的で、元気であったたとえ話での金持ちの人の記述が彼らのすべてが神の王国に対してある、そして快適さを義が好きである人たちにもたらす真理の無知で善意の民を引き留める彼らの努力で勤勉な独善的な偽宗教家(えせ信心家)、僧職者と「悪い僕」クラス、を記述するという事実から見られます。


状態の変化編集

死が生活あるいは生きる権利の欠如を意味します。 罪の理由によってすべての人は(今まで)罪人として生まれて、そしてそのために生きる権利がありませんでした。 (ロマ 5:12 ;詩編 51:5 ) 全部の人間の民族は、従って、「罪過と罪で死んでいる」ことについての状態で、そしてそれ故生きる権利なしで見いだされます。 (エフェソス2:1) 神は主イエス・キリスト力の上に信じるであろう人たちが持っている準備をキリスト・イエスによってそしてを通しての命にしました。 (ヨハネ 3:16 ;ロマ6:23) エホバはイスラエルの国民と契約をして、そして、イスラエル人がキリスト・イエスが来ることまで義のラインで持たれるために、その国民に彼の律法を与えました。 (ガラテア 3:19 ) キリスト・イエスが来たとき、上に信じて、そして彼をメシアとして受け入れた人たちは生きる権利を与えられました。 ユダヤ人はその律法契約を保持することに疑いがありませんでした、しかし継承された欠陥のために彼らはそれの文字を守ることができませんでした;しかし神と彼のおきてへの彼らの利己的でない献身によって彼らはその律法の霊を保持することができました。 少数の忠実なユダヤ人がまさしくそのことをしました、そしてキリストを受け入れた人たちは「キリストの体によって律法に死にました」。 (ロマ7:4) 神の準備の何も人に生活を与えないことを知っていた人たちはその準備を受け入れることができなかった、そして、聖句、すべてで述べられるように、そんなものが「罪過と罪で死んでいました」。 (エフェソス 2:1 ;コロサイ 2:13 ) キリストの上に信じて、そして神との王献身した人たちは「暗闇の能力から救われて、そして王国の中に翻訳した」。 (コロサイ 1:13 ) 死が急進的な変更を意味することは従って見られます、そしてそれは前の条件の終わりを作って、そしてもう1(つ・人)と異なった状態を引き起こします。 単語「死」は、従って、適切に一時的な生活を持っている人たちに、しかし生きる権利なしで、そして同じく存在がなくなって、そして埋葬される人たちに当てはまります。


預言的なたとえ話のミニチュア成就で貧しい人は彼らの救いのために神の準備の無知で引き留められた、そして宗教指導者によってわきに押しやられた普通の民の級を支持しました、そしてそのリーダーは(彼・それ)ら自身が金持ちであると考えました。 普通の民は喜んでイエスを聞きました、しかし宗教指導者は常にキリストから民を別の方に向けようとしていました。 ラザロは惨めな条件にいました;そしてそのために善意の民は(今まで)惨めな条件にいました;けれども時が来れば、たとえ話が教えるように、変えられた条件が起こります: 「そしてそれは過ぎ去るために来ました、こじきが死んで、そしてアブラハムの胸の中にみ使いによって運ばれた;金持ちの人が同じく死んで、そして埋葬されたこと。」 - ルカ16:22。


預言的なたとえ話の成就での変えられた状態は「アブラハムの胸の中に」ラザロ級をもたらします。 アブラハムはエホバ神の側に立つか、あるいは描写します、そして従って彼の胸はこじき級に向かって神の好感を表します。 聖句は明らかにアブラハムがもっと偉大であると、それだけエホバ神が呼ばれることを明らかにします。 (ロマ 4:16,17 、欄外) ∥主の「ほかの羊」∥神から疎外されていて、そして偽宗教家(えせ信心家)の影響の、そして彼らが神殿にキリストが来ることの後までままでいるこの状態と彼の彼自身に彼の「ほかの羊」を集めることについての業を始めることでの理由によって(彼・それ)らのために神の準備の無知で引き留められる∥。 (ヨハネ 10:16 ) 神殿において主イエスは彼に仕えて、そして彼のおきてに従う「神聖なみ使い」のホストによって同伴されます。 (マタイ 25:31 ) その神殿裁きにおいて公認の人、「残りの者」、は注文されて、そしてエホバの証人として前に送られた神殿の中に連れて来られます、そしておなかがすいた人に、「大いなる群衆」を含めて真理の音信を運ぶために。 神殿においての主が地球の上にこの音信を彼の僕に渡すために彼のみ使いを使うことは明白です、そしてそれで彼は彼自身に彼の「ほかの羊」を集めて彼の目的を遂行するべきみ使いを使います。 主がこの音信をさもなければ「ジョナサン」あるいは「ヨナダブ」級と呼ばれる善意の民に持って来たとき、聞いて、そして音信を受け入れて、そしてエホバと彼の王国献身した人たちは変えられた条件を持って、そしてすなわち、主の胸の中にエホバ、もっと偉大なアブラハ、の親切の中に本当に我を忘れます、そしてそこで彼らは残りと平和を見いだします。


その時が預言的なたとえ話を言います: 「金持ちの人は同じく死んで、そして埋葬されました;そして地獄に彼は遠くに悩みの種と seeth アブラハムでいている、彼の目と彼の胸でのラザロを持ち上げます。」 (ルカ 16:22,23 ) 金持ちの人が彼がそれから彼自身を見いだす状態から今までに得る示すべき何もありません。 死んでいて、そして埋葬されることは彼が(すでに)どんな生きる権利でも持つことをやめていたことを意味します。 彼はまだ一時的な生活を持っていました、さもなければ、「死者がどんなもことではなく知っている」から、彼は彼の目を持ち上げたはずがありません。 (伝道の書9:5,10) 金持ちの人はこの時点で、そのために、主から彼らの最終判決を受け取った人々の級を描写します。 3年半の間イエスは彼のユダヤ人に、そしてそれ故、彼らが「モーセに座った」から、ユダヤの僧職者が特に有利にはたらかれたことを教えること乗り方を制限しました」。 その親切を受け入れる代わりに、彼らはそれをはねつけて、そして主に反対しました。 同じく、使徒の日から僧職者は聖句を持っていて、そして人類のために神の慈しみある準備を述べたそのことを知ると主張しました。 主イエスが来ることと彼の即位式から僧職者と「悪い僕」クラスは真理を聞いて、そして学んで、そしてそれに従うことについての素晴らしい機会を楽しみました。 自己 - 高くて、そしてうぬぼれていて、彼らは神の善良をはねつけました、そしてそのために(彼・それ)らに関しての状態の完全な変更が起こりました。 彼らは生きるすべての機会を失って、そして霊的に死んで、そして、まだあるいは存在の法案を持つけれども、ハデスに行きました。


預言的なたとえ話は明らかに象徴的な言語で2つの級の状態に関係します。 変えられた状態は両方のクラスに来ます、そして両方ともはその認識に目覚めます。 「ラザロ」クラス、善意の民、は命が(彼・それ)らの前に定められた、そして、これを受け入れているという事実に目覚めます、彼らは平和と喜び、そして永遠の命に目覚めます。 「金持ちの人」クラスは彼らが主によって拒絶されるという事実に目覚めます、そして彼らは顕著な彼の裁きを聞きます;そのために彼らは永続的な軽蔑に目覚めます。 ラザロクラス「神が助ける」と金持ちの人級神は好感を進めることを断わります。 「彼が liveth するけれども」、豊かな人級は死にとどまります。 (エフェソス2:5;テモテ第一5:6) 彼らの信仰と従順、ラザロ、のためにクラス、善意の民、がはるかに彼らの前の状態からかけ離れて、そして主の組織の下で休養を見いだします。 そのために平和、喜びと快適さで憐れみのみ父とすべての快適さの神が(彼・それ)らを慰めます。


金持ちの人クラスが助けを求めて泣く時が来ます。 「そして彼が泣いて、そして言いました、父アブラハム、憐れみを身に付けていて、そして水で彼が消毒するかもしれないラザロ、それに彼の指のチップを送って、そして私の舌を冷やしてください;なぜなら私はこの炎で苦悩しています。」 - ルカ16:24。


たとえ話のこの役割は今日成就の課程であります。 今偽宗教家(えせ信心家)と「大いなる群衆」に関してふれ告げられている真理は偽宗教家(えせ信心家)にそして「悪い僕」級に苦痛の火のようです。 彼らはふれ告げられた音信が本当であって、そしてそれらがひどい条件にいることを示すことを悟り始めます。 彼らはささやいて、そして主の民に関して不平を言うこと、そして残りの者とヨナダブクラス両方を迫害し始めます。 ユダはこの言語で(彼・それ)らを記述します: 「けれどもこれらは彼らが;彼らが当然知っていること以外、獣のような男獣としてではなく知っているそれらのことの邪悪にさし示します、それらのもので彼らは(彼・それ)ら自身を堕落させます。 Woe unto them! for they have gone in the way of Cain, and ran greedily after the error of Balaam for reward, and perished in the gainsaying of Co´re. 彼らが、恐れなしで(彼・それ)ら自身に食べさせて、あなたと一緒にごちそうを食べるとき、これらは慈善のあなたの饗宴でスポットです;彼らが風について水なしで、運ばれる雲その、2度死んでいる実がない、実 withereth がルートによって上へ引っぱった木」。 - ユダ10 - 12。


それで現代の「金持ちの人」級がむやみに欲しがって、貪欲で、彼らの終わりを意味する成果、「2度死んでいて、ルートによって上へむしり取られた」;がないと描写されることは見られます。 たとえ話は彼らが彼らが光の罪を犯して、そして従って主からこれ以上の好感を受け取ることができないという事実の全くの認識に到達することを示します。 (ルカ 12:10 ) 事実は彼らが、意図的に神を中傷することは名前である;彼らがフィートの下で神の子を踏み固めて、そして契約の血を数えたから、「地獄の息子」と命名された級で途方もないものであることを示します。 - ヘブライ10:29 - 31。


もっと偉大なアブラハムは豊かな人級のひと泣きに答えます: 「けれどもアブラハムが言いました、み子、なんじの生涯でのなんじがなんじの良いものと同じくラザロの悪いことを receivedst する;しかし今彼が慰められる、そしてなんじが苦悩していることを覚えていてください。」 - ルカ16:25。


神が最近手を貸して、そして今慰める「大いなる群衆」の人たちは大いに歓んでいます。 ラザロ級が来るようにして(彼・それ)らに、しかし今有害であったそれを受け取った何年もの間神の親切の中に彼らは大きい快適さと平和を楽しみます。 「大いなる群衆」を慰める音信は同時に「悪い僕」、「罪の人」、「地獄の息子」への絶望の音信です。 現在日事実はたとえ話のこの部分と特に金持ちの人クラスが王国音信によってひどく悩ませられるという事実の成就を示します、他方大いに神の王国のための人たちは大喜びします。 The "evil servant" class and others of the "man of sin" were once in line for the Kingdom and, had they shown faith and obedience, would have received Kingdom blessing. 無法状態に方向転換して、(彼・それ)らへの結果は次のように主イエスによって述べられます: "The Son of man shall send forth his angels, and they shall gather out of his kingdom all things that offend, and them which do iniquity; and shall cast them into a furnace of fire; there shall be wailing and gnashing of teeth." (マタイ 13:41,42 ) その悪いクラスは今彼らの状態のために悲しげな音を出して、そして残りの者と「大いなる群衆」両方に反対して彼らの歯をきしませています。


大きな隔たり編集

ヨシュアがその同じ金を愛する、邪悪なクラスを描写したアカンに話をした(とき・から・につれて・ように)さえ、たとえ話話し手は邪悪なクラスに演説します (ヨシュア7:19)とそれ故彼は彼を「君」と呼びます。 それから主は加えます: "And beside all this, between us and you there is a great gulf fixed; so that they which would pass from hence to you cannot; neither can they pass to us, that would come from thence." - ルカ16:26。


その大いなる大きな隔たりは何ですか? 明白にそれは、キリスト・イエスが今発音している最終判決の結果として生じて、無視されることができない、そして彼が「やぎ」、邪悪な人、を忠実な「羊」から分離する深い割れ目です。 (マタイ 25:31-46 ) この分離は2つの級の間に大いなる、そして通行できない大きな隔たりを形成します。 To the "goat" class the 'Lord says: 「私から外れてください、あなたは、永遠の火[破壊]の中に悪魔とみ使い女史に対する準備ができていて、ののしりました。」 口に出されたその最終判決で「やぎ」級は決して主の祝福に到達することができません、そして、命を失わないで、「ほかの羊」、主に忠実な(の・もの・人)、は決してその大きな隔たりを越えることができません。 それ故2つの級のいずれかが再び集まらせられることは不可能です。 エホバは明らかにエゼキエルの預言から彼の最終判決が邪悪な人に反対して実行される前に、そのクラスがエホバが最高の人であることを知っているように思われるためにそれを成就します、そして、さらに、邪悪な(人たち・もの)が彼と一緒にすべての好感を失ったこと。 (エゼキエル35:9,15) 主に彼が彼の5人の兄弟たちに警告するために彼の父親の家にラザロを送るであろうと叫ぶとして、「悪、僕」、「罪の人」、近代的な「金持ちの人」クラス、はそれから描写されます: 「それから彼が言いました、私はあなた、そのために、父に祈ります、なんじが wouldest に私の父親の家に彼を送ります:なぜなら私が5人の兄弟たちを持っている、彼らが同じく苦痛のこの場所に入って来ないように、彼が(彼・それ)らに証言してもよい。」 - ルカ 16:27 、28。


イエスが明らかに(彼・それ)らに知らせた(とき・から・につれて・ように)、「金持ちの人」級の父は悪魔です。 (ヨハネ 8:44 ) 従って金持ちの人の5人の兄弟たちは、「金持ちの人」クラスと一緒に、6を作って、そしてサタンの家あるいは組織のすべてを描写します。 金持ちの人の要請に主は答えを与えます: 「彼へのアブラハム saith 、彼らはモーセと預言者を持っています;(彼・それ)らに(彼・それ)らを聞かせます。」 (29節) 換言すれば、これらは彼らが寄贈したかもしれない聖句が快適さに注意を払って、そして設立するようにしました。 彼の忠実な預言者によってモーセと預言者の他の人たちを明らかにしたように、彼らは神の音信を聞く機会を持ちました。 彼らは言葉がイエスと使徒によって話されるようにします。 神の律法を追う代わりに、彼らは宗教の方が好きでした、そして彼らは民の上に、そして今日神が宣言する(彼・それ)ら、「もっと多くの宗教」、の上の衝動が罠であることを強く主張しました。


エホバの証人が(彼・それ)らに接近するとき、真理の神の音信と一緒に今日彼らはそれらの証人を迫害します。 主の証人が悪魔の罠に関して聖句の言語で(彼・それ)らに警告しようと試みるとき、彼らは音信を断るだけではなく、彼らが神のみ言葉について話すから、エホバの証人を冷遇します。 もし彼が彼らの兄弟たちに(今まで)死んでいた若干数を送るであろうなら、彼らが悔い改めるかもしれないというエホバへの現代の「金持ちの人」級叫び声であるとき (30節) 主が答えます: 「もし彼らがモーセと預言者ではなく聞くなら、そうでなく彼らは、1(人・つ)が死者から上昇したけれども、説得されないでしょう。」 (31節) たとえ老人の忠実な証人がまもなく死者から戻って、そして偽宗教家(えせ信心家)と彼らの追随者、政治家と金融業者の前に証言を運ぶべきであるとしても、彼らは聞いて、そして真理に従わないでしょう。 諸国民の上の神殿においてのキリスト・イエスの裁きは最終です。


大いなる大きな隔たりあるいは「やぎ」と「羊」の間の深い割れ目が決して変えられることができません、なぜなら神は変わりませんから。 これの顕著な例えがユダとエサウに関して神のレコードで見いだされます。 (マタイ27:3-5;ヘブライ12:17) サタンの家の方が好きであった、そして神権政治に反対した人たちに関係して、それは書かれます: 「好感を邪悪な(人たち・もの)に shewed されさせました、それでもなお彼は義;正しさ意志の土地で彼が不当にカードを配って、そして主の威厳を眺めないであろうことを学ばないでしょうか おお、なんじの手が持ち上げられるとき、彼らは見ないでしょう;しかし彼らは見て、そして民に彼らの羨望の的のために恥じるべきです;実に、あなたの敵の火は(彼・それ)らを滅ぼすべきです。 彼らは死んでいます、彼らは生活するべきではありません;彼らは死亡しています、彼らは立ち上がるべきではありません;そのためになんじは(彼・それ)らを訪問して、そして破壊して、そして死ぬために(彼・それ)らのすべての記憶を作りましたか」。 - イザヤ 26:10 、11,14。


今日「悪い僕」級の得意な理論の1つが普遍的な救いの、悪魔彼自身を含めての虚偽の教義です。 人が意図的に、そして故意に神の王国に反対して、そしてまだ救われることができることを教えることによって、彼らは神の名前を中傷しました。 反対者の最終の終わりを示しているこのたとえ話は完全にその誤った理論を打破します。


確証編集

彼の方法のすべてが正しいから、神のみ言葉のすべては仲が良いです。 金持ちの人とラザロのたとえ話に関する前述の陳述がここにあることを裏付ける他の聖句が言及しました。 ダニエルの12番目の章、特に1と3が1914年にキリスト・イエス、王、の即位式から始まった「エホバの日」、明らかに関係する節。 その日の内に次の聖句は適用されます: 「そして地のほこりでの睡眠が目覚めさせるべきである(彼・それ)らの多く、永遠の命へのいくらかと劣っているべきいくらかと永遠の軽蔑。」 - ダニエル12:2。 明らかにこの聖句はキリストの統治の間に死者の一般的な復活に関係することができませんでした。 邪悪な(人たち・もの)は決して復活を持つべきではありません。 (詩編145:20) 邪悪に方向転換する「大いなる群衆」の子は全滅させられるべきです。 (イザヤ66:24) そうでなくダニエル 12:.2 は千年の治世の終わりに邪悪な(人たち・もの)の目覚めに言及することができませんでした。


12:2が明らかにハルマゲドンと他の級の前に(彼・それ)らによって実感されなくてはならない2つのクラス、彼らのひどい状態の認識への1つのクラス、の目覚めに差し向けるダニエルのこの預言は永遠の命の機会に目覚めました。 This prophecy describes both classes as "them that sleep in the dust of the earth" and "shall awake". 比喩的に「地のほこり」は低くて、卑劣で、そして価値がないそれ、地の乾燥した、そしてくつがえされたもの、すなわち、無知の条件と不活発と暗闇を表します。 邪悪な人が光で眠って、そして、夜が来るとき、目が覚めます。 使徒はキリスト・イエスの忠実な追随者である人たちがこの級の(こと・もの)ではないと宣言します。 (テサロニケ第一5:3、4) 正確に、「暗闇が地とゆゆしい暗闇、民、をカバーするべきである」とき、主の預言者によって記述されるように、「エホバの日」と「キリストの日」の初めは世界中で状態を見いだします。 (イザヤ 60:2 ) キリスト・イエスが現われることで神殿においてより大きい光が神のみ言葉をふと見つけました、そしてそれから義と命を切望する人たちは勤勉に彼のみ言葉のもっと良い了解を得ようと努めました、そしてその多くはその時に閉鎖されました。 それから「多くが前後に走ります、そして知識が増やされます」。 - ダニエル12:4。


光型が悪い正しいこととそれであることを明らかにします: 「けれども非難されるすべてのことは光によって明白にされます;なぜなら何がそうするとしても、明白な型は光です。」 (エフェソス 5:13 ) 1度神のご意志をすることに同意したことがあった、しかし(すでに)怠慢で、そしてそれ故睡眠中になっていた人たちは彼らの特権に無神経でした;そして(彼・それ)らにこの音信は扱われます: "Wherefore he saith, Awake thou that sleepest, and arise from the dead, and Christ shall give you light. 日が悪いから、時を救って、それからあなたが、ばか者としてではなく、慎重に歩く、しかし同じぐらい賢明であるのを見てください。」 (エフェソス 5:14-16 ) 同じく真理と義を切望する、そして諭しを大いに必要としている人は良くない条件で彼自身を見いだして、そして祈ります: "My soul cleaveth unto the dust; quicken thou me according to thy word." - 詩編119:25。


喜々として光を見始める人は泣きます: 「私については、私は義でなんじの顔を眺めるでしょう;私はなんじの似たもので、私が目が覚めるとき、満足するでしょう。」 (詩編 17:15 ) 真理の光が義が好きである人たちを地の低いもので睡眠の彼らの状態から目が覚めさせた(とき・から・につれて・ように)、それほど同じく偽宗教家(えせ信心家)は(彼・それ)らに彼らのひどい状態を明らかにする光で面と向かって連れて来られます。 「ばかな処女」クラスはあまりにも遅く目が覚めて、そしてひどい条件で(彼・それ)ら自身を見いだします。 (マタイ25:5 - 8,11,12) 宗教指導者と彼らの一団の校長は長い間地のほこりで眠りました。 (彼・それ)らに主は言います: 「目ざめよ!、あなた飲んだくれ、そして、新しいぶどう酒のために、すべて、あなたぶどう酒の酒飲みに涙を流して;そしてわめき立ててください;なぜならそれはあなたの口から切り離されている。」 - ヨエル 1:5。


彼らは目が覚めます、そして、彼らの惨めな状態に目覚めて、(彼・それ)らに顔のところを凝視して大惨事を見てください。 (1939年6月15日、185ページ「ものみの塔」を見てください。) 両方の地のほこりからそれで目を覚ます級がダニエル 12:2 で記述されます。 この目覚めはエホバについてそしてハルマゲドンの前に日中起きます。 永遠の命に気付いている「大いなる群衆」と永遠の軽蔑に気付いている「やぎ」クラスを構成して、「ほかの羊」級。 預言は、従って、現在に時間を用いて、そして対型的な「金持ちの人」と対型的なラザロクラスを含みます。 It is in the same day of the Lord that "they that be wise shall shine as the brightness of the firmament; and they that turn many to righteousness as the stars for ever and ever". (3節) 我々は目覚めの日にいます、そしてダニエルの預言のこの役割の成就は進行しています。


アブラハムはエホバ神を描写しました;イサクは1タイプのキリスト・イエス、最愛の神の子;ヤコブ、タイプあるいはキリストの写真、頭と体でした。 (コロサイ 1:18 ) それで描写される神権政治でした。 (「ものみの塔」1939年12月1日参照) The Jonathan class, which shall form the "great multitude", now see and appreciate The Theocracy, and such are now coming to God's kingdom, and they are coming from all parts of the earth, and they find refuge, protection} rest and comfort under the organization of Jehovah. 今彼のみ言葉ノートによって神の民に与えられた光で主に彼の信仰を示した、そして探した卑しい、謙遜な人に関して話されたこれらのイエスの単語は主から助けになります: 「イエスがそれを聞いた、彼が驚嘆して、そして(彼・それ)らにそれが後に続いたと言ったとき、本当に私があなたに言います、私はイスラエルでそれほど素晴らしい信仰、ノー、を見いだしませんでした。」 (マタイ 8:10 ) 信仰がヨナタン級によって今日示される (who are not spiritual Israelites) しばしば信仰と霊の後にイスラエル人であると主張する人たちによって明らかにされる熱意を超えます。 百人隊隊長のこの信仰のスピーチは、イエスがそれから、待機した人たちに演説するという状態で、言いました: 「そして私は、あなたに、多くが東と西から来るべきであって、そしてアブラハムとイサクとヤコブと一緒に、天の王国で座るべきであると言います。 けれども王国の子供たちは外の暗闇の中に追い出されるべきです;泣くことと歯をきしませることがあるべきです。」 - マタイ8:11、12。


今日情報は直接僧職者にそして霊の後にイスラエル人であると主張する、そして彼らの多くが王国のために疑いなく一度ラインにいた「悪い僕」級に持って来られています、そしてこれらは王国が身近にある、そして神権政治を支援するすべてが生活を見いだすべきである、そしてそれに反対する人たちが破壊されるべきであると言われています。 この音信を聞いている主の「ほかの羊」は普通の民の間で地のすべての地域そして命のすべての散歩から来ます。 これら「ほかの羊」は今神権的の政府を見て、そしてそれに感謝と認識を示します。 アブラハムがアブラハム、エホバ神がもっと偉大であるのを想像した;イサクがキリスト・イエス、最愛の神の子を描写した;ヤコブがキリスト、頭と体;を描写した(その人・それ)とそんなものが神権的の政府を構成する秒彼ら。 信仰によってこれを見て、彼らは(彼・それ)ら自身を神権政治の下に置くことを急いでします、そしてそれで彼らは、天の神権政治を構成して、「アブラハムとイサクとヤコブと一緒に座ります」;そして言葉「座ってください」によって彼らが休養、保護、容易さと快適さを見いだした、そして彼を愛して、そして(彼・彼女・彼ら)に仕える神が(彼・それ)らのために留保に持っているものを知っていることは示されます。 同時に人たちは一度ラインで王国のために彼らが追い出されるという認識に到達して、そして「外の暗闇」にいます、そしてそれ故彼らは神の民のうなっている、そして邪悪な迫害を思いのままにします。 (マタイ 8:12 ) 他の聖句がアブラハム、生き返らせられたイサクとヤコブがハルマゲドンより先に起こってすぐに地球の上にいるであろうことを示します、そして「大いなる群衆」を組織している善意の民は本当に(彼・それ)らとそのためにこの聖句と交わられるでしょう (マタイ 8:11 ) この二重の意味の適用を受けています。


過去に「罪の人」、対型的な「金持ちの人」、は多くの親切な行為と主からの、しかし、金持ちであって、そして力と人と人の認可の間のそして彼らがそんなものを得ないであろうことを恐れる影響を楽しむ利己的な願望を持つ利点を持っていました、彼らは易しい犠牲者を悪魔の罠に向けました。 「けれども彼らその意志は誘惑と罠の中に、そして多くのばかな、そして有害な欲望の中に豊かな秋です、そしてそれは破壊と地獄で人を溺死させます。 なぜなら金の愛はすべての悪の根です;彼らが持っている後で切望される、若干数が信仰から誤って、そして多くの悲しみの種で完全に(彼・それ)ら自身に穴をあけた間にいずれですか。」 - テモテ第一6:9,10。


「悪い僕」クラス、「罪の人」、は(彼・それ)らを王国に運ぶために(彼・それ)ら自身の富を信頼します。 その級にイエスは言いました: "When once the master of the house is risen up, and hath shut to the door, and You begin to stand without, and to knock at the door, saying, Lord, Lord, open unto us; and he shall answer and say unto you, I know you not whence You are; then shall You begin to say, "We have eaten and drunk in thy presence, and thou hast taught in our streets.


けれども彼が言うべきです、私があなたに言います、私はあなたあなたがそうであるそこではなく知っています;私から外れます、すべてあなた不正さの労働者。 そこ(に・で)泣いているべきですそして、神の王国での、預言者とあなたたち自身が外に押すあなたがアブラハムとイサクとヤコブとすべてを見るべきである歯をきしませること。」 - ルカ13:25 - 28。


イエスの単語が適用されるその同じ時の内に (29節): 「そして彼ら[大いなる群衆を形成するであろうラザロクラス]が東、そして西、そして北、そして南から来るべきであって、そして神の王国で[残りと平和を見いだしてください]座るべきです。」 他の聖句が「大いなる群衆」が地のすべての地域から来る、そして彼らが、彼らの残りと喜びを証拠づけて、エホバ神に賛美を与えることを示します: 「従って神の王位の前に彼らであって、そしてその中に王位の上に sitteth する神殿と彼が居住するべきである日と彼のでの晩彼に仕えます。 彼らはもう飢えるべきでありません、さらに多く;いずれもそうするべきではない(どれ・何・誰)も、太陽、が(彼・それ)らの上に火をつける脱水状態、と(どれ・何・誰)ものいずれも暖めません。 なぜなら、王位の真中にある子羊は(彼・それ)らに食べさせるべきであって、そして領海の生きている噴水に(彼・それ)らの先頭に立って導くべきです;そして神は彼らの目からすべての涙をぬぐい去るべきです。」 - 啓示7:15 - 17。


義を切望する、そして主を探して、今残りと快適さを見いだしている正直な、誠実な人。 憐れみのみ父、すべての快適さの神、が今、(彼・それ)らに彼を知ることについての、そして世界に苦悩して神の王国に関して音信を運ぶことにおいての他の人たちと一緒に参加することについての特権を与えて、慰めを(彼・それ)らにもたらします。 ラザロクラスは今主の針から「良いもの」を受け取ります。


マタイの23番目の章において主イエスは再び金持ちの人によって描写された同じ級を記述します、そして常に話された最も痛烈な言葉で彼はその級を非難して、そして(彼・それ)らに言います: 「従ってあなたはあなたたち自身に証人です、あなたが預言者を殺した(彼・それ)らの子供たちであること。 それからあなたの父親の法案の上にあなたを満たしてください。 あなた大蛇、あなた vipers! の世代どのようにあなたは地獄の天罰から逃れることができますか?」 - マタイ23:31 - 33。


宗教的な要素、「選挙の長老」級を含めて、長い間(彼・それ)ら自身を称揚した。 謙遜な志向の、そしておとなしい霊での貧しい人たちは、偽宗教家(えせ信心家)によって影響を与えられて、情報をつかもうとした、打者になりました、彼らは無知で引き留められて、そしてわきに押しやられました;けれども今主は彼の音信を(彼・それ)らに運ばれさせています、そして彼の弟子にイエスによって話された言葉は今、すなわち、成就されています: "And whosoever shall exalt himself shall be abased; and he that shall humble himself shall be exalted." - マタイ23:12。


ラザロ級は今本来の地位を得るようになっています。 信仰によって彼らは(彼・それ)らのために神が持っている大きい祝福が貯えてあるのを見ます。 大変重要な熱意で彼らは神権政治をふれ告げている奉仕に出て行きます。 彼らの喜びは今までに増加していて、そしてもっと偉大なアブラハムの名前の立証での役割を持って、そして彼の最愛の人、神権的の政府の王に仕える彼ら喜び。


もしあなたがあなたの救いに関して主に向かっての善意のそして彼の慈しみある音信を聞いているなら、神権政治にあなたの全くの、そして unstinted な忠誠とサポートを与えて、そして、あなたが機会を持つ(とき・から・につれて・ように)、他のものにみ名と彼の王国を宣言することによって、エホバの賛美を合図することに加わるために非常に勤勉にしてください。 それで今至高者不可欠の好感を維持するであろうすべてはエホバにそして彼の王に彼らの献身全体とサポートを与えます。


[編集者注:LogoVista Transration Assistant1.0による機械翻訳]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。