FANDOM


もし汝らがこれらのことをするなら 編集

「なぜならもし汝らがこれらのことをするなら、汝らが決して落ちるべきではない;なぜならそれで入る機会がそうであるべきである 世話をする あなたに多量に我々の主と 救い主 イエス・キリストの永遠の王国の中に」。-ペテ二 1:10,11


使徒ペテロのこの陳述はいくつかの重要な考えを連想させる:(1)それは「我々の主と救い主イエス・キリストの永遠の王国の中に豊富な入る機会」の扱われた級への可能性を示す。これは勝つことについて福音時代の聖なる者を呼ぶ最高の賞である。本当である、我々がそのこの上ない栄光を考慮する、信仰がけれども、程度が低くて、そして不完全で、約束においてそれを驚かすという傾向があるとき我々 そうである、神 年齢でキリスト・イエスを通して我々に向かって彼の親切で彼の恩寵のこの上ない富を見せるために来ることを提案する。(エフェ 2:7)にもかかわらず、そんなものが本当である:「我々にこの上ない大いなる、そして貴重な約束を与えられる、これらによって我々が、切望を通して世界中にある汚職から逃れて、神の性質の表象物にあずかった人であるかもしれないこと」-世の願望、「肉の性欲、目と命の自負の性欲」を通して。-ペテ二 1:4;ヨハ一 2:16

これらのこの上ない大いなる、そして貴重な約束は彼の息子と相続人として宇宙全体の大いなる主権者によっての(の・もの・人)と呼ばれるこれらの養子を熟考する;関節相続人としてこともあろうに彼の独り子、相続人一緒に:(彼・それ)らは彼と一緒に彼がいる所であって、そして彼の栄光を眺めるべきである;そして(彼・それ)らはこの死亡率を延期するべきである、そして、「み父の人のそのままのイメージ」である彼のように、(彼・それ)らは不滅で服を着るべきである。それでもし(彼・それ)らが永久に主と一緒であって、そして、彼がそうである(とき・から・につれて・ように)、彼に会ったなら;なぜなら(彼・それ)らは彼のようであるべきである。世界に打ち勝って、彼が勝って、そして彼の王国でみ父と一緒に座った(とき・から・につれて・ように)さえ、(彼・それ)らは彼の王国で彼と一緒に座るべきである。-啓示3:21

「恐れ、小さな群れ 」、と教会の見込みがある花婿が言う、「それのためにあなたに王国を与えるあなたの父の良い喜びがある」、「なぜなら、汝らが私を愛して、そして私が神から出て来たと信じたから、み父彼自身があなたを愛する」。同様に彼は不承不承に彼の最愛の人に王国を与えないであろう;なぜならペテロが言う、「入る機会がそうであるべきである 世話をする あなたに多量に:」輝かしい歓迎があるであろう、うれしい挨拶と勝利の月桂樹がそうなすべての天のホストの間の戴冠式ヨベルがすべての克服することの頭の上に十字架の軍人を置いた、気高く faith-who の良い闘いと戦った英雄は信仰を保持して、世界、肉と悪魔、に対して闘いと戦って、そして死にさえ忠実で(彼・それ)らのコースを終えた。

このすべての豊富な優雅と栄光は最も弱い聖なる者さえの可能な遺伝である誰か、彼身のものにではなく彼の召しと選びを作る能力が良い軍人として過酷さに耐えるために日から日へと確かに、謙遜に力を神に求めることを確信する。もし人が彼自身の力でこれをしようと試みるなら、彼は確かに失敗しなくてはならない;試みるはずである火のような試験のためにすべての(の・もの・人)が肉の思いのためにあまりに多くを証明するであろう;

意志に聖別された(人たち・もの)で働く神以外そして良い喜び、意志がそれで増強する彼のをして、そして彼の恩寵、それ、に頼る人たちを詩編作者で装備するために、(彼・それ)らが言うことができる、「それは力を持っている私を締める神である・・・。

私が兵隊を通して追いやって、そして私の神によって持っているなんじによって私は、壁の上に;飛んだ」、そしてパウロと一緒に、「私は私を strengthenes するキリストを通してすべてのことをすることができる」。-Psa 18:32,29;フィリ 4:13

(1)、それから我々が非常に完全に自信があるので、もし我々が彼をそうさせたなら、我々における良い仕事を始めた彼はそれを終えるであろうとき、この上ない大いなる、そして貴重な約束の上に貨物室を置くことをためらわないようにしよう。(フィリ 1:6)「これは世界を征服する勝利、あなたの信仰さえである」-我々自身での信仰ではなく;なぜなら我々は肉に対しての不信任を持っていることができる。肉が十字架の軍人の素晴らしい責任のためにその能力に対しての信頼を置いて我々を正当化しない弱い、そしてたじろいでいる貧しい人たち。我々は上から知恵と力の我々の供給を引かなくてはらない:神の霊によってそこ(に・で)移植されるとして以外に、(彼・それ)らは我々の中でいない。

(2)我々は次にペテロの言葉が呼ばれるすべてに奨励して輝かしい遺伝の可能性を示すのに対して、同じくそれに入ることに関しての失敗の暗黙の可能性があることに気付く。ある 「もし 」 、それの上に我々の値打ちあるいは不面目について遺伝の神の裁きのスケールが回転しなくてはならない偶発事。そしてそれはパウロがすべて呼ばれた(人たち・もの)にしきりに促すというこの偶発事のビューで言っている処理の思いと慎重の大きいまじめへの(の・もの・人)である「彼にそれを貸す 彼が立つと思う 付く 注意を払う 彼が落ちないように; 」そして再び、「我々をそうさせる そのために恐れ ように、そうであることが、彼の残りに入ることについて、我々を残した、あなたたちのうちの誰でもそれより少なく来るように思われるべきであるという約束」。我々が真に迫る犠牲として神に我々自身を捧げたことは、そのために、十分ではない;我々がイエスの足跡で後に続くことを誓約したこと;聖別のために、もし我々が、我々に対して裁きで立ち上がるため以外には、それに不忠実であると分かるなら、契約、約束、は何にも効果がないであろう。「もっと良くなんじが shouldest に、それより、なんじが給料ではなく、誓約を shouldest することを誓わないのであるか」。-伝 5:4,5。同じく申命 23:21-23を見なさい;箴 20:25;ヘブ 10:38,39;Psa 15;ルカ9:62;ヨハネ15:6;使徒5:4,5

(3)我々の注意は次に何が、「もし汝らがこれらのことをするなら」、この表現された偶発事-で暗示されるかに引かれる。何のものであるか?-参照資料はものに前の節で言及される;言い換えれば、すべての勤勉で我々が我々の信仰不屈の精神に追加すること;そして不屈の精神知識に;そして知識自己制御に、そして自己制御辛抱に;そして辛抱敬虔さに;そして敬虔さの兄弟のような親切に;そして兄弟のような親切に、愛しなさい」。

誰が神について忠実であると考えられるであろうかは、これらすべての徳がそれらの絶対必要な必要条件であるのに対して、ここでそれを観察するために重要である、(彼・それ)らはただ(彼・それ)らが追加されるか、あるいはもとに作り上げられる(とき・から・につれて・ように)価値があるだけ、信仰-の土台である「すべてに勤勉を与える あなたの信仰に追加する 」 、-あなた「貴重な信仰」、詩歌1で記述されるように。この信仰は救済の神の計画に対しての我々の永続的な信頼である、そしてそれを換金でのセンターがすべてのために自由に彼自身に贖いを与えたキリストの貴重な血を通して達成した。信仰のこの設立がない我々自身の義が神に我々を推薦するために何にも効果があることができない。義の我々のすべての仕事はこの信仰を基盤として作られなくてはならない。

けれども次にことをすることなしでキリストでの信仰ではなくが救済に十分であるか? これに聖句は我々がまだ罪を犯して、そして-がそうである罪の業に間違って与えられた信仰をするのが好きである々の罪-間で明らかに信仰、そのキリスト、が我々を救うであろうと答える;キリストのために我々の罪でではなくて我々の罪から決して我々を救うことを提案した;そして神は忠実で、そして罪を許すこと、そしてすべての不義からキリストによって彼に来る人たちを清めて公正である、彼のでの信仰を経験している-が我々の罪のために、そして彼の浄め力で propitiation あるいは満足として血(犠牲にされた命)を流した。「彼 それ 言う、知っている彼[キリスト、私の主と救済者として]、そして彼のおきて[義の業をして、そして罪の悔い改めの実を産み出すために、]ではなく守って、うそつきである 」 、と使徒ヨハネが言う、「そして真理は彼にない」。(ヨハ一2:4)そのために使徒パウロは同じく「最愛で、仕事があなた自身の救済の外に恐れと震えで;それのために共に意志にあなたで働く神である、そして彼の良い喜びについてするために。」と、言っている信者を熱心に説得する-フィリ 2:12,13

キリスト・イエスにあるのは我々に換金を提供した神であった、そしてそれは彼自身に我々を描いた、そして、義の道で;我々にすべてが歩く恩恵を必要としたことを約束した神である

そしてもっと、、従って、恐れを持っているそして震えている間に、自己犠牲の仕方でイエスの足跡で後に続くために、さえ、我々の救済を実現する大きい carefulness-we 努力を持っている - 、 義に向かっての我々の最善の努力が信仰によって我々に負わされたキリストの義のメリットを通して提出されるとき神にとって受け入れられることは常に必要のすべて時に手を貸すべき promised.grace を実感して、そして確信がある我々の特権である 。

これを持って、信仰によっての肉 - そして持つことの願望を経験している - が産んだ基礎、その時と「性欲を通して世界中にある汚職から逃れた」ことは同じく作られることについての「この上ない大いなる、そして貴重な約束」で神の性質の表象物にあずかった人と彼の王国と栄光のキリストと一緒の、そして我々の「訪問するそして選挙確かな」ことをすることを切望している、関節相続人を保つ

、もし取り付かれていて、そして連続的に洗練されているなら、我々が決して落ちるべきではない、そして豊富な入る機会が王国の中に我々に与えられるべきであるという保証である我々の信仰までのこれらの付加を考慮しよう。

最初の付加(徳)は不屈の精神あるいは義における人格の力である。 これは、神と一緒にもそして我々の仲間の人、 - の良心的な正直、公正と真理が唯一の規準であるという状態で、も共に、我々の取引での最も厳しい忠誠の育成を暗示する。 詩編作者は明らかに、言って、それでそれを定義する 「彼 真っすぐに歩いて、そして義を働かせて、そして彼の中心で真理を話す 。 彼 backbits に彼の舌でではなく、悪もそうしないこと 彼の隣人への、そしてしっせきの上の撮影 主を恐れるその目で下劣な人が非難される;しかし彼が(彼・それ)らに名誉を与える彼の隣人に対して 。 彼自身のものへのののしりが傷つけた彼と変化する [すなわち、誰が彼に批判的であることがわかる約定に違反しないであろうか] 。 彼 それは高利貸し[他のものの必需品の魅力的な不公な利点]に彼の金の外にパットしない、そして撮影も同様である 無邪気な人に対しての報酬 。 これらのものが決してではないべきである髪形が動かした彼。」 ( 詩 15) このような1(人・つ)は徳が高い人、増強されたか、あるいは強い人格の人である。

2番目の付加は神のそして(聖霊によって、彼のみ言葉を通して、明らかにされた)我々に関する彼の義の意志の knowledge-the 知識である。 知識のこの素晴らしく設備された手段の軽視は義の我々自身の不完全な規準に生活費を与えて、そして神の規準を無視することに等しい。 我々がそれ相応に信仰と業で強化された我々がそうであるかもしれない神の託宣者の勉強にすべてに勤勉を与えることはそのために重要である。

3番目の付加、自制、は良い人格の最も重要な要素の1つである。 それが彼のを裁定する彼は市を連れて行って、賢明な人の助言である霊が彼より大きいことを告白する;そして多くの勝利の将官がまだ征服して、そして彼自身をコントロールすることを学んでいない。 自己制御が我々のすべての意見、考え、好み、食欲、仕事、喜び、悲しみの種と希望を必要としなければならない。 その育成は、従って、信仰、不屈の精神によって伴われる人格陶冶自己制御の高いオーダーを意味する、 .knowledge が高いところから、神のことで増やされた熱意と活動を暗示して、そして地のもので、裁きで、行為で、時間の問題の規制などで節度を増やした。 「あなたの節度をすべての人に知られていさせなさい。」

4番目の付加は辛抱である。 時間はすべての良いことを完成することについてのプロセスで非常に必要な要素である 早急に引き抜かれた果物は熟していない、堅い、すっぱい、苦い果物である。 刈り込むことと受精させることと栽培することとにわか雨と日光と同様、時間は味を喜ばせる熟した、そして甘美な実に必要である。 それでそれは同じく計画と目的の、教育のそして恩寵の実にある。 神の深い模様はゆっくりと、彼の大いなる普遍的な政府でだけではなく、心と彼の理知ある被造物の思いでうまくいく。 神は道義的な、そして知的な彼の賢明な、そして義の律法 - 健康診断の固定されている原則にならって彼自身の意志に従ってすべてのものを操作している。 いずれにしてもいらいらしていることは愚かにも熟していない、あわてた、すっぱい、苦い実を持つことを強く主張することである、そしてそれは、もし主がそれに応じるなら、それを必要としたいら立ちのために胸が悪くなるような罰則を証明するであろう。 「辛抱に彼女の完ぺきな仕事を持たせて」、神の時を待ちなさい:「主に休んで、そして根気よく彼を待ちなさい。」 すべてのケースで、共に我々自身と他のものと「それが彼での(彼・それ)らの信頼が決してではないべきであると書いた(彼・それ)らは困惑を導いた」に関して主の時と方法と彼の意志の表示を待ちなさい。

いかに弱い、 - 辛抱をとしても、信仰、不屈の精神と知識が遅い(人たち・もの)と一緒のそして愚かで、興奮しやすい(人たち・もの)にあって、そしてうろうろする「キリストでの赤ん坊」と一緒に、自信過剰なピーターズと懐疑的なトーマスという名前の人たちと一緒に貧しい人たち、目をくらませられた世界、と一緒に善に向かってすべての努力で辛抱を持つ神の民を準備する。 「暗闇の無駄な業」と罪で辛抱あるいは集まりを持つ以外に、この恩寵の悪用である ; これらのために 、 どこ(に・で) 見いだして、 即座に、そして急激に非難されて、そして(彼・それ)らの悪意に従って非難されるべきである ; 辛抱で、にもかかわらず、後悔している prodigals に向かって、そして常に柔和さで 。

主が「収穫」あるいはこの年齢の終わりで辛抱の大きい必要の彼の民に前もって注意するように思われることは目立つ:仲間の人に向かっての辛抱と、悪に対しての、そして主の時間を待つことにおいての戦争と設定義、「現在の悪い世界」の誤り、の方法での、辛抱強さ。 信仰、不屈の精神、神の計画の知識と辛抱に欠けている貧しい世界は近い将来不安と無政府状態に用意ができている獲物下がるであろう。 民がそうである彼の、 - への主のみ言葉「汝らが辛抱の必要を持っている」。

5番目の付加は、主に仕えることにおいて、霊の彼の will. - fervency に心からの、朗らかな、愛している適合を譲る神のために敬虔さ、神々しさ、信心、 - その信心深い、支配的な敬意である。 これはクリスチャン人格で後の発達と肝要な要素である。 信心、敬虔さ、が自然発生的にその喜びが祈りと賛美で神と一緒に彼の指針と約束の上に、そして奥義霊的交渉で主の律法、黙想にある感謝している、そしてありがたく思っている心から生じる。 愛している、朗らかな活動がこのような精神の命の結果として生じなくてはならない;なぜなら豊富な心から口 speaketh と本質全体は新しい生気に速められる。 ただ神に真に迫る信仰を持っている、そして悪に対して(彼・それ)らの性格を強化して、そして成長している人たちだけが知識と自己制御と辛抱で神の人格の壮大さに感謝と認識を示す用意ができている;そしてただそんなものだけが本当に神々しさのための願望によってエネルギーを与えられる。

6番目の付加は兄弟のような親切である、そしてそれは必然的に敬虔さから成長する。 God-like-ness が言及されて他のたしなみを仮定する、それでその発達が神の公正と善行の評価を暗示して、そして我々の意見を広げて、そして深くするであろう(とき・から・につれて・ように)、好意的な(人たち・もの)が、いかに不完全であるとしても、そして特にそうするであろうすべてに向かってそれは信仰 - 「兄弟たち」の家庭の(こと・もの)であるすべてに我々の心を大きくする。 7番目の付加は慈善、愛、 - すべての他のたしなみを結び付けて、そして名前として(彼・それ)らのすべてを支持する完全さの債券である。

神だけへの愛はこの恩寵の全くの表明ではない;神のために、人に対応する恋人なしで同様に誠実な愛する人が、神のみ言葉の教えによれば、いることができない: 「もし人発言権、私が神を愛するなら」、使徒ヨハネを言う 、 「 そして彼の兄弟を憎む、彼 うそつきである、なぜなら彼 それは彼が見た彼の兄弟ではなく愛する、どのように彼は彼が見なかった神を愛することができるか? 」? (ヨハ一 4:20) そしてイエスが言った、「これによってすべての人は、もし汝らがもう1(つ・人)に愛1を持っているなら、汝らが私の弟子であることを知るべきであるか」-ヨハネ 13:35 。

それは落ちるとについての可能性に対して魂に保険を掛ける我々の請け戻す方と救済者としてキリストに我々の信仰に加えられる人格のこれらのたしなみがたくさんあることである:「もし汝らがこれらのことをするなら、汝らが決して落ちるべきではない」。 偶発事は完全に、そして我々の違反を担当して、そして我々の毎日の欠点を埋め合わせるためのキリストの義にかかわらずこれらのことをすることではない;ただ もし 、追加された 中に我々の信仰 せいにする キリストの義 、 我々は我々の能力の程度にこれらすべてのたしなみを育てた、我々は落ちないであろう 。 我々が我々がすることができるすべてをしたとき 、 我々はあえて我々自身の義を信頼しないまだ利益にならない僕である、しかし信仰によって我々のである十分なローブである キリストに 、他方 、 一貫した「勤勉」で 、 我々はキリストの義がただそんなものに適用されるだけである知っているような我々自身の恐れを持っている救済と震えが罪を放棄して、そしてそれを追いかけることを望むと割り出す 「人が主を見るべきではない神聖。」-ヘブ 12:14

翻訳ソフト:LovoVista ExJ v1.0使用