FANDOM


W32 6/15 編集

[W32 191]

研究集会の司会 編集

親愛なるラザフォード兄弟:

国の異なった部分を旅行する際、私は秩序の欠如のために、「ものみの塔」研究から多くの利益を得るための方法が若干の小さい会において非常に異なっていることに気付く。

もし、「聖書研究」第6巻で提案されている研究集会を司会するための規則が時代遅れであるなら、我々が最も有利な方法で研究のために設けられた時間を使えるよう集会を執り行う責任を持っている兄弟に協力できるあなたにとっての最善の方法について、我々に若干の良い助言を与えることはできないだろうか?

私は国中いたる所の多くの研究のリーダーがこの問題についてあなたの助けになる提案を受けとればうれしく感じるだろうと思う。

この件が、あなたの貴重な時間をあまりにも多く割かないことを希望する。

王国奉仕を行う共なる姉妹、ジュリー・ホフメイヤー 、開拓者

. . .

上記の手紙に答えて、ベテル・ホームで研究を司会する方法についてアドバイスを与えよう。これはしばらく流行した方法で、我々はこれが最善だと信じている。集会は兄弟が、通常、出席している場合は協会の会長によって導かれる。明瞭かつはっきりと英語で読むことができる3人の兄弟たちが前部に座り、そして順番に考慮中の問題について1度に一つあるいは二つ節を読むように頼まれる。ついでリーダーは、読まれた節について質問を読み上げる。

質問が提出され、ついで様々な人たちが質問への答えを自分で表明するために指名される。ついで、もしそれ以上の説明が必要とされるなら、リーダーは短い、そして簡潔な説明を与えることによって、要点を述べる。 最初にリーダーによって発言権を認められるまで、誰も話をしない。 このようにして完全な秩序が持続され、かつ主題は適切な方法で考慮される。 最初に節を読むことで、会の人たちは考慮中の主題の理解を得る。しかしもし彼らの理解が明確ではないなら、誰でも質問を提出する特権を与えられている。

研究の目的は聖句と与えられた説明をいっそう明らかに理解することである。これは研究を運営する最も良い方法であると信じられている。実際、討議のための質問が提出され、ついで討議の終わりに最終的に節が読まれることより望ましい。もっとも、たいていの会はベテル家族と比較して小さい。小さい会においては、明瞭かつはっきりと読むことができる人は朗読をすべきである。 これはリーダー自身によってされるかもしれない。そしてリーダーは、一つあるいは二つの節を読んだ後で、「誰か、読まれた節で質問を持っているか?」と、言うべきである。あらゆる人に、調査中の題材に関連する質問を提出させ、そして次に続けて、上述したような表現をする機会を持たせなさい。質問が常に節の範囲内に限定され、二次的な問題についてされるべきはない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。